シロ ナガスクジラ 漢字。 シロ ナガスクジラ 漢字

ナガスクジラ (ながすくじら)とは【ピクシブ百科事典】

シロ ナガスクジラ 漢字

ザトウクジラは、北極から南極におよぶ全海域に分布している、アメリカ式捕鯨と近代捕鯨の対象種です。 19世紀後半に北大西洋における捕獲数が減少したため、漁場は北太平洋、南半球へと移り、20世紀初頭の40年間で10万頭以上が捕獲されたため、1966年に捕獲禁止となりました。 現在は、西インド諸島のセントビンセントで、原住民生存捕鯨の名で年間2頭の捕獲が続いています。 世界の海洋に広く分布していますが、南北それぞれの半球で、夏には高緯度海域で採餌を、冬から春先にかけては低緯度海域で繁殖を行います。 かつての捕鯨によって個体数が激減したため、現在の推定個体数は1万5000頭ほどと見られています。 学名のMegapteraのMegaは「大きな」、 pteraは「翼」という意味です。 小型の亜種ピグミーシロナガスクジラ Pygmy Blue Whale B. brevicauda が北部インド洋と南半球に分布します。 1946年、資源管理のため国際捕鯨条約が締結されたときにはすでに個体数が激減してしまったため、1966年捕獲が禁止となりました。 現在の推定個体数は1万2000頭です(ピグミーシロナガスクジラを含む)。 同じナガスクジラ科のナガスクジラやニタリクジラの上顎が、吻端の尖ったV字型に見えるのに対して、シロナガスクジラの上顎はたっぷりと幅のあるU字型です。 体長に対する胴の幅も、同じ科の仲間に比べて大きいのが特徴です。 ヒゲクジラ類(亜目)の噴気孔は、陸上哺乳類と同様左右に2つ並んでいます(イルカを含むハクジラ類では1つ)。 長い背中の後方に位置する背びれはきわめて小さく、背には青灰色の濃淡による斑模様があり、1頭1頭その様子が異なるために、自然標識として写真撮影をされ、個体識別に役立てられています。 すべての個体で確認されたわけではありませんが、深く潜る前に海面から尾びれを持ち上げることが多くあります。 尾びれの後縁は、(ザトウではぎざぎざであるのに対して)本種では直線的で、そこから流れ落ちる海水は切れ目の無いカーテンをつくりあげます。 北半球に生息するセミクジラを、北大西洋産のNorth Atlantic Right Whale E. glacialis と、北太平洋産のNorth Pacific Right Whale E. japonica との2種類に分類する学者もいます。 泳ぎが遅く、皮下脂肪が厚く死んでも沈まないために、初期の捕鯨から捕獲の対象になってきました。 英名のRight Whaleは「まさに捕るべきクジラ」という意味をもちます。 セミクジラは頻繁にブリーチを見せてくれます。 ブリーチのあとには体表の古い皮膚や寄生虫がはがれ落ちて、それを求めてカモメの群れも集まってきます。 上顎を左右からはさみこむように、大きく湾曲した下顎が特徴的です。 ミナミセミクジラは海面で逆立ちし、尾びれを空中に突き出す姿勢をとりつづけるので、まさに風をとらえる意味でセーリングと呼ばれます。 セミクジラの頭部や上下の顎には、ケロシティと呼ばれる大小の淡色のこぶ状の隆起が散在しています。 ケロシティの分布のさまざまがそれぞれの個体によって異なるため、頭部を写真に記録することで個体識別が可能となります。 バルデス半島周辺や南オーストラリアなど、ミナミセミクジラの繁殖海域で全身が白い子クジラが観察されることがあります。 アルビノも観察されていますが、写真はただ白い部分が極端に多い個体と見られます。 背びれをもたないために、日本では古来「背美鯨」と呼ばれていました。 世界の海洋に分布していますが、雌の群れは比較的低緯度の海域にとどまり、雄は成長すると単独で極海まで回遊を行うようになります。 水深1000mを超える海域で多く発見され、採餌のための潜水は、1回で40分~1時間にもおよびます。 現在の推定個体数は200万頭ほど。 クジラは冷たい海水と温かい血液とをうまく使いながら脳油の比重を変えることで、大深度の潜水と浮上を効率よく行うと考えられています。 巨大な頭部とは対照的に、下顎は1本の丸太を思わせる形状です。 上顎の歯は痕跡的で、下顎にのみ左右それぞれ20~26本の円錐形の歯が並んでいます。 ハクジラ類に共通したひとつの噴気孔は、頭部の先端近くで大きく左側に偏っている。 そこからの噴気は、斜め前方(ほぼ45度)に傾いて噴き上げられるため、遠方からでも種を見分けることは簡単です。 雌は近縁の雌たちといっしょに、家族ユニットと呼ばれる緊密な結びつきの群れで一生を過ごします。 子クジラの雌は母親のユニットにとどまり、子クジラの雄は成長とともにユニットを離れてより高緯度の海域への回遊を開始します。 背びれは低い盛り上がりにすぎません。 浮上しているときは、頭部の先端から背びれまでを海面に見せ、それより後方は海中にあることが多くあります。 また体の後半部では、皮膚の表面はしわで波打っています。 海面に長くとどまって呼吸を繰り返したあと、最後に尾びれを海面に上げて一気に1000mを超える深海までイカを求めて潜ります。 このときに撮影できる尾びれの形や傷は、個体識別のための自然標識となります。 海の殺し屋とよばれるシャチは魚はもちろん、ペンギンやオタリア、クジラさえ食べます。 私が最も印象に残っているのは、コククジラの赤ちゃんをシャチ5頭位で襲っていた所です。 3~4時間ほどかけて追いかけ、赤ちゃんクジラが疲れてきた頃に上から乗っかり、溺れさせていました。 母クジラの尾びれで叩かれないよう、時間をかけてじわじわと詰め寄っていく姿が、印象的でした。 シャチは時速56kmのスピードを出すことが出来ます。 最大のシロナガスクジラでも、シャチの群れに襲われたら、攻撃を逃れられません。 さらに、シャチは捕らえた獲物で遊びもします。 尾びれで跳ね上げたり、くわえて投げたりと。 シャチに天敵はいません。 まさしくギャングですね。 白黒はっきり分かれた体や、まっすぐに伸びた背びれ(特に雄は)、大きな体でもジャンプ力抜群なところなど、とてもカッコイイです。 シャチの両目の上方にある白い模様はアイパッチと呼ばれています。 背びれの根元には灰色の模様があり、水中ではカムフラージュ効果があると同時に、個々の模様は一頭一頭異なるため、背びれの形状とともに個体識別にも役立ちます。 頭は円錐形で、特にオスの背びれは大きく、2m近くにもなります。 シャチは肉食動物なので歯は鋭く、獲物を口の中で噛むためと言うより、むしろ飲み込みやすい大きさに引き裂くために使われます。 イルカ、つまりはハクジラの一種であり、発生音を使い分け、仲間とコミュニケーションをとることもでき、他のイルカの発声音を察知して、いる場所を突き止め、狩りに役立てています。 極海から暖海まで全世界の海洋に分布カナダからアメリカ、ワシントン州の太平洋岸に定住する個体群は1970年代から1頭1頭が個体識別され、その生態や社会について詳しく調べられてきました。

次の

ニタリクジラの由来と大きさを画像確認おすすめの食べ方と味や栄養は

シロ ナガスクジラ 漢字

ザトウクジラは、北極から南極におよぶ全海域に分布している、アメリカ式捕鯨と近代捕鯨の対象種です。 19世紀後半に北大西洋における捕獲数が減少したため、漁場は北太平洋、南半球へと移り、20世紀初頭の40年間で10万頭以上が捕獲されたため、1966年に捕獲禁止となりました。 現在は、西インド諸島のセントビンセントで、原住民生存捕鯨の名で年間2頭の捕獲が続いています。 世界の海洋に広く分布していますが、南北それぞれの半球で、夏には高緯度海域で採餌を、冬から春先にかけては低緯度海域で繁殖を行います。 かつての捕鯨によって個体数が激減したため、現在の推定個体数は1万5000頭ほどと見られています。 学名のMegapteraのMegaは「大きな」、 pteraは「翼」という意味です。 小型の亜種ピグミーシロナガスクジラ Pygmy Blue Whale B. brevicauda が北部インド洋と南半球に分布します。 1946年、資源管理のため国際捕鯨条約が締結されたときにはすでに個体数が激減してしまったため、1966年捕獲が禁止となりました。 現在の推定個体数は1万2000頭です(ピグミーシロナガスクジラを含む)。 同じナガスクジラ科のナガスクジラやニタリクジラの上顎が、吻端の尖ったV字型に見えるのに対して、シロナガスクジラの上顎はたっぷりと幅のあるU字型です。 体長に対する胴の幅も、同じ科の仲間に比べて大きいのが特徴です。 ヒゲクジラ類(亜目)の噴気孔は、陸上哺乳類と同様左右に2つ並んでいます(イルカを含むハクジラ類では1つ)。 長い背中の後方に位置する背びれはきわめて小さく、背には青灰色の濃淡による斑模様があり、1頭1頭その様子が異なるために、自然標識として写真撮影をされ、個体識別に役立てられています。 すべての個体で確認されたわけではありませんが、深く潜る前に海面から尾びれを持ち上げることが多くあります。 尾びれの後縁は、(ザトウではぎざぎざであるのに対して)本種では直線的で、そこから流れ落ちる海水は切れ目の無いカーテンをつくりあげます。 北半球に生息するセミクジラを、北大西洋産のNorth Atlantic Right Whale E. glacialis と、北太平洋産のNorth Pacific Right Whale E. japonica との2種類に分類する学者もいます。 泳ぎが遅く、皮下脂肪が厚く死んでも沈まないために、初期の捕鯨から捕獲の対象になってきました。 英名のRight Whaleは「まさに捕るべきクジラ」という意味をもちます。 セミクジラは頻繁にブリーチを見せてくれます。 ブリーチのあとには体表の古い皮膚や寄生虫がはがれ落ちて、それを求めてカモメの群れも集まってきます。 上顎を左右からはさみこむように、大きく湾曲した下顎が特徴的です。 ミナミセミクジラは海面で逆立ちし、尾びれを空中に突き出す姿勢をとりつづけるので、まさに風をとらえる意味でセーリングと呼ばれます。 セミクジラの頭部や上下の顎には、ケロシティと呼ばれる大小の淡色のこぶ状の隆起が散在しています。 ケロシティの分布のさまざまがそれぞれの個体によって異なるため、頭部を写真に記録することで個体識別が可能となります。 バルデス半島周辺や南オーストラリアなど、ミナミセミクジラの繁殖海域で全身が白い子クジラが観察されることがあります。 アルビノも観察されていますが、写真はただ白い部分が極端に多い個体と見られます。 背びれをもたないために、日本では古来「背美鯨」と呼ばれていました。 世界の海洋に分布していますが、雌の群れは比較的低緯度の海域にとどまり、雄は成長すると単独で極海まで回遊を行うようになります。 水深1000mを超える海域で多く発見され、採餌のための潜水は、1回で40分~1時間にもおよびます。 現在の推定個体数は200万頭ほど。 クジラは冷たい海水と温かい血液とをうまく使いながら脳油の比重を変えることで、大深度の潜水と浮上を効率よく行うと考えられています。 巨大な頭部とは対照的に、下顎は1本の丸太を思わせる形状です。 上顎の歯は痕跡的で、下顎にのみ左右それぞれ20~26本の円錐形の歯が並んでいます。 ハクジラ類に共通したひとつの噴気孔は、頭部の先端近くで大きく左側に偏っている。 そこからの噴気は、斜め前方(ほぼ45度)に傾いて噴き上げられるため、遠方からでも種を見分けることは簡単です。 雌は近縁の雌たちといっしょに、家族ユニットと呼ばれる緊密な結びつきの群れで一生を過ごします。 子クジラの雌は母親のユニットにとどまり、子クジラの雄は成長とともにユニットを離れてより高緯度の海域への回遊を開始します。 背びれは低い盛り上がりにすぎません。 浮上しているときは、頭部の先端から背びれまでを海面に見せ、それより後方は海中にあることが多くあります。 また体の後半部では、皮膚の表面はしわで波打っています。 海面に長くとどまって呼吸を繰り返したあと、最後に尾びれを海面に上げて一気に1000mを超える深海までイカを求めて潜ります。 このときに撮影できる尾びれの形や傷は、個体識別のための自然標識となります。 海の殺し屋とよばれるシャチは魚はもちろん、ペンギンやオタリア、クジラさえ食べます。 私が最も印象に残っているのは、コククジラの赤ちゃんをシャチ5頭位で襲っていた所です。 3~4時間ほどかけて追いかけ、赤ちゃんクジラが疲れてきた頃に上から乗っかり、溺れさせていました。 母クジラの尾びれで叩かれないよう、時間をかけてじわじわと詰め寄っていく姿が、印象的でした。 シャチは時速56kmのスピードを出すことが出来ます。 最大のシロナガスクジラでも、シャチの群れに襲われたら、攻撃を逃れられません。 さらに、シャチは捕らえた獲物で遊びもします。 尾びれで跳ね上げたり、くわえて投げたりと。 シャチに天敵はいません。 まさしくギャングですね。 白黒はっきり分かれた体や、まっすぐに伸びた背びれ(特に雄は)、大きな体でもジャンプ力抜群なところなど、とてもカッコイイです。 シャチの両目の上方にある白い模様はアイパッチと呼ばれています。 背びれの根元には灰色の模様があり、水中ではカムフラージュ効果があると同時に、個々の模様は一頭一頭異なるため、背びれの形状とともに個体識別にも役立ちます。 頭は円錐形で、特にオスの背びれは大きく、2m近くにもなります。 シャチは肉食動物なので歯は鋭く、獲物を口の中で噛むためと言うより、むしろ飲み込みやすい大きさに引き裂くために使われます。 イルカ、つまりはハクジラの一種であり、発生音を使い分け、仲間とコミュニケーションをとることもでき、他のイルカの発声音を察知して、いる場所を突き止め、狩りに役立てています。 極海から暖海まで全世界の海洋に分布カナダからアメリカ、ワシントン州の太平洋岸に定住する個体群は1970年代から1頭1頭が個体識別され、その生態や社会について詳しく調べられてきました。

次の

シロ ナガスクジラ 史上 最大, シロナガスクジラ(balaenoptera musculus)は、哺乳綱 偶蹄目(鯨偶蹄目とする説もあり)ナガスクジラ科 ナガスクジラ属に分類される鯨類。 現存する最大の動物種である [注釈 1] だけでなく、恐竜やその他、これまでに地球上に存在したことが確認されている限りの動物を含めても、あらゆる既知の

シロ ナガスクジラ 漢字

ナガスクジラの全身骨格 全長オス25メートル、メス27メートル。 体長20-26m、体重30-80t。 現生では世界最大のに次ぐ大きさ。 溝(畝)は臍まで達し、数は50 - 60本。 背面や側面は黒褐色で、腹面は畝も含めて白い。 体はスマートで細長く、体色と背面は濃いグレー、あるいは茶系の黒で腹部は白色。 腹部から続く白色の模様が顎の右側まで回り込んでおり、色分けは左右非対称である。 またも右側前方のみ白色部がある。 吻端から噴気孔にかけて隆起線が走るが、ごく僅かであるがの様に更に二本の副隆起線を持つものも存在する。 背中にもからにかけて隆起部が存在する。 上顎は細長く、先端が尖る。 髭は髭板も剛毛も青黒色だが、右側の髭の前面だけは乳白色。 背鰭は高く三日月形だが、胴体の後方に位置する。 背びれの形態は小さく鎌状。 一般には先端が尖るが変異も多く、丸い個体も存在する。 同じナガスクジラ科に属する、、ニタリクジラ、、などと誤認しやすい。 少なくとも2つの異なった亜種がある。 生態 [ ] 主に亜熱帯から寒帯にかけての外洋に生息する。 夏季は、採食のために高緯度地方へ回遊する。 北半球ではサンマ・シシャモ・ニシン・イワシ類・サバ類などの魚類を、南半球ではオキアミ類を主に食べる。 群れた獲物に突進して海水ごと口内に含み、海水を鯨髭の隙間から排水しつつ鯨髭で獲物を濾し取って食べる。 ナガスクジラの摂食様式は突進採餌(lunge feeding)と呼ばれている。 これは海水中を高速で泳ぎ、海水に含まれる小魚やを濾し取るの一種である。 ナガスクジラのの生成量は一日に974程度と推算されている。 これは海水を大量に飲んでいるわけではなく、排出される水分の大部分は餌である等に由来する。 繁殖様式は胎生。 主に冬季(北半球は12月から翌1月、南半球は4 - 8月)に、交尾を行う。 妊娠期間は11か月。 授乳期間は6 - 7か月。 人間との関係 [ ] 古くは遊泳速度が速く死骸が沈むことから捕鯨の対象とはされていなかった。 19世紀に近代式の捕鯨方法が開発されたことで、捕鯨の対象とされるようになった。 南極海では1904年から捕鯨が開始された。 1976年以降は北太平洋と南半球で、1990年以降は北大西洋(一部の原住民による採集は認められている)で商用捕鯨は停止された。 2018年現在では本種に対する大きな脅威はなく、生息数は増加傾向にあると考えられている。 一方で船舶との衝突や、漁業による混獲などによる影響が懸念されている。 他の大型のクジラのように、20世紀の捕鯨による乱獲で、絶滅の危機にある種とされており、から北太平洋と南半球で、から全世界で捕獲が禁止された。 その後は、捕鯨再開以後は捕獲対象としている。 南極海の個体はかつては40万頭生息していた(村山司、笠松不二男『ここまでわかったクジラとイルカ』(講談社、1996) 158頁)。 交雑 [ ] 1月に科学雑誌にハーバード研究チームの論文が掲載され、その論文のなかで「日本でシロナガスクジラの肉が売られている」と報告された。 その根拠になったのは、で販売されていた鯨肉から絶滅寸前ののが検出されたことであった。 この報告により、国際学会は騒然となった。 これは後にナガスクジラとシロナガスクジラとの交雑個体であった事が判明する(資料によってナガスクジラとして調査捕鯨で獲られたという記述もある。 ) 出典 [ ] []• UNEP 2019. Nairobi, Kenya. Compiled by UNEP-WCMC, Cambridge, UK. Available at:. 2018. Balaenoptera physalus. The IUCN Red List of Threatened Species 2018: e. T2478A50349982. Downloaded on 26 July 2019. Pyenson ND et. 2012. Nature 485 7399 : 498—501. 浦野明央「水を飲まないクジラ」『Web TOKAI』第3巻、2011年、 1-5頁。 参考文献 [ ]• 「クジラとイルカのフィールドガイド」著 、 監修 ()• 「クジラの死体はかく語る」著 () 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 ウィキスピーシーズに に関する情報があります。 この項目は、に関連した です。 などしてくださる(/)。

次の