全身麻酔薬

麻酔薬の種類の中でも圧倒的に認知度が高く、 病院で大きな手術をする際にはこの全身麻酔が多く使用されています。 またインターフェロン製剤は間質性肺炎の副作用が有名です。

全身麻酔の看護|使用する薬剤の種類、方法、副作用・合併症、観察項目

全身麻酔の副作用・合併症 全身麻酔では薬剤や処置に伴う副作用や合併症が多数起こりえます。

Next

麻酔薬の種類や用途まとめ。手術後の痛みに適した局所麻酔薬もご紹介

麻酔中は常にアンテナを張っておくことで徐脈や喘息発作、アナフィラキシーなどいち早く患者さんの異変に気づけるようにしています。 麻酔科医や術後管理をする外科医の好みもありますが、術式や手術の目的に合った麻酔薬や筋弛緩薬等が用いられています。

Next

麻酔の知識と種類について

「腕神経叢ブロック」「傍脊椎神経ブロック」などがあります。 緑内障は眼房水などによって、眼圧が上がることが原因となります。 細菌は細胞壁と細胞質という構造をとります。

Next

全身麻酔の基本!静脈麻酔と吸入麻酔の違いと基本知識

胃液の逆流などにより誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)を起こすことがあり、腸閉塞(ちょうへいそく)や腹部膨満状態ではその危険性が高まります。 呼吸は浅く早くなります。 神経筋接合部に作用して効果を発揮します。

Next

全身麻酔薬(吸入麻酔薬・静脈麻酔薬)の一覧と作用機序

レニン-アンギオテンシン-アルドステロン系の結果、前負荷と後負荷が生じ、これらを取り除く薬と強心薬が使われます。 高血圧治療薬は、他の疾患でも出てくるので、そちらをまとめたりすれば覚えられます。 アドレナリン作動薬は、直接型、間接型、混合型が存在します。

Next