マイケル ジョーダン 映画。 『マイケル・ジョーダン:ラストダンス』&『ドーハ1993+』の見どころをズバリ解説! by

マイケルBジョーダンは性格も筋肉もかっこいい?日本アニメのナルトやドラゴンボールを愛する親日家?│今日もとても良い一日!

マイケル ジョーダン 映画

米カリフォルニア州サンタアナ生まれ、ニュージャージー州ニューアーク育ち。 コメディアンのビル・コスビーに見出され、1999年にシットコム「コスビー」に出演し、同年「ブラック&ホワイト」で映画初出演も果たす。 その後、映画「陽だまりのグラウンド」(01)に出演した他、TVシリーズ「THE WIRE ザ・ワイヤー」(02)や「Friday Night Lights(原題)」(09~11)でメインキャストに起用される。 ロサンゼルスに引越しインディペンデント映画数本に出演した後、ジョシュ・トランク監督のSFアクション「クロニクル」(12)を経て、ライアン・クーグラー監督の「フルートベール駅で」(13)で一躍ハリウッド期待の若手俳優として注目を浴びる。 シルベスター・スタローンの代表作「ロッキー」シリーズの新章「クリード チャンプを継ぐ男」(15/ライアン・クーグラー監督)では、ロッキーの盟友アポロの息子アドニス・ジョンソン役でスタローンと共演した。 関連作品(映画)• 1 2020年公開• 9 2019年公開• 6 2018年公開• 9 2015年公開• 7 2015年公開• 2 2015年公開 写真・画像.

次の

『クリード』マイケル・B・ジョーダン、第3作の監督オファー受けていた

マイケル ジョーダン 映画

ストーリー [ ] マイケル・ジョーダンがバスケット選手を引退し、プロ野球選手に転職を宣言している頃、宇宙人が経営する遊園地は人気がなく、新しいスターを探そうとした時、地球のテレビで活躍するルーニー・テューンズのメンバーを目をつけた。 彼らを遊園地で働かせるために宇宙人は地球へやってきた。 奴隷として遊園地で働かされたくないバッグス達は彼らをうまく騙し、宇宙に連れて行かれないために彼らの体が小さいことからバスケットで試合して勝負することを提案する。 しかし、宇宙人達はプロのバスケット選手の話を聞き、彼らの才能を盗み出し、パワーアップし試合に挑もうとしていた。 これにはまずいと判断したバッグスも負けじと、プロ野球選手に転職していたマイケル・ジョーダンを引っさげ、彼らのピンチに駆けつけたローラ・バニーも仲間に加え、試合に臨む。 キャスト [ ] 主演• - 本人(吹替 - )• スタン・ポドラック - ()• ホニータ・ジョーダン - テレサ・ランドル()• - 本人()• - 本人()• - 本人()• - 本人• - 本人()• - 本人()• - 本人()• 少年時代のマイケル - ブランドン・ハモンド()• マイケルの父 - トム・バリー()• ジェフ - マナー・ムーキー・ワシントン(くまいもとこ)• 家政婦 - ベベ・ドレク() 登場アニメキャラクター• - ()• ローラ・バニー - ()• ダフィ・ダック - ()• ポーキー・ピッグ - ()• エルマー・ファッド - ビリー・ウェスト()• ヨセミテ・サム - ()• - ボブ・バーゲン()• - ビル・ファーマー(江原正士)• グラニー - ()• タズマニアンデビル - ディー・ブラッドリー・ベイカー()• フォグホーン・レグホーン - ビル・ファーマー()• ペペ・ル・ピュー - ()• - ボブ・バーゲン(中田和宏)• スワック・ハンマー - ()• 紫のナードラク バプカス Bupkus - ()• 赤のナードラク ノート Nawt - (石塚理恵)• 紫のモンスター バプカス Bupkus - ()• 赤のモンスター ノート Nawt - ()• ナレーション - () サウンドトラック [ ]• "" - — 4:14• "The Winner" - — 4:03• "Space Jam" - — 5:07• "" - — 5:22• "" - ・オブ・, クーリオ, , and — 4:17• "I Found My Smile Again" - — 6:15• "" - — 4:56• "Upside Down 'Round-N-'Round " - — 4:16• "Givin' U All That I've Got" - — 4:04• "" - and — 5:40• "" - — 4:52• "All of My Days" - Changing Faces featuring and — 4:01• "" - featuring — 3:49• "Buggin'" - , , ビリー・ウェスト — 4:14 反応 [ ] 『スペース・ジャム』という映画は、さまざまな評価に分かれた。 映画評論家のはこの映画を非常に良い作品だとしていた。 ジーン・シスケルもこの映画については肯定的な意見をもっていたが、エバートほどではなかった。 もこの映画については肯定的な意見をもっていた。 一部の批評家は、これより前に公開された実写とアニメを融合させた映画『 』と比べて、『ロジャー・ラビット』の方が勝っていると評した サウンドトラックも、6つのプラチナを獲得した。 この映画に用いられていたの ""もヒットした。 なお、テーマ曲はが担当した。 興行収入成績 [ ] 批評にかかわらず、この映画は大きなヒットを飛ばした。 初回公開週の週末には、アメリカ合衆国で27,528,529USドルを売上げ、最終公開週には アメリカ合衆国で90,418,342USドル、世界中で230,418,342USドルを売り上げた。 ゲーム [ ].

次の

The Last Dance

マイケル ジョーダン 映画

シルベスター・スタローンの人気シリーズ『 』の新章を開いた 『 』シリーズの第3作(タイトル未定)で、アドニス・クリード役の が監督オファーを受けていたことがわかった。 『ロッキー』『クリード』シリーズのプロデューサーであるアーウィン・ウィンクラー氏が明かした。 ロッキー・バルボアを師匠役に据え、アポロ・クリードの息子アドニスを主人公とした『クリード』シリーズは、2015年に『クリード チャンプを継ぐ男』、2018年に『クリード 炎の宿敵』が製作されて大ヒットを記録。 マイケルは1作目を手がけたライアン・クーグラー監督とともにブレイクを果たし、2人は『ブラックパンサー』(2018)でも賞賛を浴びている。 2019年9月9日現在、『クリード』第3作については正式に発表されていないが、米によると、アーウィン氏は「マイケル・B・ジョーダンには『クリード3』を監督させてあげられると約束した」とのこと。 「昨年(2018年)、『クリード』主演のマイケル・B・ジョーダンと話をして、出演だけでなく、『クリード3』を監督することも提案しました」。 近年、マイケルは『クリード 炎の宿敵』や『華氏451』(2018)など、自身の出演作品でエグゼクティブ・プロデューサーも兼任。 俳優としてのみならず、映画製作にさらに深く携わる方向にあるだけに、多忙の身ではあるが、状況によっては監督オファーを引き受ける可能性もありそうだ。 アーウィン氏は『ロッキー2』(1979)でシルベスター・スタローンを監督に起用し、スタローンの監督キャリアを開いた過去があるだけに、マイケルへのオファーにも勝算があるのだろう。 ちなみにアーウィン氏だけでなく、マイケル自身も『クリード3』の実現には前向きな模様。 の取材で『クリード3』について尋ねられると、 「ええ、間違いなくやります、いつかは分かりませんが」と答えているのだ。

次の