顔で笑って。 「顔で笑って」で山口百恵がTVドラマ初出演!宇津井健と初共演!

白井良宗の流出した顔画像はなぜ笑っているのか…公道で235キロで暴走し逮捕

顔で笑って

TBSのドラマ「顔で笑って」が放映されたのは1973年10月5日〜1974年3月29日であり、がちょうど、青い果実(1973. 01)、(1973. 21)、春風のいたずら(1974. 01)なんかを歌っていた頃だ。 「百恵ちゃん」がまだまだアイドルだった頃の初出演ドラマである。 他のキャストのお芝居が素晴らしく、いくら大事な役どころを割り振って貰っているとしても、百恵ちゃんがたとえいなくともドラマとして十分成立している。 この辺りは後続のとは一線を画する。 だからこそ、初々しくて面白いのだが。 に上がっている動画を観ていると、登場人物の顔は必ずどこかで見た有名な役どころばかりなのだが、半分くらいは忘れてしまっている。 やTBSのサイトなどを頼りに整理すると、、 とが父娘(山田大吉・悦子)、(院長)とが夫婦でその娘(花田秀子)が、奥様の妹(徳子)が、それを慕うのが(富田医師)、ちょっとこわい婦長が(お千代さん)、その息子が水谷豊(岩崎医師)、その恋人が(久利子)。 さらに大吉に失恋する看護婦が(ひな子ちゃん)で、その弟(次郎)がである。 大吉の後輩がで奥さんがで、悦っちゃんを養女に欲しがっていて、大吉と結婚する秀子は悦っちゃんの高校のバレーボール部のコーチ。 登場人物は、必ず兄弟親類が絡んだ複数のリンクでつながっており、ドラマ内の人間関係が限りなく濃い。 おまけに、登場する女性たちは、毎週、必ずと言って良いほど一度は泣いてどたばたを繰り広げる。 このドタバタはどこかで見た気がする。 そうだ、だ。 TBSサイトの解説を見ると、 婦長の千代は、同じ病院に勤める外科医の息子・明夫(水谷豊)のために、病院の実権を持つ徳子には決して逆らわない。 昔が良かったかどうかは分からないが、とっても懐かしい。 quiver.

次の

山口百恵「夢のあとさき」1980/04/27 ドラマ「顔で笑って」

顔で笑って

永遠のスター・山口百恵の連ドラデビュー作。 1973年に制作されたこのドラマで山口は、宇津井健と初の父娘役で共演している。 今でも根強い人気を誇る大映テレビドラマファンにとっては、まさに超お宝ドラマと言える作品。 百年あまり女系が続く鎌倉の外科病院を舞台に、院長に就任した有能な外科医とその家族、病院のスタッフ、そして患者たちとの日常を描いたホームドラマ。 【ストーリー】 鎌倉にある、百年あまりも女系家族が続いている「花田外科病院」。 代々婿養子が院長を務め、現在の院長・花田誠一郎(松村達雄)も婿養子。 養子という立場上、妻のきり(葦原邦子)、ひとり娘の秀子(倍賞美津子)、義妹の徳子(冨士眞奈美)らにまるで頭が上がらず、先代から勤めている婦長・岩崎千代(初井言栄)をはじめ、看護婦や医師たちまでもが院長を馬鹿にしている。 誠一郎にとって味方は、花田家の主治医で後輩の内科医師の吉本(フランキー堺)と、お手伝い兼看護婦見習い・内田久利子(川口晶)だけだった。 ドラマはある日、院長・誠一郎が脳溢血で倒れたところからはじまる。 知らせを聞いて東京から駆けつけてきた山田大吉(宇津井健)は、十年ほど前に妻と死別し、中学生の娘・悦子(山口百恵)とやもめを通している腕の良い外科医である。 大吉は亡き父の親友・誠一郎の援助のお蔭で外科医になった。 大吉はその恩師のたっての頼みで院長代理を引き受けた。 妻のきりは世間知らずで、妹の徳子にのせられ、いいなりになっている。 一人娘の秀子は男を男とも思わない大変なじゃじゃ馬娘。 病院の経理担当責任者で事務長の徳子はケチのかたまりのようなオールドミス。 医師の富田(橋本功)は徳子にそそのかされ次代院長の座を狙っている。 婦長の千代は、同じ病院に勤める外科医の息子・明夫(水谷豊)のために、病院の実権を持つ徳子には決して逆らわない。 これら数多い敵の中でも大吉にとっての最強の相手は、やはりもうけ第一主義の徳子。 看護婦の悠木ひな子(春川ますみ)をはじめ、鈴木初恵(紙じゅん)、渡辺桃子(青山美樹)らたちと明夫は大吉の奮闘ぶりを面白半分で見守っている。 この中で、はたして子連れの大吉は男の威厳を取り戻すべく、どこまで奮闘できるのか?.

次の

「顔で笑って」で山口百恵がTVドラマ初出演!宇津井健と初共演!

顔で笑って

重田みゆき [インプレッショントレーナー R /印象評論家] 日本初『インプレッショントレーナー R 』として活躍し、フジテレビ『ホンマでっか!? TV』印象評論家としてレギュラー出演中。 NHKなど多数メディアにて、独自考案したインプレッショントレーニング R が人気を博す。 1万人の人生が変わった、「顔グセ」の法則 人生における「笑顔」の重要性は今まで、あまり語られていない。 しかし、「幸せだから笑う」のではなく、「幸せになるために笑う」と言っていいくらい、常にいい笑顔でいることは大切だ。 なぜなら、笑顔でいると「感じがいい人」とまわりから評価され、次々とチャンスが舞い込むからだ。 人生がうまくいっている人たちに共通する笑顔の秘密、重田みゆき氏本人が、「いい顔グセのいい笑顔」で、どのようにキャリアアップしてきたのか。 テレビでは明かされていない秘密に迫る! フジテレビ『ホンマでっか!? TV』で印象評論家としてレギュラー出演している重田みゆき氏。 今では、華々しく活躍しているが、一時は専業主婦だったこともあったとか。 彼女がキャリアアップできた理由。 それは、実は「顔グセの法則」にあった!! 「顔グセ」って何? 聞きなれない言葉なので、「顔グセ??」と思われた方もいるでしょう。 ようするに、顔にできてしまった「クセ」のことで、「寝グセ」と一緒のようなものです。 重い荷物を片方の肩だけで持っていると、肩や腰が歪んでしまいますよね? それと同じように、私たちが気づかないだけで、 顔も歪んでいる人が実は多いんです。 たったそれだけのことで、本人は笑顔のはずなのに、「笑っているように見えない」と思われるだけではなく、 「卑屈そう……」「不気味……」と思われてしまっているんですよ! その事実に気がついたため、私は「インプレッショントレーナー R 」、「印象評論家」として活動することに決め、今まで、就職活動中の学生さん、接客・営業職の方々、政治家、企業役員の方々の「顔グセ」を変えてきました。 その数、およそ1万人。 私は、今まで、顔グセ(笑顔)を変えただけで、 人生そのものを劇的に変えてしまった人を本当にたくさん見てきました。 たとえば、履歴書に添付してある証明写真のせいで、採用担当者から、 「感じが悪い」 「やる気がなさそう」 「生意気、素直そうじゃない」 と性格や能力までも誤解され、面接にたどり着かないまま、 80社も落ち続けていた女子学生がいました。 ところが、彼女は私のちょっとしたアドバイスにより、「いい顔グセ」の笑顔で証明写真を撮り直し、その写真を履歴書に添付しただけで、 内容はまったく書き直さないまま、難関の書類選考を突破。 「君の笑顔はただ者じゃない、期待しているよ!」 と、役員面接では握手まで求められ、あっという間に 倍率250倍を超える、その年の就職希望ランキング1位の大手金融企業から内定をもらうことができました。 信じられないような本当の話です。 「顔のクセ」は、案外自分では気づかないものです。 しかし、自分の望みどおりのよい環境や、仲間に恵まれている人、何をやっても次から次へとうまく事が進んでしまう人の多くは、この「いい顔グセ」というものを持っています。 そして、 「いい顔グセ」の人はうまくいっている人と思われ、周囲の人が次々と集まり、協力してくれ、チャンスをつかんでいっているのです。 「いい笑顔」は何番? 意外とわからない、「本物の笑顔」 さて、ここで質問です。 下の2つの写真のうち、どれが「いい顔グセ」の「本物の笑顔」かわかりますか? まず男性編です。

次の