行政書士 対策。 行政書士試験対策専門スクール ステップアップファースト

行政書士試験の【一般知識】は足切り!対策・勉強法、おすすめ過去問を紹介! | なんとでもなる、生きていれば。それがもう奇跡

行政書士 対策

行政書士 2019. 14 マイキャリアスタイル 編集部 行政書士試験の「一般知識」のおすすめ攻略法・対策とは? 行政書士試験の「一般知識」は対策にかける時間の配分が難しい科目です。 行政書士試験の対策では、配点の多い法令等の科目を中心とした学習になりますが、一般知識も足切りをクリアできるレベルまで対策する必要があります。 そのため、「一般知識は何をどの程度対策したらいいの?」と困る受験者の方が多い試験科目となっています。 今回は、行政書士試験の「一般知識」の内容やおすすめの勉強法などについて詳しく解説します。 効率的に対策をしたい方は、参考にしてみてください。 1.一般知識の科目は? 行政書士試験は、「行政書士の業務に関し必要な法令等(46題)」と「行政書士の業務に関連する一般知識等(14題)」の2科目が主な試験科目になります。 「行政書士の業務に関連する一般知識等」では、全60題のうち14題が出題されます。 一般知識の全出題数に占める割合は約23%と少なく、配点の割合も300点満点中56点(約19%)と低めです。 そのため、行政書士試験の対策では法令等の科目が中心となりますが、一般知識も対策が必要となる理由があります。 それは各科目に設けられた以下の足切り点です。 行政書士の業務に関し必要な法令等科目の得点が122点以上であるもの• 行政書士の業務に関連する一般知識等科目の得点が24点以上であるもの 2科目の足切り基準を満たした上で、300満点中180点以上の得点であることが試験合格の条件となります。 つまり、出題数の少ない一般知識についても24点以上得点できるように、14題中6題以上解けるレベルまでの対策が必要です。 なお、一般知識は主に以下の3つの科目に細分化して対策を行います。 政治・経済・社会• 情報通信・個人情報保護• 文章理解 それぞれ詳しく見ていきましょう。 内容は、政治・経済・社会の分野から幅広く出題されるのがこの科目の大きな特徴です。 具体的な出題範囲は次の通りです。 政治 大統領制や議院内閣制などの各国の政治制度や日本の選挙制度など 経済 財政問題や金融政策など 社会 環境問題や労働関係、社会保障など 「政治・経済・社会」は出題範囲が非常に広いため学習範囲を絞り込むのが難しく、受験生にとって厄介な科目となっています。 出題の難易度は、高校までに学習する政治経済や現代社会などの知識に時事問題を追加することで解答できるレベルです。 そのため、基本事項だけでなく日々の新聞やニュースで得られる知識も必要になります。 また、最近は行政書士業務に関連するような出題も行われているため行政書士の業務に関する理解も必要です。 このように、「税児・経済・社会」は出題範囲が広いだけでなく、明確な試験対策が立てにくい科目となっているので、効率的な対策が求められます。 現代における急速なIT技術の発展により情報漏洩などの問題も発生しており、個人情報保護の意識が高まる中、行政書士の試験でもこれらに関わる知識が問われます。 主な出題範囲は以下の通りです。 情報通信 暗号化技術や電子署名、行政手続きのオンライン申請、不正アクセス禁止法など 個人情報保護 個人情報保護法や行政機関個人情報保護法など 「情報通信・個人情報保護」はインターネットに関連する用語や個人情報保護法などの基本となる重要条文を理解することで対策ができる科目です。 いわゆるIT用語などに苦手意識を持つ方でも用語の理解から対策を始めることで、ある程度の得点が見込むことができます。 出題数は多くありませんが、一般知識の中では優先順位を高くして対策したい科目となっています。 大学入試センター試験の現代文のように出題形式や問題に慣れることで解答を導けるのが大きな特徴です。 一般知識の中では比較的得点しやすい科目となっています。 主な「文章理解」の出題形式は以下の通りです。 要旨把握 「次の本文の要旨として正しいものはどれか?」のような本文の要旨や趣旨を問う問題 空欄補充 「空欄のア~ウに入る組合せとして正しいものはどれか?」のような文章の空欄を補充する問題 並べ替え 「次の文章のA~Eの配列順序として最も妥当なのはどれか?」のような文章の並べ替えの順番を問われる問題 「文章理解」は毎年確実に3問出題されることや出題形式に大きな変化がないことから、しっかり対策を行うことで全問正解を目指したい科目となっています。 2.おすすめの「一般知識」の勉強法とは? 一般知識は科目によって試験範囲や対策の難易度が大きく変わるため、科目ごとの対策が合否に影響を与えることもあります。 試験合格を目指すためには、まず各科目の特徴を押さえ、科目ごとの対策を的確に行うことが重要です。 科目ごとの対策を確認していきましょう。 2-1.「政治・経済・社会」の対策 「政治・経済・社会」は出題範囲が広く、学習にかける時間に対して得点が伴いにくい科目です。 そのため、なるべく得点に直結しやすい項目のみを重点的に対策する程度にとどめておき、他の科目に時間をかけることも検討しましょう。 中でも時事問題は日々のニュースに目を通す程度で対策ができるのでおすすめです。 余力がある方は政治や経済の問題は基本事項を押さえることで得点にはつながるため、時間の取れる範囲で学習するのが良いでしょう。 2-2.「情報通信・個人情報保護」の対策 「情報通信・個人情報保護」は一般知識において比較的得点を伸ばすことができる科目です。 そのため、「政治・経済・社会」よりも優先して対策を行っても良いでしょう。 特に、個人情報保護の問題は学習範囲の狭い個人情報保護法からの出題となるため、過去問などを活用した対策が効果的です。 範囲も狭いことから同じ論点が繰り返し出題されています。 重要な論点については少し踏み込んだ条文解釈などの対策も行うことができます。 情報通信については、過去問に出てくる基本的な用語や最新用語を押さえながら広い知識を身につけることが重要です。 情報通信に関連する法令の問題は、重要条文を押さえておけば得点できる問題がほとんどなので、出題されたら必ず正解できるように対策をしておく必要があります。 2-3.「文章理解」の対策 「文章理解」は一般知識の中でも全問正解を目指すことのできる科目です。 対策方法としては出題形式に慣れるために問題演習を繰り返すことが重要で、その中で解法のテクニックなどを身につける必要があります。 また、「文章理解」は比較的長い文章で出題される上、時間も限られているため出題形式を見極めてから本文に入るなどの解き方を確立させておく必要があるでしょう。 法令等科目の対策を行う合間でもいいので、週に1、2度は問題演習を行う時間を確保して、継続的に対策しておくことが大切です。 このように、行政書士試験の一般知識は科目ごとにメリハリをつけた対策を行うのがおすすめの攻略法となります。 効率的に対策することで「文章理解」3問、「情報通信・個人情報保護」2~3問、「政治・経済・社会」2~3問対の正解ができれば、足切りの6問はクリアできるでしょう。 3.まとめ いかがでしたでしょうか。 今回は行政書士試験の一般知識について科目の概要やおすすめの対策について解説しました。 法令等の科目になるべく多くの時間を割いた対策が重要となるため、一般知識は限られた学習時間のなかで効率よく学習しておく必要があります。 勉強方法を自分で確立するのが難しい場合は、資格スクールなどの専門講座を活用することも選択肢の一つになります。 行政書士試験を受験する方は、この記事を参考にご自身に最も合った対策方法を検討してみてください。 aviva. 先日、MOS Word Excel(満点で合格!)PowerPointも合格しました。 aviva. aviva. 水野さんは来年に迫った就職活動に向けて簿記の学習をしていましたが、パソコンのスキルアップと資格取得も併せてご通学されています。 aviva. aviva.

次の

行政書士 2021年度 試験対策講座

行政書士 対策

行政法の勉強方法 行政法は、行政書士試験の本丸です。 出題数、配点とも最も多いので、行政法で点が取れなければ合格は難しいでしょう。 また、行政書士の実務でも使う知識なので、細かいところまで聞いてきます。 ただ、難易度はそれほど高くありません。 というのは、暗記が重要で、考えさせる問題はさほど多くないからです。 「覚えていれば対応できる」問題が多いので、まじめに暗記をやった人ほど点が取れるでしょう。 つまり、行政法の対策として最も重要なのは暗記です。 よく「行政書士試験は暗記では合格できない」と言われますが、それは暗記をしなくて良いという意味ではありません。 暗記くらい出来ていて当たり前、という意味です。 行政法を勉強していくと、その意味が実感できると思います。 行政法とは、• 行政手続法• 行政不服審査法• 行政事件訴訟法• 地方自治法• 国家賠償法 の総称です。 このうち地方自治法は難問ですが、他はさほど難しくありません。 行政法は行政と私人の権利・義務、または行政機関同士の権利・義務を調整する法律です。 私人は行政に対して非常に弱い立場にあります。 そのため、行政が理由なく私人の権利等を制限しないよう、事細かに定められた法律が行政法です。 つまり、行政法の特徴は「細かい」という点です。 民法と比べてみると「なぜここまで細かく書くのだろうか」と不思議に思うでしょう。 それは歴史的に、法律で定めないと行政が権力をふるってきたからです。 どれくらい細かいのか、実際の問題を見てみましょう。 行政法の問題 実際の問題で傾向をつかむ• 聴聞の主宰者は、調書を作成し、当該調書において、不利益処分の原因となる事実に対する当事者および参加人の陳述の要旨を明らかにしておかなければならない。 聴聞の主宰者は、聴聞の終結後、速やかに報告書を作成し、調書とともに行政庁に提出しなければならない。 聴聞の当事者または参加人は、聴聞の主宰者によって作成された調書および報告書の閲覧を求めることができる。 聴聞の終結後、聴聞の主宰者から調書および報告書が提出されたときは、行政庁は、聴聞の再開を命ずることはできない。 行政庁は、不利益処分の決定をするときは、調書の内容および報告書に記載された聴聞の主宰者の意見を十分に参酌してこれをしなければならない。 これは、平成29年度の行政手続法の問題です。 聴聞調書と報告書についての問題ですが、それぞれ内容や作成タイミング、閲覧についてなど細かい点を聞いています。 このように、行政法は正確な暗記が欠かせません。 行政法の効果的な勉強方法 過去問を解きながら条文を覚える 行政法は条文の細かいところを聞いてくるので、民法や憲法と比べると、暗記が重要になるのは前述の通りです。 それには、過去問を解きながら「問題ではどうやって問われるのか」を考えながら、丁寧に条文を暗記していくのが良いでしょう。 条文だけを眺めていても、どこに気をつけるべきか、どこが間違えやすいポイントかが見えてきません。 問題の中で考えることが重要です。 また、行政法は期間やルールなど、覚えないとどうしようもないことが多いので暗記が大事になってきますが、「なぜこのような規定が必要なのか」ということも、常に考えながら覚えていくべきです。 その規定が出来た意味を考えることで、単なる暗記で終わらず、解釈や判例の勉強にも繋げやすくなります。 (1)択一問題 択一問題(5肢択一)は、やはり暗記が重要です。 しかし、単なる丸暗記で全てを覚えることは不可能です。 そこで、次の点に注意して条文を何度も読み込んで行きましょう。 数字(期間や、期日など)• 例外と、例外の例外• 推定する、みなす• 他の条文と似ている条文• ただし~ これらは、全て試験に出やすいポイントなので常に意識しておいた方が良いです。 そして、暗記した知識を定着させるには過去問演習が一番です。 紛らわしい問題が多く出題されているので、何度でも間違えて、そのたびに覚えましょう。 (2)多肢選択問題 多肢選択問題は、主に判例から出題されます。 よって、重要な判例はテキストでチェックしておきましょう。 出題形式は、判例の穴埋めで、長文です。 おそらく、判例そのものを覚えるのは無理でしょう。 そのため、対策としては出来るだけ何度もテキストに掲載されている判例を読み込み、重要な語句を拾っておくことです。 そして重要な語句は、意味内容をしっかりと理解して覚えていくことです。 そうすれば、初見の判例が出題されても、ある程度対応が可能です。 多肢選択は、満点を取ろうと思うと難しいですが、2、3個の正解を狙うのであれば重要語句を覚える作戦でもなんとかなります。 行政法は重要な科目なので判例に労力を割いても良いのですが、最小限の労力である程度の成果を上げる、という戦略も間違いではありません。 行政法の記述式対策 行政法の問題であることを意識する 記述は、行政法1問、民法2問が出題されますが、問題に「行政法」「民法」と記載されているとは限りません(~民法の規定によれば…などと書かれていることもあります)。 そこで、「これは行政法の問題だ」と意識して解くことが大事です。 まず何法かを特定しなければ、結論が導き出せません。 記述が苦手な人は、何法かを特定して、絞って考えることが出来ていない事が多いです。 行政法だったら絶対出てこないことまで考えてしまい、答えがぐちゃぐちゃになっているのです。 ですから、まず行政法の問題であることを意識して、結論を絞りましょう。 (1)結論から考える 理由から考えるよりも、まず結論を考えましょう。 結論が決まれば、自然と理由も見えてきます。 「結論…なぜなら…」と、根拠条文を思い浮かべるようにして下さい。 そして、理由を考えて行くうちに結論が破たんした場合は、その結論は間違っているので、もう一度どこで間違ったのかを考えましょう。 このとき、登場人物の立ち位置をきちんと整理しなければ思考が混乱します。 誰が、誰に対して、どんな主張をするのか(行政法なので、「誰に対して」は大抵行政庁です)をしっかり整理してから考え直して下さい。 最後に、理由と結論が無理なく繋がっているかを確認します。 (2)40字にまとめるテクニック これは民法の記述でも使えるテクニックですが、最初に「型」を作ってしまうやり方です。 40字程度で記述しなさい。 という型が作れます。 あとはこれを穴埋めしていくだけです。 最終的に、文字数を整える調整は必要になりますが、このように型を作ると全く見当違いの解答にはなりにくいメリットがあります。 記述式問題は、自由作文ではありません。 求められていることに、求められている形式で答える、ということを意識してみましょう。 まとめ 行政法は、行政書士試験における最重要科目です。 しかし、勉強していて楽しい科目ではありません。 民法や憲法の勉強は、「法律を勉強している」という楽しさがあると思いますが、行政法は細かいルールの話なので、退屈に感じる人も多いはずです。 そこを、どう意識的に勉強するか。 割り切って暗記する事も大事ですが、意識の持ちようで点が取りやすくなる科目です。 点が取れるようになってくると、モチベーションも上がるでしょう。 「点を取る」ということを意識して、行政法の勉強を進めていってほしいと思います。

次の

コロナ対策の行政支援を一括で無料相談

行政書士 対策

本試験までの指針となる恒例イベント!受験生の要望に応え、時間との勝負となるこの時期にあなたがやるべきことを具体的にお話します。 担当講師:横溝慎一郎LEC専任講師• 2020年向け行政書士対策講座(初学者・学習経験者向け)を無料でお試しいただけます。 スマホもOK!受講をお考えの方は是非ご利用ください。 1日5分、毎日1つずつ黒沢先生が実務家の視点から受験生に役立つ、行政手続法の条文解説動画を公開します!直前期の学習にご活用ください。 なかなか説明会に行けないという皆さまのために、今すぐWebで視聴することができる説明会動画をご用意しています!今すぐご視聴いただけます! これから行政書士を目指す方へ 2020年合格目標 民法改正完全対応 LECからのお知らせ 2020. 06 2020. 06 2020. 29 2020. 再受講割引、成績優秀者割引、他校から乗り換え割引などの割引クーポン!オンラインでらくらく申請!• LECオンラインショップで利用できる2種類の割引クーポンを、もれなくプレゼント!• 誰でもチャレンジOK!熱い想いを作文に!内容に応じて最大30%割引eクーポン進呈!• 職業訓練・資格取得を支援いたします!会社を辞め、離れ、キャリアアップを図りたい方に受講料20%割引でバックアップ!.

次の