あんこ 冷凍。 あんこの賞味期限・ベスト保存方法は?常温・冷凍保存はできる?

あんこの賞味期限・ベスト保存方法は?常温・冷凍保存はできる?

あんこ 冷凍

あんこの賞味期限 まずは、あんこの賞味期限について説明をします。 未開封のあんこと、開封済みのあんこ、そして手作りのあんことでは賞味期限が異なるので、以下では未開封と開封済み、手作りに分けて述べていきます。 未開封のあんこ 未開封のあんこの 賞味期限は、商品によって大幅に異なります。 砂糖の量や水分量などで賞味期限が変わってくるため、賞味期限が1週間のものもあれば60日前後や半年、なかには2年以上とされているものもあり、一般的な目安が提示できないので、基本的には 商品に記載されている賞味期限を厳守するようにしてください。 また、賞味期限が切れて傷んでいるあんこを食べて食中毒になった事例は多く、危険なので、あまりおすすめはできませんが、数ヵ月以上の賞味期限が記載されているもので、ほんの数日程度のみ賞味期限が切れているような場合であれば、食べられる可能性は高いです。 その際には食べる前にあんこの状態をよく確認して、酸っぱい臭いがしていたり、糸を引いていたりするような場合は食べないようにしましょう。 開封後のあんこ 開封後のあんこの賞味期限は、煮沸消毒などを施した清潔な容器に入れて冷蔵庫に保存すると考えた場合、 約1週間です。 1度開封してしまったあんこは、空気に触れていて、さらには雑菌が入っている可能性もあるため、傷みやすい状態にあります。 したがって、1週間経たないうちに傷んでしまうこともあり、注意が必要です。 賞味期限内に食べればいいなどとは考えず、早めに食べきることをおすすめします。 手作りのあんこ 手作りのあんこの 賞味期限は、冷蔵庫での保存で、当日~翌日中とされています。 あまり日持ちができないため、1度に使い切れる量を作ることを心掛けると良いでしょう。 あんこの保存方法 あんこの保存方法として一般的に知られているのは冷蔵庫での保存ですが、常温や冷凍でも保存はできるのでしょうか。 以下で詳しく説明します。 あんこは常温保存できる? 商品によっては、冷暗所で保存することを記載しているものもあり、そういった商品に限って常温保存が可能です。 しかしそれも未開封のあんこのみに限定されていて、 開封済みのあんこや手作りのあんこは常温保存ができません。 また、未開封のあんこであっても冷暗所が確保できないような夏場には常温保存は避けた方が良いでしょう。 いちいち小分けにするのが面倒だという方は、あんこをジッパー付き保存袋に平らになるように入れ、箸などで適当なサイズに線を入れて冷凍すると、使いたい分だけパキッと折って取り出せるので簡単です。 また、少量ずつあんこを使いたいという方には、製氷皿にあんこを入れて凍らせ、完全に凍ったらジッパー付き保存袋に入れて冷凍するという冷凍保存の方法が良いでしょう。 冷凍保存の期間 どのあんこでも 冷凍保存の期間は約2ヵ月です。 しかし、おいしさを重視する場合は、1ヵ月程度で食べきることをおすすめします。 解凍方法 あんこを解凍する場合は、 冷蔵庫に移して自然解凍をしましょう。 急いでいるのであれば電子レンジでも解凍ができますが、その際は少しずつ様子を見ながら加熱して解凍してください。 冷凍のあんこを、おしるこなどの水分を含むあんこ料理にする場合は、適量の水を入れた鍋に凍ったままのあんこを入れ、調理と並行して解凍を行うこともできます。 そうすると冷凍特有の気になる臭いも無くなるので、おしるこなどを作る方にはぜひ実践していただきたい方法です。 あんこのベストな保存方法 あんこのベストな保存方法は、冷凍保存です。 冷凍保存をするとかなり日持ちするので、1度に使いきれない場合にも無理して食べなくてはいけない事態を防ぐこともできます。 もし2日以内にあんこを食べきることができるのであれば、冷蔵保存もおすすめの方法です。 どのくらいの日数であんこを食べきれるかを考慮して、冷凍保存か冷蔵保存かを選ぶようにしてください。 あんこの保存方法まとめ あんこの賞味期限や保存方法に関しては、 まとめ• 未開封のあんこの賞味期限は商品によって大幅に異なるため、商品記載の賞味期限を厳守する• 開封後のあんこの賞味期限は、冷蔵保存で約1週間• 手作りのあんこの賞味期限は、冷蔵保存で当日~翌日• あんこは商品によっては常温保存が可能(ただし未開封のあんこのみ)• あんこは冷凍保存が可能• あんこを冷凍保存する場合は、小分けにしてラップで包み、さらにジッパー付き保存袋に入れて冷凍• あんこの冷凍保存の期間は約2ヵ月• あんこを解凍する際は、冷蔵庫に移して自然解凍• あんこのベストな保存方法は、冷凍保存(2日以内に食べるのであれば冷蔵保存) 以上が大まかなポイントです。 あんこは1度に食べきれず、余ることが多いので、これらの保存方法で上手に保存して、無駄にしてしまうことのないようにしていただければと思います。

次の

業務スーパー冷凍たい焼きはたっぷりあんこが嬉しい!美味しい温め方

あんこ 冷凍

緊急事態宣言が解除になったエリアが多いものの、まだ気軽に外食を楽しめない状況が続いています。 「なかなかカフェに行って気分転換、とはいかない今、冷凍食品を使った簡単スイーツを楽しんでいます」というのは、ライフオーガナイザーの佐藤美香さん。 冷凍庫にあると便利なアイテムを詳しく教わりました。 いつものおやつも、簡単にボリュームアップしてくれます。 たとえば、これからの季節、登場回数が増えるかき氷。 つい食べすぎてしまい、あとになってお腹が痛くなるなんてことも…。 かき氷に白玉を添えると満足感が増すので、食べすぎ防止にもなるかもしれません。 かわいさも増しますよ! 練乳と合わせてもおいしいですが、私はあんこを添えることが多いです。 少しだけ欲しいあんこも、冷凍しておくといいですよ。 使うときは折って必要な量だけ取り出せます。 小さいので、解凍も早いです。 缶詰のフルーツを使えば、包丁もまな板も使わず、手軽につくれます。 どちらも、アレンジしやすくて大活躍。 なにかに添えるのにも便利ですが、よくつくるのはスムージーやアイスなど、冷凍を活かしたひんやりスイーツ。 冷凍マンゴーと生クリームをフードプロセッサーでかくはん、凍らせるとマンゴーアイスのできあがり。 しっかりとマンゴーの味がする、ちょっとぜいたくなアイスです。 氷を入れなくていいので、味が薄まる心配もありません。 いつものコップを変えて、庭やベランダで飲むのも、ちょっとした気分転換になります。 冷凍パイシートなら、簡単に子どもと一緒に楽しみながらできますよ。 好きなものを食べると、元気になりますよね。 おいしいおやつを取り入れながら、家での時間を上手に過ごしていきたいなと思います。 ライフオーガナイザー、冷凍生活アドバイザー、リユースオーガナイザーの資格を生かして片づけ作業、イベントや講座などを行っている。 ブログ「愛家」を更新.

次の

砂糖不使用 冷凍あんこ(アガベシロップ使用) 100g

あんこ 冷凍

スポンサードリンク あんこの保存方法は? 残ったあんこはどのように保存したらいいのか? 常温・冷蔵・冷凍の三つがありますが、常温保存できるのは開封前の市販のあんこだけ。 開封後や手作りあんこの場合は常温はできません。 しっかり加熱して作ったし1日くらいなら大丈夫!なんて甘く見ていると食中毒の恐れも出てきますので、保存方法には注意が必要です。 市販・手作り関係なく、あんこの保存は冷蔵または冷凍の2択です。 ではその詳しい保存方法について見ていきましょう。 手作りのあんこなら、鍋からタッパーに移して冷蔵庫に。 移し替える際は容器の水分はよく拭き取り、清潔な入れ物を使うようにしてください。 缶入りのものなら鍋の時と同じようにタッパーなどに移し替えましょう。 水分もあまりなく量も少ないならラップに包んでもOK。 市販の袋入りのあんこなら袋の空気を抜いて、口をギュッとゴムで縛り冷蔵保存しましょう。 容器に移し替えるよりも袋に入ったまま保存した方が、余計な雑菌を付けずに済みますのでそのままのほうがかえって好都合です。 次の日に保存しておいた手作りあんこを使う場合、砂糖の量をグンと控えて作ったものだと表面に水が浮いていることがありますから念のためもう一度鍋で加熱して使うと美味しく食べられます。 あんこは解凍したときに使いやすいよう、小分け冷凍しておいた方が便利です。 ラップに1回分ずつのあんこを包んで冷凍しましょう。 空気が入らないようにぴっちり包み、1センチくらいの厚さになるようにするのがポイントです。 早く凍るように金属トレーの上に置いた状態で冷凍すると、早く固まりますのでおすすめです。 凍ったものを再度取り出し、ジップロックなどチャックつきの袋に入れて冷凍保存しましょう。 あんこは冷凍庫のニオイを吸いやすいので、2重に袋に入れておいた方がいいんです。 解凍するときは前の晩に冷蔵庫に出してゆっくり解凍させるか、電子レンジでチンしてください。 糖分が少なかったり保存料をあまり使っていないあんこは傷みやすいので食中毒を防ぐ意味でも、その方が安心です。 過去にあんこの食中毒がニュースになりましたが、あんこって腐っていてもわかりにくいんですよね。 なので、冷蔵の場合は翌日までに食べきるのがおすすめです。 それ以上に保存期間が長くなると冷凍焼けを起こしやすくなったり、冷凍庫のニオイが付いてしまってせっかくのあんこの美味しさが半減してしまいます。 冷凍といえどなるべく早めに食べるようにしましょう。 あんこを食べるのに使ったスプーンなどで取り分けたり、手で触ったりはしないよう注意してください。 なので小分けは必ずラップを使い、凍ったものをジップロックにい入れて保存するようにしてください。 ちょっとの手間で食べるときの美味しさにも差が出ます。 そんな時はいったん鍋に出して弱火にかけ、様子を見て水少々を加えつつ焦げないように加熱すると冷凍庫くささが和らぎます。 ニオイは付いていないけど、何となく冷凍したものは味が落ちるな~と感じる場合ももう一度加熱すると美味しさが戻ります。 おわりに あんこをストックしておくと、ちょこちょこ使えて便利なんですよね。 簡単に済ませたい1人ランチにはトーストにバター&あんこもできちゃいますし、どら焼きの皮をちゃちゃっと焼いてあんをサンドすれば買ってこなくてもどら焼きがすぐに作れます。 市販品は注意しないと添加物も多いので、できれば小豆と砂糖で手作りするのがおすすめ。 意外と簡単ですし安心して食べることができますので、ぜひ一度挑戦してみてください^^.

次の