ジュニアアイドル なぜ。 マニア騒然!? 伝説の「元ジュニアアイドル」がAV嬢に(2018年2月25日)|BIGLOBEニュース

【顔画像】きゃりーぱみゅぱみゅの両親が厳しすぎてヤバい!ジュニアアイドルをやらせた理由は?

ジュニアアイドル なぜ

閉店したおいもや本舗 東京・秋葉原のジュニアアイドル専門店「おいも屋本舗!」が今月1日に閉店した。 雑居ビル内にあった同店は、ジュニアアイドルと呼ばれる15歳以下の少女のDVDや写真集を扱った専門店で大人気だった。 多くの固定客がいたはずなのに、なぜ閉店したのか。 土日にはアイドルの撮影イベントを行っており、常連客によれば「イベントでは女の子との距離も近くて楽しかった」と好評だった。 閉店した1日、学校の教室を模した店内を多くの客が訪れ、在庫整理で値下げされたDVDを熱心に吟味していた。 閉店理由について同店の公式サイトでは「セル商品の販売数低下を抑えられず、営業不振により、閉店を余儀なくされました」と説明。 今後はネットショップとして引き続き営業していくという。 しかし、ジュニアアイドルの関係者は「店舗に入れば白い目で見られる時代だけに、ひそかに購入できるネットショップに移行するのは自然な流れ。 ただ、昨年の『改正児童ポルノ禁止法』の影響も当然あったでしょうね」と語る。 昨年7月に施行された改正児童ポルノ禁止法では、児童ポルノを「衣服の全部又は一部を着けない児童の姿態であって、殊更に児童の性的な部位が露出され又は強調されているものであり、かつ、性欲を興奮させ又は刺激するもの」と定義している。 水着姿が収められているジュニアアイドルのDVDは、これに抵触する可能性がある。 先月にはインターネット通販大手アマゾンジャパンが、児童ポルノ関連の写真集の販売を放置していたとして愛知県警の家宅捜索を受けた。 店舗で堂々と販売を続ければ当然目立ち、摘発を受ける可能性も高まる。 改正により単純所持にも1年以下の懲役または100万円以下の罰金が科される。 猶予期間として改正法施行から1年間は罰則が適用されないが、前出関係者は「そろそろビジネスとして潮時。 あと半年の命だよ」と推測する。 一方、あるDVDメーカー関係者は「法律がどのレベルを児童ポルノと扱うのか分かりづらい。 7月になってもやめるという話はない」と明かす。 だが、DVDの流通会社の中には、ジュニアアイドルをやめる会社も出ており「まずは小学生のDVDをやめ、次に中学生と段階的にやめていく可能性もある」(同関係者)。 単純所持への刑事罰が猶予されるぎりぎりの期限までジュニアアイドルを取り扱えないかと各社が考える裏には、その売り上げの良さがある。 「ジュニアアイドルの作品はアマゾンで販売できず、大っぴらに宣伝はできないにもかかわらず、大人のグラドルよりも安定して売れて、いったいどこにファンがいるのか、と思うくらい。 今から撮りだめて、7月直前までに一気にリリースするメーカーが出てきてもおかしくない」(同) 摘発の可能性は十分に知りつつも、背に腹は代えられないというのが本音のようだ。

次の

“聖地”も閉店 ジュニアアイドルDVDビジネスはあと半年の命か

ジュニアアイドル なぜ

概要 [ ] 中頃、テレビ等での活動が増え始めた小学生のタレントやアイドルを指してフリーライター・作家のにより、「 チャイドル」(「チャイルド」と「アイドル」の)という造語も作られた。 「チャイドル」という言葉の最初の使用例は、の『』の特集記事である。 元々等のほかアンダーグラウンドな媒体で小学生・中学生のモデルの活動は見られたが、1990年代には日本の被服文化の影響を受けたがブームとなり、という呼び名も生まれた。 2000年代に入るとそれらを含めた広義での「ジュニアアイドル」という呼称が主流となる。 雑誌や広告等のモデルや()から始まり、地上波のやテレビコマーシャルなどの出演により人気が出る場合が多い。 ジュニアアイドルによってはとしてなどを出したり、などへ活動範囲を広げ、アイドル的な芸能活動を行なう場合も多い。 活動媒体 [ ] 頃から小中学生のモデルを起用した写真集やイメージビデオなどが多く発売されるようになったが、モデルがになる作品も多かった。 止まりのビデオや写真集は知名度のあるアイドル以外では商品価値が低く売上が見込めなかった(多くの大手出版社も少女ヌードを通常の作品もしくはアートとして販売しており、それが普通だった)。 少女のヌードは後半頃から徐々に自主規制や批判の対象とされ、1999年11月にが施行されると市場からは姿を消した。 過ぎ頃からはいわゆるといわれるジャンルで活動するジュニアアイドルの水着や作品がDVDソフト市場の成長にも乗じて発売本数を増やし、新しいマーケットを形成した。 中頃から参入メーカーも増え、拡大し、アイドルDVDのひとつのジャンルとなった。 ジュニアアイドルとして活動し、その後も引き続き活動するケースも多く、ジュニアアイドル出身の女優やタレントも多く活動している。 ジュニアアイドル時代に知名度を上げる者もいればその後の活動で知名度を上げる者もいる。 また、わが子をアイドルにしたいという夢を持つ熱心な親を持つ者も多い。 ジュニアアイドルのイメージDVDのギャラは1本あたり10万から30万円程度が相場とされているが 、1本1万5000円程度というケースもある。 以降、いわゆるをターゲットとした男子のジュニアアイドルのイメージDVDもリリースされている。 活動媒体の多様化により、後半に入るとテレビ、音楽、出版、インターネット等、様々な場所でジュニアアイドルの活動は今まで以上に多く見られるようになった。 また、出演モデルに年齢を詐称をさせている作品もあり (16歳女子高生とうたっていながら実際は18歳以上など)、それは一目瞭然なものもあるがモデルによっては分かりにくいこともある。 男子のジュニアアイドルの特徴として、で上半身裸になってやを披露する、や白い1枚の姿になる、の学校制服を着る、水着姿で砂遊びをしたり場で玩具を使って遊ぶなどの表現がある。 DVD撮影・発売における逮捕 [ ] 2007年10月16日、ジュニアアイドルの写真集・DVD業界大手ののチーフプロデューサー、ビデオ制作会社の監督ら4人が、当時17歳の女子高校生が出演したDVDが違反に当たるとの疑いで警視庁少年育成課に逮捕された。 このケースでは撮影角度やポーズなどから「過激な水着姿もわいせつな映像にあたる」と判断され、逮捕に至った。 は「他作品に比べ猥褻とはいえない」として不起訴となったが、 ヌードのない作品に対しての同法の適用が検討された例を作った。 17歳の高校生のモデルを過激な水着姿で撮影したとして、が以前所属していた事務所「アイアップ」の元社長ら4人が児童福祉法違反の疑いで逮捕されたことが2007年12月3日に分かった。 それに関しては仲村本人が、『ジュニアアイドルの過激な露出の流れを作ったのは、みうなのかな…って思っています。 』とコメントをしている。 ジュニアアイドルが所属する事務所のひとつは、当時16歳の所属モデルをわいせつな動画に出演させたとして、代表者らが2009年2月16日、児童ポルノ禁止法違反の疑いで警視庁少年育成課などに逮捕された。 7月19日には、16歳の女子高校生が「過激な水着姿」で出演する「わいせつな内容」のDVDを製造したとして、児童ポルノ禁止法違反(提供目的の製造)の疑いで、東京都港区のビデオソフト販売会社「」の社長やビデオ監督ら計4人が神奈川県警少年捜査課に逮捕された。 いずれも乳首や局部を映さず性行為を含まないイメージビデオであるが、法律を適用し摘発に踏み切っており、表現の多様化や未成年者の保護についての議論のきっかけとなった。 上記のような背景を受けて、1月19日、「ジュニアアイドル」と称して水着姿の少女の写真をDVDなどで販売する行為について、東京都が保護者に指導できるよう条例化を検討し始めたことが報じられた。 主な「ジュニアアイドル」 [ ] 主なジュニアアイドルについてはおよび、の項参照。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 2015年2月7日. 2015年2月7日閲覧。 2008年2月22日• 、『』1997年9月号より。 (のキャッシュ)• 香月真理子 『欲望のゆくえ 子どもを性の対象とする人たち』 、2009年、148頁。。 (2007年10月17日、2007年10月19日時点のアーカイブ). 2007年10月19日時点のよりアーカイブ。 2016年12月20日閲覧。 『欲望のゆくえ 子どもを性の対象とする人たち』137頁。 週刊プレイボーイ2007年11月12日号No. 46『過激水着の「小さすぎた面積」』200頁より• 日刊サイゾー 2007年12月5日. 2009年2月6日時点のよりアーカイブ。 2008年7月15日閲覧。 (2009年2月17日、2009年2月20日時点のアーカイブ). 2009年2月20日時点のよりアーカイブ。 2016年12月20日閲覧。 2010年1月22日時点のよりアーカイブ。 2016年12月20日閲覧。 関連項目 [ ]•

次の

ジュニアアイドルが受けた性的被害 親の借金「やめられなかった」:イザ!

ジュニアアイドル なぜ

ジュニアアイドルの水着DVDや、活動などが児童虐待になるから禁止しろって意見の人いるけど、ジュニアアイドル本人が苦痛を感じてないのに何故虐待なのか分からん。 苦痛どころか、本人はめちゃくちゃ自分を見てもらいたいのだから、国民は子供の期待に応えるべきだと思う。 子供を褒めて、子供を喜ばせることが大事。 子供の喜んでいる姿を見たら、どんなに反対の人でも褒めると思う。 嘘でもいいから褒めろ! 笑 そうすりゃわかる。 だけど過激なポーズのDVDは別問題。 また、子供本人が意味分かってないとか意見あるけど、意味分かってるから見てもらいたいのですよ。 だから、すごく自分を見せたかった。 子供の良いところを伸ばしてあげなければダメだと思う。 純粋に子供の美しさや可愛らしさを描いたDVDも沢山あるのだから。 無論、その通りです。 児童虐待などというのは、西欧における科学に基づかない誤った考え方です。 あなたの考えは児童心理学的にも行動学的にも立証されている正しい考え方で、児童というのは親などの保護者や周囲の大人のりアクションによって影響を受けるので、回りがちゃんと子どもを理解して子どもを喜ばせ支えていくことが大事であり、非科学的な虐待論理など用いるべきではないのです。 子どもの「見て!」というシグナルを抑圧するなど馬鹿げているということは子どもそのものを見れば、誰にだって分かることです。 他の発言者で区分け論を述べている人がいますが、こういうのが典型的な非科学的迷信の押し付けというものですね。 こうした歪んだ考え方は1762年のルソーによる教育論から始まり、1860年~90年代にプロテスタントの間で広まった考えなので、今更そんな前近代的な論理を振りかざす愚を理解して欲しいものです。

次の