岩田 健太郎。 ダイヤモンド・プリンセス号の感染対策は「むちゃくちゃ」。船内に入った岩田健太郎さんが告発(全文書き起こし)

【岩田健太郎医師「感染爆発を押さえた西浦博先生の『本当の貢献』とは」【緊急連載①】】

岩田 健太郎

動画では、新型コロナウイルスの集団感染が発生し、横浜に停泊中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」船内の感染対策が不十分であると告発し、国内外で大きな反響を呼びました。 こちらを固定 ダイヤモンド・プリンセスはCOVID-19製造機。 なぜ船に入って一日で追い出されたのか。 さんから — 岩田健太郎 Kentaro Iwata georgebest1969 2月20日朝に、岩田氏がYouTube動画を削除した後も、同氏への強い批判が聞かれます。 動画は削除しました。 ご迷惑をおかけした方には心よりお詫び申し上げます。 — 岩田健太郎 Kentaro Iwata georgebest1969 これ以上この議論を続ける理由はなくなったと思います。 — 岩田健太郎 Kentaro Iwata georgebest1969 岩田氏の告発動画については、様々な意見が飛び交っていますが、どう考えればいいのかモヤモヤされている方も多いのではないでしょうか。 私も、その一人です。 岩田氏への批判は、言い方やトーンの強さは色々ありますが、大きく分けると、次の3つに分けられると思います。 岩田氏のバリューは、「感染症対策の専門家」である点なので。 もっとも、この点については、実際にクルーズ船内に入っていて、かつ、岩田氏がクルーズ船に入る手伝いをされた高山義浩・医師によるFacebookでの反論(に、全文を掲載しています)に尽きていると思います。 私も含めて、ネット上でワーワー言っている多くの人は、「感染症の専門家」ではないわけなので、「専門家の知見」を尊重すべきです。 もっとも、自分の専門分野ならよくわかることですが、専門家を自称する人でもピンキリなので、「誰が信頼できる専門家なのか」を見極めるのが一番難しいわけですが・・・ ですので、この記事では、この観点については、論評は避けたいと思います(というか、その能力がない)。 ただ、一点、岩田氏がアドバイスを全然聞いてもらえなかった、という点に関する高山氏の反論で、「感染症医はコンサルタントとしての能力が求められます。 それは聞いてもらう能力でもあります。 私は聞いてもらえなかったとき、相手がダメだとは思いません。 自分の説明の仕方が悪かったと思います。 」という点は、非常に説得力があると感じました。 私が見る限り、こうした批判が一番多く、かつ、多くの人の共感を得ているようです。 日本では、特に「現場の頑張り」が力の源泉として、それを称賛する文化が強いですよね。 正に、「プロジェクトX」、「地上の星」です。 個人的にも、こういうストーリーは大好きなことは正直に告白しますが、だからとして、その前提にある「制度(システム)」に問題があるのに、それを批判するのをためらっちゃう、っていうのは、「日本が繰り返してきた過ち」だと思うんです。 有名な『失敗の本質』じゃないですけど、それこそ、戦前から繰り返してきて、そして、改善されない悪い癖ですよね。 「わかっちゃいるけど、変えられない」という「同調圧力」を生む構造でもあります。 「戦略の誤りは戦術では取り返せない」以上、やっぱりどんなに「現場」が頑張っても、「前提となる制度(システム)」が悪ければ、戦い(ウイルスとの戦いも)には勝てません。 だから、私としては、岩田氏が「嫌われる勇気」を発揮して、こうした告発を行ったこと自体は、高く評価されるべきことだと思います。 彼も、「現場」を責めたいんじゃなくて、「制度(システム)」への批判・問題提起を行いたかったはずです。 もっと言い方があるだろとか、自分だけよければいい目立ちたがり屋だとか、色々批判されてますし、実際に普通の感覚からするとKYな人なのかもしれないですが、だからこそ、こうした発言はしっかりと評価されるべきです。 「出る杭」になった岩田氏が、社会に抹殺されるようなことがあってはなりません。 併せて、現場の人たちが追い詰められないよう、「現場」への批判と、「制度(システム)」への批判を、聞き手側もしっかりと区別するのが大事ですよね。 「制度(システム)」への批判と、「個人(人格)」への批判を、しっかり区別する。 言うは易く行うは難し、ですが、人々の理性と知性が問われています。 話の中身を聞いている限り、岩田氏は、むしろ日本への愛国心が強い方だと感じました。 話の中でも、「中国の状況は医師の告発で判明した。 それ自体、中国の透明化が進んでいることを世界に示した。 だから日本でもこうした情報発信が必要だと思った」と仰っています。 政権を徒らに批判すること(批判のための批判)は無意味で、むしろ有害な行為です(この点で、野党の皆さんには、もっとしっかりして頂きたいです)。 しかし、それと同じくらい、「国難だから政権批判は一切ダメ」というのも、不適切です。 正に「是々非々」で、理性的な議論ができる必要があります。 感情的な言い合いになっちゃうのが、一番よくないですよね。 さらに、岩田氏が、告発動画を日本語・英語で自分でアップして、日本国内外で、いきなり100万人以上に見られた、というのもすごく現代的です。 まさに、チカラが「国家」や「大企業」から「個人」に移ってきていることを象徴しています。 そして、英語での発信力の違いですね。 日本語だけの動画であれば、ここまでの反響はなかったでしょう。 岩田氏の日本外国特派員協会(FCCJ)での記者会見も見ましたが、ノン・ネイティブとして、外国人記者による厳しい英語での質問にもしっかり対応していて、英語でのやり取りのスキルが素晴らしいものでした。 日本政府も、岩田氏への反論も含めて、直接しっかり英語で世界に発信していく必要があると思います。 世界との関係では、日本国内で日本語で「あいつらはわかってない」と言い合っても、何の生産性もない、正に「傷の舐め合い」ですから。 まとめです。 岩田氏のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の感染対策を巡る告発動画を巡る議論は、日本の制度(システム)を考えるうえで、非常に興味深い素材だと思います。 また、新型コロナウイルスは、働き方改革で満員電車を変えられるあなど、日本が抱えている多くの問題をあぶりだしています。 社会全体として非常に大きなチャレンジです。 正直、絶望的な気持ちになることも多いです。 それでもなお、日本がこれを乗り越えて、より力強いコミュニティになることを、コミュニティの一員としてあきらめずにいたいと思います。 「あきらめたら、そこでゲームセットだよ」ですね。 逆に、あきらめなければ、ゲームはまだ続く、ということです。 日本・世界で、新型コロナウイルスの感染拡大が早期に抑えられ、また、感染された方々が一人でも多く早期に回復されるよう、心からお祈りしています。 記事をご覧いただき、どうもありがとうございました!.

次の

楽天ブックス: 感染症は実在しない

岩田 健太郎

京都大学教授で元内閣参与だった 藤井聡氏が、 感染症対策専門家会議の 尾身茂先生と、 感染症数理モデルの専門家として情報の発信と政府への助言をしている 西浦博先生に対して、 批判文と公開質問状をネットで公開しました。 内容は以下になります(以下 【当該資料】参照)。 藤井氏の意見と質問状のポイントを整理すると、さらに以下になります。 例:「100人以上のイベントのみ中止」など) (5)西浦氏・専門家委員会が「GW空けの緊急事態解除」を科学者として主張しなかったのは国家経済破壊の「大罪」である(GW明けには実効再生産数<1がわかっていたはずである) また 新潟県前知事の米山隆一氏や 三浦瑠麗氏、 堀江貴文氏などメディアでの発言力が大きい人たちまでが参戦し、藤井氏と同じような議論を展開しはじめています。 5を使うのが、そもそもおかしいじゃないか」という議論があります。 ぼくは、 その議論は違うと思います。 前回もお話しした通り、「正しい判断をする」という観点から言えばこのような議論は起こらないですし、特に今回のコロナの場合、 「基本再生産数 R0 」は静的で変化しない数字ではないからです。 R0( basic reproduction number、R zeroと読まれる)とは、「感染者が存在していないコミュニティにひとりの感染者が入ってきて、感染を拡げたときに、平均してひとりが何人に感染させているか、の数字」という定義になります。 これは、 公衆衛生の政策を議論する中で、例えば 「麻疹はひとりからこれだけの人数に感染してしまうから、これだけの割合の人にワクチンを接種すれば押さえられます」みたいな話の中で使うことが多い概念です。 その意味で、 実際にどれだけの人が感染したかの観測値から計算し、刹那刹那、時点単位での現状把握のために用いる「実効再生産数Rt( effective reproduction number 」とは異なります。 たしかに少し前までは、例えば「麻疹ウイルスのR0はこれくらいです」「季節性のインフルエンザのR0はこれくらいです」みたいな 基準となる値があって、それを用いて「ワクチンでこれだけの人に免疫がつけば感染はどんどん収束します」「接触する人数が多いと感染はどんどん拡がります」という議論をするものだと、我々も学校で教わってきました。 ところが今回の新型コロナウイルスでは、中国やヨーロッパなどいろいろな事例で基本再生産数が計算されているのですが、それらに ものすごく差があるんです。 つまり、 我々はともすると「ウイルスがひとりから何人に新しく感染するか」というのを、「ウイルスが単独でつくった属性」のように理解しがちです。 例えば「麻疹ウイルスは空気感染でどんどん拡がるから、基本再生産数がたくさんあるぞ」みたいに考えるわけですね。 けれども、 この新型コロナウイルスに関して言うと、「人のファクター」のほうが大きいようなんです。 つまり、 感染者や周りの人がどのようにふるまうかによって、ひとりから4人にも10人にも感染させることがあり得る一方で、ほとんど他人に感染させないままの場合もあるんです。 例えばクルーズ船の中では「ひとりの人から、ものすごくたくさんの人が感染した」と推測されていますし、北海道では「ほとんどの方は誰にも感染させなかった」と推測されていて、 非常にばらつきがあります。 ということは、「ある基本再生産数に基づいて、こういうモデルで計算をする」という時の「正しい基本再生産数」なんて、こと今回のコロナウイルスでは存在しないんですよ。 事後的にいうと 「日本では1. 7だった」という説もありますけれど、それも「ある時点での日本」の話です。 日本人の行動だって変わりますから、日にちが経つに従ってある観察環境下でのR0は上がったり下がったりします。 それにこれは 平均値であって、実際に起きている感染は、例えば施設や病院でクラスターが発生することもあれば、全然感染させない場所がある。 日本全国には感染のまったくない地域もあれば、クラスター感染が頻発している地域もある。 それを 全部合わせた平均が「基本再生産数」なわけです。 つまり 今回のコロナでは、「基本再生産数はいくつが正しい」という議論はあくまで事後的なものですし、その数字すらもその後の人の行動によって変化してしまうものです。 ですから 「1. 7がより妥当だった」という議論はそもそもおかしいとぼくは思います。

次の

【新型コロナ】岩田健太郎への批判を真面目に考えてみる!あなたはなぜモヤモヤしているのか。

岩田 健太郎

京都大学教授で元内閣参与だった 藤井聡氏が、 感染症対策専門家会議の 尾身茂先生と、 感染症数理モデルの専門家として情報の発信と政府への助言をしている 西浦博先生に対して、 批判文と公開質問状をネットで公開しました。 内容は以下になります(以下 【当該資料】参照)。 藤井氏の意見と質問状のポイントを整理すると、さらに以下になります。 例:「100人以上のイベントのみ中止」など) (5)西浦氏・専門家委員会が「GW空けの緊急事態解除」を科学者として主張しなかったのは国家経済破壊の「大罪」である(GW明けには実効再生産数<1がわかっていたはずである) また 新潟県前知事の米山隆一氏や 三浦瑠麗氏、 堀江貴文氏などメディアでの発言力が大きい人たちまでが参戦し、藤井氏と同じような議論を展開しはじめています。 5を使うのが、そもそもおかしいじゃないか」という議論があります。 ぼくは、 その議論は違うと思います。 前回もお話しした通り、「正しい判断をする」という観点から言えばこのような議論は起こらないですし、特に今回のコロナの場合、 「基本再生産数 R0 」は静的で変化しない数字ではないからです。 R0( basic reproduction number、R zeroと読まれる)とは、「感染者が存在していないコミュニティにひとりの感染者が入ってきて、感染を拡げたときに、平均してひとりが何人に感染させているか、の数字」という定義になります。 これは、 公衆衛生の政策を議論する中で、例えば 「麻疹はひとりからこれだけの人数に感染してしまうから、これだけの割合の人にワクチンを接種すれば押さえられます」みたいな話の中で使うことが多い概念です。 その意味で、 実際にどれだけの人が感染したかの観測値から計算し、刹那刹那、時点単位での現状把握のために用いる「実効再生産数Rt( effective reproduction number 」とは異なります。 たしかに少し前までは、例えば「麻疹ウイルスのR0はこれくらいです」「季節性のインフルエンザのR0はこれくらいです」みたいな 基準となる値があって、それを用いて「ワクチンでこれだけの人に免疫がつけば感染はどんどん収束します」「接触する人数が多いと感染はどんどん拡がります」という議論をするものだと、我々も学校で教わってきました。 ところが今回の新型コロナウイルスでは、中国やヨーロッパなどいろいろな事例で基本再生産数が計算されているのですが、それらに ものすごく差があるんです。 つまり、 我々はともすると「ウイルスがひとりから何人に新しく感染するか」というのを、「ウイルスが単独でつくった属性」のように理解しがちです。 例えば「麻疹ウイルスは空気感染でどんどん拡がるから、基本再生産数がたくさんあるぞ」みたいに考えるわけですね。 けれども、 この新型コロナウイルスに関して言うと、「人のファクター」のほうが大きいようなんです。 つまり、 感染者や周りの人がどのようにふるまうかによって、ひとりから4人にも10人にも感染させることがあり得る一方で、ほとんど他人に感染させないままの場合もあるんです。 例えばクルーズ船の中では「ひとりの人から、ものすごくたくさんの人が感染した」と推測されていますし、北海道では「ほとんどの方は誰にも感染させなかった」と推測されていて、 非常にばらつきがあります。 ということは、「ある基本再生産数に基づいて、こういうモデルで計算をする」という時の「正しい基本再生産数」なんて、こと今回のコロナウイルスでは存在しないんですよ。 事後的にいうと 「日本では1. 7だった」という説もありますけれど、それも「ある時点での日本」の話です。 日本人の行動だって変わりますから、日にちが経つに従ってある観察環境下でのR0は上がったり下がったりします。 それにこれは 平均値であって、実際に起きている感染は、例えば施設や病院でクラスターが発生することもあれば、全然感染させない場所がある。 日本全国には感染のまったくない地域もあれば、クラスター感染が頻発している地域もある。 それを 全部合わせた平均が「基本再生産数」なわけです。 つまり 今回のコロナでは、「基本再生産数はいくつが正しい」という議論はあくまで事後的なものですし、その数字すらもその後の人の行動によって変化してしまうものです。 ですから 「1. 7がより妥当だった」という議論はそもそもおかしいとぼくは思います。

次の