マイナーKeyにおけるディグリーネームの表記法について|偏った人が語る音楽の話

実音表記によるコードは、あくまでも 「その曲のKeyに準じた」音の並び方を表したモノであり、たとえば別のKeyの曲でそのコード進行を使おうとした場合に、そのKeyにフィットするようにわざわざ変換しなければいけないからです。 結局のところコード進行に絶対的な決まりや正解はない。

Next

ディグリーネームを活用する(前編)/音楽理論講座

ここまでに説明した仕組みをわかってもらえていたら大丈夫だと思います。 ニ長調だと、 レファ ラ、ミソシ、ファ ラド 、ソシレ、ラド ミ、シレファ 、ド ミソです。 こんな感じ。

Next

ディグリーネームとは?コードを暗記不要にする魔法の数字!

感があるはず。

ディグリーネームとは?コードを暗記不要にする魔法の数字!

サビ:「Key=Cメジャー」 こういう曲の場合、Aメロやサビだけを見れば「Key=Cメジャー」ですが、Bメロだけを見れば「Key=Aマイナー」ということになるでしょう。

Next

便利なディグリーネーム(度数表記)について解説!【音楽理論】

普段はローマ数字だけで、黒鍵を使用したり、ダイアトニックとは異なる場合に書いた方が、見やすく分かりやすいと思います。

Next

便利なディグリーネーム(度数表記)について解説!【音楽理論】

ディグリーネーム さて、先ほど、調が変わっても譜面上で団子のように並べるという考え方は変わらない、ということを書きました。 各キーでのコードの機能が把握しやすくなる。 ダイアトニックコード 先程までに紹介した、いい感じに響くトライアド、テトラッドのことを、 ダイアトニックコードと呼びます。

和音、ダイアトニックとディグリーネーム【わかりやすい音楽理論】【楽典】

Next

ディグリーネームを使って、ナチュラルマイナースケールのダイアトニックコードを表そう!

トニックだかサブドミナントだかドミノピザだか。

Next