休業継続。 継続、再開 対応割れる 群馬県が休業要請の一部解除|政治・経済|上毛新聞ニュース

道内百貨店 休業継続へ 銀行は在宅・交代勤務:北海道新聞 どうしん電子版

休業継続

プロボクサーにとって練習は「不要不急」か? 答えはNOだ。 報酬が発生するのは試合のみだが、練習も仕事であり、日々の積み重ねが試合で結果を出すためには絶対に不可欠。 しかし、ボクサーたちの練習の場であるボクシングジムは、世間的には「不要不急」の施設という認識なのだろうか。 東京都は首都圏の緊急事態宣言が解除されれば、外出自粛や休業要請を段階的に緩和する方針を示した。 クラスター発生歴のある施設などは制限緩和の明確な基準が示されず、今後の国の対処方針などの状況を踏まえて対応を検討するという。 あるジム関係者は「ボクシングジムってキャバクラとかと同じなんですかね」と嘆く。 現在、首都圏の多くのジムは5月末まで一般営業を休止し、プロ選手の練習にも制限を設けている。 6月1日以降の一般営業の再開を目指していたが、現状は不透明なままだ。 興行については、ステップ1で屋内運動施設の使用が観客席部分を除いて可能となるため、無観客なら実施できる。 ステップ3まで進めば、1000人までのイベントも可能となる。 ロードマップは4段階で、現在の段階をステップ0とし、緊急事態宣言が解除されれば、ステップ1、その後は2週間単位をベースに状況を評価して次のステップに進む。 問題となるのは選手の練習環境だろう。 単にジム側がプロ選手に使用を認めれば、解決するものではない。 トレーナーも必要だし、実戦練習を行うためにはスパーリングパートナーも必要。 全てはジム存続が大前提となる。 大きな収入の柱である一般会員からの会費を得られないままでは、ジム経営は相当厳しい。 JPBAは2度に渡って加盟ジムへ支援金を支給。 また、日本ボクシングコミッション(JBC)と協力して通常営業に向けて統一ガイドラインを策定しし、行政に安全性を訴えていくことを決めた。 フィットネス系のスポーツジム業界でも同様の動きがあり、国に判断によっては救済の可能性もゼロではないが、先に緊急事態宣言が解除された大阪、京都、兵庫の3府県でもスポーツジムなどは休業要請が継続されている。 その一方でパチンコ店など大規模遊興施設は条件付きながら休業要請の対象から外れた。 コロナ禍の終息させるために、全てをすぐに規制緩和できないことは理解している。 ボクシングに限らず、他の格闘技や他のスポーツも似たような境遇かもしれない。 ただ、ボクサーたちが人の少ない時間帯を選んでロードワークを行い、自宅や公園などで工夫しながら黙々と練習を続けてきたことを知る立場としては、パチンコがOKで、ボクシングジムはNOという線引きは納得できない。 (記者コラム・大内 辰祐).

次の

育休中は上の子が保育園を退園になる?継続入所と申請方法を解説

休業継続

ここ最近、連日のように新型コロナウイルスの感染や自宅待機などが報道されています。 これから、これらの休業や自宅待機させた日の給与支払いの時期がやってくると思います。 今回は、感染症による休業や自宅待機の場合の給与の計算方法について説明します。 <休業手当の支給対象になる休業とは> 労働基準法第26条で「使用者の責めに帰すべき事由による休業の場合においては、使用者は、休業期間中当該労働者に、その平均賃金の100分の60以上の手当を支払わなければならない」とされています。 このルールは労働者であればどのような契約形態の方でも適用されます。 「正社員は適用されるが、パートタイマーやアルバイトは適用されない」といったことはありません。 使用者の責めに帰すべき事由による休業か否かについては、通達が出されており、次のいずれかに該当するような場合は、休業手当の支給対象となります。 1)親工場の経営難から、下請工場が資材、資金の獲得ができずに休業した場合 2)原料の不足、事業設備の欠陥により休業した場合等 使用者が労働者に対して休業手当を支払わなければならないケースは、使用者側に起因する経営、管理上の障害も含まれるという判例もでています。 想定しているよりも、「使用者の責めに帰すべき事由と判断される範囲が広い」と認識をしておいた方が良いでしょう。 <従業員を休ませる場合の措置について> 従業員が新型コロナウイルスに感染して休業する場合と、感染の疑いがあるために休業する場合とでは、対応が変わってきます。 それぞれの対応方法について、みていきます。 1)従業員が感染した場合 新型コロナウィルスに感染したことが認められ、都道府県知事が行う就業制限によって従業員が休業する場合は、「使用者の責に帰すべき事由による休業」に該当しません。 たとえば、インフルエンザの感染と同じと考えれば判りやすいでしょう。 したがって、会社が休業手当を支払う必要はありません。 このような場合の休業は、健康保険等の被用者保険に加入している場合は傷病手当金を受給することができます。 そのため、給与計算においては、欠勤している間は、給与を控除することになります。 もちろん、本人が有給休暇を申請すれば、有給休暇として取り扱います。 なお、この場合は傷病手当金の受給をすることはできません。 2)感染が疑われる従業員を休業させる場合 感染の疑いがある従業員を休業させる場合は、「使用者の責めに帰すべき事由」といえるか悩ましいところですが、休業手当の支払の義務が生じる可能性があります。 たとえば、濃厚接触の疑いがある従業員を休ませたり、会社独自の基準を設けて従業員を休ませるといった場合などです。 仮に休業手当を支払う場合は、平均賃金の100分の60以上の金額を支給しなければなりません。 なお、厚生労働省の基準に合致しており、「帰国者・接触者相談センター」に問い合わせた結果、感染の疑いがあると判断されて、指示や検査を待っている場合については、休業手当の支払義務は生じないとされています。 これを参考に、それぞれの会社で支給の是非を検討することになります。 この厚生労働省の基準には、次のようなケースが該当します。 ・風邪の症状や37. 賃金の締切日がある場合は、直前の締切日から過去3ヶ月で計算します。 月給の場合と、時給や日給の場合は計算方法が違います。 基本給の60%を支給すれば良いわけではありませんので、ご注意ください。 それでは、2月20日から3月15日まで休業(所定日数16日)した場合の計算例を見てみましょう。 17円 小数点第3位以下切捨 休業手当の計算方法 平均賃金(8,152. *休業日数に公休日は含ません。 *休業が継続している場合は、3月分を再計算するのではなく、2月分と同じ平均賃金を使用します。 時給や日給の場合 日給や時給の場合の計算方法は、月給の計算方法と異なりますので注意が必要です。 ・11月分の給与額: 70,000円(暦日数30日 労働日数 9日) ・12月分の給与額: 50,000円(暦日数31日 労働日数 7日) ・ 1月分の給与額: 80,000円(暦日数31日 労働日数10日) 3ヶ月合計:200,000円(暦日数92日 労働日数26日)) 平均賃金の計算方法 【A】まずは、月給者と同様の方法で平均賃金の計算を行います。 91円 小数点第3位以下切捨 【B】次に、実際の労働日数を分母にして計算を行います。 38円 小数点第3位以下切捨 上の【A】と【B】を比較し、高い方である【B】が平均賃金になります。 休業手当の計算方法(2月20日から3月15日までに出勤予定が6日だった場合) 平均賃金(4615. 入社して3ヶ月が経過していない場合でも、直前の賃金締切日から起算して平均賃金の計算を行います。 (上の例で12月5日入社であれば、12月分と1月分の2ヶ月弱の給与と日数で計算します。 ) 2)入社して数日しか経過していない場合は、直前の賃金締切日がありません。 この場合は、入社日から休業前日までの期間で平均賃金を計算します。 休業手当は、労働基準法上の賃金に該当します。 そのため、雇用保険料、社会保険料(健康保険料、介護保険料、厚生年金保険料)、所得税などの控除の対象となりますし、賃金支払いの5原則も適用されます。 上で説明した計算方法は法令上の計算であり、この金額以上を支給するというのが休業手当の法律です。 したがって、この金額より会社が多く(たとえば満額)支給するのは何ら問題はありません。 しかし、法令に基づき計算した金額より少ないのは、賃金未払いの法違反になります。 正しい計算方法を理解した上で、休業手当を支給するようにしましょう。

次の

臨時休業の継続

休業継続

更新日:2020年7月1日 兵庫県休業要請事業者経営継続支援金を受給された飲食店及びホテル・旅館を営む個人事業主のかたへの支援【休業要請事業者経営継続支援金(芦屋市追加支援)】• 兵庫県が受付期間を1週間延長したため、芦屋市の受付期間も1週間延長し、8月7日まで(消印有効)とします。 兵庫県知事からの休業要請等が5月7日以降も継続されたため、5月6日以前から引き続き休業された事業者のかたに兵庫県休業要請事業者経営継続支援金の「追加支給」が実施されることになりました。 7月中旬以降に兵庫県から個別に申請書が郵送されます。 これに伴い、兵庫県休業要請事業者経営継続支援金の「追加支給」を受けられた飲食店及びホテル・旅館を営む個人事業主のかたに、芦屋市からも追加支援を実施します(5月6日までの休業に対して兵庫県から休業要請事業者経営継続支援金を受給していることが前提となります。 対象となる事業主のかたには、芦屋市から申請書をお送りする予定です(7月中旬以降の予定)。 事業概要 新型コロナウイルス感染症のまん延防止のため、兵庫県知事からの要請を受けて施設の使用停止や営業時間の短縮に応じていただいた事業者のかたで、兵庫県から休業要請事業者経営継続支援金を受給された飲食店等食事提供施設またはホテル・旅館(集会の用に供する部分)を営む個人事業主のかたに対し、芦屋市が追加で支援するものです。 兵庫県へ休業要請事業者経営継続支援金の申請がお済みでないかたは、先に 兵庫県への申請手続き【申請期限7月7 日(消印有効)】が必要です。 対象者 次の1から4をすべて満たすかた• 兵庫県休業要請事業者経営継続支援金の支給決定通知の送付を受けていること。 芦屋市内に本店(もしくはこれに類する事業所)を置いていること。 個人事業主であること。 飲食店等食事提供施設またはホテル・旅館(集会の用に供する部分)を営んでいること。 食事提供施設とは、兵庫県が示す「新型コロナウイルス感染症にかかる休業要請等の対象施設一覧」のうち、 飲食店、料理店、喫茶店、和菓子・洋菓子店、居酒屋を指します。 給付額 兵庫県休業要請事業者経営継続支援金として受給された額と同額を支給します。 具体的には次のとおりです。 4月15日から4月21日の間に施設の使用停止あるいは営業時間の短縮を開始し、5月6日まで実施したかたで、経営継続支援金として15万円を受給したかた:15万円• 4月22日から4月28日の間に施設の使用停止あるいは営業時間の短縮を開始し、5月6日まで実施したかたで、経営継続支援金として10万円を受給したかた:10万円• 4月29日に施設の使用停止あるいは営業時間の短縮を開始し、5月6日まで実施したかたで、経営継続支援金として5万円を受給したかた:5万円 申請方法 郵送のみ(来庁でのお申込みはご遠慮ください) 新型コロナウイルス感染拡大防止にご協力ください。 郵送先:〒659-8501(住所不要)芦屋市市民生活部地域経済振興課宛て 「休業要請支援金(芦屋市追加支援)希望」と明記してください。 支援金のお支払い 希望する金融機関口座への振込み 申請書類の到着後、審査を終えてから2週間程度で振込みます。 必要書類 次の書類すべてを上記郵送先へ郵送してください。 申請書兼請求書は(その1)と(その2)どちらもご提出が必要です。 申請書兼請求書(その1)(・)• 申請書兼請求書(その2)(・)• 誓約書兼同意書(・)• 申請者の本人確認書類の写し マイナンバーカードの写し(顔写真がある面のみ)、運転免許証の写し(表面、裏面いずれも)、 パスポートの写し(顔写真がある面)、健康保険証等の写し(表面、裏面いずれも)等• 兵庫県休業要請事業者経営継続支援金支給決定通知書の写し(兵庫県から送付されたもの)• 芦屋市内に本店(もしくはこれに類する事業所)を置く個人事業主であって、飲食店等食事提供施設またはホテル・旅館(集会のように供する部分)を営んでいることがわかる書類 確定申告書の写し、営業許可の写し、開業届の写し等• 振込希望口座がわかるもの(名義人は申請者と同一であること) 金融機関名、支店名、種別、口座番号、名義人がわかる通帳の表紙及び見開き1ページ目の写し 受付期間 令和2年5月21日(木曜日)から令和2年8月7日(金曜日)まで【予定】.

次の