プリベンター ゴールド。 風邪・感染予防対策サポートブレンド PREVENTION(プリベンジョン)

錦糸町では禁止!玉子

プリベンター ゴールド

(旧名:トラブル・ヒヤリハット事例) 科目概要: 危険に対する感受性や予測性は、製造現場でこれまでに発生したトラブル(放置すると事故から災害へと拡大)やヒヤリハット事例をどれだけ多く知っているか、またその知識を如何に自分の知恵として活用できるかによるところが大きい。 本科目では製造現場従事者が知っておくべき過去のトラブルやヒヤリハットの事例について、受講者自身が事例の分析、討論及び発表を通じて紙上体験することにより、危険に対する感受性や予測性を高め、トラブルの未然防止能力と問題点の早期発見能力を高めるとともに、ひいては緊急時対応能力の向上に繋げる。 研修目標: 製造現場従事者の危険への感受性や予測性を高めるために、トラブル事例やヒヤリハット事例を「将棋倒し分析法」を用いてグループで討論・分析する。 得られた分析結果を獲得すべき知恵として整理し、そのKnow-Whyを教訓にすることにより、トラブルの未然防止能力や早期発見能力が身につき、事故災害は未然に防止出来るの信念を獲得し、トラブルプリベンターに変身することを目的とする。 1 トラブルプリベンターの必要な6つの資質を5段階に定量化し、受講前後の成長を自己評価し、レーザーチャートで見える化する。 *トラブル・ヒヤリハット事例の原因が『事故・災害発生基本経路』に収斂する事を理解し、 トラブル・ヒヤリハットを未然防止する原則が本質安全、制御安全、教育訓練安全になる事を理解。 科目の特徴: 1 トラブル・ヒヤリハット事例は「事故・災害発生の基本経路」に整理しうることを基本としていること。 2 トラブル・ヒヤリハット事例の要因分析法の1つとして開発した「将棋倒し分析」を用いること。 3 受講者を3~5人/班にグループ分けし、事例を班別で討議し、結果を発表することにより、全員に16件のトラブル・ヒヤリハット事例を紙上体験させること。 4 トラブル・ヒヤリハット事例を、「設備」、「物質・現象」、「人」の3要素に体系的に分類し、分析させること。 5 トラブル・ヒヤリハット対策の3原則(本質安全・制御安全・教育訓練安全)を、分析を通じて理解させること。 6 多数の分析結果から得られる「Know-Why」を獲得すべき知恵として整理させること。 7 トラブルプリベンターの必要資質を5段階で定量化し、自己評価させること。 8 一人ひとりの命の大切さを痛感してもらうこと。 9 3日間の学習で獲得したことをベースに決意表明をさせること。 研修に必要な期間: 一コマ当たり受講時間90分X総コマ数12=18時間 9:00~17:00(最終日16:45) 2、3日目は8:30から9:00迄前日の補足実施、終了は17:00とする。 講師:森本厚吉(元ジャパンエナジー訓練センター講師、計装コース教材開発者) 樅野喜治(元ジャパンエナジー訓練センター講師、運転コース教材開発者) 若林 茂(元ジャパンエナジー法定エネルギー管理士、生産管理担当者) コマ1:オリエンテーションと事故・災害発生基本経路 本科目受講の意義と、過去に発生したトラブル事例の将棋倒し分析手法、さらにトラブル原因が無知と油断を出発点とする「事故・災害発生基本経路図」に収斂することを理解し、危険に対する感受性・予測性の醸成が重要であることを理解する。 コマ2:将棋倒し分析の学習(事例;静機器) 設備の中で静機器が関係するトラブル・ヒヤリハット数事例を採り上げ、講師主導で将棋倒し分析することにより、事例から得られる教訓、原理原則などを獲得すべき知恵として体得する具体的手順を理解する。 コマ3:将棋倒し分析の演練1 事例;動機器 設備の中で動機器が関係するトラブル・ヒヤリハット事例を採り上げ、グループで将棋倒し分析することにより、事例から得られる教訓、原理原則などを獲得すべき知恵として体得する。 コマ4:将棋倒し分析の演練2 事例;計装・電気機器 設備の中で計装・電気機器が関係するトラブル・ヒヤリハット事例を採り上げ、グループで将棋倒し分析することにより、事例から得られる教訓、原理原則などを獲得すべき知恵として体得する。 コマ5:将棋倒し分析の演練3 事例;毒ガス、劇・毒物、危険物 物質・現象を視点とする事例の中で毒ガス、劇・毒物、危険物が関係するトラブル・ヒヤリハット事例を採り上げ、将棋倒し分析することにより、事例から得られる教訓、原理原則などを獲得すべき知恵として体得する。 コマ6:将棋倒し分析の演練4 事例;身近な物質の怖さ 物質・現象の中で身近な物質で一見安全に見える水、スチーム、空気、窒素の怖さに関係するトラブル・ヒヤリハット事例を採り上げ、将棋倒し分析することにより、事例から得られる教訓、原理原則などを獲得すべき知恵として体得する。 コマ7:将棋倒し分析の演練5 事例;相変化・液膨張 物質・現象の中で相変化・液膨張が関係するトラブル・ヒヤリハット事例を採り上げ、将棋倒し分析することにより、事例から得られる教訓、原理原則などを獲得すべき知恵として体得する。 コマ8:将棋倒し分析応用1 事例;静電気・劣化 物質・現象の中で静電気・劣化に関係するトラブル・ヒヤリハット事例を採り上げ、将棋倒し分析することにより、事例から得られる教訓、原理原則などを獲得すべき知恵として体得する。 コマ9:将棋倒し分析応用2 事例;運転管理 人を視点とする事例の中で運転管理が関係するトラブル・ヒヤリハット事例を採り上げ、将棋倒し分析することにより、事例から得られる教訓、原理原則などを獲得すべき知恵として体得する。 分析結果を相互評価で採点させる。 コマ10:将棋倒し分析応用3 事例;工事 人を視点とする事例の中で工事に関係するトラブル・ヒヤリハット事例を採り上げ、将棋倒し分析することにより、事例から得られる教訓、原理原則などを獲得すべき知恵として体得する。 分析結果を相互評価で採点させる。 コマ11:感受性・予測性 コマ2~10の将棋倒し分析結果をベースに、安全とは、感受性とは、予測性とは何か、またこれを高めるために何をすべきかをグループ討議と結果の発表により、自分を積極的に変革させる。 コマ12:まとめ 前コマまで討議してきた大部分のトラブル原因はコマ1で示した事故・災害発生の基本経路図に収斂し、「人がキー」を理解する。 さらに、理解度テストを行い、理解度不足部分を整理する。

次の

スーパーロボット大戦コンパクト3 第13話「プリベンター」

プリベンター ゴールド

プリベンター(Preventer) [ ] 196年に発足されたに置かれた秘密情報部。 大統領の直属であり、が指揮する。 メンバーにはコードネームが与えられている。 登場作品 [ ] 構成員 [ ] 小説版の後書きにおいてヒイロ達も後日談漫画からはプリベンター所属になる事が語られている。 プリベンターの発足人。 コードネームはプリベンター・ゴールド。 メンバーの1人。 コードネームは火消しの水、プリベンター・ウォーター。 メンバーの1人。 コードネームは火消しの風、プリベンター・ウインド。 メンバーの1人。 コードネームは火消しの火、プリベンター・ファイヤー。 ちなみに現実では山火事などの大規模な火災に際し、先に燃え移る先を焼いて延焼を防ぐ「迎え火」という災害対策が存在する。 『Endless Waltz 特別篇』のエピローグで参加。 コードネームはプリベンター・ナタク。 MC歴では火星支局長を務めている。 『PREVENTER 5』で参加。 コードネームは不明。 『PREVENTER 5』で参加。 コードネームは不明。 『PREVENTER 5』で参加。 コードネームは不明。 『PREVENTER 5』で参加。 コードネームは不明。 サリィの娘。 MC歴では五飛の部下として火星支局に赴く。 保有戦力 [ ]• 火星支局 関連拠点・地名 [ ] 関連組織 [ ] 商品情報 [ ] コミック [ ] 資料リンク [ ] リンク [ ]•

次の

がんばれBチーム:ジャイブプリベンダー(その1)

プリベンター ゴールド

最近、イギリス製のヨット(28F がトリガー付きのジャイブプリベンダー(画像左)を装着しているのを見つけた。 ボクも初めてみるタイプのプリベンダーだった。 商品名は「ブームロック」と表示してあるが機能は多分同じだろう。 トリガーでブームの位置を調整するのでしょうね。 本体をブームに固定する構造なので音がしないのがいい。 ヨットは強風で波のある海面を追っ手で走っているとメインセールのワイルドジャイブの危険性はいつもある。 真面目に働くオーパイで航海中はひとまず安心だが、集中できない性格のオーナーが操縦するとぐっと危険が増すようだ。 そんなことでボクの仲間のクルージングヨットにもちょくちょく装着されている。 それはブームから「ぶら下げる」タイプのジャイブプリベンダー(ブームブレーキの商品名もある)だ。 ボクも以前はショートハンドで乗る時などよくジャイブプリベンダーを装着していたが、風が弱い時や機帆走の時にブームからぶら下がって「ガチャ、ガチャ」と音がして、やかましくて嫌だった。 そして、最近は近場のクルージング中では必要な時のみ、スナップシャックル付きのロープで、ブームのアイから直接デッキのセンタークリートに繋いでいる。 ジャイブの度に外す手間はいるが、なにより静かなのが良い。 ワイルドジャイブをするとリグの破損やクルーの怪我など起きやすいが予防する手は 1.真追手にしない。 2.早めに縮帆してヨットの動揺を抑える 3.波をよく見る。 4.ジャイブプリベンダーを取り付ける・・・などが思いつく。 充分に予防処置をしていても、万が一、ワイルドジャイブが起こってしまえば、ジャイブプリペンダー本来の効果を期待できるのでショートハンドでクルージングするヨットには保険?の意味でも必需品かな。

次の