も さ きち。 DAIGO 恵俊彰「浅草もんじゃ もきち」で11/26『モニタリング』撮影ロケ

ときたまひみつきちCOMORIVER(コモリバ)宿泊者向け新アクティビティ「イグルーサウナ」お披露目会のお知らせ|株式会社温泉道場のプレスリリース

も さ きち

その1 驚異的なシャープネス! 映像の細部まで信じられないほどシャープかつクリアに再現。 観客をより強く映画の世界へと引き込みます! その4 豊かな色彩! 映画製作において今までにない豊かな色彩表現を可能にし、見たこともないような色鮮やかな世界をスクリーン上に再現します! その5 12ch のリアルサウンド 針が床に落ちる小さな音から、お腹に響くような火山の噴火音まで、独自に設計された12chサウンドシステムがリアルに再現。 これまでにないほどパワフルで臨場感あふれるサウンドが体感できます。 宮崎さん「…とまあ、ざっとこんな感じでしょうか」 ならきち「宮崎さん、なんだか急にお仕事っぽい雰囲気に…」 宮崎さん「ん?うん、大人だからね…(汗)」 ならきち「スゴイということは伝わるんだけど、内容がちょっと難しくてピンと来ないかも…(涙」 宮崎さん「カンタンに言ったら、これまで以上に 映像がキレイで、音もクリアで大迫力!ということかな。 ライトユーザーの方も、きっと満足してもらえると思います」 ならきち「僕でも違いがわかりそうですね。 ますます見たくなってきた!(ワクワク)」 宮崎さん 「あと、皆さんよく勘違いされるんだけど。 通常スクリーンとIMAXスクリーンで上映している作品は全く同じだと思ってない?」 ならきち 「えっ!違うんですか?」 宮崎さん 「そのとおり。 IMAXスクリーンで上映している作品は、監督の意向によりIMAX専用にリマスタリング(DMR)されているんだよ」 IMAX作品は鮮明、精細、大画面により映画を超えた表現を実現します。 リマスタリング(DMR)処理により作品の各フレームを完全に変換し、映画製作者の眼に映った映像を最大限のクオリティで表現します。 暖かみと鮮明さのバランスが最適な映像を実現します。 IMAXはこれまでにないリアルな表現をお届けします。 まず、12chのスピーカー構成が織りなす「音」の立体感に驚いたよ! 今回鑑賞したのはベトナム戦争中に米軍を脱走し、カンボジアで独裁者となった大佐と、その抹殺指令を受けた米軍大尉の体験を描いた名作『地獄の黙示録(ファイナル・カット版)』。 冒頭から戦闘用のヘリのエンジン音や爆撃音が鳴り響くんだけど、その音に包み込まれているような感覚は、これまでにない体験だった。 まるで 本当にヘリコプターが自分に近づいてきたり、遠のいて行ったりしているかのよう。 ほんと物凄い臨場感で、骨や心臓まで響いている感じ! そのせいで、音が全部消え失せたときの 静けさがよりくっきりなんだ。 静けさまでが聴こえてくるような、不思議な感覚。 そして、 壁面いっぱいの大スクリーンに映し出される4Kレーザーの高解像度映像は圧巻。 瞳に染み入るような彩度の高さに引き込まれたよ。 たとえるなら、「映画を観ている」というよりも「映画の世界に迷い込んでいる」ような心地でした。 筋金入りの映画ファンの方はもちろん、 普段映画を観ない人もきっと楽しむことができるはず。 映画を観るにしても、月額定額制で見放題のサブスクリプションが主流となりつつある時代に、 ひとつの作品のために映画館へ出向き映画を観るということ。 そして、大きなスクリーンと大迫力の音が、 映画の感動をより高めてくれるということ。 「映画館」の醍醐味を、改めて教えてもらった気がしました。 さあ、百聞は一見にしかず。 「最も身近な非日常を体験」しに、皆さんもぜひ劇場へGO!.

次の

つりがね印 白石温麺(しろいしうーめん),手延白石温麺 製造元 きちみ製麺

も さ きち

その1 驚異的なシャープネス! 映像の細部まで信じられないほどシャープかつクリアに再現。 観客をより強く映画の世界へと引き込みます! その4 豊かな色彩! 映画製作において今までにない豊かな色彩表現を可能にし、見たこともないような色鮮やかな世界をスクリーン上に再現します! その5 12ch のリアルサウンド 針が床に落ちる小さな音から、お腹に響くような火山の噴火音まで、独自に設計された12chサウンドシステムがリアルに再現。 これまでにないほどパワフルで臨場感あふれるサウンドが体感できます。 宮崎さん「…とまあ、ざっとこんな感じでしょうか」 ならきち「宮崎さん、なんだか急にお仕事っぽい雰囲気に…」 宮崎さん「ん?うん、大人だからね…(汗)」 ならきち「スゴイということは伝わるんだけど、内容がちょっと難しくてピンと来ないかも…(涙」 宮崎さん「カンタンに言ったら、これまで以上に 映像がキレイで、音もクリアで大迫力!ということかな。 ライトユーザーの方も、きっと満足してもらえると思います」 ならきち「僕でも違いがわかりそうですね。 ますます見たくなってきた!(ワクワク)」 宮崎さん 「あと、皆さんよく勘違いされるんだけど。 通常スクリーンとIMAXスクリーンで上映している作品は全く同じだと思ってない?」 ならきち 「えっ!違うんですか?」 宮崎さん 「そのとおり。 IMAXスクリーンで上映している作品は、監督の意向によりIMAX専用にリマスタリング(DMR)されているんだよ」 IMAX作品は鮮明、精細、大画面により映画を超えた表現を実現します。 リマスタリング(DMR)処理により作品の各フレームを完全に変換し、映画製作者の眼に映った映像を最大限のクオリティで表現します。 暖かみと鮮明さのバランスが最適な映像を実現します。 IMAXはこれまでにないリアルな表現をお届けします。 まず、12chのスピーカー構成が織りなす「音」の立体感に驚いたよ! 今回鑑賞したのはベトナム戦争中に米軍を脱走し、カンボジアで独裁者となった大佐と、その抹殺指令を受けた米軍大尉の体験を描いた名作『地獄の黙示録(ファイナル・カット版)』。 冒頭から戦闘用のヘリのエンジン音や爆撃音が鳴り響くんだけど、その音に包み込まれているような感覚は、これまでにない体験だった。 まるで 本当にヘリコプターが自分に近づいてきたり、遠のいて行ったりしているかのよう。 ほんと物凄い臨場感で、骨や心臓まで響いている感じ! そのせいで、音が全部消え失せたときの 静けさがよりくっきりなんだ。 静けさまでが聴こえてくるような、不思議な感覚。 そして、 壁面いっぱいの大スクリーンに映し出される4Kレーザーの高解像度映像は圧巻。 瞳に染み入るような彩度の高さに引き込まれたよ。 たとえるなら、「映画を観ている」というよりも「映画の世界に迷い込んでいる」ような心地でした。 筋金入りの映画ファンの方はもちろん、 普段映画を観ない人もきっと楽しむことができるはず。 映画を観るにしても、月額定額制で見放題のサブスクリプションが主流となりつつある時代に、 ひとつの作品のために映画館へ出向き映画を観るということ。 そして、大きなスクリーンと大迫力の音が、 映画の感動をより高めてくれるということ。 「映画館」の醍醐味を、改めて教えてもらった気がしました。 さあ、百聞は一見にしかず。 「最も身近な非日常を体験」しに、皆さんもぜひ劇場へGO!.

次の

DAIGO 恵俊彰「浅草もんじゃ もきち」で11/26『モニタリング』撮影ロケ

も さ きち

その1 驚異的なシャープネス! 映像の細部まで信じられないほどシャープかつクリアに再現。 観客をより強く映画の世界へと引き込みます! その4 豊かな色彩! 映画製作において今までにない豊かな色彩表現を可能にし、見たこともないような色鮮やかな世界をスクリーン上に再現します! その5 12ch のリアルサウンド 針が床に落ちる小さな音から、お腹に響くような火山の噴火音まで、独自に設計された12chサウンドシステムがリアルに再現。 これまでにないほどパワフルで臨場感あふれるサウンドが体感できます。 宮崎さん「…とまあ、ざっとこんな感じでしょうか」 ならきち「宮崎さん、なんだか急にお仕事っぽい雰囲気に…」 宮崎さん「ん?うん、大人だからね…(汗)」 ならきち「スゴイということは伝わるんだけど、内容がちょっと難しくてピンと来ないかも…(涙」 宮崎さん「カンタンに言ったら、これまで以上に 映像がキレイで、音もクリアで大迫力!ということかな。 ライトユーザーの方も、きっと満足してもらえると思います」 ならきち「僕でも違いがわかりそうですね。 ますます見たくなってきた!(ワクワク)」 宮崎さん 「あと、皆さんよく勘違いされるんだけど。 通常スクリーンとIMAXスクリーンで上映している作品は全く同じだと思ってない?」 ならきち 「えっ!違うんですか?」 宮崎さん 「そのとおり。 IMAXスクリーンで上映している作品は、監督の意向によりIMAX専用にリマスタリング(DMR)されているんだよ」 IMAX作品は鮮明、精細、大画面により映画を超えた表現を実現します。 リマスタリング(DMR)処理により作品の各フレームを完全に変換し、映画製作者の眼に映った映像を最大限のクオリティで表現します。 暖かみと鮮明さのバランスが最適な映像を実現します。 IMAXはこれまでにないリアルな表現をお届けします。 まず、12chのスピーカー構成が織りなす「音」の立体感に驚いたよ! 今回鑑賞したのはベトナム戦争中に米軍を脱走し、カンボジアで独裁者となった大佐と、その抹殺指令を受けた米軍大尉の体験を描いた名作『地獄の黙示録(ファイナル・カット版)』。 冒頭から戦闘用のヘリのエンジン音や爆撃音が鳴り響くんだけど、その音に包み込まれているような感覚は、これまでにない体験だった。 まるで 本当にヘリコプターが自分に近づいてきたり、遠のいて行ったりしているかのよう。 ほんと物凄い臨場感で、骨や心臓まで響いている感じ! そのせいで、音が全部消え失せたときの 静けさがよりくっきりなんだ。 静けさまでが聴こえてくるような、不思議な感覚。 そして、 壁面いっぱいの大スクリーンに映し出される4Kレーザーの高解像度映像は圧巻。 瞳に染み入るような彩度の高さに引き込まれたよ。 たとえるなら、「映画を観ている」というよりも「映画の世界に迷い込んでいる」ような心地でした。 筋金入りの映画ファンの方はもちろん、 普段映画を観ない人もきっと楽しむことができるはず。 映画を観るにしても、月額定額制で見放題のサブスクリプションが主流となりつつある時代に、 ひとつの作品のために映画館へ出向き映画を観るということ。 そして、大きなスクリーンと大迫力の音が、 映画の感動をより高めてくれるということ。 「映画館」の醍醐味を、改めて教えてもらった気がしました。 さあ、百聞は一見にしかず。 「最も身近な非日常を体験」しに、皆さんもぜひ劇場へGO!.

次の