バジリスクタイム 終了ボイス。 バジリスク絆2|スロット バジリスクチャンス エピソードBC 解析

バジリスク絆 朧ナビの詳細とは?

バジリスクタイム 終了ボイス

コンテンツ• これは最初の難関だったりします。 レア演出の基本。 一日8000Gとしてフルで打っても6日に1回位の発生頻度。 ライトな打ち手では1度も引いたことのない方もいらっしゃるのでは。 ちなみにフリーズはリールが固まる場合と、全回転するパターンの2パターンあり。 レア役からのフリーズはレア役の次ゲームに全回転。 フリーズリプは直でリールが固まるパターンと次ゲーム全回転パターンに振り分けられます。 フリーズリプで全回転パターン選択時は白バーを狙うと揃い、そのままリールが固まってフリーズ演出が展開されます。 BC中の白ナビ 出現率はそれほど低くありませんが、カッコイイので。 白ナビの示唆は「直前のレア小役での上乗せ」で、上乗せ確定ではありません。 籠演出で朧 紫着物?と思ったら朧で確定。 こちらも比較的よく見かけます。 BC確定演出。 女達のげ・き・あ・つ一枚絵演出 これはいい。 漢たちの一枚絵演出 気持ち悪い演出です。 中レア演出 墨演出で「祝」(フリーズ確定演出) フリーズ確定演出の「祝」文字。 必然的にフリーズよりも重くなります。 まわりでもあまり見たことが無いです。 10人状態でBC当選しても出現するとは限らない。 追記:10人状態の途中でBC当選しても、弾正が次々に倒していきこの演出になる場合がありました。 BC中好機揃い BC中の激アツ演出、「好機揃い」。 かなり発生頻度は低いです。 おそらく上乗せ確定。 そのためこれを出すにはまず追想中にBCを引く必要があります。 弦之介幼少期エピソード 成功で無想一閃が確定する激レアエピソード演出。 となりで1回目撃しただけでそれ以外は見たことがありません。 ぼくが見ていないだけかも知れませんが、かなり出現率は低いと思います。 ちなみに外れます。 激レア中の激レア演出 通常時セリフ演出でビリー これの出現率はものすごく低く設定されているのでは。 もしかしたら一番低いかも知れません。 となりの台で一度見ました。 エンディング枚数表示画面ウエディングバージョン エンディング中にBCを引いて引き戻し、さらに25連以上 つまりエンディング2周 した場合のリザルト表示パターン。 条件が難しいパターンです。 全く見たことはありません。 通常時に白バジテンパイボイス 写真は通常時に弦之介一撃演出が出たので白を狙ったところテンパイボイスが流れた図です。 プレミアムリプレイ フリーズリプレイ を引いた場合、白を目押しでテンパイさせると朧の専用ボイス「この世で結ばれぬ縁ならば」が発生。 前述したフリーズリプレイで全回転パターンが選択された場合はそのゲームでテンパイさせるとボイスが発生し、揃えるとそのまま固まります。 なお、フリーズリプレイで直フリーズパターンの場合は演出後に自分で揃えるように指示され、そこでテンパイさせるとボイスが発生。 ここで揃えなければ次レバオン時に朧ボイス「好きです、源之助様」が発生し、自動的に白バーが揃うようになっています。 全回転フリーズでは自動的に白が揃い、このボイスは発生しないため激レアとなります。 土岐峠の池演出でデカチリ出現 これは超激レア。 見たことないです。 一度だけ5スロで出現させたことがありますが、とても気持ちいい音でした。

次の

バジリスク

バジリスクタイム 終了ボイス

好きなところから見る• 通常時は主にバジリスクチャンス(BC)と、3種類の 争忍チャレンジ(CZ)を契機にARTバジリスクタイム(BT)突入を目指す。 大きく進化した点は、争忍の刻中はいわゆる自力バトルとなっている点で、毎ゲームのレバーオンではより手に力が入る仕様。 1 98. 7 99. 4 102. 4 104. 0 107. 2 110. 6枚現金…730G~ 狙い目 時給3,000円lv 等価…710G~ 5. 【リセット時の周期】 リセット時は周期モード1確定!この 周期モード1はCZに入りやすい状態なので若干ではありますが恩恵といえるでしょう。 リプレイの揃い方によるリセット判別 朝イチ、ベルのこぼし目が出現する前のリプレイの揃い方に注目すればリセットを見抜ける可能性がある。 また店員などにより対策される可能性もあるので過信は禁物。 やめ時 やめどきに関しては、ART終了後の前兆がないことと、高確非滞在を確認してからやめる。 シリーズお馴染みの「弾正屋敷」はバジリスク3でも高確示唆ステージとなっているため、移行した場合はしばらく様子を見ておきましょう! また、新たに追加された「計略の道」と「卍谷月下」はCZ前兆ステージとなっています。 ART後伊賀スタートの意味 ART後ステージが伊賀鍔隠れは周期モード1確定。 CZ当選までモード転落はないので、リセット狙いと同じように初回CZまで打つのもあり。 RT状態は打ちきる ART終了後に通常画面に戻っても内部的にはRT状態が継続しています。 RT転落契機は「ベルこぼし目」「上段リプレイ」の2つ。 液晶目とステージ 夕方背景の甲賀弾正屋敷は高確示唆なので様子見。 また、 液晶に銀の派手な玉が頻出している際は周期が近い事を示唆しているのでこちらも様子見を推奨。 変則押ししてもペナルティは発生しない。 逆押し ボーナスに期待出来る場面や強役後は右リール中段に青 or 黄BARを狙ってみましょう。 中段に停止すれば実践上、強チェリー or 巻物 or BCが確定! ボーナス・ART中 基本は通常時と同じ、ナビに従う。 1 弱チェリー成立には設定差がある。 0 通常時解析・概要 ステージ一覧・期待度 甲賀弾正屋敷はCZ高確示唆。 謀略の道・卍谷月下はCZ前兆ステージ。 液晶出目 液晶下部に停止する出目にも注目。 駿府城ミッション「駿府城」 ・継続:15G ・突入時点で ART確定!? ・区間中に「バジリスクタイム」の告知を発生させる事が出来れば 高モードのARTになり、 ART2セットも保証!? 周期とは別に通常時には「通常・高確」の2つの状態が存在。 移行抽選は弱チェリー・ハズレで行われで弾正屋敷ステージに移行した際は高確を示唆。 なお、 高確中に周期を迎えた場合は CZの当選が確定する。 周期短縮抽選 通常時はレア役成立時に、 周期短縮抽選が行われている。 当選すれば周期までのG数が0となり、周期抽選が行われる。 なお、非当選の場合は周期までのG数が1減算される。 小役 当選率 巻物 25. ・伊賀鍔隠れ…周期モード1に滞在確定!? ・前兆ステージ(謀略の道・卍谷月下)…CZ前兆残り16G以下が確定!? (謀略の道・卍谷月下)…CZ前兆残り16G以下が確定!? ・甲賀卍谷…周期モード1、かつCZ前兆残り8G以下が確定!? ・伊賀鍔隠れ…周期モード1、かつCZ前兆残り8G以下が確定!? ボーナス(バジリスクチャンス)中は、成立役に応じてART抽選を行っている。 当選したボーナス種別と設定に応じて選択率が異なる。 基本的に 黄BAR時は弦之介・ 青BIG時は朧のボイスとなるが、矛盾すれば高設定確定!? となる。 0 ART:バジリスクタイム(BT) 【突入契機】 ・CZでの抽選 ・バジリスクチャンス中の抽選 ・天井到達 など 【ART性能】 ・純増:約1. モードの振り分けは特定契機を除き、 奇数設定かつ高設定ほど優遇されています。 継続モード振り分け ART初当たり時 設定 モード1 モード2 モード3 モード4 1 66. 上位モードほどベルリプレイ確率がアップし、 争忍モードはバトル背景で示唆しています。 期待度 背景 高 城 高モード+継続の大チャンス!? 争忍モード振り分け 継続モード別 争忍モード 継続 モード1 継続 モード2 継続 モード3 継続 モード4 争忍モード1 75. 曲による示唆内容は以下の通り。 BGM 示唆 甲賀忍法帖 継続確定!? WILD EYES 2セット以上の継続が確定!? ARTストックの超高確率ゾーン。 」時にのみ発生。

次の

【バジリスク絆2】勝ち方・打ち方・狙い目など完全まとめ(初心者)

バジリスクタイム 終了ボイス

BT終了画面のボイス BT終了画面でサブ液晶にタッチすると次回のテーブル示唆のボイスが発生• 弦之介「出立の刻じゃ」… デフォルト• 朧「参りましょうぞ」… デフォルト• 朧「旅の支度が整っております」… テーブル15or16 通常時のモードは、• A〜Dが存在• 状態移行率に影響• 高状態・高モードほどBC当選時にBTに突入しやすい といった役割があります。 モードはスルー回数に応じて決定し、そのパターン テーブル は 全部で16種類存在。 また、BCに当選するまではチャンス目を引くごとにモードの昇格抽選も行われています。 このモードはA<B< C< D 確定 の順番でバジリスクタイムの突入に期待でき、 高モードだけを打つことが必然と勝ちやすくなります。 前作同様にモードC以上であれば期待値が見込めると予想し、モードCの判別方法や狙い方について解説します。 終了画面振り分け 終了画面 モードA モードB モードC モードD 星空 50. 弦之介 チャンス告知• 朧 後告知• 天膳 完全告知 これら3つの告知を任意で選択することができます。 中でも モード判別に一番向いているのが「朧BC」。 BT非当選時は 月や星でモードを示唆します。 5つの示唆の内、モード狙いで使えるのは 「月」と「赤満月」のみです。 流星群もモードB以上確定と一見強そうに見えますし、打てそうに思えるのですが… 絆2においてモードBを打たされるのは結構なマイナスポイントです。 基本的に「月」と「赤満月」のみ狙うようにしましょう。 まとめ モード判別記事いかがでしたでしょうか。 前作のバジリスク絆は状態移行率から高モードを察知することがメインでした。 バジリスク絆2はどちらかと言うと演出での判別がメインとなりそうです。 打感としてはモード示唆演出が案外出やすいのでそちらをメインに見ておくと良いかなと思います。 状態移行率に関しては前作同様に 「ハズレからの超高確5G」に注目。 モードBでも出てしまうのが厄介なのですが… モードAかどうかを判別するのには役立つかと思います。 あとはチャンス目でのモード昇格率も気になる所ですね! 解析が出ればその辺りも解説しようと思います。 最後までお読みいただきありがとうございます! 以上、 「バジリスク絆2 モード判別記事」でした! 導入日未定• 2020年8月17日• 2020年8月3日• 2020年7月20日• 2020年7月6日• 2020年6月15日• 2020年5月18日• 2020年5月11日• 2020年4月20日• 2020年4月6日• 2020年3月23日• 2020年3月16日• 2020年3月2日• 2020年2月25日• 2020年2月17日• 2020年2月3日• 2020年1月20日• 2020年1月6日• 2019年12月09日• 2019年12月02日•

次の