オーストラリア 火事。 【オーストラリア森林火災・最新情報】ケアンズへ旅行・ツアーに行っても大丈夫?気になる観光地への影響

オーストラリア山火事いつからいつまで?原因が何でなぜ報道しないのかも徹底調査

オーストラリア 火事

()の衛星写真と火事が起きている場所 オーストラリアの森林火災(英語:Bushfires in Australia)は、で発生するである。 人間や動物たちの多くを死傷させているが 、その一方オーストラリアのの一部は、繁殖の手段として火災を利用する形に進化している。 例として、という植物は、火災の刺激を受けて種をまくようになっている。 このようにオーストラリア大陸で発生する火災は自然環境の一環として、生態系に受け入れられていた。 また原住民のも、が多い限られた地域ででを行っていた。 しかし、西洋人の無計画な森林伐採・野焼き・火の管理と、燃えやすい植物の導入、そしてにより、森林火災が拡大するようになった。 に発生したの森林火災の様子。 山火事や森林火災はWildfireであるが、Bushfireとなっているのは、燃える場所が ()という訳ではなく、オーストラリアやの方言で未開発地域 もしくは僻地 という意味の「 ()」から来ている [ ]。 こういった地域は、やに不向きで、アクセスも悪く大抵の場合はのような形になっている。 原因 [ ] 直接的な原因 [ ] 自然現象• 強風による送電線の倒壊 人為的• からの• 放火(タバコ、マッチのポイ捨て含む)、野焼き、焼き畑、キャンプファイヤー• 放電などで金属をつなぐ作業、金属を削るのような火花が出る作業 動物の習性によるもの オーストラリアに棲息する、、 ()らの鳥は、火が付いた枝を草原に落とし発火させる事で、火から逃げる餌を捕らえる習性を持つ。 間接的な要因 [ ] 乾燥した気候により燃えやすく、非常に強い風が吹きやすい事から燃えた後に拡大しやすい。 とくに、によって降雨量が低下し日照量が大きくなると、ちょっとした火でも発生しやすくなる。 原住民のアボリジニは決められた野焼きの管理を行っており、この地域を訪れた多くの冒険家はそれに言及してる。 冒険家のは、その野焼きから「煙の大陸(This continent of smoke)」とも呼んでいた。 生物学の専門家で環境保護活動を行っているメルボルン大学教授 ()は、「西洋人が大陸を管理するようになり大火災の悲劇が起こるようになった」と述べている。 別の研究者による2001年の研究では、伝統的な野焼きのやり方を捨て、制限のない伐採と野焼きを行った事により、オーストラリアの多くの地域、特に乾季に大規模な山火事が発生しやすくなったと発表している。 2017年の研究では、大木を伐採し、低木しか残らなくなったことで大火事が起きやすくなったと発表された。 植生の変化 1942年から2014年に侵略型有害外来植物と認定されるまで、燃えやすいアフリカ原産の ()が牧草として大量に植えられてきた。 ガンバグラスは繁殖力が高く、在来植物を駆逐しながら住宅街にまで進出し、火事の際に火の手を拡大させる。 対策 [ ] 火災後に内側から出るの ()。 火事に適応進化した一例で、他に栄養分を貯め込み火事後に芽吹く肥大化した根( ())などの対策が行われている。 動植物の対策 [ ] ()で、火災後の生態系について研究がなされている。 オーストラリアの植物は火災に備えた形に進化しており、その例の一部として、以下のものがある• 焦げた表皮の下から出てくる ()• 栄養を貯め込み火災後に芽吹く肥大化した根 ()• 種は火災後にまかれたり、火災後の最初の雨をトリガーに芽が出るようになっていたりする。 動物 哺乳類は逃げたり、川や水辺に避難し、小型の両生類などは湿った土や岩の下などに避難する。 しかし、これらが出来なかった動物は、炎や煙に巻かれ死亡することになる。 政府による対策 [ ] は火災天気予報(fire weather forecasts)という情報を提供している。 温度、相対湿度、風速、植物の乾燥度合から予測され、新聞やラジオ、テレビ、インターネットを通じて伝達される。 また、やを使ったリアルタイム山火事監視システムも開発され、それらの情報も予測や研究に貢献している。 2009年、標準化された火災危険評価(Fire Danger Rating、略:FDR)がオーストラリアのすべての州で採用された。 消防士が火災に対する理解と対策をするために開発された25mの風洞施設 ()が建設された。 火事が起きそうな期間は、消防局によって Total Fire Ban(火気使用禁止令) が発令され、火の取り扱いを制限する。 この期間にマッチやたばこのポイ捨て、野外調理等が通報されれば逮捕される。 住民の対策 [ ] 山火事が発生しやすい地域の住民には、火災の場所に関する情報や避難情報に関する教育や情報提供が行われている。 山火事が起きやすい地域での建築基準法 ()がある。 一覧 [ ]• Christian Today. 2020年1月5日閲覧。 BBC News. 2020年1月5日閲覧。 BBC, 22 November 2019• 作成日:2020年01月2日 BBC• Tangentyre Landcare. 2005. Archived from the original PDF on 27 February 2015. "Historical role of fire" Ward, D. , Lamont, B. 2001 Grasstrees reveal contrasting fire regimes in eucalypt forest before and after European settlement of southwestern Australia. Forest Ecology and Management 150: 323—329. Wilson, Nicholas; Cary, Geoffrey J. ; Gibbons, Philip 15 June 2018. International Journal of Wildland Fire 27 5 : 353—362. A—Z listing of weeds: Photo guide to weeds. Queensland Department of Primary Industries. の呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。 , Jennifer Atchison. 2015. Governing invasive plants: Policy and practice in managing the Gamba grass Andropogon gayanus — Bushfire nexus in northern Australia. Land Use Policy 47: 225—234• 2010年2月1日閲覧。 作成日:2013年10月23日 AFP通信• オーストラリア消防局• CNN• 2017年2月20日閲覧。 関連項目 [ ]• - オーストラリアと同じく山火事の多い地域として知られる。 日本の森林火災対策法• - たき火などの紛らわしい火・煙が出る場合は、近くの消防局に連絡を行う必要がある。

次の

オーストラリア山火事いつからいつまで?原因が何でなぜ報道しないのかも徹底調査

オーストラリア 火事

森林火災の地域で洪水の恐れ 今回の大雨は、同州で発生した大型の森林火災2つを消し止めた。 1つは「カロワン・ファイヤ」と名付けられた火災。 74日間にわたりショールヘイブンの町の50万ヘクタール近くが焼け、住宅312棟が破壊された。 もう1つは、シドニー北西で発生した「ゴスパーズ・マウンテン・ブレイズ」。 昨年10月から燃え続け、「消化するには大規模すぎる」とされていた。 BOMは、森林火災の影響を受けた地域では特に洪水が発生しやすく、高速で流れる水によって大量のがれきが流される可能性があると警告している。 ニューサウスウェールズ州では依然として31件の森林火災が続いているが、差し迫った危険はないとみられる。 <関連記事>• 水不足の解消に 今回の大雨はまた、数年間、干ばつ問題に取り組んできたニューサウスウェールズ州で、水の供給不足を補っている。 Image copyright Reuters Image caption 昨年12月に撮影したニューサウスウェールズ州ワラガンバ・ダムの様子。 先週末の間に水位は2倍近く上昇した 同州のワラガンバ・ダムはシドニー市内の大部分に水を供給している。 用水供給事業者のは、ワラガンバ・ダムの貯水率は70%に近づいているとしている。 先週末の時点で、同ダムの貯水率はわずか42%だった。 2019年はオーストラリアの観測史上最も乾燥した年だった。 200人を救助、交通網に影響も オーストラリアで最も人口の多いニューサウスウェールズ州沿岸地域一帯には、荒天警報が発令されている。 先週末にかけて、シドニーだけで少なくとも200人が緊急サービス局(SES)によって助け出された。 緊急サービス局報道官のマット・カービー氏は、「いたるところが被害を受けている。 どこが一番ひどいかを特定するのは難しい」と述べた。 Image copyright EPA Image caption 緊急サービス局は数千件もの救助要請に対応している。 写真は冠水したシドニー市内を歩く男性 9日午後、シドニー中心部で倒れてきた木が車を直撃し、車内にいた4人を含む7人が負傷した。 救急サービスは10日朝、車ごと橋から流されたとみられる男性1人の捜索を行った。 この日、シドニーの鉄道やフェリーサービスも混乱した。 市内のメイン駅の1つ、セントラル駅の複数のホームが水没した。 数十の学校が閉鎖されている。 警報を「真剣に受け止めて」 デイヴィッド・エリオット国家非常事態相は、シドニー市民に対し、救助活動を助けるために、洪水現場に近寄らないよう呼びかけた。 さらに、可能であれば道路から離れるなどし、警報を真剣に受け止めるよう求めている。 SESは10日、混乱回避のために、住民に仕事を休んで自宅で待機するよう忠告した。

次の

オーストラリア森林火災 (2019年

オーストラリア 火事

2月9日の被害状況のスクリーンショット。 2月11日の被害状況のスクリーンショット。 オーストラリアの森林火災は自然発火により毎年発生していますが、2019年は記録的な少雨・乾燥・高温・熱波などがあったことから、9月頃からニューサウスウェールズ(NSW)州をはじめとして森林火災が頻発しました。 次第に範囲と威力を拡大させ、延焼範囲は10万平方キロメートル(韓国の国土面積とほぼ同じ)になりました。 ニューサウスウェールズ州は大都市・シドニーや首都・キャンベラを有する州。 居住地区からほど近い場所での大規模森林火災。 シドニー周辺の延焼は収まりつつあるものの、市街地にも煙や大気汚染の被害があり、市民の不安も相当なものでしょう。 観光地・ブルーマウンテンズは大丈夫なのか? 僕が2019年5月に撮影したブルーマウンテンズ(エコーポイントより) シドニー郊外にある観光地、ブルーマウンテンズでも火災の影響が散見されました。 ブルーマウンテンズの観光拠点となるカトゥーンバという街には直接的な火災の被害はなく、スリーシスターズなどを眺めることができるエコーポイントは通常営業しているものの、風向きによっては煙でほとんど眺望がなかったり、山から煙が立ち込める様子が見えるとのことでした。 ブルーマウンテンズの営業情報(日本語)はで確認できます。 ブルーマウンテンズから見える広大な森林から巨大な煙の柱が立っています。 これは噴火の画像ではなく、森林火災です。 動物全体の被害は12億5千万匹といわれています。 また、足を火傷して歩けなくなったカンガルーに対し、銃による安楽死をさせる取り組みも行われています。 BBCニュース — 森林火災に恵みの大雨、州内3分の1が鎮火 オーストラリア — BBC News Japan bbcnewsjapan これにより洪水などの別の災害も引き起こしましたが、数日間続いた大雨により、ついに11日にすべての森林火災が鎮火したというニュースが入りました。 異常気象による災害が災害によって収まるのは、少し複雑ではありますが。 日本やオーストラリア旅行者への影響 日本への直接的な影響は「今後の暖冬を招く恐れがある」こと。 寒いのが嫌いだからいっか!というわけにもいかず、異常気象による様々な二次災害の原因にもなります。 シドニー市内では火災による視界不良や大気汚染による健康被害も考えられます。 最新のシドニーの大気汚染情報はで確認できます。 それ以外にも、市民の精神的ストレスだけでなく、1月から流行している新型肺炎により現地住民のアジア人への差別・偏見が発生していることも考えられます。 しばらくシドニーへの渡航は控えたほうがよいかもしれません。 自分たちができること(寄付) 鎮火したとはいえ、オーストラリアの住民や動物たちの負ったダメージは計り知れません。 日本にいる自分たちにできることはやはり 「募金」です。 ここでは、ネットで募金でき、信用できる寄付先を紹介します。 紹介するもの以外にも、現地消防士や被害者を支援する募金も多数設置されていますが、必ず信用できる寄付先か判断して募金してください。 php on line 80.

次の