ビック スクーター カスタム。 ビックスクーター カスタムバイク 高価買取

〜sanctuar〜ビックスクーターカスタム 369匠師工房

ビック スクーター カスタム

ただし、それは日本の話で、欧州を中心に生き残り、人気を維持していた。 こうしてビッグスクーターが充実してきたのが現状だ。 以前のビグスクより走りが一段と軽快になり、トラコンやスマートキーなど装備も最新になった。 5代目となる現行型は、従来のロング&ローフォルムから一転し、軽量コンパクトに。 リニアさと上質感が際立つエンジンも魅力的だ。 さらに250クラスで貴重な電動スクリーンをはじめ、同社スクーター初のトラコン(オンオフ可能)を装備。 灯火類は全てLEDだ。 スクリーンは140mm幅で無段階に調整可能。 その名の通りTMAXの遺伝子を色濃く注入したデザインと走りが特徴だ。 外観は、兄貴譲りのLEDヘッドライトやサイドのブーメランパネルを採用。 力強いエンジンとライバルより軽い180kgを切る車体、トラコンに加え、同社スクーターで初めてFフォークを三つ又とトップブリッジで保持。 スポーツバイクに匹敵する走りを実現している。 左フロントパネルに電源を配置。 スマートキーも採用。 BMW C400X:GSの香り漂う個性派 無骨なデザインや、GSシリーズを思わせる左右非対称のLEDヘッドライトなどプレミアム感の高いスクーター。 オプションでキーレス化やスマホ連動も可能。 4ps 3. 5kg-m 205kg 12. 長距離ランを考慮した大型アッパーカウル&スクリーンを与え、落ち着いたデザインを採用した。 4眼LEDヘッドライトや専用シートも特徴的だ。 トラコンとETC2. 0車載器は標準装備。 4ps 3. 5kg-m 215kg 12. 走りは、低中回転トルクを重視したエンジンと安定感が際立つ。 エンジンはイタリア製で125ccと200ccを用意する。 8ps 1. フロントブレーキにはラジアルマウントキャリパーをスポーティにダブルで装着する。 8kg-m 209kg 12. フルフェイスヘルメットが2個入るトランクや大光量のH7ヘッドライト、USBソケットなど旅に役立つ機能を装備。 自発光指針式のデュアルメーターも視認性とクールさを両立する。 1ps 3. 2kg-m 192kg 12. シート高が低く足着き性にも優れる。 電源ソケットは2個装備。 9ps 2. 1kg-m 182kg 9. フロント倒立フォークにはウェーブ形状のディスクブレーキをダブルで装着するなど見た目もスポーティだ。 1cc 17. 6ps 1. 300はフロントに3ポットキャリパーを装備して制動力も高めている。 トランク容量は40Lだ。 8cc 27. 7ps 2. 7kg-m 184. シート下にフルフェイスヘルメット収納可能なトランクスペースを持つほかリヤボックスも標準装備。 大型スクリーンとナックルガードも同じく標準で装備する。 8cc 14ps 1. 22kg-m 130kg 6. 石畳の多い欧州で活躍する前後16インチホイールを採用する。 ハイホイールのためシート下スペースは小物入れとなるがリヤボックスを標準装備としている。 8cc 14. 8ps 1. 自動オープンシートやワンタッチオープンのタンデムステップ、タコメーターなど装備は充実だ。 6cc 8. 83ps 0. 92kg-m 106kg(乾) 4. 最大バンク角は40度と深く、ライポジは3段階に調整可能だ。 天気予報、グループコンパスの表示、SNSの更新通知など様々な情報のほか、メーター背景を写真やオリジナルデザインに変えることなどを可能としている。 作ったデザインはアプリで世界に向けて公開することができ、楽しみ方はまさに無限大だ。 8ps トルク未発表 128kg 5. 6500rpmを軸に吸気側カムシャフトを切り替えバルブリフト量とオーバーラップを拡大する。 常時点灯のU字型LEDデュアルテールランプに加え、ブレーキング時にはU字枠内にある計12個のLEDが同時に点灯し強烈にアピール。 メーターは3つのパネルで構成。 中央のパネルにブルートゥースで接続したスマホからの各種情報表示や画面カスタマイズが行える。

次の

マジェスティ(ヤマハ) フルカスタムのバイク一覧|新車・中古バイクなら【グーバイク】

ビック スクーター カスタム

9位 KYMCO AK550 第9位にランクインしたのは、KYMCO AK550です。 ハイセンスなデザインとアグレッシブな性能をパッケージしたAK550は、KYMCOのフラッグシップモデル。 スクーターのエクステリアとシステムを採用していますが、足回りはモーターサイクルタイプの摺動性の高さを発揮するスポーツモデルです。 ハイパワーを発揮するエンジン性能をしっかり後輪に伝えるため、湿式多板クラッチを採用。 ただのスクーターだと思ってライドすると驚くほどのスポーツ性能に圧倒されることでしょう。 また2つに設定されたパワーモードを採用したことで、ライディングシチュエーションに応じて出力特性を最適化することができます。 キーレスシステム・フルデジタルメーターなどの機能も充実していて、仕上がりの高さとスポーツ性能に妥協できないライダーには最高の選択肢になるかもしれませんね。 新車価格:1,274,400円 公式サイト 8位 SUZUKI スカイウエイブ650 第8位にランクインしたのは、SUZUKI スカイウエイブ650です。 大型排気量を採用していることがわかるような大柄ボディが特徴的で、エレガントなスクエアボディがポイント。 スクーターモデルのなかでも長距離ツーリングを快適にこなすことができるカウリング構造がクルーザーとしての要素を感じさせる1台ですね。 生産終了になったスカイウエイブ650は、中古市場で手頃に手にいれることができることも魅力の1つ。 最新のバイクと比較すると電子制御機能が不足していると感じるかもしれませんが、直感的にバイクを操る楽しさを堪能しながらツーリングを楽しむことができるバイクに仕上がっています。 公式サイト 7位 BMW C650 evolution 第7位にランクインしたのは、BMW C650 evolutionです。 BMW C650シリーズ独自の美しい造形美のエクステリアに最新のエレクトリックシステムをパッケージした電動バイク。 スポーツ性能の高さを感じるエッジの効いたデザインには、運動性能が高い倒立フロントフォークやリヤサスペンションを組み合わせています。 LEDの灯火類やTFT大型メーターの標準装備も特徴的で、高級感のある仕上がりは同社の伝統芸と言えるでしょう。 電動バイクの充電ステーションが充実してきていることもあり、ツーリングも安心してこなすことができそうですね。 そのほかにもトラクションコントロールを標準装備したことで、リヤホイールのロックを防止します。 安全に優れたコスパでバイクライフを楽しめる1台ですね。 新車価格:1,562,000円 公式サイト 6位 BMW C650 GT 第6位にランクインしたのは、BMW C650 GTです。 C650シリーズのなかでもっともエレガントでゆったりとしたフォルムが特徴的なバイク。 ヘルメットを2つ収納することができるシート下スペースを備え、さらにグリップヒーター・電動調整式ウインドスクリーン・シートヒーターを完備しています。 通勤からツーリングまで天候や季節を問わず、快適なライディングを約束してくれそうですね。 BMW C650 GTは優れた快適性だけでなく、サイドビューアシストと呼ばれる安全機能を標準装備しています。 高速道路を使用するツーリングで重宝する安全システムですね。 高速巡航できる快適スクーターで、エレガントなツーリングを楽しみたいライダーにおすすめしたい1台です。 新車価格:1,259,800円 公式サイト 5位 APRILIA SRV850 第5位にランクインしたのは、APRILIA SRV850です。 APRILIAのレーシングDNAを感じることができるデザインを採用したSRV850は、スクーターカテゴリーで最も大きな排気量を採用しています。 850ccの排気量を採用したV型2気筒エンジンは、76HPもの最高出力を発揮。 高速道路を使用するロングツーリングでは、圧倒的なパワーで快適なライドを堪能することができそうです。 シャシに関してはシンプルな構成を採用しながらも、しなやかさと優れた走行性能を発揮するために鍛造アルミスイングアームやプリアジャスト可能なフロントサスペンションを組み合わせています。 APRILIAのレーシングテクノロジーの片鱗を感じることができるバイクは、ネイキッドタイプだけでなくスクーターモデルがあることを忘れてはいけませんね。 新車価格:1,286,000円 公式サイト 4位 HONDA SILVER WING 第4位にランクインしたのは、HONDA SILVER WINGです。 生産終了になった今でも、中古市場で幅広いユーザーから支持を獲得しているモデル。 大柄なボディサイズを採用しているSILVER WINGは、エレガントでゆとりのあるツーリングを楽しみたいライダーにフィットするバイクです。 発売当初から先進的なシャシと機能を組み合わせていた仕様は、生産終了になったいまでもライバルと差を感じることがない仕上がりの高さ。 シンプルな構成と優れたコスパ・収納力が幅広いシチュエーションで活用したくなる1台です。 中古市場から好みの1台を選ぶことができるので、予算に合わせて選んでみてくださいね。 公式サイト 3位 BMW C650 SPORT 第3位にランクインしたのは、C650 SPORTです。 BMWスポーツラインのフラッグシップモデルであるS1000RRのDNAを感じさせるアグレッシブなデザインが特徴的なバイク。 C650シリーズのなかではスタンダードなモデルとしてラインナップしていて、シンプルな車体構成とスポーティーなルックスで幅広いユーザーから支持を得ています。 C650の特徴でもある倒立フォントフォークをはじめとした走行性能の高さを象徴するパーツを中心に、アップマフラーなどスクーターモデルらしからぬスポーツ性能の高さを感じさせる仕上がり。 グリップヒーターやシートヒーターを標準装備したことで、通勤やツーリングシーンにおいても優れた快適性を感じることができます。 スポーツバイクから乗り換えの方、エッジの効いたモデルを好むライダーにおすすめしたいバイクです。 新車価格:1,205,800円 公式サイト 2位 HONDA X-ADV 第2位にランクインしたのは、HONDA X-ADVです。 大型排気量を採用しているスクーターモデルのなかでは、唯一のオフロードスタイルを採用したアグレッシブなバイク。 走破性の高さを感じさせるスポークホイールや倒立フロントフォークの組み合わせは、フラットダートを攻めてみたくなる好奇心が生まれる仕様ですね。 ロングツーリングも疲労感を感じにくいDCTをトランスミッションに採用したエンジンは、力強いトルクを発生させるパワフルなエンジン仕様。 またセレクタブルトルクコントロールの標準装備をはじめ、トルク型にクラッチミートを設定できるGモードも採用しています。 スクーターモデルとしての快適性を確保しながら、オフロードバイクとしての走破性と走行性能を融合させた唯一無二の存在感を放っているモデルです。 新車価格:1,240,920円〜 公式サイト 1位 YAMAHA TMAX530 第1位にランクインしたのは、YAMAHA TMAX530です。 スクーターモデルのYZFをコンセプトに誕生してから、スポーツスクーターモデルのパイオニアとしてデビューイヤーから圧倒的な人気を誇るバイク。 YZFシリーズにも採用しているYCC-Tをはじめ、トラクションコントロールの標準装備など電子制御のセクションからもライダーの直感的なライドをアシストします。 低速から高速域までアグレッシブなエンジン性能を発揮するエンジンは、耐摩耗性と耐久性に優れた仕様でもあります。 ワインディングを攻撃的にせめてみたり、ツーリングを快適にこなしてみたりと多面的な楽しみがあることもTMAX530のポイント。 シートヒーターや電動調整スクリーンなどを標準装備した上級グレードのDXもラインナップ。 大型スクーターモデルの購入を検討している方は、TMAX530は必見の価値があるバイクですよ。 新車価格:1,350,000円〜 公式サイト 新車・中古車が値引き金額から、さらに安くなる裏ワザとは? 「このバイク、予算オーバーだ…」 「値引き交渉したいけど苦手で…」 「ディーラーを回るのが面倒だ…」 「新車を最安値で手に入れたい…」 「車種を比較する時間ないな…」 「ディーラーの売り込みがイヤ…」 など、新車の購入を 検討しているけど悩みが尽きない… と悩んでいる方は 非常に多くいらっしゃいます。 家族や友人に相談したところで まともに聞いてもらえず また聞いてもらったところで 欲しいバイクに手が届かない。 そんな方に オススメの裏ワザを ご紹介します。 バイクを売却して購入資金をゲット! やはりこの方法が結果的に一番値引き率が高くなります。 管理人一押しの下取り業者は" バイク王"です。 業界No.

次の

SURFACE ビッグスクーター専門店

ビック スクーター カスタム

日本のスクーターカスタムは世界中から注目され、その中でもビッグスクーターブームの火付け役であるマジェスティ250は、多くのカスタムパーツメーカーやショップの目に留まり、さまざまな形で改造が行われてきました。 今回はそんなマジェスティのカスタム方法について、Rider編集者が目をつけたカスタム車を参考に説明していきたいと思います。 ロンホイ、4輪ホイール、エアサスがカスタムマジェスティの主流 ここ数年、ホイールベースを長くしリアに4輪用のホイールを取り付けるのがトレンドであり、ロングホイールベースを「ロンホイ」とビッグスクーターカスタムでは言われています。 4輪用ホイールを取り付けるには一般的にスカイウェイブのエンジンスワップをするか、市販の四輪ホイールキットの使用して行えます。 토돌이 이현석 야마하 몬스터 뉴마제 ロンホイ、4輪ホールで極限にまで車高を下げて走れるのか不思議に思われるかもしれません。 しかし、これはエアサスによって停車時のみに車高を下げており、走行する場合は上の動画のようにエアサスのスイッチ一つで車高を上げることが可能です。 このロンホイ、4輪ホイール、エアサスの3つはビッグスクーターを極限にカッコよく見せるためには欠かせないアイテムです。 数年前からこのバイクの福岡のショップが作成したもので、リア部分のエンジンのスイングアームを純正のまま加工してロンホイ、4輪用ホイールを取り付けた力作です。 ノーマルの外見は残しつつロンホイでかっこよく No Description 福岡のバイクショップが作成したマジェスティカスタム車。 パッと見たらノーマルの外見を残しつつ、リアにロングスイングアームを採用した現代のビッグスクーターカスタムのトレンドをしっかり抑え、非常にカッコイイマジェスティに仕上がっています。 このマジェスティの塗装に注目すると、マットブラックとホイールのリム部分をオレンジがとても相性がよく上手くまとまっています。 足回りやマフラーなどはローダウン、ロングスイングアーム以外は純正なので、これからカラーリングする際のお手本にしたいです。 ロンホイにせず、スポーティー感で勝負 ロングスイングアームをつけていなくても、独特なカウリングとブレーキ回りに高そうなキャリパーが取り付けられている足回りからスポーティーな雰囲気も出しています。 エナメル黒のシートがシブい! こちらは、極端にローダウンせず、ロンホイもせず、ノーマルに近い雰囲気になっていますが、ハンドルやマフラー、そしてカラーリングとおさえるところをしっかりカスタムしてスタイリッシュ。 マフラーは大きめのサイレンサーで横に張り出したものが人気です。 モニター取り付けで高性能さとラグジュアリー感を引き出す 運転席のハンドル部分のみではなくシートをあげた際に、開口部にモニターが付いており、ヘルメットケースを開けた時のかっこよさを追求したこだわりを感じるカスタムです。 街中を走るなんともイカつい雰囲気のマジェスティ。 カラーリングのほかにも随所に今まで見た事ないようなカスタムをしています。 ハンドルにとりつけられたモニターにはスワロフスキーのようなもので装飾を施してあり、細かいところまで手を抜かないオーナーのこだわりを感じます。 カウル、シート以外はメッキ加工 ホイール、フォーク、ハンドル、スイングアーム部分まですべてメッキ加工を施し、統一感と美しさを大切にしている感じが伝わってきます。 このように、足回りはメッキ加工でカッコよくするのがイマドキ。 車体が白に対してもメッキ加工の足回りはカッコよく、メッキ加工の利点として、どんな色にも合うといったところでしょう。 低く長くを極限まで追求した究極のマジェスティ 2011年ので賞を数々と受賞したが作った究極のマジェスティカスタム車。 サスペンションにapr・DC-AIRエアサスを組み込み、極限にまで車高を下げ、スイングアームもワンオフで伸ばしつつも、リアのウイング部分に少し隠れるように車体全体を見た時のバランスの良さも考えられています。 いかがでしたか。 エアサスや4輪のパーツを組み込みマジェスティのカスタムはかなり進んでいます。 日本製のビッグスクーターが多く輸出されている中国、韓国でもマジェスティカスタムが流行りつつあります。 今後は日本のみならず海外のマジェスティカスタムに注目したいと思います。

次の