トークン ゆうちょ。 ゆうちょ トークン

ゆうちょ銀行に口座解約に行きました【銀行口座の断捨離】トークンどうするの…?

トークン ゆうちょ

スポンサーリンク 到着物内容 届いた封筒の中身は、トークンについての案内とトークン本体でした。 トークン外観 表 裏 使用するボタンは、1と最下部の左右のボタンの3つです。 1を押すとワンタイムパスワードを1分間表示します。 最下部の左右のボタンは、パスワード表示中に押すと、表示を消すことができます。 1以外にも数字のボタンがあり、ポチポチ押せるのですが、押しても何も起こりません。 防水性については、IPX7を確保しているそうです。 利用登録 まず、ゆうちょダイレクトにログインして、トップページにある「トークンの設定」をクリック。 トークンの設定画面になるので、「トークンの利用登録」をクリック。 利用登録画面になるので、必要事項を入力します。 「シリアル番号」は、トークンの裏側左下に記載されている10桁の数字です。 「ワンタイムパスワード」は、トークンの1ボタンを押して表示された6桁の数字を入力します。 入力したら「実行する」をクリック。 メールを送るよというメッセージが出るので「OK」をクリック。 これでトークンの利用登録が完了しました。 予め登録している取引確認用メールアドレスにメールが届きます。 あとがき このトークンは、セキュリティ上非常に重要なので、きっちり管理しないといけないですね。 ちなみに、電池切れや故障での再発行は無料ですが、盗難や紛失による再発行については、別途料金1080円が発生します。

次の

ゆうちょ銀行が発行しているトークンとは?早めの申込をおすすめします

トークン ゆうちょ

ネットバンクのように強固なセキュリティが必要なWebサービスでは通常のIDとパスワードだけによる認証ではセキュリティの観点から安全とは言い切れません。 なぜならフィッシングサイトのような悪意のあるページでパスワードが漏洩したり、通信を傍受されることで、パスワードが盗聴されたりすることがあるからです。 そこでインターネット上の取引を安全に行うために、一度限りの使い捨てのパスワードとして「ワンタイムパスワード」が登場しました。 このワンタイムパスワードを生成する方法はいくつかあるのですが、その中の一つが「セキュリティトークン」を使う方法です。 今回はセキュリティトークンの仕組みやメリット、そして種類について解説します。 この記事の目次• セキュリティトークンとは セキュリティトークンとは「ワンタイムパスワード」を生成する機械やソフトウェアのことです。 ワンタイムパスワードとは、言ってみれば一度だけ使うことを前提とされた「使い捨てのパスワード」のことです。 最近、正規のWebサービスとそっくりに作られた悪意のあるサイトを構築し、ユーザーをだましてIDとパスワードを盗み取られる手口が普及しています。 IDとパスワードだけのログイン管理では、このような悪意のあるページからユーザーを保護することは困難です。 そこでIDとパスワードによる認証に別の要素を追加して認証を行う「二要素認証」が普及してきています。 二要素認証には、指紋や静脈などを使う「生体認証」もありますが、専用の読み取り機が必要になり、高いコストが必要です。 またインターネット上のサービスの認証には適していません。 そこでインターネット経由で二要素認証が行える仕組みとして普及したのが、ワンタイムパスワードです。 そしてそのワンタイムパスワードを生成するための機械やソフトウェアがセキュリティトークンです。 セキュリティトークンの仕組み セキュリティトークンで生成されたワンタイムパスワードは"一度使ったら再利用できない"という特徴があります。 セキュリティトークンには、予めセキュリティトークンのシリアル番号とユーザーのIDが関連付けられており、その関連付いたIDをもとにしてセキュリティトークンを使うと、現在使用可能なパスワードが表示される仕組みです。 セキュリティトークンを使い表示されたパスワードによって認証に成功すると、そのパスワードは破棄され二度と使えなくなります。 セキュリティトークンでは時刻同期方式(タイムスタンプ方式)が採用されています。 セキュリティトークンと認証を行うサーバー側で予め時刻と同期しておく必要があり、もし時刻にずれが発生している場合には正常に認証されなくなります。 またセキュリティトークンの中にはワンタイムパスワードだけでなく、デジタル署名に必要な、署名鍵の生成と保管を行えるものもあります。 セキュリティトークンを使うことで、安全なデジタル署名にするだけでなく、署名鍵はユーザーの識別情報としても使用できるので、そのままユーザー認証としても使用可能です。 セキュリティトークンのメリット セキュリティトークンのメリットは、"利用者ごとに異なる情報を保持している"という点です。 そのため、セキュリティトークンを所有していること自体が認証を成功させるためのステップとして機能しています。 そして認証に必要なパスワードをセキュリティトークンが自動生成してくれるため、ユーザーはパスワードを記憶する必要がありません。 またユーザーと認証を行いたいサーバーとの間の通信が盗聴されていて、ワンタイムパスワードの情報が盗み取られたとしても、ワンタイムパスワードの一度しか使えないという特徴を持つため、悪意のある攻撃者からの不正なログインを防ぐことも可能です。 強固なセキュリティが必要とされるネットバンクでは、セキュリティトークンを使ったワンタイムパスワード方式の認証を採用しているところが数多くあります。 インターネットを使って便利に取引を行いつつ、セキュリティトークンで高い信頼性を実現している点が、セキュリティトークンを使用する最大のメリットです。 セキュリティトークンの種類 セキュリティトークンとはハードウェアトークンとも言われ、ポケットやお財布に入れて持ち運べるサイズのものが大半です。 中にはキーチェーンにつなげられるように設計されているものもあります。 セキュリティトークンには形状や方式によっていくつかの種類があります。 以下に主なセキュリティトークンの種類について紹介します。 Bluetooth型トークン 無線通信方式の一つであるBluetoothで通信が可能なタイプです。 Bluetooth型トークンの場合はUSB端子がついている場合も多く、そのようなタイプはBluetoothが使用できない環境でもUSB接続を使って通信が可能です。 非接続型トークン 現在、最も普及しているのが非接続型トークンです。 単独で使うことができる点がメリットですが、バッテリーの寿命がUSB型トークンと比較して3~5年程度と短いのが難点です。 コスト削減のために、バッテリー部分のみ交換できるタイプもあります。 PCカード型トークン ノートパソコン用の規格であるType IIのPCカード専用のセキュリティトークンです。 例えばマイコトロンクス社がPCカードに入れたノートパソコン用のFortezzaカードトークンを製造しています。 スマートカード型トークン スマートカード型のトークンは、他のタイプのセキュリティトークンと比べて、費用を抑えることができます。 しかし耐久性が弱いため、寿命が短いというデメリットもあります。 スマートカード型のセキュリティトークンはカード型の形状であることから、お財布に入れて持ち運べるメリットもあり、ジャパンネット銀行などで採用されています。 ボタンが1つだけついたワンボタンタイプと、複数のボタンがついたキーパッドタイプがあります。 ワンボタンタイプは、ボタンを押すだけでワンタイムパスワードの生成が可能です。 しかし紛失してしまった場合、悪用されやすいという特徴があります。 一方で、キーパッドタイプは予め設定したパスワードを入力してから、ワンタイムパスワードを生成するもので、セキュリティ面でも安心です。 このため、多くの金融機関では、キーパッドタイプのセキュリティトークンへと移行が進みつつあります。 参照 USB型トークン パソコンと接続して通信できるUSB端子を使ったセキュリティトークンです。 コストが安く専用の機器なども必要としないことが特徴です。 USB型トークンには大きく2つの種類に分類できます。 1つ目はUSBケーブルを接続するだけで認証するタイプと、もう1つはワンタイムパスワード生成機能がついているタイプです。 USBは基本的にどのパソコンにも採用されている接続端子であり、ICカード形式のように専用の機器は必要とされません。 また、ワンタイムパスワード生成機能が付いたトークンは、キーホルダーなどにつけて持ち運べるトークンとして利用できます。 ソフトウェアトークン ソフトウェアトークンは専用のハードウェアを必要としないセキュリティトークンです。 スマートフォンアプリとして提供されるものもあり、ハードウェアトークンのように持ち運びする必要がありません。 まとめ セキュリティトークンを利用することで、金融機関などで必要とされる認証をより安全に行うことができます。 これまで紹介してきたようにセキュリティトークンには、様々な種類のものがあることをお分かりいただけたかと思います。 特にハードウェアトークンは、「What you have(本人しかもっていないもの)」を利用した認証であり、パスワードと同様に厳重に管理する必要があります。 直接ネットワークと接続していないため、セキュリティの観点で安心と言えますが、使用時に紛失やバッテリー切れが起きていないように、普段から適切に管理することが重要です。 メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント 1. はじめに 2. 近年の個人情報漏洩の状況 3. 内部要因による情報漏洩 3-1. 内部犯行による被害統計情報 3-3. 内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因 3-4. 内部犯行を減らすための対策 4. サイバー攻撃の統計情報 4-4. サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因 4-5. 急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策 4-6. サイバー攻撃の種類を把握しよう 4-7. 日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後 4-8. 外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策 無料でここまでわかります! ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?.

次の

ゆうちょダイレクト

トークン ゆうちょ

Contents• ゆうちょダイレクトのトークン 、 ゆうちょ銀行のトークン ワンタイムパスワード生成機 が届いたよ。 普通の封筒に入ったゆうメールなんで、郵便受けにそのまま投函されてた。 封筒の中身はエアキャップの袋に包まれたトークン本体と、その使い方と説明が書いてある紙。 トークンはこんな感じで、パッと見はカード型電卓みたい。 大きさは カードサイズより一回り小さいけど、厚みが3mm弱ぐらでボタンが少し盛り上がってるので、財布のカード入れには入らないな。 表面には保護フィルムあり。 私は貧乏性だから、剥がさずこのまま使うけど。 裏面はゆうちょダイレクトの問い合わせ電話番号とかが印刷されてる。 向かって左下の隠してある部分には、 シリアル番号が記載されてる。 トークンの使い方 具体的なトークンの使い方は、「1」ボタンを押すと、 1分間ワンタイムパスワードを表示。 何も押さなくても1分でオフになるけど。 たったそれだけの機能の割りに、ずいぶんボタンが多いな。 もしかしたら、口座番号との紐付けの設定にでも使うのか。 それとも、ここに書いてない機能があるのかな。 他社のトークンだと、内蔵時計とサーバの時刻がずれてると、パスワードが合わなくなるので調整できたような記憶がある。 ゆうちょダイレクトの利用登録 続いて実際の 利用方法について。 まずは、 ゆうちょダイレクトにログインして、トークンのシリアルとワンタイムパスワードを入力して、 トークンの利用登録をする必要がある。 当然、パスワードの入力は有効期限内に済ませる必要がある。 トークンの注意事項 最後にトークンの 注意事項について。 トークン使うと引き返せない まずは、 一度トークンの利用登録をすると、今後ゆうちょダイレクトでトークンが必要になる取引を行う場合、必ずトークンが必要になる事。 例えば、再発行依頼中などで手元にトークンがないと、 該当の取引をゆうちょダイレクトで行うことが出来ないので、ゆうちょ銀行の窓口やATMまで行かなくてはいけない。 現時点でトークン対象の取り扱いは下記の4つ。 ゆうちょ銀行あて振替• 他金融機関への振込• WEB連動振替決済サービス• ゆうちょ Pay-easy サービス 税金・各種料金の払込み トークンは対象口座専用 トークンは対象となる一つの口座でしか使えないので、複数口座を持っている人はトークンを混同しないようにした方がいい。 ゆうちょは原則一人一口座だけど。 家族でゆうちょダイレクトを、使ってる人がいるかもしれない。 まあ、同じ場所にトークン保管するとは思えないが。 なお、トークンが送られてきた封筒の宛名ラベルには、確認用の口座番号下5桁が印刷してあるので。 まずいないとは思うが、同一名義の口座で複数トークンを申し込んだ人は確認した方がいい。 トークン再発行 トークンは電池を使用してるけど、客は 交換できないようになっている。 その為、 電池切れの場合は再発行の手続きをしないといけない。 故障や紛失・盗難など、トークンが使用できなくなった時も同じ。 電池切れや故障の場合は無料だが、。 紛失・盗難の場合は再発行手数料 1080円 が必要になる。 トークン再発行手続きは、Webから専用フォームで申し込むとPDFファイルで再発行請求書と宛名が表示されるので、それを印刷してトークンと一緒に送る。 封筒はこちらで用意しないといけないが、切手は不要。 今回のまとめ そんな訳で早速 トークンを登録したよ。 トークンが必要になる取引で使ってるのは、ゆうちょ同士の振替ぐらいか。 これもヤフオクでたまにしか利用してないけど。 まあ、トークンの利用頻度は低いだろうけど。 ゆうちょダイレクトからの出金にワンタイムパスワードが必須になるのなら。 セキュリティ的には、かなり向上するんじゃないかな。 それを考えると、 利用頻度の低い人には、ゆうちょ銀行のトークン採用はかなりのメリットだと思う。 ちなみに、ゆうちょにも 「トークンの時刻の同期」があったよ。 メニューを見てみたけど、ゆうちょダイレクトのフォームにパスワードを2回入力するだけで調整されるらしい。 これだと、トークンについてる数字ボタンは使わないんだけど。 いったいこのボタン、何の為に付いてるんだか。 やっぱ、ゆうちょ側の設定用なんだろうか。

次の