スピッツ 秘密の活動。 スピッツってライブ活動とかしてますか?

【関ジャム 】スピッツ特集で川谷絵音&杉山勝彦が語った 内容は? ネットの反応・感想も

スピッツ 秘密の活動

エレファントカシマシ、デビュー30周年ツアーファイナルの締め括りとして3月18日にさいたまスーパーアリーナで開催された『30th ANNIVERSARY TOUR "THE FIGHTING MAN" SPECIAL ド・ド・ドーンと集結!! 〜夢の競演〜』。 スピッツ、ミスチル、そしてエレカシという3バンドが共演した夢のようなライブをレポートする。 エレファントカシマシ(以下、エレカシ)、Spitz(以下、スピッツ)、 Mr. Children(以下、ミスチル)の3バンドが共演するという夢のようなライブだ。 言うまでもないが、エレカシ、スピッツ、ミスチルは国民的なヒット曲を何曲も生み出し、圧倒的な人気と独自の音楽性を兼ね備え、長い間一線で活躍しきた稀有なバンドだ。 そんな3バンドが揃うのは、奇跡を通り越し事件といっても過言ではないだろう。 多くの人がこの事件を目撃しようとチケットは即完だった。 17時5分、会場が暗転。 ファンファーレのドリーミングなSEが鳴ると同時に会場が大きな歓声に包まれた。 SEだけでファンには登場するバンドがわかる。 スピッツだ。 1曲目は「春の歌」。 東京は前日に開花宣言が出たばかり。 この曲はスピッツの30枚目のシングルで、エレカシ30周年を祝うこの日の1曲目にピッタリの選曲だ。 早くもサビの部分では大合唱が起こる。 4曲目の「初恋クレイジー」の演奏が終わった時点で最初のMC。 「どうもこんばんは、スピッツです」と優しいテンションで話すフロントマンの草野マサムネ。 挨拶に続いて、エレカシへの想いを手短に語った。 「エレファントカシマシは28年くらい前からずっと聴いています。 昔は正座して聴いてました。 最近は立って聴いてます」。 Photo by 大森克己 MCに続いて「チェリー」「愛のことば」「スターゲイザー」とヒット曲を連奏し会場を盛り上げ2度目のMCへ。 「エレファントカシマシの4枚のシングル『浮雲男』をやります」と言うと、89年のシングル曲「浮雲男」のカバーを披露。 ちなみに、89年にスピッツは新宿ロフトで初のワンマンを成功させている。 また、先のMCからすると、丁度草野がエレカシを聴き始めた頃だ。 草野にはこうした揺蕩う感じの曲がよく似合う。 演奏が終わると会場から大きな拍手が巻き起こった。 続いては「みなと」が演奏され、メンバー紹介をしてMCへ。 「同世代3バンドだとアマチュアの頃、都内のライブハウスでやっていた頃を思い出して緊張しますね。 久しぶりのトップバッターだし」と草野。 ベースの田村が「楽屋のお菓子が、普段は洋菓子が多いんですけど、今日は餡子ものが多いです」と笑わせる。 草野も「俺ら50代ばかりだから仕方ないよね(笑)。 でも、宮本さんがどこかのインタビューで『40代は若者の老齢期だけど、50代は老人の青春』っていたから、俺ら青春を生きてます。 全13曲で演奏時間1時間。 1曲あたり4分の計算だ。 ライヴだと長尺の演奏をかまして、バンドの個性を打ち出すパターンが多いが、4分というサラリとした長さの曲だけの構成で、バンドの個性が打ち出せるのはスピッツの他ないんだと思う。 どの曲もポップだが、草野が書く独時の歌詞も含め、他のバンドには出せない世界観がある。 ライブもテンションが高いわけではないが、終演後、感動で動けないほど打ちのめされた。 スピッツの秘密をさらに深掘りしたくなる60分だった。

次の

スピッツ (バンド)

スピッツ 秘密の活動

彼らについて詳しくはコチラの記事で紹介しています。 ぜひご覧下さい! 彼らの簡単な生い立ちから 人気曲までを紹介しています! 上の記事を見てもらえれば、 スピッツに対する理解が深まりますよ! 理解が深まったところで、 早速本題に移っていきましょう。 スピッツの魅力とは? そんなスピッツですが、 魅力たっぷりのバンドですよね! 魅力が溢れるからこそ、 長年人気なのでしょう。 彼らの一番の魅力と言えるでしょう。 本当にスピッツの曲ってトラックが良いんですよ。 僕が特に素晴らしいと思ったのは 「ロビンソン」です。 この曲はメロディが素晴らし過ぎる! 間違いなく邦楽史に名を刻む一曲ですよ。 こういう曲を作れるのは魅力以外の何者でもありません。 歌詞も素晴らしいんです! 「空も飛べるはず」 なんて教科書に採用される位ですからね。 あの素晴らしいメロディに、 芸術的なまでの歌詞。 そりゃ人気が出て当然です。 作詞作曲をこなす草野さんは天才ですね。 なにより、ヒット曲が多い! そして、それが一番凄い事とも言えます。 音楽業界は一発当てるだけでも凄いですからね。 そんな業界でスピッツは何発も当てています。 まさに天才の所業ですよ! ヒット曲や名曲が多くなれば、 彼らのファンはより多くなります。 ライブにも行きたくなりますしね。 相乗効果となって、 より人気を呼ぶんです。 CD音源では実力以上のものを録音できたりします。 そんな時代だからこそ、 ライブが大事になってくるんです! ライブでは真の実力が発揮されますからね! そして、スピッツのライブは素晴らしい! 最悪生じゃなくても構いません。 映像でも良いので一度見てみて下さい! マジで良いですよ! CD音源以上の物を見せてくれます。 ライブが素晴らしいのは、 彼らが本物のアーティストだからでしょう。 知れば知るほど虜になる。 それがスピッツの良い所です。 しかし、スピッツ独特の音楽性ですよね。 ロックという枠に当てはめるのは少し違うかも知れません。 彼らにしか表現できない世界観を表現してくれていますよ。 独自の音楽性があるからこそ、 色んな音楽ファンにリスペクトされるんです。 音楽は独自性があればある程良いですからね。 今でこそ彼らのようなバンドは増えましたが、 昔はスピッツが草分け的存在でした。 そのまま独自の路線を突き進んで欲しいですね。 スポンサーリンク まとめ いかがでしたでしょうか? 以上がスピッツの魅力になります。 このような魅力があるからこそ、 彼らの人気は尽きないのでしょう。 そして、更に増していくと思います。 僕的にはレジェンドクラスのバンドですね~。 今後の活躍にも期待しておきましょう! コチラの記事もオススメ!.

次の

スピッツの5つの魅力をご紹介!彼らは何故多くの人に愛されるのか?

スピッツ 秘密の活動

東京を拠点に活動するバンド、トレモロイドのシンセサイザー・小林郁太氏が、人気ミュージシャンの楽曲がどのように作られているかを分析する当コラム。 今回は1995年に「ロビンソン」でブレイクを果たし、以来20年近くに渡って多くのリスナーに厚い支持を受け続けているロックバンド、スピッツの楽曲を読み解く。 (編集部) 参考1: 参考2: 参考3: 参考4: 参考5: 参考6: ひとつのフレーズの中で大きく動くメロディ 日本でも屈指のメロディメイカーとして知られる草野マサムネさんの楽曲を分析をするならば、やはりメロディを中心に解説していくのがいいでしょう。 その特徴はまず、ラインの起伏が大きいことです。 フレーズの上下の幅が1オクターブ前後あることは、珍しくありません。 一般的に歌の音階の幅は、1. 5オクターブくらいはあるものです。 しかし多くの楽曲では、曲全体のトップとボトムの差はあるけれど、各フレーズごとの起伏は小さく、例えば、導入部で低く入り、サビや展開部で急激に上がる、といったケースが多いです。 そういう場合は、ブロックごとの「段差」が大きいのであって、起伏が大きいわけではありません。 一方、草野マサムネさんのメロディは、ひとつのフレーズの中で大きく動きます。 それも急激に上下するのではなく、細かなメロディの動きの繰り返しを経て、フレーズとして大きく動かす点に特徴があります。 例えば『さわって・変わって』のAメロなどがいい例でしょう。 続く「君の」「よれた」のパターン2(各2拍)ではパターン1の後ろ半分の動きだけ引き継いで上昇し、歌い出しのソから1オクターブ上にあたるソを軽くタッチし、「笑顔」でストンと落ち着きます。 メロディの、上昇の度合いと反復の区切りが短くなることが呼応しているので、呼吸をするように自然で軽やかなフレーズになっています。 この曲のコード進行はシンプルながらも、歌のメロディと呼応しています。 1小節の中での2つのコードの関係を見ると、変化する1-2音がボーカルの動き方と対応しており、その部分だけつなげると、フレーズ全体で音階がきれいに上昇します。 ギターではそのように演奏されていませんが、歌の動きと連動した上昇性を潜在的に持っています。 大ヒット曲『ロビンソン』にも同じような手法が見られます。 Bメロからサビへの流れを見てみましょう。 「作り上げたよ」に至るこの流れも、そこからサビの歌い出しへのつながり方もきれいですね。 その後のサビでは、長い音符(付点2分「だーー」)の後に短い連符(8分「れもさ」)でダイナミックにメロディを動かし、少し伸ばしながら(付点8分「わーれーなーいー」)メロディの動きを収束させます。 きれいな「一呼吸」を変化をつけて繰り返し、より大きな全体の流れを作っていることがわかります。 重要なのは、草野さんのメロディは音階の起伏の幅に比例してフレーズのスパンが長い、ということです。 『さわって・変わって』のAメロで言えば、4小節で1フレーズですが、符割りの繰り返しを経ながらメロディの波は4小節を目一杯使っています。 高低差が大きいとはいえ急激ではなく、小さなフレーズの反復の中で少しずつ繊細に動いていくことが草野さんのメロディラインの特徴ですから、それで大きな1フレーズを描くには当然ある程度の長さのスパンが必要です。

次の