ハートシグナル3 ハンギョル。 【全文】「ハートシグナル3」のイム・ハンギョル、学歴詐称などのデマに自ら言及「事実無根、家族まで苦しんでいる」(WoW!Korea)

【即日更新】ハートシグナル3 第11話ネタバレとあらすじ【切ないガフン】|keko blog

ハートシグナル3 ハンギョル

漢陽大学は私立大学で日本だと東工大学や大阪大学、名古屋大学くらいのレベルだとか。 優秀な上に美人!完璧です。 男性は目移りしてしまいますね笑 ミンジェの職業は? ヒュンダイ 現代自動車 の自動車整備士・エンジニアをしているミンジェさん。 個人情報は話したらいけないのかな?と思ってしまうほど、自分のことを喋らない方ばかりですよね・・・。 ルールなのか、韓国というお国柄なのか・・・。 ですが、周りにあまり女性がいないという発言をしていたので、兄弟も男兄弟ばかりな気がします! ミンジェさんは弟のいる、お姉さんと予想! わかり次第、追記していきます! ミンジェ ハートシグナル3 の好きなタイプや元カレは? 外見よりも中身を重視すると発言していたミンジェさん。 外見も見た目だけではなく表情や印象も大切だそう。 毎日、シグナルハウスに帰宅する• 入居初日に年齢と職業を公開してはいけない• 異性に直接告白してはいけない• 毎晩、1人の異性にメッセージを送るが、発信者はわからない•

次の

ハートシグナル3の出演メンバーのインスタまとめ!ジョーカーとは?!

ハートシグナル3 ハンギョル

イドンさんのクリスマスプレゼントである本を、ミンジェさんもらう• ToyRingo 静かなイドンさんに対し、落ち着いた雰囲気で話題を提供するミンジェさん。 車内も食事の時間も会話が途切れる事はありません^^ シグナルハウス入居後にイドンさんが感じていた 「自分だけ馴染めていないのではないか」っという不安な気持ちを。 ミンジェさんは「自分も話に入れていない」と同調します。 ハートシグナル3 〈第4話ネタバレ〉 イドンくんとのデートに、マカロンを 準備して持ってきたミンジェちゃん。 4話では、ミンジェちゃんの出番がたっぷりあります。 イドンくんが「自分だけ場違いな気がする」って落ち込んでるのを慰める ミンジェちゃんに好感度爆上がりです! — ヨンフン好きです。 ToyRingo ハートシグナル3第1話~3話では、イヌさん・ハンギョルさんがジヒョンさんへのアピールがすごかったので目立っていなかった2人(笑) 2人とも人数が多いと周りを気にして発言出来ないタイプなんです。 夕食の時「どんな人か、もう少し話をして知っていきたい人がいる」と話していた2人。 — ヨンフン好きです。 そこでガフンさんは防水の絆創膏と薬を渡します。 前日に、• 初日に怪我をした傷が治っていない事• 防水の絆創膏でないとお風呂の時にとれて不便 このような話をしていました。 ジヒョンさんは自分宛てに描かれたカードだと思い選んでいます。 遠くてなかなか行けないけれど好きなパン屋さんのある街。 今回のデートはその街だったのです。 一口食べてテンションが上がるジヒョンさん! そこで第一印象の話になります。 ハンギョルさんはジヒョンさんの気持ちが気になるようです。 今日のデートでハンギョルさんを待っていた事を伝えます。

次の

【即日更新】ハートシグナル3 第11話ネタバレとあらすじ【切ないガフン】|keko blog

ハートシグナル3 ハンギョル

「ミンジェの髪の毛に何かついてる…」と小声で アンナから ミンジェに教えてあげるように伝え、優しさをみせる。 ミンジェ& イドン、 アンナ& ハンギョルのチームに分かれてビリヤードが始まる。 ミンジェに教えてあげる イドン。 その様子が気になり、 イドンを見つめる アンナと、 ミンジェを見つめる ハンギョル。 アンナ& ハンギョルチームが勝つ。 ビリヤードを終え、ご飯を食べる。 イドンが アンナの分のご飯をよそって渡す。 ミンジェ「少ししかない卵をのせてくれた」 アンナ「もうない?本当?」 アンナは イドンがのせてくれた卵を半分に切り、 イドンの皿にのせる。 イドン「ありがとう」 見つめ合って笑う イドンと アンナ。 ビリヤードチームの本音大会 ハンギョル「アンナに聞きたいんだけど、来てすぐに映画のチケットを送った(デートの申し込みをした)だろ?相手を知る時間がなかった中で、どういう基準というか、なにを見て決めたの?」 アンナ「もともと1人には送るつもりだった、なんとなく私と合いそうだったから。 2枚目は悩んだけど…ただ面白そうだったから」 ミンジェ「男性陣は誰から届きそうだと予想してた?」 イドン「僕は、ガフンがイヌに関心があると思ってた。 でも最近は違うかな、誰かはわからないけど。 ジヒョンはイヌだと思ってたけど、ガンヨルとデートしてからわからない。 」 ハンギョル「ジヒョンはガンヨルと2回もデートしてるからね。 ガフンは、最初はイヌだと思ってたけど、今はわからない。 」 アンナ「私は気になる人がいたら表現できると思ってたけど、ここにきてからそうじゃないって思った」 イドンの顔が曇っている。 ミンジェ「私は最初いいなと思った人は、よく知ったあとでもいい人が多いの。 」 表情の暗い ハンギョル。 ボーリングチーム チーム決めをすることになると、 「ジヒョンと組みたいんじゃない?」と イヌに言う ガフン。 「いやいや」と苦笑いする イヌ。 ガフン& イヌ、 ジヒョン& ガンヨルのチームに分かれゲームを楽しむ。 ボーリングを終え、ワインバーへ。 ジヒョンと ガンヨルがトイレに行っている間、2人きりになるが気まずそうな ガフンと イヌ。 ガンヨルが入ってから10日が経ち、わかってきたことを話し始める。 ガンヨル「イドンがアンナに気がある、100%だと思う」 ガフン「アンナは?」 ガンヨル「それはわからない。 ハンギョルは、ガフンかミンジェだと思う。 イヌさんは?」 イヌ「イドンとアンナについては僕も同意する。 ハンギョルとミンジェは…相思相愛だと思うけど」 ガンヨル「僕はガフンもあり得ると思う」 黙っている イヌと ガフン。 ガフン「変わることもあるかな?」 ジヒョン「一度生まれた感情がなくなりはしないと思う」 ガフン「私はなくなることもある」 ガフンを見つめる イヌ。 胸キュンした瞬間は? ジヒョンが、入居してから胸キュンした瞬間はあるかと聞く。 全員があったと答え、いつ胸キュンしたか?という話に。 ジヒョン「私はあんまりドキドキしないけど」 ガフン「させた人がいるんだ」 イヌ「誰か気になるな」 笑う4人。 ガフン「私は、道を歩いてたらイヌさんにそっくりな人がいて、なんでここに?ってドキッとした」 イヌ「なんでドキッとするんだ」 (ストレート!すごい!と盛り上がる予想団) トイレに行った ガンヨルが戻ってくると、 ガンヨル「考えてみたけど(胸キュンしたのは)1人だ」 嬉しそうに笑う ジヒョン。 イヌ「2人だと思う」 何も言わない ジヒョンと ガフン。 ジヒョン「私は1人」 帰宅する両チーム。 明日の朝、誰にも気づかれないようにデートに誘ってください。 先約がある場合はデートできません。 秘密のデートなので、今後規則については言及できません。 デート日時:日曜午後1時から そわそわする男性陣。 アンナと ガフンが男性陣のところへくると、 「週末は何時に起きる?」 と情報収集する イヌ。 ガフン「起こされた時?」 イヌ「起こされた時?」 ガンヨル「そうだよね…なんて言えばいいんだ」 ガフン「なに?明日何かあるみたい」 ガフン「何人に胸キュンしたか話したんだ」 ハンギョル「僕たちも話す?僕は2人、些細なことだったと思う」 イヌ「僕は1階ラウンジが1回で、2回目は高速ターミナルで食事した時」 考え込む ガフン。 作戦会議 イヌと イドンが、キッチンでどうするか作戦会議をしている。 部屋では男性メンバーが、それぞれ悩んでいる。 ハンギョル「早起きして朝食でも食べようって言っておけばよかった」 ガンヨル「運命に任せることにした、考えても答えは出ない」 眠れずに話している イドンと ハンギョル。 ハ「アンナはどう?」 イ「他の人も気になるだろうね。 僕としかデートしてないし。 だから他の人も知りたいと思う」 ハ「デートコースを考えてあるんだろ?」 イ「僕のこういう行動がアンナには負担かも。 だからあまり積極的になれない」 ハ「昨日、アンナがチケットを送った基準の話で、1人は自分と合いそうだからって言ってた。 合いそうな人はイドンだ」 もう一度寝ることにする2人。 デートに誘うイヌvsガンヨル 翌朝、 イドンは、手紙を女子部屋の内側に貼った。 ガンヨル以外の男子メンバー3人は朝食を食べながら、女子メンバーをいつ起こそうかと話している。 誰が起こすかじゃんけんをする3人。 ジヒョンが起きてくる。 気を利かせてその場を離れる イドンと ハンギョル。 イヌ「ちょっと話せる?」 ジ「うん」 イヌ「今日は予定ないんだね?」 ジ「今日は…予定はあるの」 (まさか!と絶叫する予想団) ジ「先約だから…ごめん」 実は、3人が朝食を食べている間、 ガンヨルは起きて ジヒョンの枕元に手紙を置いていた。 遊園地デートの写真の裏に、 「今日はデートだよ 日曜午後1時」と書いてあった。 それを見て嬉しそうな ジヒョンだった。 デートに誘うハンギョルとイドン 部屋にいる ミンジェを呼び、話そうと言う ハンギョル。 ハ「今日予定ある?」 ミ「特にないよ」 ハ「デートコースを準備したんだ」 嬉しそうな ミンジェ。 キッチンにいた アンナを飛び出す イドン。 イ「今日の午後ドライブに行かない?好きな場所があるんだ」 ア「どこ?」 残されたイヌとガフン 残った イヌと ガフンは、話すこともなくそれぞれ部屋で1人で過ごしている。 女子部屋をノックする イヌ。 イ「何してる?」 ガ「つまらないから読書」 イ「今日…出かける?」 ガ「私たちも?何時に行く?」 準備をして出かける イヌと ガフン。 車の中で、初デートの話を始める。 ガ「もうすぐカップが出来上がるね」 イ「もう3週間もすぎたか」 ガ「感情のアップダウンがすごいの」 イ「僕も、やろうと言ったのにできてないことが多い」 ガ「私たち?なんだっけ」 イ「市場に行くことと散歩しようとも話した。 ずっと考えてた」 ガ「何も言わないから、私も言わなかった。 忘れてると思ってた」 イ「ずっと考えてたよ、ただ色々考えてたから」 イ「昨日の胸キュンの話、すごく恥ずかしかったよ」 ガ「高速ターミナルの話は私でしょ?」 イ「あってるよ、当てられるかな」 少しずつ表情が和らいで、楽しそうに話す2人。 「第一印象とか、初めてのデートの印象が強く残ってる」と話す イヌ。 夜景を見ながら歩く2人。 イ「橋があるんだ」 ガ「ここは告白スポットだよ」 笑う イヌ。 ガ「告白なんてしないよ」 イ「そうじゃなくて…」 楽しそうに話している。 思い出のカップ イ「(作ったカップを)取りに行かないと」 ガ「まさか1人で行く?」 イ「メールが来たら教えようか?」 ガ「うん、割っちゃうかもしれないから」 イ「前に撮った写真は?」 ガ「持ってるよ、飾っておけないからしまってある」 イ「なんで?」 ガ「ジヒョンが気にするかもしれないから」 イ「色々考えてるね」 考え込む イヌ。 今日の日記につまらないとすでに書いていた ガフンだったが、付け足さないと、と笑う。 ハートシグナル3 第11話感想&第12話予想 ハートシグナル3の11話、今回はかなり切なさ全開でしたね… ガフンがまだイヌを忘れきれず、でも好きでいるのは辛いからという姿勢がとても切なくて泣きそうでした。 それでも笑ってるガフンはかっこいい…。 デートに誘う際、実はガンヨルが1番にジヒョンを誘っていたというのは、かなり驚きましたね! イヌもかわいそうですが、ガンヨルの行動力はさすがだなと。 あと誘い方もキュンキュンしました…写真の裏にメッセージなんて可愛すぎません?笑 無事イドン&アンナとハンギョル&ミンジェのデート成立は嬉しかったですが、残された2人はみてられませんでした…でもちょっとは仲直りしたのかな… 来週は3カップルのデート、そして予告でなにか紙をみて驚いている感じでしたが…ついにジョーカーの正体判明かもですね。

次の