進撃 の 巨人 120 話。 【進撃の巨人120話】記憶における人影の伏線について【エレン?ジーク?ネタバレ含】

【最新話確定】進撃の巨人【120話】のネタバレ「刹那」感想も!|漫画X

進撃 の 巨人 120 話

これはお前が始めた物語だろと叫ぶエレン!進撃の巨人ネタバレ121話 それでは早速、進撃の巨人121話を見てみましょう! そんなジークはエレンを連れて、過去の記憶をめぐるツアーに出ます。 進撃の巨人120話で始まった、過去の記憶をめぐるツアー。 そこでエレンとジークの二人は、地下室でジークに謝るグリシャに出会います。 今まで父親であるグリシャを恨み続けていたジーク。 これにより、グリシャに対する見方が変わるのでしょうか。 >> 進撃の巨人ネタバレ121話:9歳のエレン 進撃の巨人120話ではエレンが「次の場面に行くぞ」と言って終わりました。 その場面は、9歳になったエレン。 この頃は、まだ父親の洗脳はなかったとジークは言う。 しかし、エレンは巨人について何も知らないまま父親から「進撃の巨人」を継承された。 そして、父親の戦いを続けている。 「どうやってその戦いに終わりを与えるんだ?」 と問いかけるジーク。 エレンは少し考えながら、そして言葉を選びながら言う。 「俺は…生まれた時から俺だ」 進撃の巨人ネタバレ121話:エレンがミカサにマフラーを巻く場面 そして場面は、エレンが、ミカサの両親を殺した人攫いを殺した場面に。 エレンは言う。 「誰かが俺の自由を奪うなら、そいつの自由を奪う」 エレンが先ほど「生まれた時からずっと俺だった」と言った言葉は、 「常に自由を求めてきた」という意味なのでしょう。 確かに、エレンにとって「自由の象徴」とも言える「海」を見た時も、本当の自由がそこにはなかったことに気づき、エレンだけが嬉しそうな表情ではないように見えました。 >> そして、自分たちの父親である、グリシャのことを語るエレンとジーク。 エレンはどうやら、ジークの方がグリシャの思想に囚われてがんじがらめになっているのではないかと指摘する。 自分を愛さなかった父親グリシャを心底恨み、あえてグリシャがやろうとしていた反対のことをやろうとしているジーク。 それを、グリシャの思想に囚われていると指摘するエレン。 エレンは、ジークから話しかけられている間も、ある場面に見入っていた。 それは、エレンがミカサにマフラーを巻く場面。 エレンは、この時からミカサがアッカーマンの血筋の力が出てきて、エレンの奴隷のようになってしまったことを思い出しているのでしょうか。 >> そんなエレンを見てジークは言う。 「いいかエレン、俺はすでに始祖の力を手にしている。 いつでも計画を実行できる立場にいることを忘れるな」 「ただ、お前を放棄したくないんだ。 クサヴァーさんが俺を放棄しなかったように」 このジークの言葉に対して、エレンは何も反応しない。 進撃の巨人ネタバレ121話:地下室に写真を入れるグリシャ そして場面はまたしても地下室へ。 グリシャが、ダイナとの写真を本に挟み、机に入れている。 写真の裏には 「人類は滅亡していない」という文字を添えて。 机の引き出しに、鍵をかけるグリシャ。 そしてグリシャは鍵を見つめながら、何かを考えている様子。 もしかしたら、この秘密をエレンに打ち明けるかどうかを考えているのでしょうか。 >> そしてが街を襲った日の朝。 グリシャはエレンに 「帰ったら地下室の秘密を教える」と約束をしました。 楽しそうに、笑顔になるエレン。 最近のエレンには笑顔がなかったので、「こんな時もあったなぁ」と思ってしまいました。。 そしてこの場面、1話でグリシャが見ていた方向は、過去の記憶ツアーをやっているエレンとジークであったことがわかりました! >>進撃の巨人121話で、1話の伏線回収があったのか!? そして超大型巨人が街を襲った後。 グリシャはレイス家が隠れている地下に向かった。 >> 進撃の巨人ネタバレ121話:レイス家とグリシャとの対話 レイス家に対して、壁の外から来る巨人を殺してくれと頼みます。 「俺の妻が、子供が食べられる前に!」 しかし、 不戦の契りを破れないレイス家。 世界を救うためだとしても、不戦の契りは破れないと。 しかしそれでも必死に食らいつくグリシャ。 記憶を改竄され、何も知らないまま巨人に食べられてしまうなんて残酷すぎると。 しかし、どれだけ頼み込んでも、レイス家の答えはNoでした。 それを見て怒りに震えている様子のエレン。 もしかしたら、 母親が目の前で殺されたことが頭から離れないのでしょうか。 >> 進撃の巨人ネタバレ121話:進撃の巨人の能力が明らかになる! グリシャは、自分が持つ進撃の巨人について話す。 進撃の巨人は、未来の継承者の記憶を見ることができる。 言い換えると、未来を予見することができる! ここで衝撃の事実が出ました。 今まで謎だった進撃の巨人の能力が明らかになったのです。 私も能力に関してはいくつか考察していますが、まさか未来を予見することができるなんて・・。 >> このグリシャの言葉に、ジークが混乱している。 「未来を予見できる…?何を言っているんだ…?」 エレンに聞こうとするも、エレンはグリシャにしかあまり興味がなさそう。 そしてグリシャはレイス家に言う。 「始祖の力は王家に有る限り、不戦の契りを受けて力を発揮できない。 だから俺が食べて俺のものにする」 そう言って、医療用メスを握りしめるグリシャ。 >> 進撃の巨人ネタバレ121話:お前が始めた物語だろ! メスを使って、巨人化しようとするグリシャ。 それに気づいたレイス家の人々も、必死で逃げる。 ・・・が、しかし。 グリシャはメスを自分自身に向けることができない。 人々を救う医者である自分が、子供たちを殺すことはできないと。 これを見たジークは驚く。 確かに、グリシャは始祖の巨人の力を手に入れている。 レイス家の人々を殺したくなかったなど、嘘に決まっている、と。 これを見たエレンがグリシャに語り始めた。 「父さん、何をやっている。 何をしにここにきたのか忘れたのか?妹が犬に殺されたのを忘れたのか?ダイナのために、クルーガーのために、進み続けなきゃいけないんだよ」 「これは、お前が始めた物語だろ、父さん」 そしてグリシャは巨人化し、始祖の巨人の力を手に入れた。 グリシャの巨人の姿は初めて描かれたんですかね。 ちょっとお腹が出ている、中年のおっさんみたいな巨人。。 そんな巨人グリシャの周りには、血だらけになったレイス家の一同が。 進撃の巨人ネタバレ121話:グリシャと対話するエレンとジーク レイス家を殺したことで、後悔している様子が見えるグリシャ。 「エレン、レイス家を殺した!これでいいのか?これでお前は幸せなのか?」 「…これでエルディアの未来は守られるのか!?」 進撃の巨人の力で、エレンの未来まで見えているグリシャ。 レイス家を殺したのは、エレンの未来のためだったようです。 そして、 グリシャはエレンの未来を全て見えているわけではなさそう。 「もしカルラが生きていたら…」と言っています。 グリシャは、カルラの生死がわからないまま死んでしまったのでしょうか。 進撃の巨人ネタバレ121話:ジークを抱きしめるグリシャ 「本当にこの道しかなかったのか?他にできることはなかったのか…」 そう言って、涙を流すグリシャ。 そして、こう続けます。 「そこにいるんだろ、ジーク」 「お前の計画は、実現しない。 実現するのはエレンの…」 困惑するジーク。 グリシャが何を言っているのか、にわかには理解できていなさそう。 そして、大人になったジークを見つけたグリシャ。 「すまん、ジーク。 ひどい父親で。 もっとお前との時間を持つべきだった。 」 「…ジーク、愛している」 そう言って、 ジークを優しく抱きしめるグリシャ。 今までグリシャに抱きしめてもらったことなどなかっただろうジーク。 戸惑い、どうすればいいのかわからないような姿が見て取れます。 しかし、徐々にグリシャの愛を感じるジーク。 「父さん…」 進撃の巨人ネタバレ121話:座標に戻るエレンとジーク ジークとグリシャが抱き合っているその時、エレンが過去の記憶をめぐるツアーを強制的に終わらせました。 過去をめぐるツアーは、ジークがエレンに対してグリシャの本心をわからせるつもりで始めたものでした。 しかし気づけば、 全てがエレンの手のひらの上で起こっていたことを確認したツアーになります。 エレンはこれらの景色について、4年前、即位したヒストリアの手にエレンがキスをした時に見たと言う。 進撃の巨人ネタバレ121話:安楽死計画の実行 全てが、エレンの描く手のひらの上で起こったことであることを知ったジーク。 そしてジークはユミルに叫びます。 「ユミル、全てのユミルの民の生殖能力をなくせ!」 そしてユミルはゆっくりと立ち上がり、ジークとエレンがいる反対方向へ歩いていく。 これを見て、エレンは焦る。 そして、自分をつなぐ鎖を引きちぎり、ユミルを追いかけた。 ーーー次回122話に続く 進撃の巨人ネタバレ121話:感想 かなり衝撃的な121話でした!! 全てがエレンが描く物語通りに進んでいたとは。。 そして、進撃の巨人の能力についてもついにわかりました! もう、衝撃的すぎて、いま放心状態です。。 笑 >> 進撃の巨人120話に引き続き、過去の記憶をめぐるツアーをやっているエレンとジーク。 前回、かなり話題になった12話の伏線は、回収には至っていないようです。 >> しかし、今回では1話の伏線回収があったのでは!?という声があります! >>進撃の巨人121話で、1話の伏線回収があったのか!? 今回も、グリシャのジークに対する愛情が垣間見れるシーンがたくさんありました。 これにより、ジークはグリシャに対する見方を変えるのでしょうか。 ジークが考えるエルディア人安楽死計画は、両親の愛情を十分に受けることができなかったことで考えついた計画だと思います。 >> しかし、グリシャがジークを愛しているとわかった今、ジークの心は揺れているのではないかと想像します。 >> >> それにしても、毎回思うんですが、私が一番気になっているリヴァイ兵長が死んだかどうかっていつわかるのでしょうか・・・。 ちゃんと回収しますよね、諫山先生!? >> >> >> >> >>.

次の

【進撃の巨人125話の内容】アニが復活しハンジとリヴァイの生存確定!|ワンピースネタバレ漫画考察

進撃 の 巨人 120 話

>>> 今回のエピソード、繰り広げられる巨人同士の格闘戦や、マーレ軍兵士とパラディ島勢の 銃撃戦・白兵戦も熾烈を極め目まぐるしい展開を見せました。 ですがどうしても言いたいのは、 何故アルミンは巨人となって戦わないのか?という部分です。 オニャンコポンに解放されるまで 牢に閉じ込められていた際には、周りの人物達を犠牲にしてしまうので巨人化出来ない、という理由付けがなされていました。 しかし外に出た今となっては、巨人化を制約されることはないにも関わらず、ミカサとともに立体機動装置を使い、その他の調査兵団員と同じように戦っています。 アルミンの持つ「超大型巨人」は、積極的な攻撃や小回りの利く攻撃は苦手かも知れませんが、その大きさ故に的の巨人の動きを封じるのには最適だと考えます。 今回のような 「車力の巨人」の背の対巨人砲を無力化することなど、手で簡単になぎ払うことで目的を達せるのではないでしょうか? 考えてみるとかつてのマーレのレベリオ区襲撃の際にも「超大型巨人」と化したアルミンが行ったのは、マーレの戦艦を潰す攻撃のみでした。 あまりの巨大さ故に 絡ませ辛い巨人と化しているようで、折角の能力が活かされていないと少し残念にすら思えます。 スポンサードリンク エレンとジークの再会 エレンとジークがマーレで出会った時のこと。 ジークが言う。 エレン、必ずみんなを救ってあげよう。 そして、代わりに受け取ってくれという意味でジークがボールを投げわたす。 しかしエレンは受け取れず、落としたボールを拾いながらエレンが話す。 ああ、落としちまった。 病院にいると、体が鈍っちまうもんだな。 ジークの手駒としてマーレ兵を襲い喰らう巨人たち 街のあちこちで火災が発生し、空には煙が… 空には自由に飛ぶ鳥。 建物内に避難して、互いを支えながら身を潜めているブラウス一家。 その横で銃を構え、周囲を警戒しているニコロ。 煙を噴き出して、焼失しようとしているファルコ巨人。 その後ろには倒れた鎧の巨人=ライナーに襲い掛かっていくジャンとコニー。 ライナーは倒れながらも、エレンに向けて手を伸ばす。 ミカサとアルミンもピークに向かって攻撃を重ねる。 そして、巨人砲の威力のあまりの衝撃に自分も吹っ飛んでしまうガビ。 スポンサードリンク エレンが「道」の世界へ エレンが気が付くと、一本の光る巨大な大樹のようなものの前に立っていた。 ここは? すると背後から聞こえてくる声が。 ここは、すべての道が一つの座標に到達する場所だ、と。 そこにいたのはジーク。 四方八方から鎖が伸びている首輪につながれ、動けない状態だった。 おそらく、始祖を継承した王家はここに来たんだろう。 始祖の力を行使する際に。 兄さん。 エレンもジークの存在に気が付く。 待ちくたびれたぞ…エレン。 お前が回復し目を覚ますまで、何年も、ここに座っていたような気さえするよ…。 何年も…経った…のか? エレンが問いかける。 いや、よくは分からないが…ここでのすべては一瞬の出来事だ。 ジークが話し出す。 お前の首はガビに飛ばされてしまったが、完全に死んでしまう前に俺と接触できた。 つまり、成功したんだ。 俺達は…始祖の力を手に入れたんだ…! スポンサードリンク 始祖ユミル登場 すると、エレンの背後に近づいてくる一人の少女の姿が。 …!?誰かいる? エレンがその存在に気が付く。 心配ない ジークがエレンを安心させようと言葉を紡ぐ。 それは… 始祖ユミルだ。 ジークの唐突な答えに戸惑うエレン。 始祖ユミルだと…?なぜわかる?? ジークは全てを知るような顔つきで話す。 始祖ユミルさん以外に、こんなところをブラブラと歩いている人が他にいるか? 何より始祖は、一度この土で俺の下半身を修復し、俺を生き返らせた。 始祖は…ここで巨人を作っているのだろうな。 俺達が巨人の力を欲する度に、果てしない時間を費やして…。 そのジークの話に、エレンはただつぶやく。 ずっと…ここに…一人で…。 そんなエレンにジークは声をかける。 エレン…始祖ユミルに命じるんだ。 俺達の夢を、叶える時が来た! 不戦の契り ここでエレンは、ジークの首輪が何なのかが気になり出す。 「その首輪は何だ?」 「良く気づいたな…この鎖に…まぁ…心配してくれてありがとう」 「これは俺の自由を妨げるもの…」 ジークは、鎖を確認しながらエレンに説明する。 「これは俺の自由を妨げるもの…つまり「不戦の契り」」 しかし、エレンにはその首輪はない。 それを見てジークは、エレンこそがやはり自由に動けると考える。 「ここで自由に動けるのはお前だけだ」 「そしてお前だけが、始祖ユミルに命じることができる」 こう断言するジーク。 スポンサードリンク エレンがジークを裏切る エレンが目線だけをジークに向ける。 その目には、怒り。 こんなふざけた計画オレは到底受け入れられない。 悪いが兄さん オレはここに来るためにあんたに話を合わせていただけだ。 始祖の巨人を宿すエレンの意思がなければ、エルディア人安楽死計画は発動できない。 そのエレンは今回はっきりと「NO」を突き通した。 ではエレンがしたかったことは何だったのか? もしかして、ガビに撃たれるまですら、エレンの想定内の計画だったのか? あぁああ…とジークは絶望した顔になり、両手で顔を覆って嘆く。 始祖ユミルの元へエレンが行く そして…始祖ユミルの元へと急ぐエレン。 エレンへ、つぶやくようにジークが言葉を続けていく。 エルディア人がいる限り…この地獄は終わらないんだぞ… お前がここでやらなければ…この先も、この殺し合いは終わらない… 俺達が繰り返してきたことが、ずっと続くんだ… 何故だ…エレン、答えてくれ! ジークの質問にエレンの答えは。 オレがこの世に生まれたからだ。 そして、エレンは始祖ユミルに、オレに力を貸してくれと願う。 ユミルはジークの元へ しかし、ユミルは何故かエレンを素通りし、ジークの元に。 そんなユミルの姿を見て、衝撃を受けるエレン。 ジークが再び話し出す。 「やっぱりかよ エレン…」 「お前だけは…わかってくれると…信じたかった…」 「これもあの父親に洗脳されたせいなのか?」 ジークが話している間に始祖ユミルはジークの傍までやってきて、跪く。 これは…どういうことだ… エレンはこの事態が理解できない。 ジークの別の手段 ジークは落ち着いて話し出す。 お前が目を覚ます前までの長い間…俺はたくさんのことを学んだ。 始祖は何でも作れる。 こんな土塊の鎖でも、王家の血を引く俺が求めればな。 こう言いながら、ジークは片手で「不戦の契り」の鎖を砕き、立ち上がった! 驚きの表情を浮かべるエレン。 ジークが続ける。 「俺は歴代の壁の王と違って初代王の思想に染まらないままここに至った」 「そして気の遠くなる時間を始祖とともに過ごしながら…」 「「不戦の契り」を無効化することに成功した」 エレンは意味が分からない。 「絶大な力を持つ始祖ユミルだが…その正体は、自分の意志を持たない奴隷だ」 「王家の血を引くものを自分の主人だと思い込み、服従し続けるんだ」 スポンサードリンク ジーク再び計画へ 始祖ユミルは王家の血を継ぐものを主人と信じ従う、意思のない奴隷だというジーク。 「始祖の力は俺が手に入れた」 馬鹿な…とエレンは戸惑う。 「お前は鍵に過ぎなかったんだ、エレン」 このジークの言葉をきっかけに、エレンの両手が鎖で繋がれ、身動きが取れなくなる。 エレンの近くには始祖ユミルが。 おそらくはジークの命令だろう。 ジークがエレンを治そうと ジークがエレンに向かって想いを伝え続ける。 「お前は悪くない」 「俺たちは最悪の父親に生み出されてしまった哀れな被害者だ…」 「しかし、俺には助けてくれる別の父親がいた」 「お前にも誰か、助けてくれる人が必要だったんだ」 「俺は決してお前を見捨てたりはしない」 「俺が、始祖の力でお前を治してやる」 エレンはしっかりとジークを見ながら伝える。 「やめろ、無駄だ」 しかしジークは憐みの目を向けながら… 「世界を救う時はお前と一緒だ」 ジークはエレンの額と自身のものとを接触させる。 グリシャの記憶へ 赤ん坊のエレン。 まだハイハイもできていない感じのところへ、優しく抱き寄せるグリシャ。 その側にはカルラも。 グリシャの腕の中で泣いているエレン。 カルラが代わりに抱いてみると、優しいぬくもりなのか、泣き止んでいる。 その様子を背後から見つめる現在のエレンとジーク。 二人の父、グリシャの記憶の中に入ったのだ。 「これは…父さんの記憶…」 エレンが気付く。 「いかにも幸せそうじゃないか…」 「仲間や「以前」の家族を地獄に突き落として生き長らえているにしては」 皮肉そうにジークが言う。 ジークの思惑とは エレンが、一体何がしたいんだとジークに問う。 ジークは、 エレンが理解するまでグリシャがどう息子を洗脳して、どうやってエレンに民族主義の思想を植えつけたか見せてあげるという。 「わかるまで、何度もな」 イェーガー家の扉を開くジーク。 去ろうとするジークだったが、去り際にグリシャに向かって言葉を放つ。 「良かったなグリシャ…ここじゃ一回目の家族を一切忘れて、幸せを享受するあんたを誰も咎めない」 「以前も息子がいたことを一切忘れてもな」 行くぞ、とエレンに言い、ジークは部屋を後にする。 エレンは、ジークが放ったその言葉と、幸せそうな家族3人の姿を見て、表情を曇らせていた…。 別の記憶へ 次の記憶は、よちよち歩くエレンの姿を見て、嬉しそうな笑顔を見せるグリシャ。 エレンを抱きしめ、幸せな家族の姿を見せていた。 ジークは、次、とだけ言い、記憶を移動する。 そしてグリシャが壁の権力者である王政の大臣、アウリールと話している記憶にたどり着く。 今回はアウリールの診察に来たようだ。 ジークは辛らつに言い放つ。 「見ろエレン、これが奴の正体だ」 「医者の肩書を利用して、壁の権力者にすり寄り出したぞ」 「壁の王を追求して始祖の巨人を奪うためだ」 「当然しくじるようなことがあれば、妻や息子も命が危うい」 「だがそのリスクを冒し続ける。 なぜかわかるか?」 エレンは飽き飽きしたかのような表情で、怒りを向けながら言う。 「このクズみたいな父はエルディア復権のためなら家族をクソ溜めに捨てれるクズだからだ」 「幻滅した、オレは間違っていたよ、生まれるべきじゃなかった、洗脳が解けたよ」 ここまで言えば解放されると思ったのだろうか。 しかしジークはエレンの言葉を無視。 「時間は無限にある、焦らなくていい」 エレンの怪訝な表情… グリシャ早期の発見 次々とグリシャの記憶を辿っていく二人。 その中で、大臣の寝室を調査していたグリシャは、ある重大な手がかりをつかむ。 その背後では鋭い視線を向けるケニー・アッカーマンが。 手がかりをつかんだグリシャは、とある建物を訪れる。 そこは、レイス家の礼拝堂。 ここは?まさか…こんなにも早く突き止めていたなんて…とエレンも驚いていた。 ジークはこの場所が分からず、ここはなんだとエレンに問う。 エレンの答えは、 壁の王の根城だ、と。 礼拝堂内でグリシャが、地下へと続く「隠し扉」を発見し、開いていく。 スポンサードリンク ジークと記憶の相違 ジークにとっても驚愕だった。 「そんなはずはない…グリシャが始祖を奪ったのは壁が壊れた日のはずだ」 「何年も後のことだ」 しかし、グリシャはその居所を見つけ出す葛藤し…。 静かに地下への扉を閉じ、家族の元に帰る。 カルラとエレンに会い、エレンを抱きかかえるグリシャ。 その様子を見たジークは、グリシャの予想外の行動に表情を曇らせていく…。 ここで、赤ん坊のエレンが、現在のエレンとジークの方を見ているようにもみえるが…? ジークの異変 グリシャの地下室にて。 ペンを握りしめたまま、うたた寝しているグリシャ。 手記の横には、ある日の家族写真が。 その姿を見たジークは思うところが。 そしてエレンにこう話す。 「だが、実際今のお前は父親の都合通りに動いている」 「本来のお前ではなくなった、それはいずれわかるはずだ」 しかし、眠っていたグリシャの寝言が聞こえる。 「ジーク…ごめんな…」 その声に振り向いたジーク。 ジークにグリシャが気づいた? するとグリシャは目を覚まし、まるでジークの存在が分かったかのように、ジークのいるところを見る。 驚愕するエレンとジーク。 「ジーク…そこに…いるのか?」 見えないはずのジークを前に、グリシャが立ち上がり問いかける。 しかし、視線を向けても誰もいない。 気のせいかと座り直すグリシャ。 「バカか…ジークがあんな髭面おじさんなわけないだろ?ただの…夢だ…」 その言葉を聞いたジークはすごく驚いた様子。 その様子を見ていたエレンは、次だ、次の記憶に行くぞと、グリシャの地下室の扉を開けてジークを連れ出す… ジークは何もかもが信じられない様子だった…。 >>> エレンの生死 先ずはなんと言っても問題となるのが、今回衝撃のラストを迎えた エレンの生死でしょう。 主人公につき、本当に死亡してしまうことはありえないとは思います。 かつてライナーが見せたように、 意識を全身に移すことで頭を失っても生きているという 展開か、ジークを生き返らせた「始祖ユミル」の力で復活のどちらかではないでしょうか? マガト元帥の生死 エレンに続き注目されるのが、マーレ軍の責任者・ マガト元帥の生死だと考えます。 アルミンの雷槍攻撃で死亡したとなると、マーレ軍は統制が取れない状態に陥ります。 そうなると必然的に、マーレ戦士隊の副長たるライナーが臨時に指揮を執る以外なさそうに思えます。 しかしライナーはガリアードの件もあり、著しく冷静さを欠いています。 この点を着いてパラディ島勢力が巻き返すのだと予想します。 ハンジとリヴァイの登場 しかしパラディ島勢力も、ピクシス司令を始めとして軍首脳の多くが 「無垢の巨人」とされてしまいました。 このため パラディ島勢力にもマーレ軍と同じく指揮系統の乱れが生じると思われます。 現時点ではジャンが有力候補ではないかと考えますが、ここまで姿を見せていない ハンジが重傷のリヴァイを伴って到着する展開を予想します。 スポンサードリンク ジークのこれからの行動は? ジークが長年計画していた、エルディア人の安楽死計画。 「始祖の巨人」の力を持つエレンが同意しなければ発動することができません。 しかし、当のエレンは首が吹っ飛んでしまったので、この時点で計画は中止、ということになりそうですよね…。 ただ、この状況でも安楽死計画を実行できる方法があります。 それは、ジークが「始祖の巨人」の力を持つこと。 「始祖の巨人」の力は、「王家の血筋」があることで初めて発動できます。 エレンとジークが結託しているのは、エレンが「始祖の巨人」の力を持ち、ジークが「王家の血筋」だからです。 そのため、エレンが死んでしまう前に、ジークがエレンを食べて「始祖の巨人」の力を取り込んでしまえば、まだ可能性はあるのです。 しかし、ジークはジークでピークに撃たれた対巨人砲によって動くことができません。 どうやって捕食しに行くのか…。 何とか吹っ飛んできた首のもとに行き、食べようともがくのでしょうか? アルミンとミカサの行動は? エレンが死亡するかもしれないという緊急事態、黙っていないのはアルミンとミカサでしょう。 特にミカサはエレンに対して特別な思いがあります。 今の状況を知ってしまったら、居ても立っても居られないはず。 アルミンやミカサも今の立ち位置は非常に不明確ですので、エレンがまだ生きているとしたらこれ以上やられないようにするはずですし、死んでしまっても何とか遺体だけは残そうとするはずでしょう。 ミカサの鬼にも勝る攻撃が発動する可能性がありますね! またここでアルミンの超大型巨人が発動するかもしれません! イェレナの動き まるで虫けらを見るようにアルミンを見ていたイェレナ。 ジークの必死の行動が、イェレナにはどのように映っているのでしょうか。 ジーク教ともいうほど、イェレナのジークに対する忠誠心は非常に高いです。 そのため、ジークがずっと思い描いてきたエルディア人安楽死計画がエレンによって頓挫する可能性が出てきたとなると…さらに怒り狂うでしょう。 イェレナがこの戦いの真のダークホースとなる可能性がありますね! スポンサードリンク 進撃の巨人120話ネタバレまとめ マガト元帥の 対巨人砲が「獣の巨人」を捉え、 「鎧の巨人」と「顎の巨人」で「進撃の巨人」を食い、「始祖の巨人」を奪おうと攻勢に出ました。 尚も「獣の巨人」の元へと向う「進撃の巨人」に対し、「顎の巨人」が飛び掛かかったものの、 硬質化した拳で逆襲されガリアード本体に重傷を与えます。 アルミンは敵の背後に回り込もうとするピクシス司令に倣い、移動を開始しました。 生きていた「獣の巨人」は起き上がろうとし、ファルコを連れたコルトの制止も空しく、遂に「叫びの力」を行使します。 これにより ファルコを始めジークの脊髄液を口にしていた人物が、一斉に「無垢の巨人」へと変化しました。 ファルコ巨人は「鎧の巨人」へと飛び掛かり、そのうなじに噛みつきます。 そこで再びマガト元帥による対巨人砲の砲撃が行われ「獣の巨人」を貫きました。 ここに至り 「 車力の巨人」は、ジークの死で「始祖の巨人」の力の発動は出来なくなったと宣言します。 市街地では 「顎の巨人」からガリアード本体が姿を現し、助からないことを悟った末、 ファルコ巨人に自らを喰わせました。 「鎧の巨人」は「進撃の巨人」に最後の猛攻を仕掛けますが、硬質化し手逃れたエレン本体は「獣の巨人」の方へ走ります。 ここで 対巨人ライフルを構えたガビが、エレンに向けて引き金を引きます。 ガビの放った銃弾は、エレンの頭ごと吹き飛ばし・・・? 次回の『進撃の巨人』第121話を楽しみに待ちましょう! 今すぐお得に漫画やアニメ を楽しみたいなら U-NEXTがオススメ!• お得に漫画やアニメを楽しみたい…• 過去の漫画やアニメを一気に見たい…• 仕事や部活、サークル活動などでテレビをタイムリーに見れないので、時間を気にせず好きな番組を見たい… このような悩みを あなたは持っていませんか? かつては私もこのような悩みを持っていて、どうしたら解決できるだろう、どうしたらもっと好きな漫画やアニメを楽しめるだろうと色々思考錯誤していました。

次の

【ネタバレ】進撃の巨人 120話『刹那』 あらすじと感想

進撃 の 巨人 120 話

進撃の巨人の伏線回収がすごい!120話で始まった過去の記憶ツアー まずは、進撃の巨人120話での伏線回収。 進撃の巨人120話では、エレンとジークが座標にたどり着きました。 そして、エレンはジークの安楽死計画をきっぱりと拒否します。 始祖の巨人の力を得ているエレンの賛同がなければ、ジークの安楽死計画を実行することができません。 しかし ジークがなんと不戦の契りを無力化することに成功しました・・・。 >> >> 不戦の契りを無力化することにより、ジークは単体でも安楽死計画を実行することが可能。 しかしそれでも、ジークはエレンをどうにか自分の想いに賛同してほしいとの想いから、過去の出来事を一緒に振り返ることでエレンをジーク側に引き寄せようとします。 これがツイッターでは 「エレンとジークの過去の記憶ツアー」として騒がれています。 進撃の巨人のすごい伏線回収:12話に描かれていた二人の影はエレンとジークか? この「エレンとジークの過去の記憶ツアー」で明らかになるのが、 ツアーをしているエレンとジークの姿は、過去の人たちにも見えている、ということ。 進撃の巨人120話では、グリシャが地下室にいるジークを見てこう言います。 「ジーク、ここにいるのか?」 「そんな、ジークがあごひげを生やしたおじいさんなはずないもんな。 夢か」 そう、 グリシャはあごひげを生やしたおじいさん(=ジーク)の姿が見えている、ということ。 そうなった時に、なんと進撃の巨人12話のこのシーンの伏線が突如浮上してきました。 >> 最新話 120話 に関連してなんだけど 3巻のコレ、他の人が発見したんだけどヤバくないか・・・ 諌山先生 どれだけ伏線張ってんだよ… — kuroiroひろき SURF kuroiroSURF285 そう、 巨人化したエレンを見守る二人の影が12話で描かれているのです! これは鳥肌もんですよね。。 12話ですでに、120話の伏線を張っていたという。。 ちなみにこのような影の姿は、アニメでも見られるようです。 天才すぎて、やばいしか言えない・・・。 本当に12話の影がエレンとジークなのか、121話で明らかになるといいですね! >> 進撃の巨人の伏線回収がすごい!121話でグリシャが見ていたのは記憶をめぐるエレンとジークか そして次の伏線回収。 それは、進撃の巨人の121話です。 から始まった、エレンとジークの過去の記憶をめぐるツアー。 120話では、漫画が始まる以前の記憶を巡っていましたが、121話では1話目からの内容へ。 エレンがミカサの家族を襲った人攫いを殺す場面。 過去の記憶ツアーはグリシャの本性を暴こうとするジークの考えで実行されていますが、これまではグリシャのジークに対する愛が次々とわかってきました。 そして121話でも、引き続き グリシャがジークを愛していたことが分かります。 父と子のすれ違い。 これによってジークは一生をかけてエルディア人安楽死計画にたどり着いたのですね。 すごい伏線回収:進撃の巨人1話でグリシャが見ていたのは記憶をめぐるエレンとジークか? ここでまたしても1話の伏線が回収されたと話題です! それは、グリシャがエレンに対して「帰ってきたら地下室を見せてあげる」と言った場面。 実はこの時、 グリシャが過去の記憶をめぐるジークとエレンを見ていたのです。 いやいや、1話の伏線が121話で回収するとか諫山先生恐るべし… — きるな クリミ溺愛 killna731 これはめちゃめちゃやばいことです。。 10年前の第1話で、すでに121話のことまで計算し尽くしているのです。。 これはもしかしたら、 過去の記憶をめぐるエレンとジークを見ているのかもしれません。 今の所、過去の記憶をめぐるエレンとジークが見えるのはグリシャだけ。 他の人には見えていなさそうです。 >> 進撃の巨人の伏線回収がすごい!122話でアニメ2期のエンディング(ED)シーン映像の伏線回収! 進撃の巨人122話に関してネット上でざわざわしているのは、始祖ユミルの子供であるマリア・ローゼ・シーナの3人が、始祖ユミルを食らうシーン。 進撃の巨人 122話は衝撃だった。 この2年ぐらい毎回、衝撃だけど。 >> そして9つの知性巨人はその脊髄液を食べることで継承される、というのもこのマリア・ローゼ・シーナの3人が始祖ユミルを食べることによって受け継がれていったのですね。 すごい伏線回収:進撃の巨人アニメ2期のエンディング(ED)映像の伏線回収だった! そんな始祖ユミルの子供であるマリア・ローゼ・シーナの3人が、始祖ユミルを食らうシーン。 実は、進撃の巨人アニメ2期のエンディング映像に伏線としてあったのです! そのシーンがこちら。 以下122話内容 アニメ進撃の2期EDのこのシーン 女の子3人、マリア ローゼ シーナ 彼女たちが食ってるのが母親のユミル 3人に食わせるとによって始祖の巨人の力が3つに枝分かれして、そっから最終的に9つになった。 — 🍩しのぶ shinobulov 3人の女性が、人骨を前にして、何やら肉のようなものを食べています。 これが、始祖ユミルの子供であるマリア・ローゼ・シーナの3人が、始祖ユミルを食らうシーンであると進撃の巨人122話で判明したのです! >> アニメのエンディング映像からだと、肉を食べている3人はかなり悲しげに食べているように感じますね。 それは、母であるユミルが死んだことによる悲しみなのか。 それとも、母の肉体を食べなければならないこの時代や身分に対する悲しみなのか。 どちらにしても、かなり残酷なシーンですね。

次の