カレー 市販 おいしく。 あれ?カレーがおいしくない?市販のルーでカレーの美味しい作り方

プロが教える!「我が家のカレー」を3倍おいしくするためのコツ4つ

カレー 市販 おいしく

家庭にあるもの&気軽に買える8つの食品 今回使用するのはこの8つです。 チョコレート• インスタントコーヒー• 赤ワイン• 中濃ソース• しょうゆ• トマトジュース• すりおろしりんご どれも家庭によくあるもの、かつ、なくてもスーパーで安価に購入できる食品をそろえてみました。 カレールーは、隠し味による味の変化が分かりやすいよう、辛さ・甘み・香り・とろみのバランスが取れているハウス食品の「ジャワカレー<中辛>」を使用しました。 調理方法は、カレールーの箱の裏面に記載されている作り方に準拠。 具は、にんじん、じゃがいも、玉ねぎ、豚肉(カレー用)で統一します。 なお、この記事で紹介する隠し味は、カレールー1箱に対しての分量を記載しています。 いちいち計量するのが面倒だという場合は、目分量でもOK。 ただし、最初は少量からスタートしましょう。 「味が弱い」と感じても、味見をしながら、少しずつ調節するようにしてくださいね。 隠し味は、あくまで隠し味なので、大量に入れるとカレーの風味が隠し味に負けてしまいます。 いつものカレーが「隠し味」で違う味に! 1. チョコレート• 分量:板チョコ2~3片程度• 入れるタイミング:仕上げ(ルーが溶けきったあと) カレーの辛さが抑えられ、柔らかい口当たりになるため、辛いカレーが苦手な女性やお子様でも、かなり食べやすい味になりました。 カカオの風味が、カレーの風味を損なうことはなく、深みやコクを与えてくれます。 今回は、甘くてなめらかなミルクチョコレートを使いましたが、カカオの割合が多いビターチョコレートを入れると、よりコクがアップします。 インスタントコーヒー• 分量:小さじ2~3• 入れるタイミング:仕上げ(ルーが溶けきったあと) 事前の調査では「本格的にブイヨンを取った味にかなり近づく」という声が多かったインスタントコーヒー。 実際に食べてみると、カレールーで作るカレー独特の脂っぽさがなくなり、カレーに深みとコクが生まれ、お店で食べる欧風カレーのような味わいになりました。 また、カレーの香りだけではなく、インスタントコーヒーならではの香ばしさや苦みもプラスされています。 ちなみに、入れすぎると苦みが強くなりすぎてしまうので注意しましょう。 分量:大さじ3~4• 入れるタイミング:カレールーと一緒 過去にバラエティー番組「探偵!ナイトスクープ」(朝日放送)で紹介された隠し味。 シャバシャバだったカレーにとろみが出て濃厚になり、コクと甘みが出るそうです。 一口食べると口いっぱいに広がるやさしい甘さ、その後にやってくるほどよいスパイシーさとのコントラストがたまりません。 味がまろやかになり、一晩寝かせたような旨味のあるカレーへと変身しました。 赤ワイン• 入れるタイミング:具材を煮込むとき 今回は水と赤ワインを、6:4くらいの比率で入れました。 最初は全体が紫色で怪しげでしたが、カレールーを加えればいつものカレーに近い色になります。 味は、というとブドウの爽やかな酸味や渋みにより、引き締まった味のカレーになりました。 また、豚肉が他のカレーよりかなり柔らかくなりました。 さっぱりしているので食べやすく、あっという間に食べ終わりました。 ただ、若干、カレーというよりハヤシライスに近い風味かなという印象です。 中濃ソース• 分量:小さじ1~2• 入れるタイミング:仕上げ(ルーが溶けきったあと) 中濃ソースはもともと、野菜や果実、香辛料の風味がギュッと濃縮されているからか、カレーのスパイシーさに甘みやコクが重なる深みのある味になりました。 砂糖と同じく、一晩寝かせたカレーのような旨味も感じます。 個人的には、水を入れすぎて思いのほか味が薄くなったときの救世主として活用しています。 しょうゆ• 分量:小さじ1• 入れるタイミング:ルーを入れる前(入れたあとは20分以上煮る) しょうゆの風味が際立つ、和風テイストな味わい。 カレーの辛さとけんかすることなく、ほどよくマイルドな味に仕上がりました。 カレー全体の味が引き締まった感じもします。 あえてシャバシャバなカレーを作って、そばやうどんと一緒に食べたくなります。 なお、エスビー食品のサイトによると、しょうゆをはじめ、ハチミツやみそなどの酵素を含む調味料は、カレーのとろみを弱くしてしまうそうです。 とろみを残すため、しょうゆはカレールーを入れる前に加え、20分以上煮込むようにしましょう。 分量:レシピに書かれている水の量に合わせる(水の代用)• 何だか、ミネストローネを作っているように見えますね……。 煮込んでいる途中で水分が少なくなってきたら、トマトジュースを追加します。 酸味が強いと感じたら、トマトジュースの分量を減らして代わりに水を入れましょう。 なお、カレールーはトマトジュースでは溶けにくいので、よくかきまぜるのがポイント。 完成したカレーがこちら。 見た目は完全にラタトゥイユですが、トマトの凝縮された旨味と酸味、カレーの風味が楽しめます。 さっぱりしているので、食欲のないときでも食べられそうです。 すりおろしたりんご• 入れるタイミング:ルーを溶かしたあと りんごをすりおろすのが面倒な場合は、リンゴジュースで代用してもOK。 カレーの味を確認しながら、好みの甘さになるまで少しづつ加えます。 りんごの甘みとさわやかな酸味が口いっぱいに広がる、さっぱり食べやすいカレーに。 りんごを入れたことで、豚肉が柔らかくなるとともに、フルーティーさが加わって数段奥深い味になりました。 油や小麦粉を使っていない、スパイスと野菜、果物だけを長時間煮込んでとろみをつけたカレーのような、高級感のある仕上がりになりました。

次の

【みんなが作ってる】 市販ルー 美味しいカレーのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

カレー 市販 おいしく

スポンサーリンク カレーの作り方 簡単美味しくするコツは? 同じカレールーを使ったとしても具材の切り方や煮る時間などが違えば全くの別物になってしまうのが料理の面白いところ。 そのため最後になって味が足りない・濃い・とろみがない・野菜が硬いなどで結局はイメージと違う仕上がりになってしまうというわけ。 なので初心者ならまずはパッケージ裏に書かれているとおりに材料を用意し同じ作り方でやってみてください。 野菜や水の分量・煮込み時間や火加減などを忠実に守れば、勝手にアレンジして作るよりもはるかに美味しいものが出来上がります。 カレーの作り方で見落としがちなのはルーを入れるとき。 市販のカレールーのパッケージ裏を見ると「ルーを入れるときは火を止めてから」と書かれていますが、あれってちゃんと守っていますか? カレーが煮えているところに入れた方がルーも簡単に解けそうなイメージがあるだけに、どうして火を止めて入れるのか不思議ですよね。 ルーには小麦粉でんぷん使用されているため、グツグツしている鍋の中に入れてしまうと表面がのり状に固まってしまいダマの元になります。 これを防ぐためにはいったん火を消して、温度を下げてからルーを入れて溶かすのが一番良い方法なのですね。 小麦粉でん粉は80~85度で糊化しますので、最低でも鍋の中身が80度以下になるようにさますのがキホン。 ちょっとめんどくさいですがウチではルーを細かく刻んで火を消した鍋の中に入れ(入れるだけで混ぜない)、フタをしてそのまま5分ほど放置したあとにカレールーを全体に混ぜるようにしています。 こうすると溶けるのも早いし、ルーの塊が残ってしまう心配もないです。 メーカーによって使うスパイスの配合も違いますので、ブレンドすることでいつもより深みが増します。 味に深みが出て風味も増します。 入れるタイミングはカレーの具を炒めたあとに水を入れて煮るときです。 遅くてもカレールーを加える前までには取り出しましょう。 入れっぱなしにしてしまうとローリエの苦みが出てしまいますので、2時間程度煮たら取り出すのがよいです。 その時の注意点はあくまでも「微調整」する気持ちで加えること。 隠し味のつもりが大胆に入れすぎて結局はカレー本来の味自体が変わってしまう事が多いです。 ワインやチョコレート・醤油・ヨーグルト・スパイス・牛乳・味噌など入れたくなってしまうものはたくさんありますが隠し味であることを忘れないでくださいね。 自分では同じように作ったとしても微妙な火加減や野菜のカットの仕方などによっては煮え具合も違ってくるからです。 最後に自分の好みに合うよう微調整すれば美味しいカレーが出来上がります。 カレーにはお肉を入れずに作り唐揚げをトッピングするとか、温泉卵やチーズなどを盛り付け後にのせればまろやかな味わいになりますよね。 カレーそのものをいじるよりは、その他を目新しいものに替えた方がずっと美味しく感じるかもしれません^^ おわりに いつも辛口の市販ルーを買うのですが、辛いだけでどうも香りがなく美味しくないな~物足りないな~って感じていたんです。 そこで中辛カレーで作り、最後に香りの良いカレー粉を加えることで辛味も増し風味もよくなりおいしく食べられるようになりました。 カレーの味はそのままでもスパイスの風味が強くなると味わいも別物になるので、最近はこの作り方がお気に入りです^^.

次の

【徹底比較】レトルトカレーのおすすめ人気ランキング68選

カレー 市販 おいしく

スポンサーリンク カレーの作り方 簡単美味しくするコツは? 同じカレールーを使ったとしても具材の切り方や煮る時間などが違えば全くの別物になってしまうのが料理の面白いところ。 そのため最後になって味が足りない・濃い・とろみがない・野菜が硬いなどで結局はイメージと違う仕上がりになってしまうというわけ。 なので初心者ならまずはパッケージ裏に書かれているとおりに材料を用意し同じ作り方でやってみてください。 野菜や水の分量・煮込み時間や火加減などを忠実に守れば、勝手にアレンジして作るよりもはるかに美味しいものが出来上がります。 カレーの作り方で見落としがちなのはルーを入れるとき。 市販のカレールーのパッケージ裏を見ると「ルーを入れるときは火を止めてから」と書かれていますが、あれってちゃんと守っていますか? カレーが煮えているところに入れた方がルーも簡単に解けそうなイメージがあるだけに、どうして火を止めて入れるのか不思議ですよね。 ルーには小麦粉でんぷん使用されているため、グツグツしている鍋の中に入れてしまうと表面がのり状に固まってしまいダマの元になります。 これを防ぐためにはいったん火を消して、温度を下げてからルーを入れて溶かすのが一番良い方法なのですね。 小麦粉でん粉は80~85度で糊化しますので、最低でも鍋の中身が80度以下になるようにさますのがキホン。 ちょっとめんどくさいですがウチではルーを細かく刻んで火を消した鍋の中に入れ(入れるだけで混ぜない)、フタをしてそのまま5分ほど放置したあとにカレールーを全体に混ぜるようにしています。 こうすると溶けるのも早いし、ルーの塊が残ってしまう心配もないです。 メーカーによって使うスパイスの配合も違いますので、ブレンドすることでいつもより深みが増します。 味に深みが出て風味も増します。 入れるタイミングはカレーの具を炒めたあとに水を入れて煮るときです。 遅くてもカレールーを加える前までには取り出しましょう。 入れっぱなしにしてしまうとローリエの苦みが出てしまいますので、2時間程度煮たら取り出すのがよいです。 その時の注意点はあくまでも「微調整」する気持ちで加えること。 隠し味のつもりが大胆に入れすぎて結局はカレー本来の味自体が変わってしまう事が多いです。 ワインやチョコレート・醤油・ヨーグルト・スパイス・牛乳・味噌など入れたくなってしまうものはたくさんありますが隠し味であることを忘れないでくださいね。 自分では同じように作ったとしても微妙な火加減や野菜のカットの仕方などによっては煮え具合も違ってくるからです。 最後に自分の好みに合うよう微調整すれば美味しいカレーが出来上がります。 カレーにはお肉を入れずに作り唐揚げをトッピングするとか、温泉卵やチーズなどを盛り付け後にのせればまろやかな味わいになりますよね。 カレーそのものをいじるよりは、その他を目新しいものに替えた方がずっと美味しく感じるかもしれません^^ おわりに いつも辛口の市販ルーを買うのですが、辛いだけでどうも香りがなく美味しくないな~物足りないな~って感じていたんです。 そこで中辛カレーで作り、最後に香りの良いカレー粉を加えることで辛味も増し風味もよくなりおいしく食べられるようになりました。 カレーの味はそのままでもスパイスの風味が強くなると味わいも別物になるので、最近はこの作り方がお気に入りです^^.

次の