ドラパルト すばやさ。 ドラパルトの育成論・調整|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ドラパルト育成論 : 【手投げ式】ブーメラン型ドラパルト【ステルス機】|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ドラパルト すばやさ

はじめに 育成論投稿二つ目です。 前回のアーマーガアの育成論を多くの方に見ていただけたようなので、今回は自分がチームで使っているドラパルトの育成論を投稿します。 採用理由と役割 すばやさ種族値が驚異の 142。 言わずと知れた最速ポケモン、ドラパルト。 アタッカーとしてだけではなく、ひかりのかべとリフレクター、のろいやバトンタッチも覚えてしまうという技範囲の広さも持ち合わせる。 以前投稿した弱点保険アーマーガアの不意をつけるオマケつき。 いらない。 持ち物 基本は ひかりのねんどですが、耐久をもっと増やしたいなら オボンのみを持たせます。 性格・努力値と調整• 性格 ようき。 BもしくはDの数値をより高くするためにすばやさに補正をかけます。 努力値 252-4-164-*-4-84• 実数値 195-141-116-*-96-190• 調整 すばやさは、最速のを抜けるように。 性格補正込み、84振りで実数値が190になる。 最速インテレオンはS実数値189。 HPは、耐久力を最大にするために252。 残りは狙う相手に合わせて変え、すべてBかDに振る。 余分に振られる8は、Aと、BかDの振らなかった方へ。 技構成• ひかりのかべ• リフレクター• おにび• とんぼがえり 3ターンで仕事を終わらせて定時で退社。 壁がなくなる頃にもう一度出せるようにしておきましょう。 物理アタッカーの場合• リフレクターから入る。 おにびを当てる。 とんぼがえりで退散。 特殊アタッカーの場合• ひかりのかべから入る。 とんぼがえりで退散。 耐久ポケモンの場合• おにびから入る。 相手の構築を見て、より必要な方の壁を用意する。 片方の壁を用意し、とんぼがえりで退散。 エースバーン相手の立ち回り例• 必ずと言って良いほどふいうちかダイアークが来る。 リフレクターから入る場合、ふいうちは失敗し、ダイアークは確実に耐えられる。 ダイアークから来た場合、おにびを当てて2ターンで撤収。 仕事量としては十分です。 ゴリランダー相手の立ち回り例• リフレクター。 はたきおとすかダイアークが来る。 おにびを当てる。 残りHPと相談。 余裕を持てるならひかりのかべも出しておいて、とんぼがえりで退散。 ウーラオス いちげき 相手の立ち回り例• 必ず急所に当たるので、リフレクターからではなくおにびから入る。 リフレクターは捨てる。 1発耐えてとんぼがえり。 5-46. 2-77. 1-28. 4-42. 4-21. 5) 被ダメージ:62-73(31. 8-37. 0-25. 0-46. 4-65. 0-69. 2-34. リフレクターでに真正面から殴り勝つための補助を。 シェルアーマーなら急所に当たらないというオマケつき。 ドサイドン ラプラスに同じ、(個人の主観においては)弱点保険アタッカー率の高いポケモン。 もとより高い物理耐久力をリフレクターでさらに底上げ、または低い特殊耐久力をひかりのかべによって補助。 カビゴン 防御、物理耐久の低さを壁とやけどで補助。 はらだいこキョダイマックスからの全抜きコースへ繋ぐ。 このポケモンの対策 スカーフウーラオス いちげき など:こだわりスカーフで壁やおにびよりも先に倒す。 ドラパルト:ドラパルトミラーはすばやさで有利。 すりぬけなら壁の意味がない。 終わりに いかがだったでしょうか。 ドラパルトは選出画面で型を読まれづらく、かわらわりも効かないなどの長所があり、安全に両壁を用意できるポケモンのうちの1匹だと思います。 600族として恥ずかしくないようにすばやさだけではなく意外にもしっかり割り振られた耐久力を生かしてパーティの勝率を上げるサポートができるのではないでしょうか。 とてもよい育成論だと思いました。 心内ですが星5で。 1つ質問なのですが、特性は呪われボディの方が良いのではないのでしょうか。 クリアボディもSが下がらなくなる利点がありますが、だいたい上から動けるし、壁で耐えることもあるのでクリアボディは使う機会がないかもしれないと思いました。 それならワンチャン掴める呪われボディの方が良いのではないでしょうか。 長文失礼しました。 技候補を見てて気になってたのが、呪いを採用しない理由が気になりました。 また壁前提であれば鬼火の採用も壁ターンを無駄にするだけなのであまり意味がない気がします。 採用するなら電磁波の方が裏のエースの起点づくりとして優秀そうですし、鬼火の採用理由を聞きたいです。 あといくら壁貼りとはいえとんぼワンウェポンだと壁貼った後かなり腐りやすい気がします。 シャドボは技候補にあってもいいきがします… 長文失礼致しました。 同じ場所になってしまい申し訳ありませんがそれぞれ返答させていただきます。 これは自分のミスです。 最初この個体を考察したときに、ねばねばネットやがんせきふうじにも対応できるようにとクリアボディにしていたのですが、 ・ねばねばネットを使うポケモンが環境からほぼ消えた ・いかくが来てもどうせとんぼがえりしかしない ・がんせきふうじは基本ドリュウズ、さらにはかたやぶりのためにクリアボディは無効 と、育成が終わってから気がつきました。 確かに相手の技を3割で封じることができるのろわれボディ、もしくはみがわりに対してもおにびを通すことができるすりぬけのほうが、後続に引き継ぎやすくなるかもしれないですね。 クリアボディを使ったところとすれば『ナイトバーストの命中率低下を封じて確実にとんぼがえりを当て逃げする』くらいだったでしょうか。 ゾロアークは少ないとは言えないのでクリアボディが絶対にないとは言えないかもしれないです。 でもやっぱりのろわれボディやすりぬけのほうが良かったかもしれません。 この個体は『何度も場に出直す』『壁貼り受けポケモン』として考察したものなので、『できる限り長く生き延びて』『備えるエースのために相手を封じ込める』ことを意識しています。 その点では確かに、相手の行動そのものを封じることができる確率があるまひ、でんじはの方が良いかもしれません。 しかし現環境において、『確実に急所に当たる』『物理アタッカー』こと、『ウーラオス』がリフレクターの天敵になっています。 急所は壁を無視しますがやけどを無視することはできないので、今回はドラパルト自身の耐久性能を確保するために、おにびを採用した次第です。 ダイナックルを受けないドラパルトなら相手のダイマックスエースも積みアタッカーも、物理の場合完全に封じ込めることができる、さらには場に出ることができるなら後続に対してのダイナックルも受け出しによって無効化できるので、のろいで自主退場はさせない方がいいと思い、『ひかりのかべ』『リフレクター』『おにび』を採用してあります。 次に最後の1枠の攻撃技ですが、これはとんぼがえりが最も後続に繋ぎやすいと思っています。 現環境はタスキドリュウズが多く、がんせきふうじやステルスロックを使用してきます。 壁やおにびの後交代しても、交代先のポケモンにがんせきふうじを使ってくることもあります。 あえてドリュウズより遅くなり、がんせきふうじのあとに交代をすることができれば被害を少なくできる、また、ルガルガンなどに対してとんぼがえりを使えば、カウンターやミラーコート、がむしゃらを(交代読みがなければ)封じることもできるので、安全な受け出しや攻撃のためにはシャドーボールなどの高威力技ではなくとんぼがえりを採用した方がいい、と思っています。 以上です。 長文になってしまいました、読んでいただきありがとうございます。 他にも疑問点があれば言っていただきたいです。

次の

【剣盾シングル】ドラパルトの型一覧とすばやさラインまとめ

ドラパルト すばやさ

頭部がさらに発達し、とを合わせたような形状になった。 名前からしてもモチーフになっていると思われる。 形状と「ステルスポケモン」という分類から考えると、元になった機体はだろうか。 アメリカのステルス爆撃機であり、愛称は「スピリット」すなわち 魂。 かつて生息していたポケモンの 霊魂であるという設定とも関連性を感じさせる。 進化したことで手足ははっきりと指が生え、より爬虫類然とした姿になった。 ただし進化前からゴーストポケモンのためか、翼が無くとも宙に浮いている他、尻尾の先は半透明のままである(あるいは頭そのものが翼と見るべきであろうが)。 三角のミサイルポッド状になった二対の角は中が空洞になっており、野生の個体はこの空洞にを入れて生活する(ゲームモデルでは内側の大きい方に1体ずつ入っている)。 戦闘ではこのドラメシヤをミサイルのようにマッハのスピードで飛ばす「 」を得意技とし、中の子たちにとってはいい迷惑かと思いきや、 逆に撃ち出されるのを心待ちにしているとか。 ちなみに高さは 3. 0mもあり、600族では最大の大きさを誇る ただし尻尾を含めた全長だと思われるので、ゲームモデルではそこまで大きく感じない。 伝説のポケモンである 2. 9m よりもデカい。 しかし亡霊ポケモンだからか、この大きさで重さはわずか 50kgと600族最軽量。 進化レベルは 60。 これはの64に次いで2番目に遅い。 但し野生のドラメシヤ、ドロンチが50レベル代で出現し、今作はレベル上げがしやすい関係上進化はさせやすい部類ではある。 色違いは赤い部分が黄色くなる。 種族値の配分は・に似る。 140を超えるすばやさを持ち、 102 、 120 を抜いて文句無しの600族最速。 現環境でも、に次ぐ高速ポケモンである。 反面、耐久は物理・特殊共に低い。 攻撃種族値も高いがゴースト技は「」を覚えず、「」が推奨されるレベルのため状態以外での運用は癖が強い。 その他として交代技の 「」や壁破壊の 「」、持ち物に関わる技である 「」や 「」などを覚えるが、「」、「」、「」と言ったドラゴンタイプの物理アタッカーの覚える有用なサブウエポンを覚えないため、物理技が足りない。 一方特殊技ではタイプ一致技の「 」や「 」、「 」や「 」、更にサブウェポンでは、・・の三タイプの三大高威力技「 」「 」「 」、三大安定技「 」「 」「 」などレパートリーがそこそこ多い。 また、ゴーストタイプらしく「 」、「 」、「 」、「 」やタマゴ技経由で「 」、「 」、「 」など、変化技も色々と覚える。 ダイマックスを考えると、体力を倍にして耐久を補える上に、相手の攻撃を下げる事で耐久をさらに補えるダイドラグーンをタイプ一致で撃て、ゴーストダイブもダイホロウにすることで一気に扱いやすくなる。 反対にダイマックスを相手にするときはゴーストダイブでターン数を稼げるため、ダイマックスの仕様との相性は良い。 こういった点から、高い素早さ種族値から多種多様な技が繰り出されるために対応が難しいのがドラパルトの主な強みとなる。 やはり欠点としては高威力(具体的には威力80以上)な技が、特殊技は充実しているのに対し物理技が少ないために、高い攻撃を活かしにくいこと。 「」(威力60)は覚えるが「」や「(」共に威力80)は覚えず、はがね技は「」(威力70)は覚えるが「」(威力80)は覚えない。 また、高攻撃低耐久のゴーストタイプ故に 「」は天敵中の天敵であり、先制技故に高い素早さを生かせない上にで弱点を突かれる「」もまた危険。 加えて、 の技を一切覚えられないためを相手にするのは厳しい。 対バンギラス程の詰みまではいかずともバンギラス側もそれは重々承知なので意識したいところである。 こうした理由で やなどゴーストが通らない耐久寄りのも非常に苦手。 仮にバツグンをとれても、攻撃を下げて回復する超強力な技と驚異の耐久性を併せ持つ耐久ポケモンには完封される。 型さえ分かれば対処は容易なため、600族らしいポテンシャルの高さを持ちながらもそこまで理不尽さは無いと言っていい。 現時点ではに抜かれたものの、まだまだ現役である。 ただ、最大の問題点はエースバーンよりも今後DLCで が揃って登場してしまう事だろう。 更に素早さでも までもが復活したことに加え、現状オンライン対戦では使用できないものの が一般配布されてしまったので猶更安定しなくなっている。 今後の対戦環境では、「とりあえずドラパルトを出しておけば安心」とはいかなくなることは明白である。 もし今後も引き続きドラパルトを運用したい場合には、より一層の工夫や戦術の組み立てが求められることになるだろう。 平等な条件で戦う普段の対戦とは異なり、マックスレイドバトルでは元よりHPが底上げされていることに加え、ダイマックス状態の永続、不思議なバリア、ダイマックス技と通常技の使い分け、の無効化といった独自の仕様が存在するため、かなりの強敵としてプレイヤーに立ちはだかることになった。 戦術もかなり厄介なものとなっており、• 素早さが高いために 先手を取られやすく、さらに 戦闘中にも「りゅうのまい」で積極的にステータスを上げてくるので、放っておくと手が付けられなくなる。 場合によっては 1ターンで2回も積んでくることも。 特性が「 クリアボディ」の個体の場合、 バリアを割った際の防御・特防の2段階低下がなくなるため、普段以上に討伐に手こずることになる。 「ダイドラグーン」でこちらの攻撃力を下げてくるため、手をこまねいているとジリ貧になりやすい。 加えて、特性が「 のろわれボディ」の個体であった場合、接触・非接触を問わず確率でこちらの攻撃技を封じてくるので厄介。 強力な全体攻撃技こそ持っていないものの、行動回数が 3回と多い。 加えて、実質1ターンに2回攻撃可能な技である「ドラゴンアロー」を使用してくる場合もあるため、運が悪いとそれ以上の攻撃回数になる場合もある。 開幕早々バリアを展開してくるため、妨害技であらかじめ積み技を使えなくしたり、特性を書き換えたりすることが不可能。 これらの手段を使うには、 最低1回はバリアを割る必要がある。 …といった具合である。 対策としては、ピックアップ個体は 物理技一辺倒なので、「リフレクター」で相手から受ける物理ダメージを軽減できれば多少は戦いやすくなる(ただし、 特性が「すりぬけ」であった場合は意味がないので注意)。 また、積み技対策として相手の能力変化を元に戻せる「」を覚えた個体を用意するのも良い。 手強いことに間違いはないが、さすがにや色違いのようなぶっ飛んだ強さという訳ではない上、対策さえしっかり立てれば少人数でのクリアも十分可能である。 倒せればの補償されたドラパルトを手に入れることができることもあり、見かけたら是非とも挑戦しておきたい。

次の

【ポケモン剣盾】耐久振り弱点保険ドラパルトの調整と対策【育成論】

ドラパルト すばやさ

はじめに ドラパルトは剣盾で登場した600族のポケモンです。 すばやさが非常に高い点が特徴で、こうげき・とくこうがどちらも高く、色々な技を覚えられるため環境には様々な型のドラパルトが存在しています。 そこで今回は、今までに見たドラパルトの型をまとめてみました。 みなさんの参考になれば嬉しいです。 1番の特徴は ダイジェットのもとになる そらをとぶを覚えている点です。 ダイマックスした状態ですばやさを上げることができるため非常に安定感があります。 持ち物は いのちのたまや じゃくてんほけんが多いです。 2.りゅうのまい型 りゅうのまいでこうげきとすばやさを上げてから攻撃するドラパルトです。 ドラパルトは600族とはいえ耐久に不安があるので、壁やあくび等の起点づくりの後に繰り出されることが多いです。 持ち物は いのちのたまや ラムのみが多いです。 3.こだわり物理型 こだわりハチマキやこだわりスカーフを持ったドラパルトで、特徴は とんぼがえりを覚えている点です。 先発に選出されやすく、サイクル戦を得意とします。 ゴースト技やドラゴン技の一貫を作ってしまうと上から倒されてしまうため、注意が必要です。 繰り出し性能はあまり高くないため、ドラパルトを繰り出される隙を作らないように戦いたいです。 4.特殊型 高いこうげきを捨て、とくこうに努力値を割いた型です。 5.鬼火たたりめ型 たたりめは 相手が状態異常のとき、威力が2倍になるという効果の技です。 この技と おにびを組み合わせてダメージを出します。 すばやさが高いため上から おにびを打ちやすく、物理ポケモンに対して強いです。 みがわり+かなしばりで おにびのダメージを稼ぐタイプや、 でんじはを覚えて状態異常を巻くことに特化したタイプがいます。 状態異常技を使うことができるポケモンと組み合わせて使われることが多いです。 そのため持ち物は ひかりのねんどが多いです。 基本的に先発で繰り出されることが多く、裏に積み技を覚えているポケモンが控えていることが多いです。 退場技として のろいを覚えている可能性もあります。 ドラパルトのすばやさライン ドラパルトは使用率が高いため最速で使われることも多いポケモンです。 しかし、すばやさに振らないタイプのドラパルトも一定数いるため、その場合のすばやさラインとして多そうなものをまとめました。 しかし、先発かどうか・相手のパーティーの特徴・余っている持ち物等から予想できるようになればかなり戦いやすくなるのでどんな型のドラパルトがいるのか覚えておくことは重要だと思います。 この記事を読んで少しでも対ドラパルトの勝率が上がってくれたら嬉しいです。 また、上記の型以外のドラパルトを見かけた人がいたらぜひTwitterで教えていただきたいです。 よろしくお願いします。

次の