アトランタ 爆破 事件。 映画『リチャード・ジュエル』クリント・イーストウッド監督が、96年爆破テロ事件の真実を描く

クリント・イーストウッド、次回作でアトランタ五輪爆弾テロ事件描く : 映画ニュース

アトランタ 爆破 事件

クリント・イーストウッド監督最新作『リチャード・ジュエル』が、2020年1月17日 金 より日本公開。 1996年、アトランタ・オリンピック開催中に爆破テロ事件が勃発。 不審なバックを発見した警備員リチャード・ジュエル ポール・ウォルター・ハウザー の迅速な通報によって数多くの力で多くの人命が救われた。 だが、爆弾の第一発見者であることでFBIから疑われ、第一容疑者として逮捕されてしまう。 ジュエルの窮地に立ち上がった弁護士のワトソン・ブライアント サム・ロックウェル は、この捜査に異を唱えるのだが…。 今回解禁となった予告編は、緊迫感に溢れる衝撃的な映像となっている。 パニックに陥った五輪会場の公園で「爆弾だ!早く逃げろ!」と人々を避難させるジュエルの姿、警察による爆破物の検証シーンが連射される。 「彼が爆破犯だと?」というFBIと思われる声に爆弾を発見した警備員に疑いの目が向けられたことが示唆される。 彼の無実を信じるたった一人の弁護士ワトソンは「容疑が晴れるまで黙秘しろ、俺が話す」とアドバイスし、息子を愛する母ボビー キャシー・ベイツ は「母さんが守るからね」と第一容疑者となった息子への報道を見つめる。 声紋判定のためにボイスサンプルが欲しいFBIは、ジュエルに「公園に爆弾がある、爆発まで30分」と言えと強要する。 その頃、FBIの取調室では、「公園に爆弾がある、爆発まで30分」と執拗に迫る捜査官 ジョン・ハム の尋問が続いていた。 今回、撮影現場でのひとコマをとらえた3ショットのメイキング写真が同時解禁。 クリント・イーストウッド監督が話しかけ、スーツで正装した主人公リチャード・ジュエル役のポール・ウォルター・ハウザーと、弁護士ワトソンを演じるサム・ロックウェルが耳を傾けている。 腕組みをしたサムが監督をじっと見つめている姿が印象的な1枚だ。 東京オリンピック開催を間近に控えた日本にとって、この爆破テロ事件は他人事ではない重大事件である。 リチャード・ジュエルは悪人なのか、それとも聖人なのか!? その真実は、スクリーンで明らかになる。 『リチャード・ジュエル』は、オリンピック・イヤーの幕開けとなる2020年1月17日 金 より日本公開。 ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC 文: ハリウッドニュース 編集部.

次の

FBIにハメられ、アトランタ爆破テロ犯にされた実在の男をイーストウッドが描く『リチャード・ジュエル』

アトランタ 爆破 事件

経歴 [ ] 1962年12月17日 、で父ロバート・アールと母ボビのホワイト夫妻の間にリチャード・ホワイトとして生まれるが、4歳のときに両親が離婚し、母の再婚相手であるジョン・ジュエルの養子となってリチャード・ジュエルとなる。 が開催されているあいだ、彼は警備員の職に就いていた。 1996年7月27日、 ()のベンチの下に不審なバックパックが置かれていることを発見した彼は、 ()の捜査員に知らせて、周囲にいる人々を立ち退かせはじめた。 その数分後、バックパックに仕込まれていたが爆発した。 これにより2人が死亡、100人以上が負傷した。 数日後、がジュエルを事件の有力な容疑者として捜査を進めていることが報道された。 それまで国の英雄として扱われていたジュエルは、捜査局とマスメディアの両方に付きまとわれる日々を過ごすことになった。 同年10月、彼を捜査の対象から外すことが正式に発表されたことにより、リチャードの容疑は晴れた。 なお、事件の真犯人である ()は2003年に逮捕され、裁判でが確定した。 ジュエルは一連の報道により名誉を傷つけられたとして、 ()、、、、 ()の発行元である ()を相手取り、訴訟を起こした。 コックス・エンタープライズとの裁判では彼の主張は退けられたが、それ以外の裁判では和解金を受け取ることで合意した。 事件後、ジュエルはでを務めるなど、法執行官の職を転々とした。 2007年8月29日 、ジョージア州 ()の自宅で死去。 晩年は健康に問題を抱えており、自然死だったと伝えられている。 44歳没。 大衆文化 [ ] が監督を務めた2019年の伝記映画『』は、ジュエルの生涯を題材としており、がジュエルを演じている。 出典 [ ]• The Guardian. 2019年9月30日閲覧。 Vanity Fair. 2019年9月30日閲覧。 Sack, Kevin 1996年10月28日. The New York Times. 2019年9月30日閲覧。 Vox. 2020年1月22日閲覧。 Bruney, Gabrielle 2019年12月13日. Esquire. 2020年1月22日閲覧。 The New York Times. 2019年9月30日閲覧。 McNary, Dave 2019年9月27日. Variety. 2019年9月30日閲覧。 関連項目 [ ]• () 外部リンク [ ]• - (英語)• - (2007年2月26日アーカイブ分) - ・ゼミ.

次の

アトランタ五輪爆破事件の悲劇の警備員を描いた映画の監督候補にクリント・イーストウッド!

アトランタ 爆破 事件

経歴 [ ] 1962年12月17日 、で父ロバート・アールと母ボビのホワイト夫妻の間にリチャード・ホワイトとして生まれるが、4歳のときに両親が離婚し、母の再婚相手であるジョン・ジュエルの養子となってリチャード・ジュエルとなる。 が開催されているあいだ、彼は警備員の職に就いていた。 1996年7月27日、 ()のベンチの下に不審なバックパックが置かれていることを発見した彼は、 ()の捜査員に知らせて、周囲にいる人々を立ち退かせはじめた。 その数分後、バックパックに仕込まれていたが爆発した。 これにより2人が死亡、100人以上が負傷した。 数日後、がジュエルを事件の有力な容疑者として捜査を進めていることが報道された。 それまで国の英雄として扱われていたジュエルは、捜査局とマスメディアの両方に付きまとわれる日々を過ごすことになった。 同年10月、彼を捜査の対象から外すことが正式に発表されたことにより、リチャードの容疑は晴れた。 なお、事件の真犯人である ()は2003年に逮捕され、裁判でが確定した。 ジュエルは一連の報道により名誉を傷つけられたとして、 ()、、、、 ()の発行元である ()を相手取り、訴訟を起こした。 コックス・エンタープライズとの裁判では彼の主張は退けられたが、それ以外の裁判では和解金を受け取ることで合意した。 事件後、ジュエルはでを務めるなど、法執行官の職を転々とした。 2007年8月29日 、ジョージア州 ()の自宅で死去。 晩年は健康に問題を抱えており、自然死だったと伝えられている。 44歳没。 大衆文化 [ ] が監督を務めた2019年の伝記映画『』は、ジュエルの生涯を題材としており、がジュエルを演じている。 出典 [ ]• The Guardian. 2019年9月30日閲覧。 Vanity Fair. 2019年9月30日閲覧。 Sack, Kevin 1996年10月28日. The New York Times. 2019年9月30日閲覧。 Vox. 2020年1月22日閲覧。 Bruney, Gabrielle 2019年12月13日. Esquire. 2020年1月22日閲覧。 The New York Times. 2019年9月30日閲覧。 McNary, Dave 2019年9月27日. Variety. 2019年9月30日閲覧。 関連項目 [ ]• () 外部リンク [ ]• - (英語)• - (2007年2月26日アーカイブ分) - ・ゼミ.

次の