相鉄・東急直通線工事、判明した「陥没」の要因

神奈川新聞社. ご通行中の方はご注意を! — 港北区民ミュージカル実行委員会 kmcmusical 新横浜、横浜アリーナ近くで道路が陥没! いまさっきから交通止めされてます。 横浜の環状2号線道路陥没の原因は? 今回の横浜環状2号線、バーミヤン前の道路はなぜ陥没したのでしょうか? 今のところはまだ情報がありませんが、 前回JR横浜駅近くの道路が陥没したときは、付近の地下で相鉄線地下鉄の直通工事が行われているため、 真下にトンネルが掘られているからではないかという声が上がっていましたし、 今回の場所はそこから300m程度しか離れていないとのことですので、 それが原因なのかとも思われますが、トンネル工事は終わっている部分だという情報もあり、確たるところは分かっていません。

Next

横浜で道路陥没・付近で今月12日にも NHK総合【NHKニュース(関東)】|JCCテレビすべて

付近の地下では相鉄東急直通線のトンネル掘削工事が行われており、地上への影響調査は定期的に実施されていたという。

Next

<環状2号線の陥没>原因究明まで「新横浜トンネル」の掘削工事を停止

同道路での陥没の発生は6月12日に続き2件目となった。 2020年6月12日15:39 12日15:30頃から、神奈川県横浜市港北区大豆戸町の環状2号線で道路陥没との情報が相次いでいる。 地中の浅い位置には水道管なども通っているが、鉄道・運輸機構によると、今回の陥没による漏れは確認されず、トンネル掘削に伴う泥水の流出もなかったといい、陥没現場に貯まっていたのは地下水だという(鉄道・運輸機構提供の資料に「新横浜トンネル」の文字のみを追記した) 新横浜トンネルは 全長3304メートルのうち、すでに約2750メートルの掘削を終えており、 残る区間は約550メートルという状況。

Next

横浜市大豆戸町で発生した道路陥没事故の地層断面がネットに転がっていた

陥没した部分は少しずつ広がっていて、午前10時ごろの時点で、車道と歩道にまたがって、約7メートル四方になっているという。 現場のトンネルは、地中を筒状の「シールドマシン」で掘り進める工法で建設。

Next

速報!動画あり!横浜市港北区 環状2号線で道路陥没 情報相次ぐ

スポンサードリンク 2016年 博多駅前道路陥没事故 2016年11月8日午前4時25分ごろ、博多駅の博多口駅前広場正面から西に延びる「はかた駅前通り」の「博多駅前2丁目」交差点付近直下で、福岡市地下鉄七隈線のトンネル延伸工事をしていた作業員が、「肌落ち」という地盤崩落の兆候に気づいた。

Next

横浜で道路陥没・付近で今月12日にも NHK総合【NHKニュース(関東)】|JCCテレビすべて

工事と陥没との関連は分かっていないが工事を発注した鉄道運輸機構は工事をすべて中止して陥没の原因などを調べている。

Next