情報 リテラシー と は。 【必須能力】情報リテラシーの意味。またその高め方と高めるメリット

リテラシーの意味をわかりやすく|ビジネスでの使い方は?高い・低いで表現する?

情報 リテラシー と は

第3節 安心・安全なインターネット利用環境の構築 (2) インターネットリテラシーの重要性 インターネットの普及に加え、スマートフォン等の急速な拡大により、国民全体として ITに触れる機会が増大していることを踏まえ、ITの利活用により、子供から高齢者まで、そのメリットを享受して豊かに生活を送ることができるよう、情報モラルや情報セキュリティに関する知識を含め、国民全体の ITリテラシーの向上を図ることが重要である 4。 しかしながら昨今ソーシャルメディアでの不適切投稿による問題が注目を集めており、それらを踏まえた上で国際ウェブアンケート調査からSNSを中心とした利用者のインターネットリテラシーの現状及び我が国の特徴等を以下にて分析する。 また、インターネットリテラシーにはリスク教育の有無によるところが大きいという指摘を踏まえ、民間団体及び各事業者における取組等を紹介する。 ア ソーシャルメディアでの不適切投稿による「炎上」問題 近年ソーシャルメディアでの不適切投稿によって発生するトラブル、いわゆる「炎上」が注目されている。 Googleにおける「Twitter炎上」「Facebook炎上」の日本での検索頻度を見てみると、2010年頃より徐々に頻度が上昇し、2013年から特に「Twitter炎上」において検索頻度が急激に高まっており、2013年に注目が高まったことが見てとれる( 図表4-3-1-13)。 イ インターネットリテラシーに関する利用者意識 (ア)SNSにおける匿名利用 他方で、我が国においてはSNSの利用に関して匿名性を好む傾向が指摘されることがある。 そこで、国際ウェブアンケート調査を行った6か国で比較した。 6か国における主なSNSにおける利用有無とその匿名・実名利用の内訳については、我が国はFacebookの利用率では他国に比べ低い傾向にあるが、Facebookにおいては実名登録が推奨されているため、各国共通で多くが実名にて利用している( 図表4-3-1-15)。 一方、そのような推奨が特段ないTwitterの利用者では日本は「匿名利用」が7割を超え、他国に比べても顕著に匿名利用が多い状況にある( 図表4-3-1-16)。 (ウ)SNSにおけるリテラシー教育 前述のとおり、我が国のSNS利用の傾向が見えてきたが、こうしたソーシャルメディア利用のリテラシー教育・研修の受講経験については、日本は「ある」が2割程度であり、他国に比べ低い傾向となったが、「スマートフォン所有者」に限定すると、受講経験ありが日本では3割近くになり、10-20代の若年層に限定してみると、我が国を始めすべての国において受講経験ありの回答が高くなった( 図表4-3-1-22)。 このことから、我が国及び各国の若年層を中心にこれらソーシャルメディア利用に関するリテラシー教育が浸透しつつあることがうかがえる。 他方で、SNSは自分が発信した情報は世界中の誰からも閲覧されるリスクが存在し、一度情報が拡散してしまうと文字情報として残り、削除することが困難な特徴がある。 また、各種炎上事例においては、書き込まれた内容や写真、プロフィール情報などの部分的な情報を元に、第3者の他人により本人が特定されるケースもあり、情報を発信した本人が仕事や社会的な地位を失い、勤め先の企業等にも影響し大きな損失につながった事案も発生している。 調査結果を踏まえると、我が国のユーザー全体としては炎上につながる恐れのある書き込みの可能性は低い傾向が見られ、そのような事案が起こるリスクは一部ユーザーに限られる可能性も考えられるが、前述のリスク面とSNSのメリットも踏まえて適切に利用していくことが重要であるといえるだろう。 ウ インターネット接続機器における認識差 前述のとおり若年層ではインターネットがより利用されていることがうかがえるが、国際ウェブアンケート調査では16歳以上を対象としており、ここではより下の年齢も含めたインターネット接続可能な機器の利用状況等を見て、情報通信機器のインターネット接続機能についての各年代での認知度を見てみる。 なおゲーム機のような専用端末の場合は、インターネット接続機能を持っていても、端末の利用率がインターネット接続率や、専用サイト以外のサイト全般の利用率に直結しない 5点に留意する必要がある。 小中高の児童・青少年の情報通信端末の利用状況について保護者に質問したウェブアンケート調査 6によると、「携帯電話・PHS」は全体を通じて約3割以上が利用しており、「スマートフォン」は学年が上がるにつれて利用率が伸び、高校生では68. 3%が利用している。 またノートパソコンは中学生では約5割、高校生では約6割が利用している。 加えて「通信機能のあるゲーム端末(ニンテンドー3DS、PSPなど)」は全体で約5割が利用しており、特に「小学校4〜6年生」(63. 4%)が高い比率で保有している。 また「通信機能のある音楽プレーヤー」についても小学生は低いものの中学生では24. 1%、高校生では29. 1%と学年が上がるに従って利用率が上昇している( 図表4-3-1-23)。 携帯ゲーム機や据置き型ゲーム機、デジタル音楽プレーヤーでは10〜20代の層の認知度が5割を超えるのに対して、50代以上ではいずれも5割を切り、これらの端末がインターネットへの接続機能を持つことに関する認知度の世代間の差がうかがえる( 図表4-3-1-28)。 4 この点については世界最先端IT国家創造宣言を参照のこと。 5 この点については、経済産業省「平成25年度機器ごとのインターネット利用状況調査結果」を参照のこと。 6 我が国の小学生〜高校生までの子供を持つ保護者を対象に総務省情報通信政策研究所がウェブアンケートを実施。 アンケート調査会社が保有するモニターから、「小学1年生〜高校3年生(12学年)の各学年の第一子(男子)を持つ保護者」「「小学1年生〜高校3年生(12学年)の各学年の第一子(女子)を持つ保護者」」について、各2,400サンプル(200サンプル・学年別12カテゴリ)、計4,800サンプルを抽出した。

次の

総務省|平成26年版 情報通信白書|インターネットリテラシーの重要性

情報 リテラシー と は

リテラシーと言った言葉を聞いたことがある方も多いと思います。 また、情報リテラシーやメディアリテラシーと言った言葉が職場などで頻繁に使われている会社も多いと思います。 ここではリテラシーの意味だけではなく、メディアリテラシーのようなリテラシーの種類、そしてリテラシーと言った言葉の使い方を例文でご説明していきます。 リテラシーとは? リテラシー(literacy)とは本来の日本語の意味からすると「読み書きをする能力」のことです。 そのため本来は「江戸時代の人々はリテラシーの低い人(文字を読み書きできない人)が多かった」と言ったように使われます。 しかし、現在のビジネスシーンで使われているリテラシーは少し意味が異なります。 この後紹介するリテラシーの種類の1つにメディアリテラシーがありますが、メディアリテラシーとはテレビや新聞、SNSなどのメディアに関する知識や活用する能力のことを意味する言葉です。 そのため、単にニュースなどに詳しいだけでなく、ニュースで流れている情報が正しいかどうか判断でき、その出来事によって派生的にどういったことが起きる可能性があるのかなどを考えられる能力などを指します。 そんなリテラシーは単にリテラシーと言うこともありますが、メディアリテラシーやコンピューターリテラシーと言うのが一般的です。 また単にリテラシーと言う時もメディアリテラシーを略してリテラシーと言ったり、コンピューターリテラシーを略してリテラシーと言うのが一般的です。 リテラシーの種類 上記で紹介したメディアリテラシーや冒頭でも触れた情報リテラシー以外にもコンピューターリテラシーや金融リテラシーなど様々なリテラシーが存在しています。 メディアリテラシー 上記でも触れましたが、メディアリテラシーとはメディアから配信される情報を正しく理解し活用できる能力のことです。 特にネットメディアには真偽が定かではない情報が配信されていることも多く、メディアリテラシーの高い人はそれらの真偽をしっかりと見定め、プライベートはもちろん仕事などにも活かすことができますが、メディアリテラシーがない方はフェイクニュースなどの情報を鵜呑みにしてしまい振り回されてしまうこともあります。 ネットリテラシー ネットリテラシーとは文字の通りインターネットに間する知識とインターネットを活用することができる能力を意味する言葉です。 ネットを使い必要な情報を探し出したり、SNSを活用し様々な人と情報の交換をしたり、コミュニケーションを取ることができる能力をさしますが、SNS上に無断で他人の写真を公開・使用してしまったり、誹謗中傷を繰り返してしまうなど行為を行う方は例えSNSと言ったツールを使いこなすことができていたとしてもネットリテラシーが高い人とは言えません。 コンピューターリテラシー コンピューターリテラシーとはパソコンやiPadなどのタブレット、さらにはスマホなどのコンピューターを活用し目的の作業ができる能力を指す言葉です。 また、そういったハード(本体)だけでなく周辺機器であるルーターやサーバなども含まれます。 さらに業務などではプログラム言語を使い様々なツールを開発することだけでなく、エクセルを使い業務管理を行ったりすることもコンピューターリテラシーに該当します。 また、プライベートで写真を加工したり、動画を編集できる能力もコンピューターリテラシーに該当します。 少し前までは若い世代の方がコンピューターリテラシーが高いと言われていましたが、スマホの普及によりパソコンを触ったことがない、または普段は触らないと言った方も多くなり、必ずしも若いからといってコンピューターリテラシーが高いとは限りません。 ITリテラシー ITリテラシーとは上記のネットリテラシーやコンピューターリテラシーなどを含むのがITリテラシーです。 また、業務に関して言えばホームページのアクセス解析などを活用したWEBマーケティングの能力や情報漏洩を防ぐためのセキュリティに関する知識や活用する能力もITリテラシーとなります。 金融リテラシー 金融リテラシーとは主に金融関する知識や活用する能力を指します。 銀行に給与を預けることも金融リテラシーの1つですが、他にも生命保険などの金融商品を活用しリスクヘッジを行うことや株などを活用し資産を運用することができる能力も金融リテラシーとなります。 また、詐欺まがいな金融商品を見極め被害に合わないことも金融リテラシーの一つです。 近年は年金問題や景気の低迷など問題により国民一人ひとりが金融リテラシーを高めていく必要があると言われています。 ヘルスリテラシー ヘルスリテラシーとは健康に関する情報を入手する力や理解する力、活用する力のことを言います。 例えばネット上で「風邪には豚骨ラーメンが効く」と言った情報が上がっていたとしてもその事実は定かではありません。 そういった情報の正誤を正しく判断し活用できるかどうかでヘルスリテラシーの有無が決まります。 その他にもあるリテラシー リテラシーという言葉は比較的最近登場し使用されるようなった言葉です。 そのため、常に新しい種類の〇〇リテラシーが登場しています。 もちろん、新しくできても一般的には普及せず、消えていくものもあります。 情報リテラシー データ・リテラシー ゲーム・リテラシー 視覚リテラシー 精神リテラシー 法律リテラシー 金融リテラシー 科学リテラシー マルチメディア・リテラシー 統計リテラシー 人種リテラシー 文化リテラシー 環境リテラシー リテラシーの使い方 上記の説明でもすでに出てきてしまっていますが、ここからはリテラシーの使い方についてご紹介していきます。 特に下記の「低い・高い」「ない・ある」と言った表現は使われることが多いので覚えておく、または使えるようにしておきましょう。 低い・高い 例:若年層は熟年層よりもITリテラシーが高いがメディアリテラシーは低い傾向にあります。 例:彼は自分でITリテラシーが高いと思っているようだが、活用できているとは思えない。 ない・ある 例:メディアリテラシーがないといつもニュースに振り回されるだけになってしまいますよ。 例:コンピューターリテラシーの高い人は自分でパソコンやスマホを使いこなせるけど、他人に教えるのは下手な傾向にある。 その他 例:将来を考え金融リテラシーに関する講座に申し込んだ。 例:今日の講義でヘルスリテラシーを語っていた講師のブログ見たけど、毎日ラーメン食べてるみたいだよ。

次の

情報リテラシーとメディアリテラシーの違い、情報の質を見分ける力

情報 リテラシー と は

情報リテラシーが低い親子が背負うリスク• ネットの情報に騙されて誤った学習をする• 個人情報が知らぬ間に流出する• 詐欺や課金などの金銭トラブルが起こりやすい• 出会い系などで知り合った人からの脅迫• アカウントの乗っ取り• 生活習慣の乱れ• 情報の盗み取りやウイルス感染の被害を受ける• ネットの向こう側にいる相手を意図せず傷つける(傷つけられる) など 「 2020年までに小学生1人につき1台の情報端末を整備する(注1)」と政府が目標を定めた現代。 既に幼児期からスマホやタブレット端末を利用している子供達も少なくありませんので、家庭でも親子で情報リテラシーについて学び、情報化社会を生き抜く道具として使えるように導いてあげることが大切です。 子供にはスマホを持たせない方がいい? スマートフォンは今や私達の生活に欠かすことのできない存在。 小学生の子供にスマホを買ってほしいとせがまれ、困りつつも結局持たせているご家庭も多いでしょう。 小学生にスマホを持たせることには メリットとデメリットがあります。 「人類のIQは年々上昇を続けている」とニュージーランド大学ジェームズ・R・フリン教授はその著書の中で記していますが、この現象を脳科学や心理学の分野では「 フリン効果」と呼んでいて「原因はスマホなどのモバイル端末による影響だ」と脳科学者の茂木健一郎さんも解説しています。 子供にスマートフォンを持たせるメリット• GPS機能を使うことで、子供の居場所がわかる• いつでもすぐに連絡が取れる• 子供同士でも連絡が取れ、仲が深まる• 災害時でも連絡手段がある• 子供の「知りたい」などの欲求を満たすことが出来る• 情報機器の操作に慣れる 子供にスマートフォンを持たせるデメリット• 誰と繋がっているか把握できない• インターネットトラブルに巻き込まれる可能性がある• ルールがないと依存症などの恐れがある• 使い過ぎによって脳の働きが悪くなる恐れがある• 目が疲れやすくなる• ルールを守らず親子の喧嘩の種になることがある など 小学校で行われている情報リテラシー教育 小学生への教育と言えばやはり小学校ですが、公立小学校では何年生からどのような情報リテラシー教育を行っているか知っていますか?まずは子供達が学校でどのような情報リテラシー教育を学んでいるのかを確認しておきましょう。 文部科学省では小学生への 情報リテラシー教育として3つの目標が掲げられ、公立小学校では次のような授業が行われています。 1実践的な情報活用力の育成 学校によって差はありますが早い学校では小学校1年生から様々な授業の時間にパソコンに触れる時間が設けられ、 小学校3年生から国語の授業でローマ字を習うと同時に、 パソコンのタイピングやファイルの種類、整理や保存方法、印刷、メールソフトの基本操作などの基礎的な情報活用方法を教わります。 4年生以上になると調べ学習でパソコンを使用する時間が増え、フラウザの基本操作など情報検索の学習をさらに深め、検索した情報を グラフ化する、画像や文章で 新聞を作るなどの 編集方法や表現方法も学び、情報を受け取る側の状況を踏まえた発信方法を学習します。 こうした小学校での授業によって、子供達は 情報を正確に分かり易く伝えるための メディアの使い方、調べた情報を効果的に伝える プレゼンテーション方法などの実践的な情報活用力を学んでいきます。 小学生のSNS活用への研究 近年小学生へのSNS活用の情報リテラシー教育の研究として、小学生へのスマートフォンによる学習用SNSやTwitterを使った国語の随筆や短歌の授業が行われました(注2)。 研究が進むことで今後の小学校の情報リテラシー教育ではパソコンだけでなくタブレットやスマホを使用した授業も段階的に検討されていくことが予想されます。 2科学的に情報を理解する能力の育成 スマホやパソコンを利用していく中では ファイルの大きさや種類、保存先の構造など意識して作業を行わなければなりませんが、小学生もこうした問題に気づいて意識的に作業を行えるようになるために、学習計画が組まれています。 3情報社会に加わる態度の育成 ネット社会は子供であっても発信した情報により 他人や社会に何らかの影響を与える可能性があります。 話題となっている小学生のYouTubeなどが顕著な例でしょう。 またこうした情報発信による影響を逆に受信した小学生が受けることもあり、嘘の情報などよい情報ばかりではなく鵜呑みにすることで危険なケースもあるため、 情報社会で活動するための基本となる認識を小学生であれ持っておく必要があります。 LINEや掲示場への悪質な書き込み等ネットワーク上のルールやマナーが守られていないことで、他人を意図せず傷つけたり自らが傷つけられたりしてしまうケースもあるため、 発信への責任についても小学校では教えています。 中高生への情報リテラシー教育 文部科学省では、小学生への情報リテラシー教育の3つの目標をさらに深めて 知的財産権の尊重やセキュリティ対策、ルールや法律といったより高度な情報リテラシー教育を中学生や高校生にも行うように推進しています。 2017年現在中学生以上はプログラミング教育も受けていますが、2020年からは小学生からのプログラミング教育が必修になります。 そのため2020年度からは新学習指導要領への変更に伴い小学生がコンピュータを使用する授業時間が増えると共に、道徳の時間で情報モラルについて取り扱うなど小・中学生の情報リテラシー教育の機会もこれまで以上に充実させる方向で話し合いが進められています。 (注3) 家庭で行う小学生への情報リテラシー教育 小学校での教育内容には非常に心強いものがあり、自分が授業を受けたいママもいることでしょう。 子供に情報活用の方法等を教えてもらうのは子供の復習や自信につながり大変良いことなのですが、パソコンが苦手なママも夫婦で協力して学校で行っている情報リテラシー教育に沿う 環境をきちんと準備し、 情報リテラシーへの意識を子供に教育しましょう。 フィルタリングをかける フィルタリングや機能制限は子供のプライバシーを保護し、悪質サイトやアプリの害から子供を守るために必須です。 小学校高学年や中学生になるとフィルタリングをかけないままスマホを持たせる情報リテラシーへの意識が不足している保護者が増えますが、 インターネットトラブルに遭った子供の約95%がフィルタリング未設定であることが分かっています。 フィルタリングについて子供に正しく伝えた上で、スマホのみならず 携帯ゲーム機や携帯音楽プレイヤーにもフィルタリング設定や課金ゲーム問題への対策を行いましょう。 情報端末使用の家庭内ルールを作る 情報端末の使用時間や置き場所などの家庭内ルールを子供と話し合って決めましょう。 ルールを決めないことで小学生でもスマホ依存症など深刻な害が起こる恐れがあります。 ルールは自主的に守るものですので、保護者が独断で決めるのはよくありません。 子供に決めさせることで自主的にルールを守ってもらうことに重点を置きましょう。 そのためにもSNS等のリスクを説明するなど、子供の情報リテラシーについて確認しながら話し合いましょう。 親が率先して情報モラルを守る 情報リテラシー教育の3本柱の一つである情報モラルを親が守れていないと、どうしても子供は情報リテラシーが低くなってしまいます。 食事中や就寝前のスマホ利用をしないなどの姿を親が率先してみせることで、子供に情報リテラシー教育を行いましょう。

次の