モンテ クリスト 伯 華麗 なる 復讐。 モンテ・クリスト伯

ドラマ「モンテクリスト伯

モンテ クリスト 伯 華麗 なる 復讐

2018年4月19日からフジテレビの木曜劇場枠で放送されたディーン・フジオカ主演のドラマ「モンテクリスト伯-華麗なる復讐-」。 ドラマ「モンテクリスト伯-華麗なる復讐-」とは、アレクサンドル・デュマ・ペールによる小説「モンテクリスト伯」が原作となっていて、物語の舞台を現代の日本に移し、新たに日本版としてリメイクされたドラマです。 物語は、無実の罪で15年間投獄された主人公が、自分を陥れた3人の男に対して復讐を企てるというストーリーです。 ドラマ「モンテクリスト伯-華麗なる復讐-」は、すでに放送が終了してしまったため、再放送されない限り再び視聴することはできません。 しかし、動画配信サービスを利用すれば、ドラマ「モンテクリスト伯-華麗なる復讐-」の全動画(1話~最終回)をPCやスマホなどから観たい時に何度でも観ることができるようになります。 今回は、ドラマ「モンテクリスト伯-華麗なる復讐-」の動画(1話~最終回)を見放題で配信しているサイトと、その視聴方法について書いてみたいと思います。 <FODプレミアムで視聴できるドラマ「モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-」の見放題動画>• 第1話の動画「冤罪で地獄に落とされた男」• 第2話の動画「開幕!囚人から紳士へ大変貌 憎き者とついに対峙」• 第3話の動画「狂気の晩餐会開宴!復讐鬼が招待する最初の地獄」• 第4話の動画「寂しき人妻と魅力的な青年・・・復讐鬼、鬼畜の所業」• 第5話の動画「彼女はもう死んだ・・・惜別の夜 真の悪魔が覚醒する」• 第6話の動画「ついに宿敵を潰す・・・死よりも残酷な結末」• 第7話の動画「永遠のさよなら・・・昔の親友に贈る鎮魂歌」• 第8話の動画「最終章 仮面崩壊・・・全員狂気」• 第9話(最終回)の動画「壮絶復讐劇ついに完結」 ドラマ「モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-」の動画を見放題で視聴する方法 ドラマ「モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-」の動画を見放題で視聴するには、FODプレミアムへの会員登録が必要です。 FODプレミアムへの会員登録には、 月額888円の利用料金が発生します。 しかし、FODプレミアムへの会員になると、ドラマ「モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-」の動画以外にも、フジテレビで放送中のドラマ、過去にフジテレビで放送されていたドラマの動画なども見放題で楽しむことができます。 ドラマ「モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-」の全体のあらすじ 物語の舞台は、小さな漁師町。 柴門暖(ディーン・フジオカ)は、愛する女性・目黒すみれ(山本美月)との結婚が決まり、幸せの絶頂にいた。 無実の罪で15年間異国の地の牢獄に閉じ込められ、婚約者と自らの未来を奪われた主人公は、思わぬ幸運で獄中生活から逃れ、巨万の富を手に入れた別人となって舞い戻る。 ドラマ「モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-」の作品データ&スタッフ• 原作:アレクサンドル・デュマ(仏)「モンテ・クリスト伯(1841年)」• 脚本:黒岩勉• 音楽:眞鍋昭大• プロデュース:太田大• 荒井俊雄• 制作・著作:フジテレビ ドラマ「モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-」のキャスト• ディーン・フジオカ• 大倉忠義• 山本美月• 高杉真宙• 葉山奨之• 岸井ゆきの• 桜井ユキ• 三浦誠己• 渋川清彦• 新井浩文• 田中泯• 風吹ジュン• 木下ほうか• 山口紗弥加• 伊武雅刀• 稲森いずみ• 高橋克典 ドラマ「モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-」の主題歌• DEAN FUJIOKA「Echo」(A-Sketch) モンテ・クリスト・真海(ディーン・フジオカ)の復讐(ふくしゅう)は予定通り南条家を崩壊に導き、幸男(大倉忠義)が自ら命を絶とうとするまでに至る。 だが、幸男の娘、明日花(鎌田英怜奈)の存在が江田愛梨(桜井ユキ)を惑わせる。 真海が暖だと気づいたすみれ(山本美月)の存在も大きなものとなる。 自分の中にある揺れにぼうぜんとしながら真海が釣りをしていると、守尾信一朗(高杉真宙)が現れた。 信一朗と話すことで気分転換になった真海の心は、すぐに曇る・・・信一朗の交際相手が入間未蘭(岸井ゆきの)と知ったからだ。 その頃、未蘭は父の入間公平(高橋克典)に信一朗と会ってくれと頼んでいた。 しかし、入間は頑なに拒絶。 瑛理奈(山口紗弥加)は時間をかけて説得しようと未蘭を慰め、貞吉(伊武雅刀)の部屋に連れて行く。 瑛理奈の殺害計画を知る貞吉は必死に未蘭に危険を伝えようとする。 しかし、会話用のタッチパッドが瑛理奈に操作されていたため、未蘭に伝えることは出来なかった。 と、そこに真海が貞吉に会いに現れる。 入間は神楽清(新井浩文)と会う。 神楽は幸男の自殺、そして寺角類(渋川清彦)殺害は真海の仕業だと話す。 さらに、神楽は真海が自分と入間もターゲットにしていると告げた。 真海は何者だと思うと問う入間。 入間と神楽の脳裏には共通の人物が浮かぶ。 入間は真海を呼び出す。 真海と話すために使う取調室は、15年前に柴門暖を陥れた部屋で・・・。 「モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-」第8話の動画のあらすじ モンテ・クリスト・真海(ディーン・フジオカ)の復讐(ふくしゅう)は予定通り南条家を崩壊に導き、幸男(大倉忠義)が自ら命を絶とうとするまでに至る。 だが、幸男の娘、明日花(鎌田英怜奈)の存在が江田愛梨(桜井ユキ)を惑わせる。 真海が暖だと気づいたすみれ(山本美月)の存在も大きなものとなる。 自分の中にある揺れにぼうぜんとしながら真海が釣りをしていると、守尾信一朗(高杉真宙)が現れた。 信一朗と話すことで気分転換になった真海の心は、すぐに曇る・・・信一朗の交際相手が入間未蘭(岸井ゆきの)と知ったからだ。 その頃、未蘭は父の入間公平(高橋克典)に信一朗と会ってくれと頼んでいた。 しかし、入間は頑なに拒絶。 瑛理奈(山口紗弥加)は時間をかけて説得しようと未蘭を慰め、貞吉(伊武雅刀)の部屋に連れて行く。 瑛理奈の殺害計画を知る貞吉は必死に未蘭に危険を伝えようとする。 しかし、会話用のタッチパッドが瑛理奈に操作されていたため、未蘭に伝えることは出来なかった。 と、そこに真海が貞吉に会いに現れる。 入間は神楽清(新井浩文)と会う。 神楽は幸男の自殺、そして寺角類(渋川清彦)殺害は真海の仕業だと話す。 さらに、神楽は真海が自分と入間もターゲットにしていると告げた。 真海は何者だと思うと問う入間。 入間と神楽の脳裏には共通の人物が浮かぶ。 入間は真海を呼び出す。 真海と話すために使う取調室は、15年前に柴門暖を陥れた部屋で・・・。 「モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-」第7話の動画のあらすじ モンテ・クリスト・真海(ディーン・フジオカ)は自分をおとしめた寺角類(渋川清彦)をこの世から抹殺する。 そして、真海が復讐(ふくしゅう)のために放った南条幸男(大倉忠義)に向けた矢も、ついに的を射ようとしていた。 幸男の家に、裏組織のダニー・ウォン(葉山ヒロ)とサム・ユンロン(ジョン・リ)が押し入り、何も知らないすみれ(山本美月)と明日花(鎌田英怜奈)を人質にとられる。 かつて幸男も片棒を担いだショーン・リー(ジョー ナカムラ)事件の目撃者が香港警察と接触することになったとダニー。 目撃者はショーン夫婦の娘、エデルヴァ。 エデルヴァはダニーたちが人身売買したが、日本語を話す男が引き取った。 ダニーは、幸男が誰かに狙われているのだろうと、その男を探し出すよう命令する。 家を飛び出した幸男は江田愛梨(桜井ユキ)に予定のキャンセルを連絡、神楽清(新井浩文)に電話するもつかまらない。 その頃、神楽は訪ねてきた真海と会っていた。 真海は留美(稲森いずみ)に引き合わせた安堂完治(葉山奨之)が詐欺師だったと神楽に謝る。 そして、間もなく幸男がショーンの事件に関与していたことを香港警察が知ることになるとも教えた。 寺角の遺体は匿名の通報により警察に発見される。 寺角が浜浦町の出身で、15年前に暖が捕まった時の関係者だと国見悠馬(森岡龍)は入間公平(高橋克典)に報告。 入間は、ラデル共和国から死亡報告が届いている暖を調べ始めた・・・。 「モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-」第6話の動画のあらすじ モンテ・クリスト・真海(ディーン・フジオカ)の復讐(ふくしゅう)は、ついに死者を出すまでに至った。 その犠牲は入間公平(高橋克典)の家族の崩壊を意味している。 真海が放つ復讐の火種は南条幸男(大倉忠義)と神楽清(新井浩文)の関係も絶ち、大炎上を招こうとしていた。 香港のタブロイド紙が、十数年前に失踪した有名俳優、ショーン・リー(ジョー ナカムラ)の家族が裏組織ヴァンパに殺害されたという新証言を掲載。 記事は真海が裏で手を回したものだが、幸男の弱点を探る神楽も食いつく。 その家族の失踪当時の付き人が幸男だったからだ。 もちろん幸男、そしてヴァンパも・・・。 ヴァンパに多額の借金をしていた幸男は、ショーンの家族の留守宅に組織を招き入れる。 宝飾品などを盗み出すことで借金をチャラにしようとしたのだ。 だが、そこにショーンたちが帰宅。 組織のメンバーは、夫婦を殴り倒す・・・。 幸男が気づくと両隣に男が座っていた。 ヴァンパのボス、ダニー・ウォン(葉山ヒロ)たちだ。 ヴァンパが裏切り者を始末しに来たのだが、幸男は自宅に脅し文句が書かれたファックスが送られたことを男たちに話す。 すると最近、香港で過去の幸男のことを嗅ぎ回る人間がいたと教えられる。 神楽の秘書、牛山直紀(久保田悠来)だ。 男たちは牛山の動きを止めるよう幸男に命令する。 だが、事件の真相を知っている人間は幸男とヴァンパのメンバーだけではなかった。 それは、両親を目の前で殺害されたショーンの娘で・・・。 「モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-」第5話の動画のあらすじ 実の母子に肉体関係を持たせる・・・。 モンテ・クリスト・真海(ディーン・フジオカ)の魔手は神楽清(新井浩文)の妻・留美(稲森いずみ)を、彼女が不倫の果てに産んだ安堂完治(葉山奨之)と結びつけた。 真海の次なる一手は、入間公平(高橋克典)。 真海は、外務省勤務でマレーシアに駐在していた出口文矢(尾上寛之)を日本に呼び戻して自身の別荘に招待。 出口は、入間が自ら選んだ娘・未蘭(岸井ゆきの)の婚約者だ。 日本に帰れたことを喜ぶ出口に、真海は頼みがあると持ちかける。 それは入間の父・貞吉(伊武雅刀)を殺して欲しいというものだった。 驚く出口に真海は冗談だと告げるが、入間家は貞吉の莫大(ばくだい)な遺産相続で揉めていることを吹き込む。 一方、未蘭は『富永水産』に頼んでおいたダボハゼを取りに行く。 守尾信一朗(高杉真宙)に会った途端、未蘭の顔が輝いた。 ランチに出ると未蘭は、貞吉の反対で結婚がなくなったことを信一朗に話す。 信一朗と未蘭の未来に明るい陽が差し込んだかに思えたが・・・。 未蘭が帰宅すると出口が来ていた。 入間は出口に、貞吉の遺言書の件を話す。 未蘭が出口と結婚したら遺産は全て寄付するというものだ。 入間は、それでも未蘭と結婚して欲しいと出口に頼む。 出口は真海に成り行きを報告。 すると真海は「未蘭との結婚前に貞吉を殺して遺産を相続してしまえば良い」と出口にささやく。 逡巡(しゅんじゅん)する出口に真海は「貞吉はかつて人を殺している」と話し出した。 「モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-」第4話の動画のあらすじ モンテ・クリスト・真海(ディーン・フジオカ)は、復讐(ふくしゅう)のターゲットとなる者たちとの面通しを済ませる。 これは、彼らの大切なものを全て壊すことが目的である真海の序章に過ぎない。 とある土地開発プロジェクトの地鎮祭に、神楽清(新井浩文)が留美(稲森いずみ)とともに出席。 政治家の木島義国(嶋田久作)とつながりを持つ神楽は、次の国有地の取引を有利に運ぼうとしている。 木島は、取引に他の建設業者も動いていると、神楽にくぎを刺した。 神楽は留美を残して先に会場を出る。 そこに真海が現れた。 入間公平(高橋克典)から「真海には近づくな」と言われていた留美は驚く。 真海は「神楽にテナントの相談に来た」と言う。 そして、店を出すのは自らのアパレルブランドを立ち上げようとしている安堂完治(葉山奨之)だと、青年を留美に紹介。 安堂の相談を聞いて欲しいと、真海は留美を別荘でのランチに誘った。 帰り道、素直で明るい安堂を気に入った様子の留美は、神楽に頼んでテナントなどの件は力になりたいと告げる。 一方、入間は娘の未蘭(岸井ゆきの)の結婚式の日取りを決めた。 戸惑う未蘭は貞吉(伊武雅刀)に相談したいと言う。 入間は未蘭、妻の瑛理奈(山口紗弥加)と貞吉の部屋へ。 貞吉は会話もままならず、介護が必要な状態になっていた。 まだ結婚には早いと言って欲しいと頼む未蘭に貞吉は・・・。 言葉を話せない貞吉をバカにするかのように、入間は結婚準備を進め始める。 「モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-」第3話の動画のあらすじ 柴門暖(ディーン・フジオカ)はファリア真海(田中泯)の莫大(ばくだい)な隠し資産を譲り受けた。 素性を知られぬため暖は「モンテ・クリスト・真海」と改名し、世界屈指の投資家となる。 しかし、大金持ちとなった暖=真海の心は満たされることはなく、かつて自分を陥れた者たちへの復讐(ふくしゅう)心に支配されていた。 ある日、江田愛梨(桜井ユキ)と南条明日花(鎌田英怜奈)が2人乗りのシーカヤックで遊んでいると、誤ってパドルを落としてしまう。 手で漕いで浜に帰ろうとするのだが、潮の流れが悪くなかなか戻れない。 その時、クルーザーが近くを通り過ぎた。 愛梨と明日花が助けを求めると、クルーザーが戻ってくる。 クルーザーに乗っていた真海と秘書の土屋慈(三浦誠己)は愛梨たちを助けた。 愛梨は明日花の両親が真海に挨拶がしたいと言うので家に寄って欲しいと頼む。 真海が愛梨たちと明日花の家へ行くと、幸男(大倉忠義)が帰って来た。 明日花は幸男とすみれ(山本美月)の娘。 愛梨は幸男のマネージャーだった。 ほどなくすみれも帰宅。 幸男は有名な俳優、すみれはやはり著名な料理研究家になっている。 帰り際、真海は自分の別荘でホームパーティーをしたいと幸男とすみれを招待した。 真海が別荘に戻ると神楽清(新井浩文)が秘書とともに現れる。 真海はこの別荘を神楽から買っていた。 神楽にも夫婦でパーティーに来て欲しいと招待状を渡す真海。 さらに、真海は入間公平(高橋克典)にも接近する。 「モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-」第2話の動画のあらすじ 無実の罪を着せられ異国の地に投獄されてしまった柴門暖(ディーン・フジオカ)。 テロリストとのつながりを白状するよう激しく拷問されるが、暖は身に覚えがあるはずもなく、答えようがなかった。 しかし、暖は潔白を証明することも出来ず、そのまま地下の独房に幽閉されてしまう。 与えられるわずかな水と食料で、暖は殺されもせずにただただ孤独と戦い、8年の月日が流れる。 だが、暖にもついに生命の限界が訪れようとしていた・・・。 そんな時、地下牢の床から1人の男が顔を出す。 暖を脅し、看守への告げ口を封じる闖入者(ちんにゅうしゃ)は日本語を話した。 男が床の穴に戻ると、暖は意を決して後を追う。 穴は男の独房に通じていた。 暖が出会った男の名は、ファリア真海(田中泯)。 投獄されている国の元大統領だった。 暖は、自分が投獄された理由をファリアに尋ね、入間公平(高橋克典)や神楽清(新井浩文)たちにハメられたことを知る。 手製の道具で脱獄用の穴掘りを手伝う暖は永遠とも感じられる作業の中、ファリアからさまざまな知識と教養を得る。 生かされているだけでなく、目的を持った暖の精神と肉体は輝きを取り戻し始めた。 暖の目的とは日本に帰ること、そして何より自分を陥れた人間たちへの復讐(ふくしゅう)だった。 暖がファリアとトンネル掘りを続けて数年後。 ついに脱獄可能な場所にたどり着く。 「モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-」第1話の動画のあらすじ 2003年春。 小さな漁師町で漁業を営む柴門暖(ディーン・フジオカ)は、同じ町で喫茶店「シンドバッド」を経営する目黒すみれ(山本美月)にプロポーズ。 思いは受け入れられ、2人は結婚式に向けて幸せの絶頂にいた。 しかし、その矢先、暖の乗る遠洋漁船「海進丸」が遭難。 暖の後輩、南条幸男(大倉忠義)は心配して「シンドバッド」へ。 すみれは暖の帰還を信じ、努めて明るく振舞っている。 「海進丸」が所属する守尾漁業でも、社長の守尾英一朗(木下ほうか)、船員だが今回の航海には怪我で出られなかった神楽清(新井浩文)たちが憔悴(しょうすい)しながらも暖たちの無事を願う。 そんな守尾の事務所を漁協の組合長・遠藤勝也が訪ねて来る。 遠藤はもう2週間にも及ぶ遭難で捜索費がかさんでいることを守尾に告げた。 守尾は船長のバラジ・イスワランが優秀なので、みんな生きて帰ると譲らない。 だが、遠藤はバラジを不安に思っている。 バラジはテロ組織のメンバーではないかと疑われていたからだ。 それでも、守尾は船員たちを信じていた。 暖の実家では、母親の恵(風吹ジュン)が地上げ屋の寺角類(渋川清彦)と対峙(たいじ)していた。 と、 そこに「海進丸」帰港の連絡が入る。 迎えに来たすみれと港に急ぐ恵。 船員たちが上陸する中、暖も怪我はしたが生還を果たす。 亡くなったのは船長のバラジだけ。 すると、バラジの遺体を調べる男たちが・・・。 刑事の入間公平(高橋克典)の姿もあった。 まとめ 今回は、ドラマ「モンテクリスト伯-華麗なる復讐-」の動画(1話~最終回)を見放題で配信しているサイトと、その視聴方法について書いてみました。 ドラマ「モンテクリスト伯-華麗なる復讐-」の動画(1話~最終回)を見放題で配信しているのは、フジテレビの動画配信サービス「FODプレミアム」です。 FODプレミアムの会員になることで、ドラマ「モンテクリスト伯-華麗なる復讐-」の動画(1話~最終回)を見放題で視聴できるようになります。 現在FODプレミアムでは、Amazonアカウントを使って登録することで、登録後2週間無料で視聴できるお試し登録が可能です。

次の

ネタバレ有「モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-」全話あらすじ感想・登場人物(キャスト)・主題歌

モンテ クリスト 伯 華麗 なる 復讐

<キャスト>• 柴門暖・・・ディーン・フジオカ• 南条幸男・・・大倉忠義• 目黒すみれ・・・山本美月• 神楽清・・・新井浩文• 入間公平・・・高橋克典• 守尾信一朗・・・高杉真宙• 安堂完治・・・葉山奨之• 入間未蘭・・・岸井ゆきの• 江田愛梨・・・桜井ユキ• 土屋慈・・・三浦誠己• 寺角類・・・渋川清彦• ファリア真海・・・田中 泯• 柴門 恵・・・風吹ジュン• 守尾英一朗・・・木下ほうか• 入間瑛理奈・・・山口紗弥加• 入間貞吉・・・伊武雅刀• 神楽留美・・・稲森いずみ• <スタッフ>• 原作:アレクサンドル・デュマ(仏)『モンテ・クリスト伯』(1841年)• 脚本:黒岩 勉• 音楽:眞鍋昭大• 主題歌:DEAN FUJIOKA 『Echo』(A-Sketch)• プロデュース:太田 大、荒井俊雄• 演出:西谷 弘、野田悠介、永山耕三• 制作・著作:フジテレビ•

次の

ドラマ「モンテクリスト伯

モンテ クリスト 伯 華麗 なる 復讐

ディーン様の冷静で気品ある伯爵の姿はとても美しく、ずっと眺めていたかった。 色っぽくチャーミングなディーン様最高!• モンクリのような深いストーリーのミステリーやサスペンスをもっとやってもらいたいです。 いろいろと考えさせられる素晴らしいドラマでした。 視聴率が低かったのは、みんな、録画してたんじゃないかな。 何回も観れるように。 暖は、まだ生きているっていう解釈で、いいんだよね。 よかった。 最後の火事で死んでたら、切なすぎる。 でも最後に自殺するのは、良くわからない。 何の為の復讐なのかなって思う。 殺されるならばわかるけど…。 でも、最後に映っていたのがは真海さん? それにしても、山口紗弥加さんが演じる後妻さんは迫力ありましたね。 目の演技だけの伊武さんとのやりとりは、ゾクゾクしました。 真一郎と未蘭とのシーンは唯一ほっとしました。 真海さんは味方で良かったです。 視聴率が高くないのが不思議で、もっとたくさんの人に見てもらったら絶対みんなハマると思います!見てる人にはとても満足度が高いドラマだと思います!映画みたいに楽しめたドラマでした!終わるのが寂しいです!• 現代日本に置き換えられているものの、なんとなく原作通りでほっとしました。 最後、あいりさんと仲良く穏やかに暮らせそうな予感。 でもテレビニュースの場面、「西門暖モンテクリスト真海の復讐云々」いうくだりはいらなかったです。 あれでなんだかとても安っぽくなってしまった、残念。 ツッコミ所は多かったものの、それを吹き飛ばす圧倒的な面白さ。 ディーンさんが美しくて、はまり役でしたね。 ラスト付近のスミレの返事を聞くシーン、オペラ座の怪人を彷彿させました。 一瞬の喜びから絶望に変わる表情が素晴らしかったです。 自分の子の為に他人の事を顧みなかったという罪で死後逆さ吊りにされた話を聞いた時は、そんなあたり前の事で、と思ったが瑛理奈みたいだったらアリかもと、お盆を前に考えてしまいました。 ダンと真海は顔が一緒なのに誰も気付かないのか?と思っていましたが、並べて見ると結構違って見えました。 早く観たい!でも終わっちゃうのイヤ!でも結末を知りたい!と悶々と過ごした1週間でしたよ。 (愛は勝つ、は微妙だけど)最後に愛は勝つ、のエンディングかなあ…?• 病院に運ばれたからそのあとの義母の仕業も 明るみになるだろうし。 最近の日本のドラマでは全く満足できなくなっていた私が、10数年ぶりにハマった連続ドラマです。 無料で見るのが申し訳ないくらい上質なドラマ。 DVD化されたら絶対買います!• ディーンさんの事何とも思ってなかったのですが、 このドラマでとてもファンになりました。 ドラマの内容も久しぶりに寒気がするくらいはまっています。 終わらないでほしいです。 最終回2時間早く見たいけど、終わってしまうと思うと、見たくないです。。 またディーンさんの演技力に凄く驚くました。 深海さんはなぜあの青年をはめたの?そんな訳ないから更なるからくりがあるんですよね? ラデルに送り返してやるだなんて、入間こそ同じ苦しみを味屋わせてやって欲しいな。 無実の罪であんな非人間的な経験をしなければならないなんて、想像を絶する苦しみだろう。 ああ、こういう復讐ものは最後スカッとさせてくれないとつらいな。 期待してます!• 五代友厚と別の、当たり役です!• 長い原作をよくアレンジしてあると思います。 これは無理があるでしょうっと思う設定もそれほど気になりません。 とにかく面白いし、役者の皆さまが役にとっても合っていると思います。 来週の2時間スペシャルが待ち遠しいです。 来週、最終回なんて残念だけど2時間SPと聞いて今から楽しみです。 わかります。 愛梨はエデで、あすかはアルベール。 原作のエドモン・ダンテスと暖は別人だけど、この二人とどう決着をつけるのかも見ものです。 指紋が付かないように、ディーンはあらかじめ自分の指に何か細工をしておいたのかと期待していましたが…。 パイプ椅子を引くときは、椅子の背にハンカチを被せて、指紋が付かないように気をつけていたのに。 それと、良いところで邪魔をするあすかにイラついた。 あるからどんでん返しの可能性もあるよね。 ハラハラしながら1週間待つわ。 「待て、しかして希望せよ」の言葉が聴きたいなあ。 ドラマだからって、もう少しちゃんとしようよ。 大金かけなくなってできることはいろいろあるでしょ。 良いドラマだからこそ、明らかに視聴者が気になりそうなところをおざなりはよくないよ。 もったいないもん。 入間刑事部長が気づいちゃったようだけど、もう同じ手は二度とくわないよね。 やっつけてくれ~• 目つきも話し方も態度や物腰も全く別人で、幽鬼のような、冴え冴えとした新月の美貌だ。 「お約束」でもいいじゃん、何をそんなに拘ってるの?映画ならまだしも連ドラに大金はかけられないよ、ちゃっちい特殊メイクなら逆にがっかりしちゃう。 神楽だって暖は死んだって思ってたんだし、ネット情報の高評価で目が曇っちゃう。 自分の信じたいものしか信じないのが人間ってもんだよ。 英語や多国籍の言語をナチュラルに操り、気品と風格ある佇まい、セリフ外に込められた思いを表現できている。 丁寧過ぎる日本語も国籍不明の人物らしくて良い。 ディーンありき、の企画なのか、企画先行で俳優を探したのか。 香港マフィアの日本人俳優も適役。 でも、ダンは昔からの知り合いでずっと一緒にいた人だから金さんとは比較にならないと思う。 ダンはメイクなりなんなりもっと変えて欲しかった、 関ジャニが、ダンのことではなく香港俳優のことばかりを悔いて死んでいったのが納得いかない。 ダンにしたことをもっと悔やませるべき。 一番痛い目に合わせるべきはもち入間刑事部長だけど。 主要キャストがおディーン様とジャニタレ、美月さんだったんだ。 バブル期だったら何とかなったろうが、渋い時代ではどうにもならない。 みんな頑張ってる感は伝わるが(ファンも必死)・・・ドラマとしては。 フジテレビ独特の迷キャスティング。 このままだと時代に取り残されちゃうのかも知れない。 このドラマの場合、整形でもしないかぎり同一人物と気づかないのはお約束以外の何ものでもない気がする。 でも次回はやっと気づくのね、遅いわっ。 すっきり復讐敢行して終わってほしい。 微妙な終わり方だけは勘弁よ。 期待以上です。 そして、山本美月の演技に心打たれる。 現在活躍中の女優さんの中で 彼女が一番美しく可憐で、心に響くものを感じます。 それから、繰り返し流れる曲も ドラマに絶妙にマッチしていてゾクゾクします。

次の