ツナ缶 マヨネーズ。 トースターで簡単おつまみ! ツナ缶と卵のトロトロ焼きのレシピ

トースターで簡単おつまみ! ツナ缶と卵のトロトロ焼きのレシピ

ツナ缶 マヨネーズ

Contents• 日本でのツナマヨデビューはセブンイレブンのおにぎり 日本でのツナマヨおにぎりの登場は遡ること数十年以上、 1983年のことです。 初めて作ったのはセブンイレブン。 当時コンビニおにぎりが日本特有のものであったことを考えると、 世界初のツナマヨおにぎりと言って過言ではありません。 ツナマヨおにぎりという至高の食べ物のヒントになったのは、開発担当者のお子さん。 小学1年生の息子さんが実はマヨラーで、 ごはんにツナとマヨネーズを乗せて食べていたのです。 それを見た開発担当者さんが「ごはんにツナとマヨネーズ!?」とマネしたところ、 その美味しさからすぐに商品開発を進めたということです。 しかもツナ缶は日本からの輸入も多かったとか! 日本での最初のツナ缶 話を日本に移します。 日本で初めてツナ缶を作ったのは静岡県静岡市にある ツナ缶専門店「モンマルシェ」。 当時「モンマルシェ」の前身であった「清水食品」が1929年に製造を開始しました。 90年以上経った今でもお客さんの絶えない人気店です。 海外では以前から存在していたツナ缶ですが、日本で盛んに作られるようになったのは第一次世界大戦後の昭和恐慌の頃。 大きな不況下にあった日本では、清水の町も失業者が溢れていました。 そこで 「良質なツナ缶を作って北米に輸出しよう!」という計画が立てられ、失業者対策、そして外貨獲得に成功したのです。 そして今、静岡県のツナ缶シェア率は99.

次の

ツナマヨラーも納得?平日5日間のツナ缶コーデ術

ツナ缶 マヨネーズ

今回のアンケートでまず人気だったのは、ツナとお好みの野菜を合わせるサラダのアレンジレシピ。 「ブロッコリーと玉子のツナマヨサラダ。 ブロッコリー嫌いでも食べてくれる」(42歳/主婦) 「大根サラダ。 大根の千切りにツナ缶とマヨネーズ、だしの素を加えて混ぜるだけ。 簡単なのに満足する1品になります」(30歳/主婦) 「ツナと豆苗のサラダはシャキシャキとしてさっぱりする」(27歳/主婦) 「ツナとじゃがいものポテトサラダ。 ツナとじゃがいもをマヨネーズと塩コショーで和えるだけだが普通のポテサラと違った味わいで美味しい」(47歳/主婦) 「千切りキャベツにまぜて、味の素と塩、コショウで味付け。 さっぱりサラダでおいしい」(46歳/主婦) 「無限ピーマン! ピーマンのツナ、鶏ガラの素入れてレンチンするだけ! 楽でおいしい!」(36歳/学生・フリーランス) ツナを加えることで見た目が豪華になり、食べ応えもアップ。 野菜嫌いのお子さんでも、ツナマヨ入りなら食欲モリモリです。 また、SNSでも話題となった無限ピーマンや無限キャベツを推す声も多く寄せられました。 「ツナマヨのおにぎり。 また作ってといわれる」(39歳/主婦) 「あたたかいご飯の上にツナをのせ、お醤油をかけるだけ。 ツナマヨとは違った和風な美味しさ」(49歳/営業・販売) 「ご飯の上にチーズとツナ缶をのせ、レンジでチンして食べる」(29歳/主婦) 「醤油、マヨネーズ、小ネギとツナをご飯に混ぜた混ぜご飯」(34歳/主婦) 「調味料とツナとお米を炊飯器で炊いて炊き込みご飯。 おにぎりにして冷めてもも油でお米がふわふわして美味しい」(27歳/営業・販売) 「ツナ缶、味付きなめたけをご飯と炊くだけの炊き込みご飯」(49歳/主婦) 「炒飯に使う。 味にコクが出る」(51歳/主婦) ツナマヨは、好きなおにぎりの具ランキングで常に1、2を争う人気。 お弁当にツナマヨおにぎりが入っていると、思わず気分も上がっちゃいますよね。 その他、ツナ丼や混ぜご飯、炊き込みご飯、チャーハンなど、ツナ缶はご飯メニューで大活躍です。 ささっと手早く作れるパスタのアレンジレシピも続々……! 「塩胡椒したパスタに、大根おろしを絞って乗せて、ツナ缶をその上にあけて食べる。 ツナ缶の油があるので、パスタは茹でるだけでよいので簡単です」(50歳/主婦) 「ツナと玉ねぎの和風パスタ。 醤油とバターで味付け。 醤油とバターの相性抜群で、そこにツナが混ざる事でとてもコクがでて旨味がとても増して美味しいです!」(28歳/主婦) 「ツナとトマト缶のパスタ。 簡単でおいしい」(36歳/営業・販売) 「ツナ缶とほうれん草のパスタ。 ニンニクも入れてバターと塩コショウだけで味を調えます。 元気が出る気がして、美味しいです」(51歳/主婦) 「ツナとキャベツのペペロンチーノパスタ」(57歳/主婦) 「コーンと一緒にパスタにいれて炒めると、こくがあっておいしい」(55歳/その他) 醤油で和風に味付けするのもよし。 トマト缶で洋風にアレンジするのもよし。 市販の安いパスタソースで具が寂しいときに、ツナをチョイ足しするのもオススメです。 「マヨネーズと玉ねぎを入れてサンドイッチにする」(42歳/その他) 「ツナをマヨネーズをまぜてパンに塗ってやくだけでおいしい」(51歳/主婦) 「ツナ缶と納豆を混ぜ、トーストの上にチーズと一緒にのせて焼くとおしゃれでおいしいです」(32歳/主婦) 「ツナマヨにしてトーストにのせてハチミツをかけて焼く! めっちゃ美味しい」(32歳/学生・フリーター) カリッとしたパンとしっとりしたツナの相性は抜群。 ツナマヨサンドやトーストは、もはや説明不要の王道のうまさといっても過言ではありません。 そして、筆者的に斬新だったのは、ツナマヨトーストにハチミツをかけるというアイデア。 甘じょっぱの誘惑でおかわりが止まらず、食パン一斤くらいすぐになくなっちゃいそうです……。 「にんじんとツナとたまごの炒め物。 千切りにしたにんじんとツナをしょうゆとみりんと砂糖で炒め、出汁でといた卵をからめて炒めるだけ。 冷めてもおいしい。 子どもに人気」(44歳/主婦) 「ツナとほうれん草を炒めたもの」(53歳/主婦) 「トマトと小松菜とツナを炒めて、粗挽きこしょうを多めにふって砂糖と醤油で味付けします」(47歳/主婦) 「ジャガイモを薄くスライスして炒め、ツナをいれ塩コショウ。 シンプルだけど子どもたちは大好き」(43歳/その他) 「ツナビーフン。 ビーフンを作った後に最後にツナ缶を混ぜ合わせます」(50歳/主婦) 「キャベツとツナを卵の中に入れて、かき混ぜたものを焼いて、オムレツにします。 オープンオムレツにして、ボリュームがあって美味しいです」(47歳/主婦) にんじん、ほうれん草、小松菜など、子どもが苦手な野菜でも、ツナと一緒に炒めればペロリ完食。 手早く作れて、味よし、いろどりよし……と家族みんなが幸せになれるレシピですよね。 「ツナ缶と豆腐で、オイスターソースで味付けて、ツナ豆腐」(36歳/主婦) 「キャベツとツナを汁ごと、さっと煮てお醤油と酒、和風だしで味付け。 キャベツにツナのオイルが絡んで美味しい」(44歳/主婦) 「肉のかわりにツナをいれた肉じゃがをつくるとこくがでておいしい」(57歳/主婦) 「餃子の具としてオイルを切ったツナ缶と玉ねぎのみじん切りを入れ、揚げる。 おつまみになる」(50歳/総務・人事・事務) 「挽き肉の代わりにツナ缶を使ってコロッケを作る。 味がしっかりして美味しい」(37歳/主婦) 「アボカドのツナチーズ焼き。 アボカドの中をくり抜いて、ツナと混ぜて中に戻してチーズをのせて焼く」(32歳/主婦) 「ギョーザの皮にケチャップを塗りツナマヨと刻みのリとチーズをのせてピザ風に焼く」(46歳/主婦) 冷蔵庫に肉がない……なんてときも、ツナ缶のストックさえあれば、何でも作れちゃうかも!? ツナ缶って本当にポテンシャルが高いですよね。 ツナ缶はいつでも安く手に入りやすく、しかも時短調理にももってこい。 ぜひ、みなさんのアイディアをご参考にしてみては?.

次の

ツナマヨの起源は?日本のツナ缶の99.9%は静岡県産|PIBE@Play it by ear

ツナ缶 マヨネーズ

初々しい新婚生活も、はや1カ月過ぎた。 仕事から帰ってくると用意してある嫁の手料理があれほどうれしかったのに、今はまったく箸が進まない。 ……なんで、 なんで毎晩ツナマヨなんだ!!!! 米でも、麺でも、パンでも、全部にツナマヨぶっこんでくる。 決してまずくはないけど、こう毎日だとツライものがある。 フルタイムで働く彼女にあまり文句は言いたくないけど、気が付いたらツナマヨのループ……。 あれ? 僕、何かの修行中だったっけ? そう思ってやんわりと尋ねてみると、 「知らなかった? 私、世界で一番ツナマヨが大好きなの」と言うではないか。 結婚してから料理を始めたし、料理自体も得意なわけではないんだろうなぁ。 「明日から僕が作ろうか?」という提案に、「助かる~。 でも、 毎食ツナ缶は必須、マヨかチーズも一緒にお願いね」と嫁。 (突然に始まりましたが、もちろん完全妄想ストーリーでお届けする今回の「ツナ缶着回しコーデ術」。 調味料も材料も手に入りやすいもので、5日間分のツナ缶とマヨネーズ or チーズを必ず使った一品を作ります) こうして、嫁と夫のツナ缶週間が始まったのだった。 【月曜日】野菜のシャキシャキ感がサイコー「ツナマヨのサラダ奴」 夕飯を担当することになった初日。 誰かに手料理なんて振舞ったこともないし、失敗の少なそうなレシピから作ってみよう。 毎日のツナマヨの反動で、さっぱりした料理を食べたいということで、生野菜と豆腐で手軽な一皿を用意した。 〈材料〉(2人分)• ツナ缶:1缶(油を切る/以下同)• マヨネーズ:食事用スプーン2杯• キュウリ、トマト、ネギなど好みの生野菜• 絹豆腐:好きなだけ• 仕上げに黒コショウを振ると、味にメリハリがつく。 野菜のおかげでツナマヨもさっぱりとしていて、熱くて食欲がない日でも一人で豆腐一丁は食べられそうだ。 肝心の嫁は、 「サラダ感覚でヘルシーだけど、こってりしたツナマヨの感じが最高よね~」と、 大好きなツナマヨ基準で感想を伝えてくれた。 【火曜日の朝】ツナマヨおにぎりは今日で卒業! 昨日の残りで冷やしだし茶漬け 自分はオフィスで食べていたから知らなかったけど、嫁は毎朝ツナマヨおにぎりを食べて出勤しているらしい。 だから、今日は昨日の残りを使って、食欲のない朝でもサラッと食べられる一品を作ろう。 〈材料〉(2人分)• 液体だし:レンゲに一杯• 冷ご飯:茶碗に一つ• 昨日の残り:好きなだけ• 水:適量• だしができたら、冷蔵庫から出したまま冷ご飯を入れ、残り物のツナマヨサラダ、ワサビをトッピングして完成。 こうすれば、ツナマヨサラダとも違和感なく食べられるのだ。 嫁は 「ん、んまっ」と、あっという間に完食。 おそまつさま。 【火曜日の夜】簡単ウマい、ツナとなめ茸の釜玉チーズスパ 今朝の冷やしだし茶漬けに手応えを感じたので、今夜は少し頑張ったレシピにしてみようと思う。 〈材料〉(2人分)• ツナ缶:1缶• パスタ:2人分• なめたけ:瓶半分• スライスチーズ:2枚(熱で溶けやすいタイプ、粉チーズでもOK)• 卵黄:2つ• チューブのニンニク:4cmくらい• 大葉:4枚• どうやらパスタを巻く手が止まらないらしい。 それもそのはず、ツナと卵黄のまったり感に、チーズとニンニクの風味をガッツリ効かせたので、食欲MAX! なめたけと大葉の和風味もいい感じだ。 今度はうどんやそうめんでも試してみたいなぁ。 【水曜日】三日坊主と言わせない! ラーメンスープでツナミルフィーユ鍋 今日は残業ですっかり遅くなってしまった。 もちろん何を食べるかなど考えている余裕もなく、足早に家路に着くと、そこにはキッチンでお湯を沸かしている嫁が。 「おかえり。 はやくも三日坊主になりそうだね~」といいながら、ヤカンの横にはインスタントラーメン。 しかも、ご丁寧にトッピング用のツナマヨをすでに用意済み。 ムッとするのを抑えて、嫁をぎゃふんと言わせるべく、すでに沸かしたお湯と、ラーメンのスープでツナ料理を作ってやろうじゃないか。 〈材料〉(2人分)• ツナ缶:1缶• 白菜:6枚• スライスチーズ:3枚• みそラーメンのスープ• 水:袋に書いてある分量の半分• 水を規定量の半分だけにしておけば、白菜から出る水分とでちょうど良くなるはずだ。 最初はなるべく濃い目にしておいた方が嫁は喜んでくれるだろう。 スープが沸騰したら白菜が柔らかくなるまで、ふたをして5分ほどさっと煮る。 どうやら濃い味好きの嫁のハートを射抜いたらしい。 残ったスープで、〆のラーメンも食べて満腹だ。 【木曜日】チーズもマヨネーズも見当たらない! ツナのたぬき丼風でけんか勃発!? 三日坊主にはならん! と宣言したものの、毎晩の夕飯作りがこんなに大変だったなんて……。 思わず、毎日手作りの弁当を持参している同僚に愚痴をこぼしてしまった。 「毎日弁当を作ってきて、すごいよな」と彼を褒めながら、夕飯のアイディアを聞いてみた。 すると、同僚が弁当箱の卵焼きを指して、「卵にマヨネーズを入れるとフワフワになる」と教えてくれたので、これをいかした料理を作ってみようと思う。 〈材料〉(2人分)• ツナ缶:1缶• 卵:2個• タマネギ:半玉• 天かす:好きなだけ• めんつゆと水:1対4• マヨネーズ:食事用スプーン2杯• サラダ油:適量• ご飯:1合• ネギはお好みで 嫁が食卓に座ったまま、何も言わずに下をうつむいている。 「どうかした?」と言いかけると、 「あなたはいつだってそう!」と激怒し、寝室に閉じこもってしまった。 どうやら、マヨネーズとチーズが見当たらないので、僕が約束を破ったと思ったようだ。 ドア越しにすすり泣く声が聞こえるなか、「約束は破っていない。 溶き卵の中にマヨネーズを使っているから食べてみて」と必死に説得。 何なんだ、この緊張感は。 目の前の嫁がだんだん海原雄山に見えてきたぞ。 「 ……卵がなめらかで、マヨネーズの味はしないけど舌触りがなめらか。 軽い食感ね」とこなれた食レポが飛び出したところで、無事仲直り。 そろそろ彼女もツナマヨを卒業できるかもしれない。 【金曜日】ツナとチーズのガリバタ厚揚げで乾杯! 1週間の中で、金曜日は僕たちにとって特別。 酒好きの嫁と一緒に晩酌をする日なのだ。 仕事を早めに切り上げ、新生活のために用意していたのに、ツナマヨばかりで使っていなかったオーブントースターで、ビールに合う料理を作ってみよう。 〈材料〉(2人分)• ツナ缶:1缶• 厚揚げ:一丁• スライスチーズ:1枚• チューブタイプのにんにく:適量• バター:適量• すると、「ツナってこんなにバリエーション豊富に食べられるのね。 あなたって、すごいわ!」と感激しているではないか。 献立作りがいかに大変だったか身をもって知ったので、嫁にこれまで食事を用意してくれたことに感謝を伝えた(ツナマヨばかりだったけど)。 すると彼女が目を輝かせながら、 「明日からは私がご飯を用意するわ。 まずはあなたみたいにツナ料理を極められるようになるね!」と張り切り、ビールを吹き出す僕。 まだまだツナ缶生活は続きそうなのであった……。 (いかがでしたでしょう。 どれも手軽に簡単な材料でできるので、ぜひ試してみてください~).

次の