ハレルヤ。 ハレルヤ (お笑いコンビ)

「ハレルヤ」の転生:レナード・コーエン追悼

ハレルヤ

ごあいさつ ハレルヤ園理事長の上敏明です。 この度は当園のホームページをご覧頂き有り難う御座います。 2013年1月に医療法人誠淑会、介護老人保健施設「ハレルヤ園」を開設致しました。 介護老人保健施設ハレルヤ園は、施設サービス計画に基づいて、看護・医学的管理の下における介護及び機能訓練、その他必要な医療、日常生活上のお世話を行い入所者様が自立した日常生活を営むことができるようにすることを目指しています。 ハレルヤ園では入所者の意思及び人格を尊重し、常に入所者の立場に立って、介護保健施設サービスの提供に努めています。 当施設は、愛知県愛西市で初めての介護老人保健施設であります。 重要な責務を自覚しつつ、職員一同、皆様の介護を十分行えるよう努力します。 老人の介護でお困りの方、老人世帯で日常生活が不自由な方、持病があり健康に不安がある方、話し相手がなく孤独な方など、ご遠慮なくお気軽にご相談下さい。 医師、看護士、介護職員がお待ちしております。 どのような人が入居の対象となるのですか? A. 要介護1~5と認定を受けた方です。 介護及び医療を必要とする方が対象となります。 入居の費用、施設の使用料は? A. 特別な保証金、準備金等は必要ありません。 お支払願う費用は、介護給付費の一部、施設の使用料、食事、生活するにあたり必要な物品費、娯楽費等です。 また、介護の程度、所得の状態により費用は異なりますので詳細は当院の支援相談員、専門員にご相談下さい。 おおむね月額6~11万円くらいでしょう。 医療機関との協力体制は? A. ハレルヤ園においては入居者皆様に対して医学的管理・医療を行っております。 さらに高度な 医療が必要になった場合には、近隣の津島市民病院、その他の広報支援病院に転院することに なります。 入居してどのような楽しみがありますか? A. ハレルヤ園では、毎月のお誕生日会・演奏会・お正月・お花見・慰問・紅葉見物・クリスマス会といった季節の催しやレク リエーションを行い、入居者様同士が楽しいひとときを過ごしていただけるふれあいの時間を 大切にしています。 正社員・パート・夜勤パートの募集です。 応募方法 お電話・メールでのお問合せ・応募も歓迎です。

次の

「ハレルヤ」の転生:レナード・コーエン追悼

ハレルヤ

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 この単語は「讃える、賛美する」を意味する動詞ヒッレールからの派生名詞で、「賛美」を意味する。 この動詞の複数命令形ハレルーに神の名ヤハウェを短縮したヤーを付した形がハレルヤ。 「()」を「ハレル(ほめたたえよ)」)。 の讃美の言葉に由来し、、(オザンナ、ホザンナ)など共に、に残る代表的なヘブライ語の祈りの一つでもある。 ラテン語などでは、ハレルヤの語頭のhを発音せずに アレルヤという。 日本のでは典礼において「アレルヤ」を使用している。 ()では中世以降のギリシャ語・を反映して「 アリルイヤ」と発音される。 関連項目 [ ]• - 「ハレルヤ」のコーラスで有名な作曲のオラトリオ• この項目は、に関連した です。

次の

「ハレルヤ」とは?意味や使い方を解説!

ハレルヤ

ヘブライ語で「主をほめたたえよ」を意味する一種の歓呼。 元来ユダヤ教の礼拝音楽の一つとして用いられていたが、4世紀にはすでにキリスト教教会に導入されていたようである。 ローマ・カトリック教会の典礼ではラテン語化されてアレルヤと発音され、福音書 ふくいんしょ の朗読に先だって歌われた。 このアレルヤ唱には聖書の詩句が組み込まれ、先唱者と聖歌隊によって応答風に歌われた。 またその結尾には、最後の母音であるaの音が長く引き伸ばされた装飾的な部分(ユビルス)がつけられた。 アレルヤ唱の、このより自由な音楽的要素は、西洋音楽のその後の発展にとって重要な役割を果たした。 ハレルヤの歌詞は、近代の芸術作品のなかでも用いられているが、なかでもヘンデルの作曲したオラトリオ『救世主(メサイア)』(1741)中の「ハレルヤ・コーラス」はもっともよく知られている。 [磯部二郎] 出典 小学館 日本大百科全書 ニッポニカ 日本大百科全書 ニッポニカ について の解説 … [本格的ミュージカル映画の時代へ] しかし,舞台のレビューをフィルムにうつした程度のミュージカル映画は観客をとらえつづけることができず,製作本数は1930年の70本から早くも翌31年には10本足らずに激減する退潮を示した。 そのなかにあって,キング・ビダー ビドア 監督のオール・ニグロ・キャストによる《》 1929 ,エルンスト・ルビッチ監督で,モーリス・シュバリエとジャネット・マクドナルドのコンビによる《ラヴ・パレィド》 1930 ,同じコンビでルーベン・マムーリアン監督の《今晩は愛して頂戴ナ》 1932 が〈音〉の処理をめぐるトーキーの技法とともに,ミュージカル映画のスタイルそのものを前進させた。 そしてワーナー・ブラザースでバスビー・ バークレイ の振付による《四十二番街》 1934 が,奔放なカメラワークによって音楽と視覚的イメージを華麗に結びつけ,〈フィルム・レビュー〉とか〈シネ・オペレッタ〉と呼ばれるものとは一線を画する新しいスタイルをつくりあげ,続いて〈ジャズ・ビート〉を持ち込んでタップ・ダンスを踊りの基礎にした《ゴールド・ディガース》 1933 ,《フットライト・パレード》 1933 によってバークリーならではの特色を示した。 出典| 株式会社平凡社 世界大百科事典 第2版について.

次の