あさり 開かない。 困った!あさりを冷凍したんだけど開かない!実は開かせるのにはコツがあった!!

あさりの砂抜きができてるか簡単に確認する方法は?

あさり 開かない

スポンサードリンク 潮干狩りの予備知識!おいしいあさりの選び方 潮干狩りに行った時にじゃんじゃんと採れちゃうからと言って、むやみやたらにバケツにいれるのではなく、どうせならプロっぽくおいしいものを見極めて持ち帰ろうじゃありませんか! おいしいあさりの選び方は殻から見分けます。 基本的に殻に模様がハッキリ浮かび出ているものは味が良いとされています。 模様がハッキリしているものは天然物か多いようです。 次に横幅があり丸みを帯びてふっくらした殻のもので、なおかつ殻のギザギザが深いと手触りで判断できるものはおいしいですよ。 また、殻表面に ぬめぬめとした滑りがあるものは新鮮な証なんです。 あさりは死んでいるから開かない?本当の見分け方 あさりは生きてる間は貝柱の力で殻を閉じてるので、死んじゃってるあさりは閉じる力がなくなって貝が開きます。 生きたあさりは殻を閉じ、死んだあさりは口が開いたままと記載しましたが、火を通した時に口を開かないものは死んでる。 と言われますよね?どっちやねぇーん!! パカッと口を開いていても指でツンツンとしたら生きていれば口を閉じ、死んでいたらどうやっても開いたままになります。 スポンサードリンク 生きているのに開かない理由は、加熱するとあさりがパカッと開くのは、貝柱とあさりの殻の接着部分が熱で剥がされるからです。 貝殻同士を繋げている部分がバネのような構造になっており、そのバネの力が強いと加熱してもなかなか開かない場合があるのです。 そんな時はあさりにコンコンと刺激を与えてみて下さい。 以外とパカッと開く場合もあるんですよ。 ですから、 開かない=死んでるとは限らないのです。 あさりの開閉だけでは生死がハッキリわからない時の判断の仕方は真水で殻と殻をすりあわせるようにガシャガシャと洗います。 その時に生きているあさりは硬く口を閉じます。 あさりから出ている触覚のような部分を触ってみて、驚いて慌てて貝の中に引っ込めれば生きています。 あさりに火をかけて水温が50度くらいになると貝が少し開いてきます。 生きたあさりはパカッと開かずに少し口が開く程度です。 死んだあさりはパカッと勢いよく開きます。 死んだあさりは、少し開く段階はなく一気に開くんです。 火加減は弱火で少しづつ火を通していくのが見分けるポイントです。 あさりは死んでる物も食べられる?ここに注意 「死んでいるあさり」かどうかを上記の方法で判断した上で死んでいると判断したものは食べない方がいいです。 もったいなぁーいなんて言わずに棄てて下さいね。 貝は当たるとそりゃ~もぉ~大変・・・ 激しい下痢、吐き気、嘔吐などですが、場合により、かなりひどくなるようです。 加熱をしてもなかなか開かなければ少し刺激を与えてみて下さい。 パカッと口を開くことが多いですよ。 あと、あきらかに軽いもの、臭いのするものは死んでいます。 迷わずに棄てて下さいね。 まとめ おいしいあさりは殻の模様がハッキリと浮かび出ているもの。 殻のギザギザが深いもの。 と殻がみそです! 潮干狩りの際にすでに口が開いていて指を入れても閉じないものはポイッして帰りましょう。 死んでいるあさりは腐敗が進み臭いもあるようです。 決して食べないで下さい、 死んでいるあさりの状態を知り、おいしいあさり料理を家族に食べてもらいましょう。 最近の投稿• 人気記事• 最近のコメント• に 管理人 より• に 管理人 より• に Shin N より• に ささき より• に 管理人 より アーカイブ• カテゴリー•

次の

あさりが開かない理由とは?砂抜き時と調理時の2パターンを解説!

あさり 開かない

冷凍アサリを開かせるコツは一つ、最初から熱湯で茹でる事 冷凍アサリを水から茹でると失敗します。 冷凍アサリは熱湯から茹でる事で、殆どの貝が開きます。 冷凍した あさりをパスタなどで使う場合は、熱湯で一度茹でてから加えると上手くいきます。 熱湯で出た あさりの出汁を、トマトソースなどに加えればうまみもでます。 あさりは冷凍すると死んでしまいます。 しかし、鮮度が保たれた状態で冷凍するので、死んでいますが腐っていません。 だから食べられるのです。 貝は死んでしまうと開かないと思われていますが、実は違うそうです。 貝は死んでいても口を開きます。 あさりなど貝類は貝柱の伸び縮みで蓋を開閉しています。 加熱すると貝柱のタンパク質が縮み、貝と貝柱が離れて殻が開きます。 死んだ あさりは貝柱が腐敗してしまうので開きません。 死んでも腐ってなかったら開くのです。 でも、 死んでもいない、腐ってもいないあさりでも開かない あさりもあります。 それは何故でしょう。 アサリが生きていても貝が開かない、その理由 それは、二つの理由が考えられます。 貝はもともと開いている状態が普通です。 それを貝柱が引っ付いて、貝と貝を引っぱりながら殻を閉じています。 この貝殻の開く力となっているのが、貝と貝のつなぎ目の部分である蝶番といわれるところです。 あさりやシジミを調理する前に洗う際にゴシゴシとこすり過ぎると、蝶番を壊してしまうことがあります。 そうなると殻は開きません。 これが一つ目の理由。 または、水などから あさりを茹でると、熱の加わり方がゆっくりになり、貝と貝をつなぎ止めている筋肉がゆっくりにしか縮んでいきません。 その為、貝から貝柱がなかなか離れません。 貝が半開きになったり、全く開かなかったりします。 一方、熱湯から茹でた場合は、この筋肉が急激に縮み、貝がぱかっと一気に開きます。 あさりを弱火で炒めたりしても同じように開かない事がよくあります。 つまり、 熱の加え方がゆっくりだと貝は開きにくいという事です。 これが二つ目の理由です。 ということは、貝が開かないというのは、実は間違った情報なのです。 しかし、貝が開かないと死んでしまっている、食べてはいけないといわれるようになったのは何故でしょう。 では、何故、貝が開かないと死んでいるといわれるのでしょう。 あさりが死んでいると貝が開かないといわれる理由 あさりが本当に死んでいたら、貝の中身は腐敗しています。 もし、作りかけのみそ汁の中に死んだ あさりがひとつでもあったら?そうです、みそ汁が全て台無しになってしまいます。 台無しになるどころか、食中毒の危険さえ出てきますので、そこで料理を諦めなくてはいけません。 魚介類の食あたりはかなり危険です。 死に至る事もあります。 だから、貝が開かなかったら無理に開かせないということが言われるようになったのだと思います。 もう一つ、開かない あさりに、砂の詰まった貝殻だけのあさりもあります。 これも同じく、無理矢理開いてしまうと、折角の料理が砂だらけになってしまいます。 あさりは細かい砂の所に埋まっていますので、とても取り除けないくらいの細かい砂が混じってしまいます。 どうも、これらは先人の知恵ではないかと思います。 ですから、 もし開かない貝があったら、料理している あさりと別にして、腐っていないか開いてみればいいと思います。 腐っていれば強烈な臭いを放ちますので、腐っていないようであれば、再び鍋に戻すなりすればいいわけです。 まとめ• 冷凍アサリを開かせるには、水からではなく、熱湯から一気に茹でる。 パスタなどに使う場合も、強火で一気に炒める。 料理の関係で、強火が使えない場合は、鍋やフライパンを別にして あさりだけ強火で一気に火を通す。 もし、開かない あさりがあったら、鍋やフライパンから取り出して、個別に貝を開いてみる。 異臭がなく、腐っていなければ鍋やフライパンに戻す。 これで、冷凍アサリが開かないと言う悩みは解決できると思います。 お読みいただきありがとうございます。 多くの方にこの記事を読んでいただくお手伝いをお願いします。 下のバナーをクリックしていただくと、多くの方にこの記事が届きます。 この記事はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てれたのなら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。 また、ご意見やご感想などありましたらお気軽にコメントをお願いします。

次の

あさりが開かない理由は?生きてれば確実に口を開かせる方法はあるよ

あさり 開かない

うぇー、これも開いてない・・ 先日行ってきた潮干狩りで 大量のあさりを持ち帰りました。 さすがに、短期間で食べるのは無理なので 砂抜きして冷凍保存! あさりが大好物な我が家では こんなにたくさんのあさりを 長く楽しめるなんて 最高!! で、ある朝、 あさりの味噌汁をしたんです。。 今日は冷凍したあさりを ちゃんと開かせるコツ、 さらに、開かなかった、または開きかけの あさりは食べても大丈夫なのか? そのことについて 調べてみましたーー。 スポンサードリンク 目次• 冷凍の殻つきのあさり。 普通に料理してみたところ・・ 今回、あさりの味噌汁は いつもスーパーで買ってきた あさりと同様の方法で 作ってました。 鍋に水を入れて、 そこへあさりを投入 グラグラ沸かしていきます。 グラグラ、グツグツ・・ 結構煮てるんだけど あれ・・・? なかなか開かないな。 いつもだともっと早いはず おかしいなあ・・ 結構な時間 沸かしたんだけど・・ もう時間がない! 開いているあさりの身が どんどん外れて、 汁の中を舞いそうです。 途中であきらめ 味噌で味付けしました。 なんか、悔しい・・・ また、別の日。 旦那が母の日に ボンゴレパスタを作ってくれました。 あれーー?なんか開かないわーー 旦那も悪戦苦闘!! どうして?? 結果、 だいたい三分の一は開かないあさり これ、冷凍前から すでに死んでたんちゃうん?? えーー?! じゃ、このあさり食べないほうがいいわけ? て、話してるそばから 子供達は なんとか貝をこじあけ 身を取り出して食べ始めてます!! ちょっと待ったーーー!! スポンサードリンク 開かないあさりは食べてもいいの? 開かないあさりは こじあけて食べてもいいのか? 結論をいうと 食べないほうが無難です。 今回のように 砂抜きの段階で生きているのを 確認している場合は 素性が分かっているので 食べても大丈夫 でも、、よく分からない場合・・ やめたほうが無難なんです。 あさりって死んでると 急速に腐敗して 相当臭い!! らしいです。 しかも腐敗菌がでて 毒素を放出 無理に貝を開けると 一緒の鍋のものまで その毒素が蔓延してしまい 全部がダメになるとか・・。 でも、逆に、 開きかけのあさりは 臭いを嗅いでみて 悪臭がしなければ 食べてみてもOK で、 今回何気に子供達 開いていないあさりを こじあけて何個か食べちゃった。 でも、あさり生きてる状態、 一応は確認してたし 大丈夫だったかな。 でも、用心しなきゃですね!! 念のため残りは 手をつけないようにしました。 もったいない・・・ でも、開かないあさり。 こんなに開かないのは納得いかない。 もしかすると 加熱の方法が間違ってるのでは?? そう思って 調べてみました。 冷凍のあさり。 正しい調理方法とは? 殻のまま冷凍したあさり。 これを料理するのに 絶対にやってはいけないこと それは 自然解凍 絶対に自然解凍はしてはいけません。 貝柱の細胞が壊れてしまうから 貝が開かなくなるんですって! そして、 徐々にゆっくり加熱 というのも、NGなんです。 そう、、、 冷凍のあさりの加熱は 凍ったまま、すぐに強火で加熱!! これがコツなんですよ。 あーーなるほどね! 確かに味噌汁といい ボンゴレパスタといい(フライパンで徐々に最初炒めたらしい)、 徐々にゆっくり加熱してたわ!! そりゃ、開かないわ。 光が見えた!! きっと死んでたんでない! 食べられるんだ!! ということで 味噌汁をリベンジした。 強火で一気にね!! ここが大事!! まとめ 冷凍したあさりが開かない それを解決するコツを確認しました。 強火に短時間ってことが 超重要だったんですね。 これであさりを めいっぱい堪能できる~~ スッキリ! また、開かないあさりを 食べるのに 判断に迷ったら 無理にこじあけないこと。 食べたくなる衝動にかられるのは よーくわかります。 でもお腹をくだすリスクを 思うとやっぱりおしとどまりましょう。 今日も最後まで読んでいただき ありがとうございました。 スポンサードリンク.

次の