トップナイフ 感想。 トップナイフ(最終回)10話動画を無料視聴する【ドラマ】あらすじネタバレと感想

トップナイフ7話ネタバレあらすじ感想!クビは深山(天海祐希)か?部長(三浦友和)か?8話あらすじも!

トップナイフ 感想

『トップナイフ』9話のあらすじネタバレ 脳外科部長・今出川孝雄(三浦友和)の妻・里美(有森也実)が東都総合病院に転院。 里美の手術は難易度が高く、黒岩健吾(椎名桔平)と西郡琢磨(永山絢斗)を今出川が独断でスカウトしたのは、里美の手術を執刀させるためだったのです。 この件が理事長・前園(村井國夫)に発覚、病院の私物化と前園は糾弾。 覚悟の上でのことで、今出川は辞表を提出するのでした。 見舞いに来た今出川を、里美は激しく罵ります。 電話をしている時に里美の怒鳴り声が漏れ、今出川は恐妻家として知られていましたが、せん妄の症状だったのです。 一方、息子・田辺保(嶺岸煌桜)の忘れ物を届けに小学校に行った黒岩は、保がイジメに遭っているのを目撃、学校の帰りに保を馴染みのレストランに連れて行きます。 黒岩は保に「舐められるな」と教えます。 かつて黒岩は舐められたことがあり、オペの技術を身につけ無敵になったのでした。 今出川は自身が辞めた後任には、深山瑤子(天海祐希)と考えていました。 黒岩と西郡を呼ぼうと考えた時から決めていたのです。 珍しく黒岩は、瑤子をバー・カサブランカに誘います。 黒岩は保のDNA鑑定を今度はアメリカに依頼、瑤子は黒岩が歪んでいると思います。 しかし、人を探るような目つき、抵抗できない弱さ、保は昔の黒岩に似ていました。 黒岩の父親は呑んだくれで、母親は黒岩が小学校3年生の時、妹を連れて家を出ました。 高校の頃、父親が亡くなり奨学金で地方の医大を卒業、アメリカに渡りオペを学び強くなったのです。 そんな中、頭部に鉄筋の刺さった14歳の少年・添野徹(田中奏生)がドクターヘリで搬送、一方、里美は錯乱状態に陥り暴れ出します。 徹の手術は瑤子と西郡が、里美は黒岩が担当します。 今出川は里美と結婚して約30年、地方の病院に居た頃、里美を紹介され結婚しました。 里美を選んだ理由は、何も主張しなさそうだったからです。 当時、今出川はトップナイフを目指していましたが才能に限界を感じ、ある時期、里美にあたり散らしたのです。 その後、経営に回ったものの忙しく、家事も育児も里美に任せきりでした。 今出川は医師としては違うと理解していても、せん妄状態の里美の言動は積年の恨みが具現化していると考えていたのです。 徹の手術が終わり、脳の損傷は最小限で食い止められました。 黒岩の前に保の母・美由紀(内田慈)が再び現れ、今、付き合っている男と一緒に住むことになり、保も一緒で良いと男に言われ引き取りに来たのです。 激怒する黒岩でしたが、実は保は黒岩の子ではありませんでした。 DNA鑑定はクラブで知り合った医大に勤めている友人に依頼していましたが、この男が美由紀と繋がりDNA鑑定を偽造したのです。 仕事で遅くなった瑤子を娘・真実(桜田ひより)が病院まで迎えに現れ、ふたりはそのままレストランで食事をすることになります。 片岡鶴太郎(本人)と偶然再会、瑤子は挨拶されました。 以前、鶴太郎の手術を瑤子が執刀したのです。 そんな瑤子に、真実は同居をこれからも続けたいと言うのでした。 黒岩と保の別れの日、黒岩は目黒、銀座、そして代官山、馴染みの店なら「黒岩の知り合い」と言えば、ただで食べられると保に教えます。 そして、「何処へ行っても誰とやりあっても俺がついてる」と保を励ますのでした。 里美の手術は、瑤子に黒岩、そして西郡の3人が担当、しかし里美は今出川も手術に加わるよう要求します。 里美が自己主張するのは初めてで、今出川は戸惑います。 後任の件を断ろうとする瑤子に、部長になれば家族との時間も増え、まだ瑤子は間に合う自身のようになってはいけないと、今出川は受諾するよう命じるのでした。 徹が意識を回復、一方、今出川は里美の手術を担当することになり、瑤子たちと手術のシミュレーションを繰り返します。 その夜、黒岩は自宅の洗面所で保が大切にしていた戦隊ヒーローのフィギュアを見つけます。 保がフィギュアを置いておけば守ってくれると言っていたのを思い出し、涙が溢れるのでした。 翌日、徹は普通に話せ歩けるようにもなりました。 徹の母・良美(鈴木杏)が受付に行くと、瑤子に事故ではなく殺害されそうになったと徹は良美が出て行った方に目配せするのでした。 そんな中、里美の手術が始まります。 スポンサーリンク 『トップナイフ』9話のネタバレ感想 まさかの今出川の身勝手な理由にビックリしました。 この3ヶ月、黒岩と西郡に支払われた報酬が幾らかは分かりませんが、単に今出川が辞めれば済むようなことではないです。 今出川の気持ちは理解できますが、私物化なんてレベルの話ではないです。 いよいよ最終回、次回予告では、ドクターヘリで搬送された徹が、宇宙人なんて言い出しているので、恐らく痴呆症に似た作話症のような気がします。 里美の覚醒下手術も予告を見る限り、失敗しているように思えます。 ハッピーエンドとは程遠い終わり方をするような気がするのですが、そうなると益々JUJUのエンディングの曲調とあのエンディングダンスのギャップが気になって仕方がない。 ストーリー自体、重たい話が多く、天海祐希が主演する従来のドラマのようなコメディー要素も少なかったです。 エンディングは重くなり過ぎないようにとの制作側の配慮だったのでしょうか。 遺伝子関係なく。 情というもの。 耐えたあなたは強い。 戦ったんだよ。 て思ったけど、逃げる場所もなかったんか。 今も戦い続けてるのね。 「俺がついてる」の言葉はあの頃の健吾くんを励まし保くんを支え、保くんのヒーローが黒岩先生を救うんやね。 — ばす amamist88 当初、あれほど保(嶺岸煌桜)を邪魔と感じていた黒岩(椎名桔平)だったが、いつしか情が湧き、父性が出てきた矢先の親子鑑定0%。 すべては、田辺美由紀(内田慈)が保つを押し付けるための手の込んだ作戦だったと気づいた黒岩。 それでも、既に気づかれた保への想いは消えず、自分の行きつけの店を自由に使っていいと紹介する姿に感動しました。 そして、洗面所が怖いといっていた黒岩を守るために、戦隊人形を洗面所のいたるところに置いていった保。 保の黒岩を思う優しさと、保と離れることになった悲しさに泣く黒岩を見て、もらい泣きしてしまいました。 『トップナイフ』10話(最終回)のあらすじ 公式サイトが発表している『トップナイフ-天才脳外科医の条件-』10話(最終回)のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。 いよいよ今出川(三浦友和)の妻・里美(有森也実)のオペが始まろうとしていた。 まずは西郡(永山絢斗)と幸子(広瀬アリス)が開頭した状態の里美に話しかけながら脳のチェックをしていく。 今出川も参加し、順調にオペが進むが……。 一方、深山(天海祐希)は、鉄筋が頭部を貫通する事故から奇跡的に回復に向かっている中学生・徹(田中奏生)から、「母親に殺されそうになった」と打ち明けられ、驚きを隠せない。 ntv.

次の

トップナイフ5話ネタバレあらすじ感想!西郡(永山絢斗)のヘタレさが目立った。6話あらすじも!

トップナイフ 感想

深山先生は実の娘さんであるのは間違いないですけど、黒岩先生は前途多難ですね~。 でも鬼のような黒岩医師かと思ったら、息子さんだと思われる男の子のことを気にかけているので、実はめちゃくちゃイイ人なんだろうなと感じられて良かったです。 深山先生と同じ境遇になってますね~。 これまでは、ライバル同士で一触即発みたいな雰囲気だったけど、3話では、二人は軽口叩きながらも良き相談相手となりつつあるのかな~って思いました。 広瀬アリスさん演じる、小机幸子が徐々に成長してされているのが伺えるのもいいですね~。 今回も初めて聞く症状が2つ出てきました。 3話で出てきたのは「コタール症候群」と「外国語様アクセント症候群」。 どんな病気なんでしょうか? 外国語様アクセント症候群 金井勇太さん演じる男性患者が、突如関西弁になった病状です。 外国語様アクセント症候群(がいこくごようアクセントしょうこうぐん)は患者が外国語訛りのように聞こえる話しぶりを身につけるという珍しい医学的症状である。 外国語様アクセント症候群は通常脳梗塞によって発症するが、頭部の外傷、偏頭痛や発達上の問題が原因となることもある。 引用元:Wikipedia かなり珍しい症例で、母国語が英語である人が多いそうです。 1907年に初めて報告されて以来、100人程の診断例があるんだとか。 脳の左側にある「ブローガ野」の損傷が原因で、運動性言語中枢とも呼ばれている部分です。 発音に関係しているとされていて、英語だけでなく、アジアやヨーロッパなどにも事例があるんだとか。 2016年には、イタリア人男性が発症される事例がありました。 高校生の時に、フランス語を習っていたことがあるものの、フランス語をしゃべる実践はなかったこの男性。 突如、フランス語以外は一切話さなくなってしまい、しかもフランス映画鑑賞が好きになり、フランス料理の食材を買い、フランス語の雑誌、書籍を読み出したそう。 男性はイタリア語で読み書き話す能力は失わなかったものの、それを行なうことを拒否し、思考がすべてフランス語で行なわれているそうです。 100人ぐらいの症例ですが、そういう事例があるのですね~! コタール症候群 コタール症候群(コタールしょうこうぐん)、または コタール妄想(コタールもうそう、)は、自分がすでに死亡している、存在しない、腐敗している、または血液や内臓を失っているという妄想的信念を抱く精神障害である。 引用元:Wikipedia こちらも、自分は亡くなっていると思って、2回の病室から飛び降りる場面がありました。 ゾンビ病やウォーキング・デッド病とも呼ばれる病気です。 自分は存在していないという考えや思い込みがあり、うつ病を発症している方で、で最も重いものはコタール症候群なんだとか。 診療内科も必要になってくる病気のようです。 原因としては、脳の「顔から人の心を読み取る」部分に異常があることがわかっているそうです。 自分の体を見てみると違和感を覚えてしまって、自分は死んでいるのだとか思って妄想に取り憑かれていくんだとか。 ドラマでは、黒岩の息子?!と思われる男の子と、アキラ100%さんの動画を見ていた、この症状の男性がアキラさんの姿を見て笑ってから、自分が生きていることを実感する場面がありました~。 スポンサーリンク トップナイフ3話を見たネットの反応は? 3話を見たネット上の声を集めてみました~^^ トップナイフのコタール症候群って、離人症と似てるな。 外国語アクセントなんとか~も、解離性で違う言葉話す人もいるらしいから、やっぱ精神と脳は密接に関わってる。 黒岩先生の不器用な優しさが好きなの。 今、深山先生と同じ様な境遇だし、二人は軽口叩きながらも良き相談相手として気づけば心の一番近くにいて欲しい。 恋人じゃなくてもいいよ、分かり合える関係がいい。 — 楓 riiik0.

次の

トップナイフ6話あらすじネタバレ感想動画・元部下から深山が復讐される?|みやびカフェ

トップナイフ 感想

Contents• ドラマ『トップナイフ 天才外科医の条件』10話 最終話 のキャスト 深山 みやま 瑤子 役… 天海 祐希 《東都総合病院の脳神経外科のトップで、脳動脈瘤のスペシャリスト。 家族を捨てたことに罪悪感を抱えている。 》 黒岩 健吾 役… 椎名 桔平 《東都総合病院の脳神経外科の脳腫瘍のスペシャリスト。 自分第一主義で、仕事以外は全て自分を優先してもいいと考えている。 》 小机 幸子 役… 広瀬 アリス 《東都総合病院の脳神経外科の研修医。 幼い頃から常にトップで、自称天才だが、実技は全くダメ。 しかし本人はそれに気づいていない。 また、恋愛経験0だったが、26歳にして、初恋をする。 》 西郡 琢磨 役… 永山 絢斗 《東都総合病院の脳神経外科で、外科もカテーテルもできる二刀流。 自信満々を装っているが、中身はコンプレックスの塊で、周囲に心を閉ざしている孤高の医師。 》 来島 達也 役… 古川 雄大 《病院の近くにあり、多くの医師の憩いの場となっているBar『カサブランカ』のオーナー。 とにかく軽く女性を口説くことしか頭にない。 》 犬飼 剛 役… 福士 誠治 《東都総合病院の脳神経外科の看護師。 私生活は謎に包まれている敏腕看護師。 》 小沢 真凛 役… 森田 望智 《東都総合病院の脳神経外科の看護師。 若手の中でも群を抜いて優秀だが、その分、使えない医師には容赦ない。 幸子と出会い、変化が訪れる。 》 伏見 愛子 役… 藤本 泉 《東都総合病院の脳神経外科の看護師。 癒しの笑顔と冷静さで、真面目に仕事に取り組む科内で一番の常識人。 》 玉井 静香 役… 宮本 茉由 《東都総合病院の脳神経外科の部長秘書。 実は、美人秘書としてだけでなるある一面もある。 》 今出川 孝雄 役… 三浦 友和 《東都総合病院の脳神経外科の部長。 医師としての腕前は普通だが、人を見る目は長けている。 誰にも言えない秘密があり、天才医師たちをこの脳外科に集めた。 》 ドラマ『トップナイフ 天才外科医の条件』10話 最終話 のゲスト 今出川 里美 役… 有森也実 《役どころ》今出川の妻。 深刻な脳腫瘍を患っている。 - 2019年12月月29日午後8時47分PST ドラマ『トップナイフ 天才外科医の条件』10話 最終話 のあらすじ 転落の際、頭に鉄筋が刺さり、瑶子 天海祐希さん と西郡 永山絢斗さん のオペにより奇跡的に回復した中学生、徹 田中奏生さん。 女手ひとつで徹を育ててきたシングルマザーの良美 鈴木杏さん は徹に献身的に付き添いますが、意識を取り戻した徹は、良美に殺されかけたのだと瑶子に訴えます。 その後、瑶子は今出川 三浦和人さん の妻、里美 有森也実さん)のオペに向かう途中、別れた夫の後妻・薫 酒井美紀さん から、娘の真実 桜田ひよりさん が頻繁に学校を休んでいる事を聞かされます。 薫に「真実を返してください」と言われ、当惑する瑶子。 里美のオペは、黒岩 椎名桔平さん をはじめ、今出川や脳外の医師を総動員して挑む、類を見ない難手術でした。 「縫合終了」 「後は麻酔が覚めてからだな」 オペの後、瑶子は石黒にこぼします。 「昔、よく部長にオペ室で怒鳴られた」 「怒鳴られた後、ココでよく泣いた。悔しくてね、自分に」 徹の事故当時、不登校を巡って良美と言い争いになり、揉み合う内に工事現場に転落した徹。 子育てと生活に悩んでいた良美は、自らを責める気持ちから、「殺されかけた」という徹の言葉を認めますが、瑶子はただの事故だと断言します。 その後、良美は母親を乗っ取った宇宙人なのだと言い出す徹。 「徹君にはカプグラ妄想が出て来てる」 「改めてMRI撮りました。右前頭側頭部に異常血管。頭部外傷による硬膜動静脈瘻です」 徹はもう一度オペが必要でした。 自宅に戻った瑶子は、真実と向き合って話をします。 瑶子のことは誇りだと言う真実に、「そんないいもんじゃないよ」と本音をもらします。 ずっと失敗ばかりだった、と打ち明ける瑶子。 「手術でもね、うまく行かなかったこともあるよ」 「だけど…逃げなかった、絶対。怒鳴られても何されても、全部引き受けた。それだけが誇りかな」 「一度薫さんに連絡しなさい。今後どうするにせよ、自分から踏み出さなきゃダメだから」 「血液が脳表の静脈に逆流して徐々に拡張して来てる。破裂して脳出血 起こす前に手を打たないと」 目の前の良美を宇宙人だと思い込んでいる徹ですが、同時に母親のことを気にしています。 「お母さん、まだ?何で全然来てくれないんだろう」 一方、元夫の真一 小市慢太郎さん からも「真実を返してくれ」と言われた瑶子。 「どうするかは、あの子が決める。 私が言うことじゃない」 その間に、徹は病室を抜け出して徘徊し、意識を失います。 「お母さん… ごめん」 オペ室へと急ぎ向かう途中、瑶子の前に真実が制服姿で現れます。 「私、決めた。もう逃げない。 絶対」 「自分のことは全部自分で引き受ける」 「さよなら」 娘の成長を受け止めた瑶子も「さよなら」と応え、門出を見送るのでした。 そして、徹の緊急オペの最中、里美の意識が戻ります。 「まだ言語機能が十分じゃない。これからいろいろ出て来ると思う」 それでも大きな峠を越え、今出川が呟きます。 「つくづく分かるよ。脳外科医にできることはたかが知れてる」 瑶子もそれに賛同します。 「私も、完璧な手術をする、それが脳外科医のあるべき姿だと思っていました」 「だけどそれも間違いではないけど、正解でもない。 脳外科医に出来ることは、ほんの一部」 「部長職、どうする?」改めて訊かれた瑶子は「お受けします」と迷いなく答えるのでした。 「でも、手術もします。 今まで通り」 「それが私の目指す脳外科医ですから」 各話のあらすじや感想。 放送日 ゲスト 1話 2020年1月11日 堀内敬子 2話 2020年1月18日 松本若菜・濱田マリ 3話 2020年1月25日 桜田ひより・金井勇太 4話 2020年2月1日 中尾ミエ・本田博太郎・綾田俊樹 5話 2020年2月8日 柿澤勇人・大西礼芳・嶺岸煌桜 6話 2020年2月15日 山本浩司・笠松将・吉田美佳子 7話 2020年2月22日 原沙知絵・木村了・夙川アトム 8話 2020年2月29日 金田明夫・原日出子・小市慢太郎・酒井美紀 9話 2020年3月7日 有森也実 10話 2020年3月19nitい 有森也実・田中奏生・鈴木杏 ドラマ『トップナイフ 天才外科医の条件』10話 最終話 の感想 50代 女性 の感想 黒岩先生が息子を押しつけられていたけど、はじめは避けてたけど、いざ母親のところに返す時には寂しくて子供に自分の行きつけの店を並べていつでもツケで行くように言っていたシーンが印象的だった。 黒岩先生の悲しい気持ちが込められていて感動した。 30代 女性 の感想 みんなそれぞれに家族の事情を抱えながら、仕事を頑張っているんだなと思ったらすごく泣ける回でした。 ふらふらになりながらも患者さんのことを助けようと見守っている深山先生が、ほんとにすごかったし感動しました。 30代 男性 の感想 最後は全て救えてハッピーエンドという形で手術は成功しましたが、深山先生は難しい選択をしたと思いました。 子供が強く育っていくのはいい事ですが、最後は1人に戻ってしまいましたが。 新部長として手術もこなすスーパー部長として頑張って欲しいと思いました。 30代 女性 の感想 今出川の話した、人に頼るのは弱さとは限らないという言葉が印象に残りました。 今回、奥さんの事で皆に頼った今出川だからこそ言えた言葉だと思いました。 そして、人に頼る事に消極的になりすぎなくても良いのだと思わせてくれた瞬間でもありました。 30代 女性 の感想 最終回ならではの驚きのようなものがなく、そこが少し残念でした。 でもいつもと変わらず、色々な症状があるなと感心しながら見ていました。 部長の奥さんはよく助かったなと思います。 回復の過程をもっと見たかったです。 20代 女性 の感想 共に暮らすことが家族ではない事、離れていても愛が存在する事を感じました。 今までいろんな患者を見てきて聞いたことのない病気や信じられない症状を見ましたが、治療だけでなく家族の力や、愛する人の存在があるかるこそ病気を治せるんだと思いました。 病気を治してくれたり、落ち込む患者を勇気付ける医者のかっこよさを沢山見られてとても良いドラマでした。 脳外科には個性が強いメンバーばかりでいつもぶつかり合うように見えましたが、ラストでは全員でオペをするシーンや相手に感謝したり、お互い関心を持ち始める場面がありうれしく思いました。 幸子の恋愛の結末は分からないままでしたが、告白の仕方が脳に惚れていると言ったのが面白かったです。 徹の母が子供さえいなければ他思ったことがあるということに、深山は子供を持つ母親なら誰しもが思ったことがあるというセリフに救われた気がしました。 30代 女性 の感想 三浦友和さん演じる脳神経外科部長の今出川の妻の里美のオペの時に永山絢斗さん演じる西郡と広瀬アリスさん演じる小机幸子がオペをしているシーンが印象的でした。 この二人が同じオペに入るときがくるとは思わなかったので、意外でした。 30代 女性 の感想 ついに最終回ということで、これまでの伏線が一気に回収されそうな展開にドキドキさせられました。 今出川の奥さんの手術がうまく行くかも気になりますが、母に殺されそうになったといった感じで言っている男性患者の言葉も気になります。 20代 女性 の感想 今回は部長の妻が、話をかけながら手術をしていたのが印象的です。 無事手術が終わってホッとしました。 また徹が母親のことを宇宙人と言っていたのが怖かったです。 母親はいろんな想いを抱えていて、泣いていたのが切なかったです。 30代 男性 の感想 今出川の奥さんの手術がみんなの力で成功したのがよかったと思います。 今出川が奥さんと楽しそうに会話をしていたのがよかったと思います。 黒岩がアメリカに行こうとしていたのがとてもビックリしました。 徹が母親のことを宇宙人と言ったのがとても驚きました。 『トップナイフ 天才外科医の条件』10話 最終話 の見逃し動画を視聴するには? 『トップナイフ 天才外科医の条件』10話 最終話 の 見逃し動画は、 Huluで配信されています。 放送終了後、1週間以内なら、無料で視聴することができます。 会員登録は不要で、ページに飛ぶだけで動画を視聴することができます。 しかも、今なら、トライアルキャンペーン中で、 2週間月額料金が 無料で、 動画を 視聴することができます。 最後まで読んでくださりありがとうございました。

次の