ご 迷惑 おかけ し て 申し訳 ありません。 ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした(二重生活における懺悔)|ryoju|note

ご心配をおかけして申し訳ございませんの意味は?ご不安/不快な思い

ご 迷惑 おかけ し て 申し訳 ありません

「ご迷惑をおかけしますが」を含んだフレーズでよく使われるのが、「ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします」などの言い回しだと思います。 しかし、この耳に馴染んだ言い回しは、実は失礼な敬語であると言われています。 上記でもご紹介したように、「迷惑」は相手に不利益を生じさせてしまった時などに使うのがよいとされています。 つまり、「ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願い致します」というのは、「不利益を生じさせてしまいますが、よろしくお願い致します」と言い換えることができるというわけです。 一般的には、相手にとって不利益が生じることが分かっている上でお願いするのは、失礼な行為となります。 このような背景から、「ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします」という挨拶や言い回しは、敬語として使わない方が良いと言えるでしょう。 では、「ご迷惑をおかけしますが。 よろしくお願いします」などのように、クッションのような一言を付け加えたい場合、どのように言えば良いのでしょうか。 おすすめの言い回しの1つとして、「お手数をおかけしますが、よろしくお願いします」という言い方があります。 「ご迷惑をおかけしますが」の「ご迷惑」が「お手数」に変わっただけですが、この2つの言葉では意味が異なるのです。 「迷惑」が不利益などを意味する言葉であることを考えると、「お願いします」という言葉と使う場合は「手数」の方が意味が合っていると言えるでしょう。 相手に頼み事をする際は、つい「ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします」などと言ってしまいがちです。 しかし、状況や会話の流れによっては、「お手数をおかけしますが、よろしくお願いします」などと言い換えた方が、社会人としてより好印象を与えられる会話ができるでしょう。 「ご迷惑をおかけしますが」は、「よろしくお願いします」などと使うと失礼な発言になる可能性があると、上記で結論が出ました。 では、ビジネスシーンで「ご迷惑」という言葉を使う際、どのような使い方をすれば良いのでしょうか。 上記でもご紹介したように、「迷惑」は相手に不利益などを生じさせてしまった場合に使う言葉という見解が一般的です。 その為、謝罪の言葉と組み合わせて使うと、相性が良いとされています。 ・ご迷惑をおかけしてしまい、申し訳ありません。 ・ご迷惑をおかけしていること、深くお詫び申し上げます。 また、「ご迷惑をおかけしております」という使い方も、正しい使い方です。 しかし、お詫びの気持ちを込めて使うのであれば、やはり「申し訳ありません」などと組み合わせて使った方が、より丁寧な印象を与えられるでしょう。 いかがでしたでしょうか。 今回は、「ご迷惑をおかけしますが」という言い回しを中心に、「迷惑」という言葉の意味や使い方についてご紹介しました。 「ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします」というフレーズは、よく耳にしたり使ったりするフレーズですが、「迷惑」の言葉の意味を考えると、失礼な発言と受け取られる場合もあります。 相手の受け取り方次第では、悪い印象を与えてしまう可能性があるため、状況次第では「お手数をおかけしますが、よろしくお願いします」と言い換えると良いでしょう。 また、「手間」や「面倒」など、「迷惑」と意味が似ている言葉も多数存在します。 これらの言葉の正確な意味を把握し、状況に合わせて使い分けることで、言い回しのバリエーションが増えて会話もスムーズになりますよ。

次の

ご迷惑をおかけして申し訳ございませんは正しい敬語?類語と英語も

ご 迷惑 おかけ し て 申し訳 ありません

軽い慰労・ねぎらいは感謝の言葉で伝える 日本語の「ご迷惑をおかけして申し訳ありません」の使い所として、「言づて」や「お使い」といった比較的軽い頼み事に対して(多少の手間を割いてもらった事への) ねぎらいを伝える場合があります。 英語では、手間や時間を割いてもらったような状況では、「申し訳ない」という観点ではなくて 「ありがとう」という感謝を伝えます。 thank you for your time 手間かけさせちゃったね、という意味の感謝を伝えるフレーズには thank you for your time(あなたの時間をありがとう)といった言い方があります。 thank you for taking your time と述べてもよいでしょう。 「手間」よりは「時間」に焦点が当たっているという点に留意しておきましょう。 多少の面倒・迷惑も感謝の表現で伝える 重い荷物を一緒に運んでもらったような場合のように、少し面倒なことを引き受けてもらったり、けっこう手を煩わせてしまったりした場合でも、英語では謝罪ではなく感謝の言葉を述べた方が適切です。 感謝の言葉を伝えられる場合は基本的に感謝の言葉を伝える、感謝の言葉が適さない場合に限りお詫びの表現を用いる、くらいの感覚を持っておいて差し支えないでしょう。 感謝のフレーズとしては thank you for your support(支えてくれてありがとう)や thank you for your help(助けてくれてありがとう)のような言い方がよく使われます。 thank you for your trouble thank you for your trouble という言い方は、けっこうな手間をかけさせてしまったような場面で使いやすい感謝フレーズです。 trouble は問題・厄介ごとといった意味の他に「迷惑」「骨折り」といった意味合いでも用いられます。 trouble の語を用いることで、相手に面倒をかけてしまったという認識を明示しつつ感謝を表現できます。

次の

間違いも多い「ご迷惑を〜」に続く敬語の使い方・メール例文

ご 迷惑 おかけ し て 申し訳 ありません

ビジネスシーンで謝罪をする際、「ご迷惑をおかけして申し訳ございません」というフレーズがよく使われます。 また、頼み事などをする際は、「ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします」と話す方もいらっしゃいます。 このように、「ご迷惑」という言葉はビジネスシーンで頻繁に使われるものです。 聞き慣れたものであると同時に、言い慣れた言葉となっている方も、多いことでしょう。 しかし、「ご迷惑」を使った上記のフレーズは、本当に正しいものなのでしょうか。 また、「ご迷惑」の正しい使い方はどのようなものなのでしょうか。 今回は、日常生活で何気なく使ってしまいがちな「ご迷惑」という言葉をテーマに、正しい敬語の使い方をご紹介していきます。 では、ビジネスシーンで度々使われる、「ご迷惑をおかけします」は、どのような意味になるのでしょうか。 上記で、「迷惑」という言葉は、不利益や不快感を受けたり感じたりすることを意味しているとご紹介しました。 その為、「ご迷惑をおかけします」という言葉は、「不利益を生じさせてしまいます」「不快感を与えてしまいます」とも置き替えられると考えられます。 単に上記の意味合いだけで使われることもありますが、「不利益を生じさせてしまいます」「不快感を与えてしまいます」には、「申し訳ありません」「すみません」といった謝罪やお詫びが込められている場合も多いのではないでしょうか。 このような観点から、「ご迷惑をおかけします」には、謝罪やお詫びの気持ちが込められていると言えそうです。 続いて、「ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします」というフレーズについて、考えていきたいと思います。 「ご迷惑をおかけして、申し訳ありません」などのフレーズと共に、こちらもよく聞いたり使ったりする言い回しです。 しかし、「ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします」という言い回しは、失礼にあたるという見解もあります。 上記でもご紹介したように、不快感や不利益を意味する「迷惑」。 つまり、「迷惑をかける」ということは、相手に不快感や不利益を感じさせることになります。 その上で、「よろしくお願いします」と続けると、相手に不快感などを与えることを理解している上で、何かを頼んだり依頼したりしていることになるのです。 相手に迷惑がかかることを知っているのに、それをお願いするのは失礼なのでは。 という見解から、「ご迷惑をおかけしますが、お願いします」という言い回しは、時と人によっては失礼なフレーズということになります。 「ご迷惑」とその同義語の意味や使い方をご紹介しましたが、比較してみるとそれぞれ少しずつ、意味やニュアンスが異なります。 上記でご紹介した「手数」は、「迷惑」と比較すると、不利益というよりは作業や手順などを意味しており、「よろしくお願いします」などの言葉と使うには、「迷惑」よりも相性が良さそうです。 また、「面倒」は「迷惑」よりも近しい相手に使われる印象があり、目上の人には「ご目迷惑」を、同僚などのやや親しい人物には「ご面倒」を使うなどするとよいでしょう。 どんな時でも「ご迷惑」を使うのではなく、状況や相手、会話の流れに合わせて、「お手数」や「ご面倒」なども使い分けられると、より丁寧かつ適格な会話ができるようになります。

次の