ダイエット医薬品。 ダイエットサポートや健康食品、医薬品の通販|けんこーさかす.com

医薬品でダイエット訴求はOK?

ダイエット医薬品

私たちは日ごろ、医薬品や医薬部外品などの薬やダイエットサプリのお世話になっています。 ここで疑問に感じることは、医薬品と医薬部外品の違いなのではないでしょうか? どちらも薬であるという概念をお持ちの方は多いのではないかと思いますが、実は、医薬品と医薬部外品は全くのベツモノなんですよ。 医薬品とは? 薬事法により定義が定められおり、病院の医師による処方が必要となる薬を指します。 なおかつ、配合されている成分が病気や怪我の治療に対して有効であると認められている必要があります。 現在では、病院の医師による処方がなくても薬局などで購入が可能となっている医薬品もあります。 ただし、そのような場合には、薬剤師による薬に配合されている成分の説明や服用方法などの説明を受けることが前提条件となっています。 医薬部外品とは? 医薬品との最も大きな相違点は、必ず効果が現れるというものではなく、効果を期待することができるというレベルであるということです。 ただし、薬事法に基づく定義はきちんと定められています。 薬用歯磨き、薬用せっけん、薬用クリーム、薬用化粧品などがこれに当たります。 医薬部外品のダイエットサプリには、どのような種類があるの? 医薬部外品と明記されているダイエットサプリであっても、治療を目的とした成分は配合されていないため、「栄養補助食品」として分類されています。 ただし、製品の宣伝を行う際の表現には制限が設けられており、「治る」、「予防できる」、「確実に痩せる」などの直接的な表現はNGとなっています。 たまに、「飲んだだけで〇〇キロ痩せます」というような言い切り型の広告を見かけることがありますが、このような表現は厳密に言うと誇大広告の部類に入るということですね。 また、そのようなダイエットサプリに配合成分の代表的なものには、「ギムネマ」、「カプサイシン」、「サラシア」、「キトサン」、「白インゲンエキス」などがありますが、すべての成分はあくまでもダイエットサポートのための「栄養補助成分」であり、「痩せる成分」ではありません。 正確に表現するのであれば「痩せる効果が期待できる成分」ということになります。 少々堅苦しい話になりましたが、医薬部外品のダイエットサプリについて、簡単にご説明させて頂きました。 ダイエットサプリは薬ではありませんので、それさえ飲めば確実に痩せるというものではありません。 大切なことは、ダイエットサプリに含まれている成分の特性を理解し、正しい飲み方で体内に取り込むということです。 また、過度な期待を持ってもいけません。 なぜって、医薬部外品に過度な期待を持つこと自体がそもそも間違っているのですから。

次の

ダイエット医薬品を個人輸入する時の注意点(MDクリニックなど)

ダイエット医薬品

ダイエットのために食べたいものを我慢したり、動きたくないのに毎晩腹筋したり… 「そんな生活はもうイヤ!」 飲むだけで簡単に痩せられたら最高ですよね。 でも、そんな謳い文句で売られている商品はなんだかアヤシイ…。 健康被害がでるようなクスリは危険すぎるので避けたいところです。 そんなあなたには、無理のないダイエットをサポートしてくれるダイエットサプリがおすすめです! でも実は、日本の病院で処方してもらえるダイエット医薬品も存在するのです。 今回はダイエット医薬品とは何なのか、種類や効能・副作用とダイエットサプリとの違いをご紹介します。 簡単に痩せる薬があるって本当? 病院で処方してもらえる痩せる薬は存在します。 痩せる薬とは、肥満・2型糖尿病・高コレステロール血症などの疾患の治療を目的とした医薬品です。 からだに合う合わないの個人差はありますが、臨床試験をクリアして承認を受けた薬ですので効果は期待できます。 しかし、病気の治療のための薬ですから、処方や保険適用には既に何か疾患を抱えていると診断されている必要があります。 健康体の人がダイエット目的で処方してもらうのは難しい? 薬によって処方の基準は様々ですが、具体的には以下のような症状があげられます。 ・高度肥満症(BMI35以上) ・高血圧 ・糖尿病 ・極度の便秘 ・脂質異常症 BMI Body Mass Index とは身長と体重のバランスから計算する肥満度の指数です。 BMI35以上とはどのくらいの体型を指すのでしょう。 1kg 美容目的のダイエットをしようとしている方にとってはビックリしてしまう数字が並んでいます。 さすがにハードルが高すぎますよね。 この数字からもわかるように、ダイエット医薬品は効果が高いですが、それだけの治療を必要としている健康状態の方に向けた薬ということです。 ダイエット医薬品はどこで手に入れるの? ドラッグストアやネット通販で気軽に購入できるダイエットサプリと違い、医薬品は入手に多少の手間がかかります。 医薬品は医療用医薬品・要指導医薬品・一般用医薬品に分類されます。 医療用医薬品は医師による処方が必要です。 要指導医薬品・一般用医薬品はOTC(Over The Counter)医薬品ともよばれ、薬局のカウンターで購入できるという意味を持ちます。 一般用医薬品は処方箋なしでドラッグストア・インターネット通販で購入できます。 一般用医薬品は医療用医薬品と比べると有効成分の含有量が少なく作られていることが多く、その分効果も控えめです。 手に入れるルートは以下の通り。 ・病院(美容クリニックなどのダイエット外来) ・国内通販 ・個人輸入または個人輸入代行 一般用医薬品であればダイエットサプリのように通販で購入できるので、手間がかからないですね。 ダイエット医薬品は値段が高い? ダイエット医薬品は薬局などで簡単に手に入るダイエットサプリと比べると、高めの価格設定となっています。 しかし効果があると認められた医薬品ということを考えると、コストパフォーマンスが悪いわけではないでしょう。 保険適用外 医薬品であっても特に疾患が無くダイエット目的で購入する場合や、未承認の医薬品は保険が適用されません。 よって高額な代金を全額負担しなければならないのです。 言い方を変えると、高額な代金を支払えば疾患がなくても手に入れることができる場合もあるということになります。 また、保険適用外の自由診療ですと、病院側が自由に価格を設定しているので同じ薬でも病院によって価格差があります。 薬代が安い方が助かりますが、病院によってケアやサービスの内容は様々です。 初診料や診察代なども病院によってまちまちなので、よく比較検討する必要があります。 ジェネリック医薬品 ジェネリック医薬品ならば、同じ有効成分が使われた薬を比較的安価にて手に入れることができます。 添加剤が異なる場合があるので確認が必要ですが、同じ有効成分なので効能に大きな差はありません。 先発医薬品とジェネリック医薬品との価格差は原則として先発医薬品の薬価の7割と定められています。 しかし、先発医薬品の処方が保険適用外ということで、病院側の自由な価格設定になっているため非常に高額です。 そのためジェネリック医薬品の価格が先発医薬品の7割どころか1割を切る場合もあります。 この差はとても大きいです。 ダイエット医薬品の方がより効果が期待できるので、魅力を感じるでしょう。 しかし、それだけ副作用のリスクも高いということを忘れてはいけません。 サプリメントに過度な期待はダメだけど… ダイエットサプリはダイエットにつながる効果を期待できる成分の入った食品ですから、効果が実証されている医薬品とは違います。 しかし、もしあなたが痩せたい理由が美を目的としたダイエットならば、 ダイエットサプリが適切なアイテムと言えるでしょう。 身体に無理な負担をかけることなく、健康的なダイエットができるからです。 美容目的のダイエットは治療ではない 疾患の治療のために処方されるのが薬ですので、健康な体に取り入れる前によく医師と相談し、考えた方がいいでしょう。 また、肥満治療のための処方であっても薬はあくまでサポート的な役割です。 病院でもまず、食事療法・運動療法などが提案されます。 疾患の治療でなくダイエットが目的なのであれば、より食事や運動を意識した生活に改善することを先にするべきでしょう。 健康的なダイエットのために 今回はダイエット医薬品とダイエットサプリに関してご紹介しました。 ダイエットの前に、なにより大切にしてほしいのが健康です。 綺麗なスタイルでいることも理想ですが、健康だけは自ら損なうことの無いよう、自分に合ったダイエットに取り組みましょう!.

次の

ダイエット系サプリメント・医薬品部門|使ってみたい編|FYTTEダイエット&ヘルス大賞2020|FYTTE

ダイエット医薬品

お買い得情報はこちら• 第1類医薬品ストアはこちら• 医薬品販売に関する各種表示• 医薬品・指定医薬部外品• 医薬品区分• セルフメディケーション税制• 剤型・タイプ• 身体全体の症状• 頭の症状• 目の症状• 鼻の症状• 耳の症状• 口・歯の症状• のどの症状• 首・肩の症状• 腰・背中の症状• 泌尿器・腎臓の症状• おしりの症状• 筋肉・関節・骨の症状• 肌の症状• 胸・心臓の症状• 胃腸の症状• 手・足・指の症状• 小児・乳児•

次の