ランス 10 エンディング。 ルート&エンディング

ランス10プレイ日記14 ランスとシィル。素晴らしい物語だった!終わっちまって虚脱…… ⁄ 8848東京

ランス 10 エンディング

このクエストはただ休憩するだけです。 作戦クエストも「 チャンスを待つ」を選択して、どの地域へもランスを派遣しないようにします。 「 チャンスを待つ」のマップはどの地域へも行かない代わりに、勲章や宝箱が何個も取れるルートになっています。 簡単に勲章や宝箱が取れる半面、戦闘がないためキャラのランクを上げることが出来ないです。 するとターン5で「 魔王探索」というクエストがありました。 おそらくこのクエストが美樹確保に関係するのではないかな? 途中で勝子のカードゲットです。 このカードは虎子が一緒にいると虎子が戦闘に割り込んできます。 AP消費もなくコンボもかせげるのでお勧めです。 途中ベゼルアイが大きくなりました。 何の意味があるのか、現時点では分かりません。 この子が。 こうなりました。 ちなみに同じくカードも新しく入手しますが、スキルも能力も同じ気が。 カード収集に関係しそうです。 健太郎と戦闘 ルートを進めていくと、健太郎がいます。 やはりこのクエストを進めることで美樹を確保できそうです。 来水美樹の効果が「????」になっていますが、戦闘中に1度来水美樹が応援すると健太郎のHPが全快する事がありました。 倒せると思った時に使われたので、注意してください。 戦闘に勝利です。 すると以下のようなルート選択があります。 殺すとゲームオーバーの可能性もありますが、もしかしたら新しいエンディングかも。 魔王覚醒、そして ルート回収のため、セーブ後まずは殺す選択を選びます。 健太郎を殺すともう魔王の覚醒を我慢する必要もないと話し始めます。 あ、やばそうです。 魔王に覚醒しランスだけでなく辺り一帯吹き飛ばされます。 はい、ゲームオーバー。 簡単に新しいエンディングにはいけないですね。 予想通りなのでセーブポイントからやり直しです。 健太郎を助けて、仲間に加えます。 恒例、ヌヌハラ・キャベツによる健太郎の説明タイムです。 結局健太郎と美樹はランス城で保護します。 狙い通り、この後魔王ケイブリスエンドにはなりませんでした。 リーザス以外は魔軍に滅亡させられました。 このまま順調に人類絶滅エンドにいくかな?と思ったのですが、8ターン目でおかしな方向に行ってしまいました。 ターン8 でランス城が襲われる ターン8開始です。 ケイブリスにランスが世界総統だとばれて、ランス城に大軍をおくりこまれてしまいました。 あれ?まだリーザスが残っているのに予想外です。 まあ予定通りはうまくいかないですよね。 まとめ ランス城にこもり続けていれば簡単に人類絶滅エンディングまでいくと軽く考えていたのですが、甘くないですね。 次回はこの続きを進めたいと思います。 この続きです。 アリスソフトさん、鬼畜だよ!私は精神的にやられました。

次の

ランス10のプレイ状況と感想と考察(ネタバレあり)

ランス 10 エンディング

ランス10の第二部エンディングについての考察 第一部でシィルが死に、ランスが魔王にになるエンディングで終わり、まさかの第二部が始まりましたよね そして第二部でシィルがいろいろあり無事だった、そして魔王の消滅からのエンディング。 ランスシリーズがおわります このエピローグでその後の話が1枚絵で描かれています 1年後。 ここはまだ普通というか、これから書いていくよっていう告知でしょう 5年後まだ普通 10年後ですがパステルが英霊になっていますね。 20年後リアがおばあちゃんになっているということで、時の流れを感じだします 30年後ここから注目です 少しはげかけたランス、そして年を取ったシィルが描かれています 40年後ランス城の下りかと思いましたが、シィルがいない 60年後ランスの100歳誕生日ですが、ここにもシィルはいない。 そしランスが元気いっぱいで、このまま200歳まで行くんじゃないかと思ったよ そしてその夜の話。 ここでシィルが再び登場しますが、ランスに比べて雰囲気が若いですね。 とても100歳近くには見えない そしてランスが消える演出と同時にシィルも消える。 ランスはここで亡くなったと思われますが、シィルもいなくなる理由を考えるとシィルはランスの最後を看取るために来たのかなと思われます 30年後からのタイミングですでに亡くなっているのかな? シィルとランスの仲はランス10でしっかりと描かれていますし、エピローグでこの書き方は卑怯だなw そしてもっと卑怯なメーカーがアリスソフトでした こちらの画像ですが、ランス10の発売日に運営がつぶやいたツイートです(ツイートは諸事情で載せれませんw) ランス10の最終作がついに発売ということで、ランス10のエンディングを見る前はランスの最後の冒険へ出かける様子を書いているように見えますね でもエンディングを見終えて、ランスの最後をシィルが迎えに来たと考えると違った印象を受けます 魔王を倒した後の冒険は今までに比べて楽だと思います。 最高の冒険をしていた時代の思い出が強く残っているので、その当時のビジュアルでこれからも一緒に旅を進めていく。 そういう意味でも取れるんじゃないのかなと私は思います まとめ エンディングを見た後にいろいろ考えているとダメですねw 年を取ったせいか涙腺が弱くなったような気がします ランスシリーズの完結ということで、次回作は出ないのかなと思います。 ランスの最後まで書いたというのは運営の意思表示だと思います 29年の長いシリーズのランスシリーズの最後にふさわしいエンディングだったと私は思っています スポンサードリンク.

次の

ランス10攻略【エンディング一覧・分岐ルート】EDを見るためのセーブ場所と周回。CP稼ぎの最高効率|ランス10

ランス 10 エンディング

2周目最終回! JAPANから再出発ルートで可能なエンディング3種類と、見そびれていた簡単なバッドエンドを無事に回収することができた。 難易度を上げすぎなかったこともあって、そこまで詰まることなくすんなりとクリアできて安心した。 CPも貯まってきたし、3周目こそはAエンドを目指すぞ……! JAPAN内乱を終えた次のターン、11ターン。 作戦フェイズ、クエスト 「冒険シベリア」を選ぶことが、ひとつめのエンディング 「クリアB タイムカプセル」に繋がる。 ちなみに後に説明する 「クリアB 魔王美樹」を見る場合は、作戦フェイズではなくその前の準備フェイズから動き始めるので要注意。 また、設定的に11ターンまで人類が一定以上生き残っていることも重要なのだと思われる。 話を戻して、まずは冒険シベリア。 美樹の変化は前回から語られつつあったが、ここに来て更に悪化してきている様子。 実際に目にすることはなかったが、相当ひどい状態になっているのだろう、ということはアールコートの説明だけで想像できた。 うう……辛いな……。 せめて美樹の時間を止めることができれば、という話題から、シィルがホルスのコールドスリープのことを口にする。 まさかここでホルスのコールドスリープが繋がってくるとは……! 既にランスたちの身体で実験済のようなものだし、挑戦する価値は十分にある。 だが問題は……ホルスの宇宙船は、ヘルマン地域にあるということ。 JAPANに閉じ込められているような状況下で、ヘルマンまで辿り着くのは至難の業だ。 しかし、それが希望に繋がるのなら考えるまでもなかった。 ここもまた、多くは語られなかった。 どれだけ厳しい旅路だったのか。 どれだけの犠牲が出たのか。 地獄のような道中だっただろうに、それでもランスたちは前向きだった。 奇跡的に、いつも通りの美樹の状態で最後を迎える。 不安に表情を曇らせる美樹の傍には、ずっと一緒にいると誓う健太郎の姿があった。 怖くない辛くない、なんて思えるはずがない。 決して美樹たちにとっては、ハッピーエンドとはいえない結末だ。 それでも、ひとりでは無いというだけで、きっと救われたんだろう。 おそらく彼らの眠りはそこまで長いものにはならない。 魔王を封印することは許されない。 ほんの少しだけタイムリミットが延びたというだけで、何かが得られたわけではなかった。 それどころか、ここに来るまでに何もかもを失ってしまった。 希望なんて無いのに、それでも立ち続ける彼らの姿が印象的なエンディングだった。 「クリアB タイムカプセル」は、バッド寄りのノーマルエンディングといった立ち位置だろう。 それでも個人的には、すごく良かった。 登場人物たちそれぞれが、自分にできることを精一杯にやりきって抗い切って、前を向いている姿が……夢も希望もないはずなのに、美しいと私は思った。 消えてしまう直前の炎の輝き、というとありがちな表現になってしまうけれど、まさにそんな感じだ。 続いて、 「冒険シベリア」を選ばずに適当なクエストで茶を濁すと、即 「クリアC 勇者の成就」となった。 同じ11ターンのうちに発生したので、本当にギリギリだったんだな……。 人類が足りて良かった。 シャングリラを落としてなかったら無理だったか? そこは微妙だな。 次に狙うのは 「クリアB 魔王美樹」。 11ターン準備フェイズにて、 「九州の魔軍を迎撃」クエストを選び、最終ボスを倒すことで見られるエンディングだ。 ラストのボス2体がかなり強いので、ある程度自力が必要なエンディングでもある。 ボスが居なかった「タイムカプセル」「勇者の成就」に比べると、難易度がやや高いといえる。 なんつっても、ラスボスがケイブリス本人! いやー、(仮)をシャングリラで倒しててよかったと改めて思った。 なんかこう、こっちの緊張度合いが変わってくる。 戦法としては、シャングリラでのものとほぼ同様でイケた。 手裏剣と魔法バリアで大技はしっかり防ぎ、回復はキムチ鍋。 状況によっては上級ヒーリングやメイド。 アタッカーは0APのロレックスと、いざという時のシルフィード+ブーストランスだった。 睡眠は無効なので、毒ハメ呪いハメは難しいと思われる。 時間はかけたが、そこまでピンチに陥ることもなく無事勝利! やったぜ! 今度こそ本物をやってやったぜ!! サテラも大喜びだし、滅茶苦茶嬉しい。 だけど、こうなっちまうんだなぁ。 わかってはいたけど、シンプルに凹むな。 ケイブリス本人を倒し切れたぶん、尚更ショックな気がする。 そしてオマケでもひとつ、 「クリアC 人類滅亡」。 こちらはJAPANは無関係、かつ簡単に見られるエンディング。 やり方としては、 2ターン準備フェイズ開始のデータで、ひたすらクエスト断念し続けるだけ。 「リーザスで支援」などのクエストをとりあえず選んで、クエスト画面(フィールド画面)に移ったらMENUから右下の 「クエストを諦める」を選択する。 拠点フェイズは適当なイベントをこなして、あとはクエスト断念し続けるだけで6ターン目には上記画像の状況に陥ることができる。 美樹の生き死に判定よりも早くに各国滅亡に至るため、うっかり魔王ケイブリスエンドにならないのがポイント。 ……とまぁ、そんな感じでCPを回収していった結果、実績20個達成に至ったらしい。 やったぜ! 頑張って得たCPを手に、次からいよいよ3周目でのクリアAを目指したいと思う。

次の