郵便局 窓口業務 何時まで。 急な用事でもまだ間に合う!? 郵便局の振り込み時間って何時まで?

郵便局の営業時間って何時までですか?

郵便局 窓口業務 何時まで

郵便局で両替はできます。 下は僕が郵便局で両替をしてもらった時の新札です。 これらの体験も含めて説明していきます。 上で解説した、ゆうゆう窓口もある集配局です。 郵便局に着くと、フロアで、貯金窓口がある方向に行き、用件を聞いてくれるスタッフの人に「新札への両替をお願いしたいのですが。。 」と伝えました。 そうすると、「両替内訳書」という、どのくらい両替するかを記入する用紙を渡されました。 これを記入してください、と言われました。 記入する項目は 名前 電話番号 住所 金種希望(新札、棒金で何枚必要か) を書きました。 今回の両替は1万円札を4枚、5千円札を2枚、新札に交換してもらいました。 用紙の記入欄に1万円札、4枚などと記入していきました。 用紙に名前などは書きましたが、その後に身分証の提示などは特に必要ありませんでした。 記入後は、両替内訳書を書き終わった旨を、案内係の人に伝えました。 そうすると、窓口につなぐ番号札が渡され、番号が呼ばれるまで待ちました。 自分の番号札の番号が呼ばれると、窓口に行き、スタッフの人に、両替したいことと、先ほどの両替内訳書と、交換する前の古いお札を渡しました。 新札に交換してくれるまでの間、そのままさらに待ちます。 7、8分待つと、自分の番号札が呼ばれて窓口に再度行きました。 用紙で記入した分のお札を、新札に交換してもらえました。 希望の枚数、使ったお札でなく、きれいな新札をもらうことができました。 体験談2 郵便局で新札2枚に交換 違う郵便局でも新札に交換しました。 新札の1万円札が2枚必要となり、最初とは別の東京都内にある店舗で両替しました。 ここもゆうゆう窓口がある大きい郵便局です。 郵便局の中に入り、貯金窓口を探しました。 受付の番号の紙をもらう機械の前に「貯金」と書いてあり分かりました。 この日は窓口に誰もお客さんがおらず、スタッフの人とすぐに話せました。 「新札の1万円札が2枚必要なのですが、交換してもらえますか?」と伝えたところ 奥にいる他のスタッフの人に確認を取ってくれて、「大丈夫です。 できます」と言われました。 そして窓口でお札を渡し、待っていると、2,3分もしないうちに、新札を持ってきてくれました。 古いお札は財布に入れていて曲がっていましたが 折り目もないきれいな新札に代えてもらえました。 時間は10分もかかりませんでした。 ここの郵便局では、両替・交換は ・新札は在庫があればしてもらえる ・5千円札の新札への交換はできない ということでした。 最初の店舗は両替内訳書の記入が必要でしたが、ここはいらず、話をしてお願いすればいい形でした。 ただし、対応できる範囲での両替・交換になります。 また郵便局は全国にたくさんの店舗がありますが、店舗ごとによって対応が違う場合があります。 店舗ごとによって ・両替・交換できるお札や硬貨の量 ・できるか・できないか が違いがある場合があります。 郵便局は両替を仕事としてやっておらず、あくまで顧客サービスの1つで行っています。 また、街の近所にある小さめな郵便局もあれば、地域の拠点となる大きい郵便局もあります。 その店舗ごとで用意できる紙幣や硬貨の量にも違いがあります。 他の銀行の中には、手数料を取って、両替を業務として行っています。 下は三井住友銀行と千葉銀行の両替の業務のHPです。 普通の銀行では、このように手数料を取って両替を仕事として行っていますが、 ゆうちょ銀行(郵便局の貯金窓口)では、上のようにはそもそも両替を業務としていません。 そのため、手数料はかかりません。 反対に窓口でお願いしても本来は仕事ではないことをサービスでやってくれるものなので、快く応じてくれるものの 例えば自分の希望する両替に対応できるほどのお札や硬貨の在庫をその店舗で持っていなかったり、 店舗にお客さんが多く忙しいと、本来の業務に差しさわりがあるため、断られる可能性もあるかもしれません。 まずはこのような理解をしておきたいです。 また対応は郵便局ごとに違うので、いきなり行っても分からないので、前もって行く前にまず 郵便局に電話や窓口で両替できるか聞いてみる ようにした方がいいかもしれません。 私が実際に両替をする前に通りがかった某都内の大型の郵便局で両替できるか聞いてみたところ、スタッフの人から両替できると言われました。 受付表をもらう機械の前に立っていた係の人に「両替はできますか?」と聞いたところ、 ・両替内訳書 という紙を渡され、 「新札で5千円は2枚まで、2千円札はなし、他の紙幣は100枚まで...」 とその郵便局での両替や交換について、丁寧に案内してくれました。 そして後日、上述のように両替をしてもらえました。 郵便局の両替は手数料はかからない 郵便局の窓口で、両替をしてもらえた場合には、手数料はかかりません。 他の銀行のように、硬貨500枚の両替は400円などといった手数料は取られません。 業務として両替をやっていないためです。 手数料が取られない分で、郵便局はお得と言えます。 実際に僕もお願いをして、手数料を取られたことはありません。 僕は両替でお世話になったので、年末に宅急便を送る用がありましたが、他社ではなくゆうパックを利用したりもしました。 どこの郵便局で両替できるのか 具体的には、自分がお願いしたい郵便局の1つずつに聞いてみないと何とも言えませんが、 両替してもらいやすいのは、「地域ごとにある大きい郵便局」です。 ・集配郵便局・ゆうゆう窓口がある ・ゆうちょ銀行の窓口がある郵便局 などになります。 上のURLから「ゆうゆう窓口」がある大きい郵便局を探せます。 僕は家から近い2つの集配郵便局の店舗に両替してもらえるか事前に聞いてみました。 どちらもできると言われ両替しに行きました。 郵便などを出す「郵便窓口」でなく、貯金窓口になります。 郵便局で、預金を預けたり、振り込んだり、引き出したりするなどお金関係の 窓口は「貯金窓口」になります。 郵便を出したりする郵便関係は「郵便窓口」です。 しかし特に難しく考えることはなく、郵便局に入ると、 下の画像のように「郵便」や「貯金」といったように、わかりやすく案内板が出てますから 貯金と書いてある窓口に出向き、交換や両替をお願いするようにします。 下のURLで営業時間を調べることができます。 貯金窓口で多い営業時間は、下のように、9時~16時が多めです。 例 大きい郵便局になると、例えば東京の豊島郵便局だと、9時~18時まで営業しています。 500円玉貯金などで大量に集めた小銭を郵便局の窓口に持っていき、それを1度貯金してしまって、後から引き出すようにします。 両替はサービスでやっていますが、お金を口座に預け入れるというのは、預金を業務としてやっていますから当然できます。 ただし、小銭を大量に預け入れて、まとめる場合には、ゆうちょ銀行の口座が必要となりますが、 そのようなことを特にしないのなら、通帳は必要ありません。 実際に私が両替を窓口でお願いした時も、通帳を出す必要はありませんでした。

次の

郵便局の営業時間は?平日は遅くまで開いているところもあった!

郵便局 窓口業務 何時まで

郵便局で両替はできます。 下は僕が郵便局で両替をしてもらった時の新札です。 これらの体験も含めて説明していきます。 上で解説した、ゆうゆう窓口もある集配局です。 郵便局に着くと、フロアで、貯金窓口がある方向に行き、用件を聞いてくれるスタッフの人に「新札への両替をお願いしたいのですが。。 」と伝えました。 そうすると、「両替内訳書」という、どのくらい両替するかを記入する用紙を渡されました。 これを記入してください、と言われました。 記入する項目は 名前 電話番号 住所 金種希望(新札、棒金で何枚必要か) を書きました。 今回の両替は1万円札を4枚、5千円札を2枚、新札に交換してもらいました。 用紙の記入欄に1万円札、4枚などと記入していきました。 用紙に名前などは書きましたが、その後に身分証の提示などは特に必要ありませんでした。 記入後は、両替内訳書を書き終わった旨を、案内係の人に伝えました。 そうすると、窓口につなぐ番号札が渡され、番号が呼ばれるまで待ちました。 自分の番号札の番号が呼ばれると、窓口に行き、スタッフの人に、両替したいことと、先ほどの両替内訳書と、交換する前の古いお札を渡しました。 新札に交換してくれるまでの間、そのままさらに待ちます。 7、8分待つと、自分の番号札が呼ばれて窓口に再度行きました。 用紙で記入した分のお札を、新札に交換してもらえました。 希望の枚数、使ったお札でなく、きれいな新札をもらうことができました。 体験談2 郵便局で新札2枚に交換 違う郵便局でも新札に交換しました。 新札の1万円札が2枚必要となり、最初とは別の東京都内にある店舗で両替しました。 ここもゆうゆう窓口がある大きい郵便局です。 郵便局の中に入り、貯金窓口を探しました。 受付の番号の紙をもらう機械の前に「貯金」と書いてあり分かりました。 この日は窓口に誰もお客さんがおらず、スタッフの人とすぐに話せました。 「新札の1万円札が2枚必要なのですが、交換してもらえますか?」と伝えたところ 奥にいる他のスタッフの人に確認を取ってくれて、「大丈夫です。 できます」と言われました。 そして窓口でお札を渡し、待っていると、2,3分もしないうちに、新札を持ってきてくれました。 古いお札は財布に入れていて曲がっていましたが 折り目もないきれいな新札に代えてもらえました。 時間は10分もかかりませんでした。 ここの郵便局では、両替・交換は ・新札は在庫があればしてもらえる ・5千円札の新札への交換はできない ということでした。 最初の店舗は両替内訳書の記入が必要でしたが、ここはいらず、話をしてお願いすればいい形でした。 ただし、対応できる範囲での両替・交換になります。 また郵便局は全国にたくさんの店舗がありますが、店舗ごとによって対応が違う場合があります。 店舗ごとによって ・両替・交換できるお札や硬貨の量 ・できるか・できないか が違いがある場合があります。 郵便局は両替を仕事としてやっておらず、あくまで顧客サービスの1つで行っています。 また、街の近所にある小さめな郵便局もあれば、地域の拠点となる大きい郵便局もあります。 その店舗ごとで用意できる紙幣や硬貨の量にも違いがあります。 他の銀行の中には、手数料を取って、両替を業務として行っています。 下は三井住友銀行と千葉銀行の両替の業務のHPです。 普通の銀行では、このように手数料を取って両替を仕事として行っていますが、 ゆうちょ銀行(郵便局の貯金窓口)では、上のようにはそもそも両替を業務としていません。 そのため、手数料はかかりません。 反対に窓口でお願いしても本来は仕事ではないことをサービスでやってくれるものなので、快く応じてくれるものの 例えば自分の希望する両替に対応できるほどのお札や硬貨の在庫をその店舗で持っていなかったり、 店舗にお客さんが多く忙しいと、本来の業務に差しさわりがあるため、断られる可能性もあるかもしれません。 まずはこのような理解をしておきたいです。 また対応は郵便局ごとに違うので、いきなり行っても分からないので、前もって行く前にまず 郵便局に電話や窓口で両替できるか聞いてみる ようにした方がいいかもしれません。 私が実際に両替をする前に通りがかった某都内の大型の郵便局で両替できるか聞いてみたところ、スタッフの人から両替できると言われました。 受付表をもらう機械の前に立っていた係の人に「両替はできますか?」と聞いたところ、 ・両替内訳書 という紙を渡され、 「新札で5千円は2枚まで、2千円札はなし、他の紙幣は100枚まで...」 とその郵便局での両替や交換について、丁寧に案内してくれました。 そして後日、上述のように両替をしてもらえました。 郵便局の両替は手数料はかからない 郵便局の窓口で、両替をしてもらえた場合には、手数料はかかりません。 他の銀行のように、硬貨500枚の両替は400円などといった手数料は取られません。 業務として両替をやっていないためです。 手数料が取られない分で、郵便局はお得と言えます。 実際に僕もお願いをして、手数料を取られたことはありません。 僕は両替でお世話になったので、年末に宅急便を送る用がありましたが、他社ではなくゆうパックを利用したりもしました。 どこの郵便局で両替できるのか 具体的には、自分がお願いしたい郵便局の1つずつに聞いてみないと何とも言えませんが、 両替してもらいやすいのは、「地域ごとにある大きい郵便局」です。 ・集配郵便局・ゆうゆう窓口がある ・ゆうちょ銀行の窓口がある郵便局 などになります。 上のURLから「ゆうゆう窓口」がある大きい郵便局を探せます。 僕は家から近い2つの集配郵便局の店舗に両替してもらえるか事前に聞いてみました。 どちらもできると言われ両替しに行きました。 郵便などを出す「郵便窓口」でなく、貯金窓口になります。 郵便局で、預金を預けたり、振り込んだり、引き出したりするなどお金関係の 窓口は「貯金窓口」になります。 郵便を出したりする郵便関係は「郵便窓口」です。 しかし特に難しく考えることはなく、郵便局に入ると、 下の画像のように「郵便」や「貯金」といったように、わかりやすく案内板が出てますから 貯金と書いてある窓口に出向き、交換や両替をお願いするようにします。 下のURLで営業時間を調べることができます。 貯金窓口で多い営業時間は、下のように、9時~16時が多めです。 例 大きい郵便局になると、例えば東京の豊島郵便局だと、9時~18時まで営業しています。 500円玉貯金などで大量に集めた小銭を郵便局の窓口に持っていき、それを1度貯金してしまって、後から引き出すようにします。 両替はサービスでやっていますが、お金を口座に預け入れるというのは、預金を業務としてやっていますから当然できます。 ただし、小銭を大量に預け入れて、まとめる場合には、ゆうちょ銀行の口座が必要となりますが、 そのようなことを特にしないのなら、通帳は必要ありません。 実際に私が両替を窓口でお願いした時も、通帳を出す必要はありませんでした。

次の

郵便局の受付時間は?速達の配達日数や土日に出したい場合の方法も

郵便局 窓口業務 何時まで

郵便局の貯金窓口は平日の午前9時から午後4時です。 店舗によって、営業時間は午後6時までなど異なる場合もあります。 もし当日中に他行(ゆうちょ銀行以外)へ振込をしたい場合は、15時までに振込を済ませておいてくださいね。 急ぎでなく、翌日扱いの振込でOKの場合は、15時〜16時にも振込できますよ。 普通の銀行窓口は午後3時で閉まってしますし、当日中に振込したい場合は2時ごろに締め切ってしまうことも多いので、ありがたいですね! ただ、時間ギリギリに行くと窓口が混んでいたり、焦って忘れ物をしたりすることもあるので、時間には余裕を持って行動しましょう! 私は銀行で働いていた経験があるのですが、一番込み合う時間はお店が閉まってしまうギリギリの時間でした。 ゆうちょATMでの振り込みは何時までできるのでしょうか? ゆうちょATMが稼働している時間ならいつでも振込できます! ちなみにゆうちょ銀行のATMは店舗によって全然違います。 ゆうちょ銀行ホームページで確認しましょう。 ちなみに手数料もATMの方が安いですし、時間も短縮できますよ! 振込金額や振込用紙によってはATMでは振込できないこともあるので注意してください。 窓口もATMも行けないときは? 平日は仕事で窓口に行けないし、ATMも遠くて行けないこともありますよね! そんな時には、インターネットでの振込が便利です。 郵便局ならゆうちょダイレクトですね。 事前の登録が家で必要になりますが、一度登録してしまえば、テレビを観ながらでも、仕事の休憩中でもサッと振込手続きができてしまいます! 私は田舎に住んでいて、冬は雪が積もってしまうのでほぼネットで済ませています!一度ネットで振込すると便利すぎて驚きますよ。 関連ページ 身近にあって便利な郵便局。 ネットオークションが好きな人は、郵便局から商品を発送する事も多いのではないでしょうか? その際土日も配達されるのか気になりますよね。 今回は受け取る側も送る側も気になる、郵便の配達は土日もしてくれるのかについて調べてみました。 仕事や学校などで平日郵便局に行くことができない人は多いです。 もし、土日に郵便局が営業していたら利用うれしいですよね。 そこで、土日にも郵便局の窓口は営業しているのか、また営業時間はいつからいつまでなのか、調べてみました。 郵便局は、営業時間が決まっています。 全国どこにでもあり身近な存在ですが、平日自由な時間が限られている人にとっては、コンビニのようにいつでも利用できるわけではないのが悩ましいところです。 仕事や学校の帰りに郵便局に寄ってみたら、窓口がもう閉まっていた…という経験がある人もいるかもしれませんね。 そこで、平日の郵便局の営業時間についてまとめました。 平日郵便局に行くことが難しい学生さんや社会人の方、必見です! 一部の郵便局では祝日もATMを利用することができます。 祝日で仕事や学校がお休みの方にとっては、利用しやすい時間に開いていてほしいですよね。 また、コンビニのように24時間営業のATMが存在するのか、気になるところです。 今回は、ゆうちょATMの祝日の営業時間についてまとめました。 郵便物の不在票が入っていたけど、平日はなかなか時間がとれなくて・・・。 仕事に家事に育児に。 と、バタバタしていて再配達なんかできませんよね。 土日の休日なら受け取れるけど、土日の再配達ってやってくれるの? 今回はそんな疑問を解決していきたいと思います。 ゆうパックは土日も配達はしてくれるのかな? 土日祝日にゆうパックは配達してもらえるのか? 年末年始やゴールデンウィークの間の配達はどうなのか? などについて説明しますので、ぜひ参考になさってくださいね〜。 郵便を今日中に送りたい。 そんなとき、郵便ポストの最終回収時間がわかれば便利ですよね。 実は調べる方法があるんです! 図解で説明しますね。 はがきや定形・定形外郵便で出す場合、追跡番号がないので相手にどのくらいで届くのかわかりませんよね。 そこで、普通郵便の配達は、何時から何時までなのか、また、土日や祝日も配達してくれるのかを調べてみました。 再配達の時間についてもあわせて調べましたので、参考してくださいね。 東京で24時間営業のゆうゆうゆう窓口を紹介します。 急ぎで郵便を出したい人はぜひ参考にしてください。 24時間営業のゆうゆう窓口一覧(全国版)です。 急ぎで郵便を出したい方はぜひ参考にしてください。 急に郵便局を利用しなければいけない状況が起きたことはありませんか? 郵便局には土日でも受付をしてくれる、ゆうゆう窓口があります。 今回はゆうゆう窓口の営業時間や業務内容をご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

次の