心労 お 察し し ます。 「心中お察しします」を目上に使うのは注意!意味、使い方!類語や英語も紹介

ご心労をお察しします&をおかけし&察ししますの意味とは

心労 お 察し し ます

「心労」の意味は? 心労の意味とは精神的な疲労のこと! 心労とは、精神的な部分である心の疲労のことを意味しています。 心の疲労とは、物事や相手に対して「少し気掛ける・心配する」などの軽い気持ちの言葉ではないです。 それよりもさらに深く、相手の状況や状態を心の底から気に掛けているときの言葉です。 心労の意味とは身体的にも影響がでる可能性がある! 心労とは、心に溜まることで体調的にも異変を起こす可能性があります。 先ほど紹介したように、心労は心が疲労したときの言葉です。 そしてその状態が強いストレスになることで、心の疲労だけにとどまらず、胃痛などの身体症状になって現われる場合があります。 そのため心労とは、心が参るほどの強いストレスのことだけではなく、その強いストレスが体調にまでひびいている状態のことです。 その理由は、この言葉のイメージが固く仰々しい印象を与えるからです。 そのため自分自身に使うと、大袈裟に聞こえて印象がよくないため、この言葉は自身に対して使うというよりも、他人の気持ちに対して使うことをおすすめします。 またこの言葉は、他人のために使うことをおすすめしましたが、ビジネスシーンや目上の方に使う機会もある言葉になります。 そのため目上の方や、ビジネスシーンでこの言葉を使う場合には、言葉に「ご」を付けることで敬語にできるため、敬語にしてから使いましょう。 また文字にする場合には、「ご心労」よりも「御心労」と書く方が文章的に綺麗にまとめられるためおすすめです。 先ほども紹介しましたが、この言葉は強いストレスを抱えている場合に使います。 そのため、相手の「心労」に気がつき声をかける場合には、「お察しします」など相手の胸中にまで気をつかう言葉を添えて使うことでより相手を気遣うことができます。 「かける」を一緒に使えるシーンは、周囲の人に心労をかけた場合になります。 この単語を例文に使うと、「私が病気になったことで、妻や家族に心労をかけた」です。 例文では、自身が病気になったことで妻をはじめとした家族に心配以上の心の負担をかけたことが、申し訳ないという自身の気持ちが込められています。 この言葉の意味は、1つの心配事が片付いても次々と、新しい心配事が湧き出てしまう状況をさしています。 そのため心配事が、波のように次々と押し寄せることで、精神的に安定せずに強いストレスになります。 この単語を例文に使うと「彼の心労は絶えない」のように使えます。 この単語は、その他にも「絶え間のない」や「止まらず」と変換しても使えます。 募るとは、募る物が重なることで、問題がどんどん大きくなる様子を意味した言葉です。 この言葉は、問題が大きい 激しい ことを意味するため相手に対しての感情は激しくなります。 また似ている言葉で「積もる」もありますが、積もるは物理的なものに合わせる言葉なため、心労には一般的には合わせません。 この単語を例文に使うと、「今までの心労が募り、父は倒れてしまった」のように使えます。 この単語は、普段はあまり使われませんが、意味は不自然なことが要因で結果悪いことがおきたときに使われ、「亡霊に祟られた」の祟ると同じ意味です。 そのため不自然な要因の心労が、「悪い結果」を招いたときに使えます。 この単語を例文に使うと、「後輩は仕事が心労になり、それがたって入院した」のように使えます。 例文では、心労がたたったことで入院いう悪い結果に繋がったことを強調しています。 また例文のように会社で働いていると、紹介した例文のように周囲の同僚などが病気になり、体調を気づかうメールを送る場合があります。 そんな、体調を気づかうときに使える例文などを紹介している関連記事を下記に付属しておくので、ぜひ参考にして気遣いメールを送ってみてください。 この単語は、その状況が長く続くことで、重篤な状況になったことを強調したい場合に使えます。 この単語を例文に使うと、「長年の心労が重なり病気になった」というように使えます。 この例文の場合には、心労というストレスが長期間続くことで、病気になるという重篤な結果の原因になったことを意味します。 先ほども紹介したように、この方法を使うことで心労があることを強調できます。 この単語は、自身ではなく相手に心労があり、その相手の心労を推し量る自身の気持ちを表すときに使います。 この言い方をすることで、相手の心に寄り添いたい気持ちが表現できます。 この単語を例文に使った場合には、「お客様の心労をお察しします」のように使えます。 しかしこの「お察しします」を使った言い回しを自身に使うと、相手を非難するように聞こえてしまうため気をつけましょう。 この単語の意味は、物事が少しずつ1カ所に集まり積もっていく様子を表しています。 そのためこの単語を合わせることで、心労が取れることなく蓄積されていることを表現することが可能です。 この単語を例文に使った場合には、「弟は勉強と仕事の両立で大変なのに、そこに心労まで溜まって倒れる寸前だ」のような使い方ができます。 この単語には、「どれくらい、どれほど」などの意味があります。 そのためこの単語を心労と合わせると、相手に心を寄せるときや寄せたいときなどに使えます。 この単語を例文に使った場合には、「お客の心労がいくばかりかと考えると、対応をお願いするのは心苦しいです」のように使えます。 この「気に病む」の意味は、「気をもむ、心配する」もあります。 しかしこの「気に病む」の本来の使い方は、本来ならば心配したり悩んだりする必要がないのに、考えすぎてしまっている場合に使う言葉になります。 その「気に病む」の単語を例文に使った場合には、「彼女は小さなミスを気に病んで、次の恋愛ができない」のように使うことができます。 またこの例文の意味は、本来ならば気にする程のことではないミスを気していることで、次の恋愛に進めなくなっている状況を説明しています。 この気苦労とは、「力を尽くしているが、苦しく辛い思いをする」ことや、「イライラ感が続き、心が穏やかじゃない状態」を表現することができる言い回しです。 そんな気苦労の単語を例文で使う場合には、「試験期間中は、気苦労な日々が続く」のように使うことができます。 この気苦労が、力を尽くしていることを意味していると紹介していますが、そんな力を尽くすことを「尽力」といいます。 そんな尽力には、どんな使い方や類語があるのでしょうか。 尽力について詳しく紹介している関連記事を下記に付属するので、ぜひ参考に読んでみてください。 この憂慮は、普段はあまり聞き慣れない単語になりますが、そんな憂慮とは「心配や不安に思う」ことを意味する単語です。 そんな憂慮は、「あれこれと考え 思い を巡らせて心配している」というニュアンスで使うことができます。 またこの場合の心配とは、少し程度の心配ではなく危機感を感じるほどの心配になります。 そんな憂慮の単語を例文に使う場合には、「世界の貧困地域を憂慮して、ボランティア活動をおこなうことにした」などのように表現して使うことができます。 このストレスの定義は、寒冷・外傷・精神的なショックで感じる「精神的緊張」や防衛反応の原因になる「刺激、環境」を表します。 そんなストレスには、生活している中で時々感じるような軽いものや、病気の原因になってしまう重度のものまで幅広く存在します。 またストレスと心労を一生に使うことで、なんらかの原因で「精神的な疲れが溜まっている」状態を表すことができます。 そんなストレスの単語を例文で使う場合には、「長時間の残業をやめたら、ストレスも軽減できると思う」などのように使えます。 この強いストレスは、長い期間かかった場合には、不眠症を発症してしまう人もいます。 その強いストレスがかかったことで、不眠症になったときの解消する法などを紹介している関連記事を下記に付属しておきます。 不眠気味の方は、ぜひ参考にして質の良い睡眠を手に入れる足がかかりにしてください。 この心痛は、お悔やみのときなどの言葉として聞いたり、使用したりすることが多い単語になります。 そんな心痛の単語を例文として使う場合には、「ご家族の心痛はさぞ大きいかと思いますが、気を落とされませんようにご自愛ください」などのような使い方ができます。 「心労」は悪いことの原因にもなるが相手の心に寄り添うことにもなる 今回は、「心労」の意味や使い方など紹介してきました。 この心労とは、精神的な疲労のことを表しており、またこの心労が募ることで体調にも異変を起こす場合もあるほどです。 そんな心労の使い方は、自分自身に対して使うと相手を非難しているような印象になってしまうため気をつけましょう。 しかしあまりイメージの良くない心労ですが、この言葉に「お察しします」などの言葉を付けて誰かのために使うと、その言葉を掛けたい相手の心に寄り添うことができます。 そのため、心労を心の疲労や、蓄積されることで悪影響をもたらすなどの、悪い意味の言葉として捉えず、ぜひ心を寄せたい相手のために使ってみましょう。 そのため心労を、心の疲労や蓄積されることで悪影響をもたらすなどの、ただ悪い意味の言葉としてだけ捉えずに、一緒に使う言葉を変えることで心を寄せたい相手のためにも使ってみましょう。

次の

「心労」の使い方とビジネスシーンにおける例文集

心労 お 察し し ます

「心中お察しします」の読み方・意味 「心中お察しします」の読み方は「しんちゅうおさっしします」 「心中お察しします」は「 しんちゅうおさっしします」と読みます。 「心中」を「しんじゅう」と読むと意味が全く変わってしまいますので、注意してください。 「心中(しんじゅう)」は「男女が互いの愛情の変わらないことを示すため、いっしょに自殺すること」を意味します。 「心中お察しします」の意味は「あなたが心の中で思っていることは分かります」 「心中お察しします」は簡単に言うと「 あなたが心の中で思っていることは分かります」という意味になります。 「心中」は「こころのうち」「胸中」を意味しています。 「心中を明かす」「心中穏やかでない」などと使いますよね。 「察する」は「推測すること」「本当の意図を汲み取ること」を意味しています。 また、「察する」には「同情する」という意味も含まれます。 「察しがいい」「察しがつく」などと言いますよね。 「心中お察しします」は、相手に悲しい出来事が起こったときに、 ・相手の気持ちを推し量って思いやること ・悲しい気持ちやつらい気持ちに共感を表すこと を意味します。 「心中お察しします」の使い方と例文 「心中お察しします」はお葬式の場でなど、誰かに不幸があった時に使う 「心中お察します」は、誰かに不幸があったときに気遣う言葉として使います。 身近な人が亡くしてしまった際の辛い気持ちをいたわるために、「心中お察しします」を使うことができます。 例えば、葬儀で遺族が悲しみのあまり会話ができなくなった場合、言葉を待ってしまうと相手に負荷をかけてしまいます。 そんな時は何を言いたいか察していますという意味で「心中お察しします」と伝えます。 このような場面では、何て声をかけていいのか戸惑いがちですが「心中お察しします」を知っておくことで、いざというときに役立ちます。 「心中お察しします」をより丁寧な表現にするには 「心中お察し申し上げます」を使います。 例文 ・ご家族の皆様のご心中お察し申し上げます。 ・まったく予期せぬ事故で、さぞかし驚きになったこと、心中お察しいたします。 ・長年連れ添った旦那様とのお別れ、お辛いことと心中お察しします。 「心中お察しします」困難な相手の状況へ理解を示す 「心中お察しします」はお悔やみ言葉としてだけでなく、相手が困難に陥っている状況への理解を示す場合にも使うことができます。 このような場面での「心中お察しします」はクッション言葉として使います。 相手に一定の理解を示しつつ、その後にこちらの意見や要求を述べます。 ビジネスシーンにおいては、取引先への督促(約束の履行 や物事の実行をうながす)としても使うことができます。 例えば、取引先の状態は大変だとしても、自分たちの会社は守る必要があるので心苦しいながら督促をするときに「心中お察しします」を使います。 「心中お察しします」を使うことで「大変だとは思うけどする事はしっかり行うべき」と念を押すことができます。 また、何か悩み事をしている人や落ち込んでいる人に対しても「心中お察しします」を使うことができます。 落ち込んでいる人に対して何て声をかけたらいいか迷うことが多いです。 しかし戸惑うからと言ってそのままにしておくのも気が引けてしまいます。 そういった場合に「心中お察しします」を使います。 「心中お察しします」を使うことによって、相手が落ち込んでいることについての共感を示すことができ、寄り添うことができます。 例文 ・心中お察しします。 お忙しいとは存じますが、期日までの入金をよろしくお願い申し上げます。 ・心中お察しします。 貴社のご事情はおありかと思いますが、何卒納期までには納入していただきたく存じます。 ・この度は心中お察しします。 気落ちされずに、今はお身体を回復されることだけに専念してください。 ・心中お察しします。 私も同じような経験がありますので、お役に立てることがあるかもしれません。 「心中お察しします」と言われた時は謝意の言葉で返す 「心中お察しします」と言われた場合、何て返事をすれば良いのでしょうか? 「心中お察しします」と言われたら、 ・恐れ入ります ・痛み入ります ・恐縮です ・お心遣いありがとうございます ・ご丁寧にありがとうございます などと言いましょう。 感謝の気持ちを表す「恐れ入ります」や、相手の優しい気持ちに恐縮するという意味がある「痛み入ります」が適切になります。 また単に「ありがとうございます」と言うのはなるべく避け、「ご丁寧に」「お心遣い」といった言葉を付けて返事をしましょう。 言葉が出てこない場合は、 黙礼するだけでも問題ありません。 気持ちの整理がついていない中で、対応をするのは大変難しいです。 無理に言葉にしなくても、ただお辞儀をするだけで十分です。 「心中お察しします」の注意点 祝い事や嬉しいことには使わない 「心中お察しします」相手に悲しい出来事が起こったときに、相手の気持ちを推し量って思いやる言葉として用います。 そのため、祝い事や嬉しいことに対して使いません。 相手に喜ばしいことがあった場合に使うと失礼に当たってしまうため注意しましょう。 目上の人や上司に「心中お察しします」を使うのは注意が必要 「心中お察しします」という言葉自体は、「あなたの心情を理解して同情します」という意味合いなので、決して失礼な言葉ではありません。 しかし、 目上の人に対して使うには失礼に当たってしまう可能性があります。 目上の人に「心中お察しします」と言うと「私の気持ちが何でわかるんだ」と不快感を与えたり、偉そうに口出ししてきたと思われてしまうことがあります。 目上の人に対して使うときは上から目線にならないように配慮する必要があります。 日頃から仲の良い先輩や上司であれば、使っても良いでしょう。 要するに、 本当に相手の事情や気持ちを理解して「心中お察しします」を使うことが大切なのです。 「心中お察しします」のその他のお悔やみの言葉 メールや手紙では「お悔やみ申し上げます」を使うと良い 「お悔やみ申し上げます」は一般的によく使われるお悔やみの言葉として知られています。 「悔やみ」の意味は、「人の死を弔うこと」です。 「弔う」とは「人の死を悲しみ悼んで、遺族にお悔やみを言う」という意味になります。 「お悔やみ申し上げます」は、「相手の気持ちに寄り添い、慰めの気持ちを表す」という意味が含まれ、 「故人の死を残念に思い、悲しんでいる」というニュアンスになります。 「お悔やみ申し上げます」は、書き言葉としても話し言葉としても使える便利な言葉です。 お悔やみメールを送る際は「お悔やみ申し上げます」を使うのが良いです。 しかしメールではなかなか気持ちが伝わりにくいので、「突然のことで言葉が見つかりません」「本当に残念でなりません」「訃報に動揺しております」といった言葉を付け加えて伝えましょう。 また「お悔やみ申し上げます」は、「ご愁傷様」と併用してお悔やみを伝えることも可能です。 「〜ご愁傷様です。 心よりお悔やみ申し上げます」といった形で使用します。 例文 ・お力落としのことと思いますが、どうぞお気をしっかりとお持ちください。 心からお悔やみ申し上げます。 ・この度は誠に残念なことになりまして、心からお悔やみ申し上げます。 ・この度は御愁傷様です。 突然のことで驚いております。 心からお悔やみ申し上げます。 「ご冥福をお祈り申し上げます」は故人に対して使う言葉 「冥福(めいふく)」は、「死後の幸福」「人の死後の幸福を祈るために仏事を修すること」という意味です。 「ご冥福をお祈り申し上げます」は、 「故人の死後の幸福をお祈りいたします」を意味しています。 「ご冥福お祈り申し上げます」は、具体的には「冥土でさまよった後、良い場所(幸せな場所)に行けることを祈っています」という意味合いになります。 「ご冥福をお祈り申し上げます」は葬儀の場面で使う言葉になります。 「ご冥福をお祈り申し上げます」は遺族に対してではなく、故人に対して使う言葉です。 遺族に対して「ご冥福」を使う場合は、「この度は、誠ににご愁傷様でございます。 (故人の名前)様のご冥福をお祈り申し上げます」と故人に対しての言葉であることが伝わるようにしましょう。 例文 ・ご遺族の方々のお悲しみはいかばかりかとお察しいたします。 ・突然の悲報に接し、大変驚いております。 謹んでご冥福をお祈り申し上げます。 ・心から哀悼の意を表しますとともに、故人のご冥福をお祈り申し上げます。 「ご愁傷様です」もお葬式でよく使われる 「ご愁傷様」は<ごしゅうしょうさま>と読みます。 「ご愁傷様」の意味は、 ・相手を気の毒に思うさま、身内を失った人に対するお悔やみの言葉 ・気の毒に思う気持ちを、軽いからかいの意を含めて言う言葉 になります。 「ご愁傷様です」は、 通夜や葬儀の場で遺族に述べるお悔やみの言葉の常套句です。 葬儀の際にどんな言葉をかけていいのか分からないとき、「ご愁傷様です」の一言でお悔やみの意を伝えることができます。 基本的に遺族に対して述べる言葉ですが、言うタイミングとしては弔問の際に一番多く使われます。 「ご愁傷様」はお悔やみ言葉として使用するのがほとんどの一方で、「ご愁傷様」は親しい間柄において相手が何か失敗をした、もしくは不運なことに見舞われたときなどに、からかう意味で使用する場合があります。 例えば「今日も残業なんてご愁傷様」なんて言った場合は、「今日も残業なんて可哀想」と意地悪く皮肉を込めた言い方になります。 実際は辞書にも載っている使い方なので、間違った用法ではありません。 しかし親しい相手であっても、使用する状況によっては深く相手を傷つける場合もあるので、時と場合に応じた使い方が大切です。 例文 ・この度はご愁傷様でございます。 あまりにも突然のことで悲しみにたえません。 ・この度はご愁傷様でございます。 大変お辛いでしょうが、お力落としされませんように。 ・ご愁傷様です。 とても残念なことで他に言葉が見つかりません。 「心中お察しします」と同様に、誰かに不幸があったときや落ちこんでいる人を気遣う表現として使用します。 「お気持ちお察します」は、目下の人だけでなく、目上の人に対しても使うことができます。 ご心労お察しします 「心労(しんろう)」は、気に病んでいる様子・精神的に苦労している様子・心配や悩みが多い状態を表しています。 「心労」は、気に病んでいる様子・精神的に苦労している様子・心配や悩みが多い状態を表しています。 「心労」は、「心配」「悩み」といった言葉よりも重い症状を表す言葉です。 「心労」を目上の人に使用する場合は、尊敬を表す接頭語「ご」をつけて「ご心労」とします。 「ご心労」は、他人の心労を推察して使用する言葉になります。 「ご心労お察しします」と言った場合は「その人の精神的な疲れを思いやること・同情すること」といった意味合いになります。 「ご心労お察しします」は、絶えることのない他人や物事の心配事を抱えて精神的に追い込まれている方に使います。 胸中お察しします 「胸中」は「胸のうち」「心に思っていること」を意味しています。 「胸中を打ち明ける」などと使いますよね。 「胸中お察しします」は、 「あなたの心にある辛い感情を理解していたわる」という意味になります。 ご心痛お察しします 「心痛」は、「心配して深く思い苦しむこと」「胸が痛くなること」を意味しています。 「心痛」は「ご心痛の深さお察しいたします」といったように、深く苦しんでいることを表します。 「心痛」に尊敬を表す接頭語「ご」を付けて「ご心痛」とすると、敬語表現になります。 「ご心痛お察しします」は、「ご家族のご心痛、いかばかりかとお察し申し上げます」といったようにお悔やみ言葉として用いることが多いです。 「心中お察しします」の類語 「心中お察します」の類語を紹介します。 気持ちを汲み取る 「汲み取る(くみとる)」は、「相手の事情や気持ちを推し量ること」を意味しています。 「気持ちを汲み取る」は相手の仕草や行動をみて感情を理解するということになります。 例えば「相手の気持ちを汲み取る余裕はない」「お気持ちを汲み取ってくれれば助かります」などと使うことができます。 「汲み取る」には「水や液体を他の容器に移す」という意味もありますが、こちらの意味では使わないので間違わないように気をつけましょう。 心情を理解する 「心情」は「心の中にある思いや感情」を意味しています。 「心情を理解する」は、相手の思っているや感情がよくわかるということになります。 例えば「被害者の心情を理解する」「彼女の心情を理解するのは非常に難しい」などと使うことができます。 気持ちを慮る 「慮る(おもんぱかる)」は、「あれこれ思い巡らす」「考慮すること」を意味しています。 また「慮る」は「考えること」だけでなく、「想像すること」という意味も含まれます。 「気持ちを慮る」は、相手の気持ちを思い計るということになります。 例えば「彼女の気持ちを慮って今日は早く帰ることにした」「母の気持ちを慮って夕食を用意しておくことにした」などと使うことができます。 気持ちを斟酌する 「斟酌(しんしゃく)」は、「 相手の事情や心情をくみとること。 また、くみとって手加減すること」を意味しています。 「気持ちを斟酌する」は、「相手の事情や心情を考慮する。 または考慮して手加減すること」を表します。 例えば「彼の気持ちを斟酌して、それ以上は責めなかった」「上司の気持ちを斟酌した結果、事がうまく進んだ」などと使うことができます。 文法的に正しい敬語でも、言い回しや場面によっては相手に不快感を与えてしまう場合があります。

次の

「心労」の意味とは?使い方や例文8選!ストレス/類語/お察しします

心労 お 察し し ます

しかし、他人に関してはよく使われる言葉であり、 特に目上の人に対しては、会話や書簡文の中で思い遣りの気持ちをこめて「ご心労」が普通に使われます。 ご心労の例文 ご心労のほどお察し申し上げます。 皆様におかれましては、さぞ ご心労のことと拝察申し上げます。 ご家族の ご心労いかばかりかと胸が痛みます。 ご心労が多々おありかと家内も心配いたしております。 ご心労が絶えませんね。 ご心労が重なり、さぞお疲れのことでしょう。 ご心労を重ねてしまい申し訳ございません。 私事ですが、このところ 心労が重なっておりまして・・・ 心労が募ります。 ご心労が募っておられることでしょう。 ご心労が絶えず、気の休まる暇がないでしょう。 「ご心労」の敬語表現 目上の方に対して「ご心労」を使う場合は 「ご心労」または「御心労」と書きます。 どちらであっても伝えたい気持ちに変わりはありません。 しかし文章にするのであれば「ご心労」と書くと少しやわらかい雰囲気になりますし、「御心労」と書くと重々しい印象にすることができます。 相手の方との関係性や、相手が感じている心労の度合いなどによって使い分けると良いでしょう。 また、相手が目上の方でなくても「ご心労」は使うことができます。 口頭でも文章でも、改めて相手にお詫びをしたり、気持ちをかけたいときには「ご心労」を使って問題ありません。 「ご心労」の類語 「心痛(しんつう)」 「心痛」とは、文字の通り 「心を痛める」という意味です。 心配ごとによって心が痛くなる様子を表しています。 この「心痛」は自分に対しては使わず、自分以外の人に向けてのみ使います。 また、使えるシーンも限られており、主にはお悔やみの場で使われます。 「この度はご愁傷様でございます、さぞご心痛でいらっしゃるでしょう」 心配ごとよりももっと大きな不幸などについての心の痛みに使われます。 そのため、 ビジネスシーンや日常の会話では使いません。 「気苦労」 「ご心労」と似た言葉で、 比較的気軽な会話に使えるのが 「気苦労」です。 「気苦労が絶えません」• 「気苦労ばかりしています」 「気苦労」は近況報告のひとつとして使われることも多い言葉です。 「気苦労」は深刻な心配ごとではなくても使えますし、やや謙遜の意味や軽い自虐として使うこともできます。

次の