ネクストモバイル デメリット。 ネクストモバイルの口コミ・評判まとめ!メリットデメリットも徹底解説

ネクストモバイルのメリット・デメリット~違約金から端末代金まで徹底調査~

ネクストモバイル デメリット

ども、ソフトバンク本社でポケットWi-Fiのプランの企画・検討、通信制限に関する施策の企画・実行をしていた、すまっちです! そんな経験もあってポケットWi-Fiについては結構詳しいです。 自称プロ。 そんな僕が最近気になっていたのが、「ネクストモバイル(NEXT mobile)」という 電波最強・コスパ最強と名高いポケットWi-Fi。 ホンマでっか!? 参考 良い噂ばかりを耳にしますが、 「本当に電波はいいの?」「速度が遅いのでは?」「無制限じゃないから不便では?」「オンラインゲームはできるの?」「WiMAXとどっちが良いの?」と疑問に思っている人も多いはず。 そんな疑問に答えるために、本記事では実際にネクストモバイル(NEXT mobile)を使い倒してみたので、 使ってみたレビュー・感想、メリット・デメリット、どんな人にオススメか、WiMAXとの選び方、を本気で解説します! ネクストモバイルの料金プラン・キャンペーン・注意点などのサービス概要については、以下の記事で詳しく解説したので、こちらもぜひご参考ください。 ネクストモバイルの通信速度は遅くもなく、速くもないというのが本音!ただ、普段使うには十分な速度は出るよ! ネクストモバイルの通信速度ですが、理論値は以下の通りです。 下り速度 上り速度 150Mbps 50Mbps 実際に計測してみると、都内だと 平均20〜30Mbps程度は出ます(混雑している場所を除く)。 つまり、 「遅くはないが、やや時代遅れな通信速度」 という印象が否めません。 なんせ、WiMAXの最新端末なら下り最大708Mbps、ドコモのPremium 4Gなら下り最大788Mbpsが理論値になっていますからね。 ただし、これらの最大速度が出るのは、2018年3月時点では東名阪の一部エリアに限ります。 今後、徐々に拡大予定。 実際に、W05(3WiMAX)、W04(Broad WiMAX)、FS030W(NEXT mobile)の通信速度を比較してみました。 まずは、ランチに立ち寄ったお店(渋谷区・屋内)での実測値は以下の通り。 (左:W05、中:W04、右:FS030W) 次は、有楽町マルイの地下トイレ(千代田区・地下屋内)での実測値は以下の通り。 地下・屋内でもWiMAXの方が速いですが、上りの数値をみるとネクストモバイル(画像左)の方が安定して速度が出ています。 (左:ネクストモバイル、右:WiMAX) 最後に、有楽町マルイ前の広場(千代田区・地上)での実測値は以下の通り。 帰宅ラッシュの時間のため通信が混み合っているので、WiMAX・ネクストモバイルいずれも速度が落ちているのが特徴。 (左:ネクストモバイル、右:WiMAX) 実際に、休日8時台にPINGを測定した結果は以下の通り。 ちなみに、 PING値は小さいほど良いです。 W05 [WiMAX] 45 FS030W [NEXT mobile] 130 (参考) ソフトバンク 19 測定画像は以下の通り。 ネクストモバイルのPING値はWiMAXの約3倍。 つまり、 反応速度が3倍悪いということになります。 (左:ネクストモバイル、右:WiMAX) 参考までに、同じ時間帯にソフトバンクのiPhone 8で計測した時の結果は以下の通り。 さすが、接続率No. 1を謳っていただけあって、クッソ速いです。 休日8時台は帯域がスカスカなので速度・PINGの良い結果が出やすいのですが、それ以外の時間帯で計測すると、 ネクストモバイルのPING値は平均150〜200です。 少し前に貼ったいくつかの画像を見てもらっても、PINGが150〜なのが分かります。 じゃあこれがそんなに悪い数値かというとそうでもなくて、 パソコン・PS4・任天堂スイッチでオンラインゲームをしないのであれば、ほぼ影響はありません。 少なくとも、ネクストモバイルを普通に使ってみた体感として、そこまで気になるほどではありせんでした。 インスタなどで画像を表示する際に、画像表示が0. x秒遅い、とかそんなレベル。 なお、ゲームプレイ時のレビューは後ほど詳しく解説します! これは本当だよ!ネクストモバイルの最大の魅力が通信エリアの広さ!つまり、電波が最高に良い! ネクストモバイルは、ソフトバンクの電波(LTE)を借りているので、 ソフトバンクと全く同じ通信エリアなのが特徴。 (LTEはauのエリア。 auとソフトバンクのLTEエリアはほぼ変わらない) 通信エリアがどれぐらい広いかは、実際に公式サイトから確認することができます! 参考 ネクストモバイルはソフトバンクのプラチナバンドという周波数帯域を使っているので、地下でも屋内でも電波に全く問題なし! WiMAXは地下・屋内でも場所によっては電波が安定しないことがあるのですが、ネクストモバイルなら一切問題ありません。 ネクストモバイルはソフトバンクのプラチナバンド(900MHz帯)を利用しているので、 屋内・地下・障害物でも電波が安定するのが特徴。 (WiMAXは屋内・地下・障害物に弱い) 実際に、東京メトロや都営大江戸線などの地下鉄のホーム、有楽町マルイ地下、ビックカメラ地下2階と色んな場所で電波を試してみましたが、 動画の再生含めて地下でも屋内でも安定して繋がることが証明できました。 以下画像は有楽町マルイの地下トイレで測定した通信速度です。 ネクストモバイル(画像左)の速度が上り・下りともに安定しています。 逆に、画像右のWiMAXは上りスピードが落ちていることが分かります。 (左:ネクストモバイル、右:WiMAX) 地下鉄の走行中でも電波が安定 ネクストモバイルなら地下鉄の走行中でも安定して電波が繋がるよ! ネクストモバイルの魅力の一つが、 地下鉄の走行中でも安定して電波が繋がるということ! 電波エリアはソフトバンクに準ずるので、ソフトバンクが未対応の地下鉄エリアは当然繋がりませんが、そうでなければ繋がります。 東京に限定して言えば、大半の地下鉄で問題なく繋がります! 参考 もうね、これはほんとに感動・・・ というのも、 WiMAXの場合は地下鉄ホームなら電波が繋がるのですが、走行中はほぼ絶望的に繋がりません。 しかし、 ネクストモバイルなら走行中でもネットができ、インスタができ、動画が視聴できる!最高! 参考 JRでも電波が安定しているが、速度は落ちる場合がある JRで混み合う場合は速度は落ちるけど、電波自体は安定しているよ! 山手線、環状線などの混み合う電車に乗る場合でも、 ネクストモバイルなら安定して電波が繋がります。 ただし、時間帯や人の多さに応じて、やはり通信速度は遅くなります。 こればかりは仕方がありません・・・ 実際に、平日17時台のJR山手線(新橋〜有楽町)での通信速度は以下の通り。 どちらも速度が遅くなっているのが分かります。 (左:ネクストモバイル、右:WiMAX) 新幹線でも電波が安定 すみません、これは直接検証したわけではありませんが、ソフトバンク回線なら新幹線内でも基本的には電波が繋がるので、ネクストモバイルも同様なことが予想されます。 ただし、トンネル内などは電波が当然繋がりません。 これは仕方ないですね。 そのため、 契約しているデータ容量を使い切ると、翌月1日になるまで通信速度制限がかかり、使い物にならなくなるので注意が必要です。 通信速度制限中の通信速度は最大128kbpsになるので、スマホの通信速度制限と同じくらいの速度と考えてください。 あの通信速度制限は本当に不便ですよね・・・ スマホゲームなら問題なくオンラインプレイが可能 テレビで動画を再生する場合、画質が自動設定になることが多いです。 自動で高画質再生されると、たくさんのデータが使用されるのでご注意ください。 実際、テレビでHulu、Netflix、YouTubeの動画を再生した時に消費されたデータ量は以下の通り。 画質次第なので必ずしもこの限りではありませんが、ご参考ください。 Netflixにいたっては、1時間で3GB以上使用されることもあるようです。 サービス名 1時間あたりの使用量 Hulu 1. 5GB Netflix YouTube 2. カシモWiMAXなら無制限かつ安いのでオススメ! 参考 カシモWiMAXについては以下の記事で詳しく解説したので、後ほどこちらもどうぞ。 もし、1日3GBを使ったら、20GBプランなら7日弱、30GBプランなら10日、50GBプランなら17日でデータが無くなり、通信速度制限になるよ!テレビで動画をたくさん見る人は、本当は光回線の方が望ましいかもね! バッテリーは長持ち 実際に使ってみた感想としてはバッテリーがかなり長持ちする印象です。 僕が普段使っているWiMAXの「W04」という端末と連続通信時間(理論値)を比較するとこんな感じ! FS030W [NEXT mobile] 20時間 W04 [WiMAX] 6. 5〜10. ポケットWi-Fiにとって、バッテリーの持ちはめちゃ重要! 参考 WiMAXは下手をすれば電波が悪くて契約して後悔することもあるかもしれないけど、ネクストモバイルはそういう後悔が一切ありません! ネクストモバイルとWiMAXで悩んだ場合の選び方 とは言え、一長一短のあるネクストモバイルとWiMAXのどちらを契約するか悩むのも分かるので、その場合は以下の基準に照らし合わせて判断しましょう! 判断方法1:WiMAX圏内か まずは自分が住む場所や行動エリアがWiMAXの圏内かを確認しましょう。 公式 判断方法2:必要なデータ量が20〜50ギガ未満か WiMAXはデータ無制限なので月間100ギガ以上使えるのが魅力ですが、 そもそも必要なデータ量が50ギガ未満であればネクストモバイルを選択することを推奨します。 というのも、ネクストモバイルの方が電波の広さ・安定性は圧倒的に良いので! 判断方法3:地下鉄の通勤・通学時間が長いか WiMAXには地下鉄の走行中は通信ができない、という欠点があります。 日常生活で地下鉄に乗る時間が長い場合は、WiMAXだと通信できない時間が長くなるので、その場合はネクストモバイルを選択しましょう。 さすがに、地下鉄内でWiFiが使えないと暇を持て余すことになって苦痛なので・・・地下鉄内で勉強や読書をするならまだ話は別ですが。 判断方法4:パソコン・PS4・任天堂スイッチでオンライン対戦をするか 既に説明しましたが、ネクストモバイルはPING値がWiMAXよりも劣ります。 そのため、パソコン・PS4・任天堂スイッチなどでオンライン対戦をする場合、プレイに遅延や切断が発生する可能性が高く、操作に支障をきたす恐れがあります。 プレイが遅延したり切断すると本当にストレスなので、上記のゲームを頻繁に行う場合はWiMAXを選択することを推奨します。 もちろん、WiMAXの通信エリア圏内であることが前提だよ! まとめ 以上、電波最強のポケットWi-Fi、ネクストモバイルを実際に使ってみた感想・レビューでした! 使ってみた感想を一言で言うなら、 「電波最強で欠点が少ないポケットWi-Fi」です。 僕は普段はWiMAXの無制限プランを利用しており、毎月100ギガ近くデータを使うので、そういう特殊な人にはネクストモバイルは不向きです。 しかし、そうでないのであれば、ネクストモバイルは超オススメのポケットWi-Fiなので、興味がある方はぜひ利用してみてください! ネクストモバイルをもっと詳しく知りたい方、申し込みたい方、は以下の公式サイトからご確認ください! 参考.

次の

同じSoftbank回線なのに全然違う!ネクストモバイルとソフトバンクエアー!

ネクストモバイル デメリット

ネクストモバイル(Nextmobile)は「月額料金が安い(2,760円)」「月20GB」「ソフトバンク回線」という3つのメリットから2018年のポケットWiFi業界では大人気を誇りました。 何故ネクストモバイルは人気なのかメリット・デメリットを見ていきましょう。 ネクストモバイルの6つのメリット ネクストモバイルの人気の秘訣として6つのメリットがあります。 これさえ抑えておけば、ネクストモバイルが何でお得なのかわかります。 月額料金が安い• 月20GB(1日の速度制限なし)• ソフトバンク回線• 工事不要の最短即日発送• 端末代金無料キャンぺーン• 契約期間は2年間 1. 月額料金が2,760円と格安で利用できる ネクストモバイルの月額料金は業界最安値級に安いです。 プロバイダ 月額料金 ネクストモバイル 2,760円 So-net WiMAX 3,380円 UQ WiMAX 4,380円 WiFi業界で 安いと言われているSo-net WiMAXよりも600円前後安く使えます。 なお、ドコモやソフトバンクといった携帯電話会社からポケットWiFiを購入する事もできますが、契約内容次第では月額5,000円以上しますので、基本的に 携帯電話会社でのポケットWiFiの契約は月額料金が高いので辞めたほうがいいです。 POINT! ネクストモバイルは2年間ずっと同じ月額料金ですが、他のプロバイダだと最初の2,3ヶ月だけ月額料金が安い場合もありますので注意してください。 例:カシモWiMAXは月額1,380円格安のWiFiと宣伝していますが、3ヶ月目からは月額3,380円です。 高速データ通信が月20GB迄使える!一日の速度制限はなし ネクストモバイルでは「20GBプラン」「30GBプラン」「50GBプラン」といった3つのプランが用意されています。 当サイトでおすすめしているのが月額2,760円にて利用できる「20GBプラン」です。 20GBプランは月に20GBを超えない限り一日どれだけ使っても速度制限にはなりません。 WiMAXみたいに3日で10GBといった制限もありませんので、毎月決められたデータ量までは制限が一切かかることはありません。 POINT! 20GBが多い、少ないと感じるのは人それぞれですが、 YOUTUBEの標準画質の動画を5~6時間視聴すると1GBに達します。 この事から動画を沢山視聴しない限りは1ヶ月で20GBを超える事はありません。 意外と20GBって大きいです。 エリアが広いソフトバンク回線 SoftBank 4G,SoftBank 4G LTEの回線を使用しております。 そのため、WiMAXよりもエリアが広く、地下鉄や建物の中でも電波が入りやすくなっています。 上記の画像はサービスエリアマップの一部ですが、SoftBank4Gの方がエリアが広い事がわかります。 ネクストモバイルのご利用地域のサービスエリアの確認をしたい人は「」をご覧ください。 比較できるようにWiMAXのサービスエリアマップも記載しておきます。 WiMAXで利用できるエリアはSoftBank 4G LTEにて殆どカバーできます。 工事不要の最短即日発送! ネットの契約と言うとNTTの工事があって開通まで2週間~1ヶ月かかると言う事が普通です。 しかし、ネクストモバイルなら工事不要となっており、端末が手元に届いたら簡単な初期設置を行うだけでスグにモバイルWiFiルーターを使う事ができます。 平日の13時迄にご注文いただければ即日発送となっており、地域によっては最短翌日に到着いたします。 注意点として、土日祝日の発送は行っていないため、土日祝日に注文しても翌日に端末が届きません。 POINT! 注文した翌日にモバイルルーターが届いてWiFiを使えるのは魅力的です。 光回線を家に引くとなると2週間から1ヶ月待たされてしまうので、 スグにネットを使いたい人、一人暮らしの人にネクストモバイルは人気です。 モバイルWiFiルーター(端末)代金無料キャンぺーン 新規にネクストモバイルをお申込みいただいた方限定で全ての端末(FS030W/HT100LN)が0円になります。 FS030Wは持ち運び可能のWiFiとなっており、HT100LNはホームルーター型の据え置きWiFiです。 外出して使いたい人は「FS030W」を選べば、外でインターネット通信が楽しめます。 端末代無料がどれだけ凄いかと言うと、 このFS030Wは20,000円前後で販売されているモバイルルーターです。 それが新規契約の場合タダで貰えますのでお得ですね! POINT! WiMAXでも端末無料キャンペーンをしているプロバイダは多いですが、月額料金の安さを考えるとネクストモバイルはかなりお得です。 契約期間が2年と短い!? ネクストモバイルの契約期間は2年間です。 2年間って長いと思う人もいるかもしれませんが、最近のポケットWiFiやWiMAXは3年契約が当たり前となってきています。 有名どころでいえば• Yahoo WiFi• GMOとくとくBB WiMAX• So-net WiMAX• ワイモバイル• Broad WiMAX• JP WiMAX 上記のWiFi業者は全て3年契約です。 2年契約が可能なプロバイダはカシモWiMAXがギリギリ残っているくらいです。 それほど契約期間が2年間というのは貴重です。 「月20GB」「月額料金2,760円」「2年契約」「ソフトバンク回線」の言う事なしのポケットWiFiです。 ネクストモバイル: ネクストモバイルの購入にちょっと待った!?デメリットも知っておこう! 「安い」「速い」「2年契約」といい所尽くしのネクストモバイルですが、デメリットも知っておきましょう。 1.2年契約終了後は月額料金が高くなる 月額2,760円という安い料金で使えるのは最初の2年間だけです。 2年間が終わった25ヶ月目以降は月額3,695円になります。 月額3,695円ですと、So-net WiMAXの3,380円よりも高いため、ネクストモバイル契約しているメリットがなくなります。 そのため 契約解除料が発生しない25ヶ月目の更新月に解約するようにしましょう。 更新つきに解約しないと、26ヶ月目以降でも解約手数料(違約金)を取られてしまいます。 0~12ヶ月目 19,000円(税抜) 13~24ヶ月目 14,000円(税抜) 26ヶ月以降(更新月以外) 9,500円(税抜) なお、毎月20日が解約受付の締め切りとなっておりますので、25ヶ月目の20日までに解約申請を行いましょう。 解約申請はネクストモバイルのお客様ページに用意されています。 URL: ネットからの解約が上手くできないと言う人には「解約専用ダイヤル」も用意されております。 ネクストモバイル解約専用ダイヤル:0120-020-015(月曜~土曜の11時~18時) こちらのダイヤルから電話一本で解約する事も可能です。 POINT! 26ヶ月目以降の月額料金は高いです。 最初の2年間の2,760円だからこそネクストモバイルはおすすめですが、それ以降の3,695円は高額のため更新月に解約をして他社に乗りかえるのがおすすめです。 2.モバイルルーターがちょっと使いづらい モバイルルーターのFS030Wが利用者の口コミや評判を聞くと、「 悪くはないけど、良くもない」という曖昧な返事が返ってきます。 端末の重さ128gと持ち運びもラクラクできるのですが、どうしても「見た目のデザイン」+「ボタンが使いにくい」と評判が悪かったりします。 最近のモバイルルーターといえば、タッチパネルの直感的動作が可能ですが、 FS030Wはボタンを何回押すかで無線LANの設定ができたりBluetoothの設定ができたりと、最初慣れるまで少し時間がかかります。 POINT! FS030Wはネクストモバイル側でSIMロックをかけています。 一部ホームページでSIMフリーという情報が掲載されていますが、そのような事はありませんので注意してください。 3.気づいたらオプション「安心サポート」「My NEXTサポート」に加入していた ネクストモバイルでは• 安心サポート 月額300円• My NEXTサポート 月額907円 2つのオプションが用意されております。 この2つのオプションは加入必須ではありませんが、ネクストモバイルの申し込みフォームの最初の時点では加入するにチェックが入っています。 当サイトでおすすめしているのは 「安心サポート」「My NEXTサポート」両方加入しない事です。 理由については詳しく見ていきましょう! 安心サポートは加入してなくて大丈夫? 安心サポートの内容は「自然故障の修理」が無料で行えるサービスです。 仮に安心サポートに加入していないと「修理対応の場合、約5,000円~」「本体交換対応の場合、約19,000円」となっており、端末が壊れると高額の出費になってしまいます。 そのため、念のため安心サポートに入っておこうと言う人が大多数です。 しかし、ちょっと待ってください。 FS030Wは メーカー保証1年がついているため、安心サポートに加入していなくても最初の1年間であれば、自然故障の修理を無償で行ってくれます。 安心サポートに加入するメリットとしては2年目以降に端末が自然故障した場合に有効ですが、私自身も2年以上この機種を使っていましたが壊れませんでした。 あくまで体験談からの意見ですが、毎月300円、2年間で7,200円の料金を支払ってまで保険をかけておく必要はないかと思います。 安心サポートは申込みの時しか加入できません。 どうしても自然故障が怖い、不安だと言う人は加入してもいいかもしれませんね。 My NEXTサポートは何?加入するべき?? 結論としては、My NEXTサポートのオプションは加入しないほうが良いです。 まず、My NEXTサポートの内容を見ていきましょう。 PCプレミアムサポート• NEXTmobileメール• KINGSOFT Internet Security 2014 3つのサポートを受けることができます。 PCプレミアムサポートでは、パソコン周辺で困ったときに役に立ちます。 例えば「ノートパソコンでWi-Fiに接続ができない!困った!」という時に、 電話+遠隔操作にてお客様のパソコンをサポートしてくれます。 パソコン苦手な人には便利な機能ですが、毎月907円支払ってまでいるかと言われるといらないですね。 jp」という専用メールアドレスが使えるようになります。 あると便利ですが、今のご時勢GmailやYahoo Mailにて十分です。 それに注意点として、 NEXTmobileメールはMy NEXTサポートを解約すると同時にメールアドレスも失います。 いつかは解約するネクストモバイルですので、わざわざ専用メールアドレスを持つ必要もありません。 最後に KINGSOFT Internet Security 2014についてですが、パソコンに使えるウイルス対策ソフトです。 性能自体は優秀なウイルスソフトとなっていますが、毎月907円支払ってまで契約する必要はありません。 このように My NEXTサポートは月額907円と高額の料金設定になっていますので、加入する必要は一切ありません。 最初の2ヶ月無料となっているため、1ヶ月だけ使ってみようかなと言う人も多いですが、オプションの解約をし忘れる人が多いので注意してください。 特に理由がなければ最初から加入しないのが一番です。 「月20GB」「月額料金2,760円」「2年契約」「ソフトバンク回線」の言う事なしのポケットWiFiです。 ネクストモバイル: ネクストモバイルの口コミ・評判 いくつか気になった口コミがあったので解説付きで紹介していきます。 月額2,760円で20GB迄使える。 以前はYahoo WiFiを利用してたけど7GBの速度制限はつらかったです。 約3倍も使えるネクストモバイルはめっちゃ良い! 1,2年前だとYahoo WiFiが月額2,480円(プレミアム会員必須)で7GBというのが人気のプランでしたが、ネクストモバイルの登場によりYahoo Wi-FiのポケットWiFiは低迷気味です。 それと同時にYahoo Wi-Fiでは、1ヶ月7GBの速度制限を5GBに減らしてしまったため、人気減少に歯止めが利かなくなっています。 Yahoo WiFiと比較した場合ネクストモバイルは「安い」「沢山使える」「高速通信」とどれをとってもおすすめできます。 ネクストモバイルのメリット・デメリットのまとめ Nextmobileは他のポケットWiFiよりも月額料金が安く使うことができます。 さらに月20GB迄高速データ通信が可能となっており、動画やオンラインゲームに沢山使うと言うヘビーユーザー以外の人でしたら十分すぎる容量です。 契約時の注意点として「20GBプラン」「30GBプラン」「50GBプラン」と用意されておりますが、おすすめは20GBプランです。 それ以外のプランを契約しようと検討していましたらWiMAXの方が安く使える場合があります。 また、オプションの 安心サポート、MyNEXTサポートは特別な事情がない限りは加入しないほうが安く使えるのでおすすめです。 「月20GB」「月額料金2,760円」「2年契約」「ソフトバンク回線」の言う事なしのポケットWiFiです。 ネクストモバイル:•

次の

NEXTmobile(ネクストモバイル)の特徴やメリット・デメリットについて徹底解説!

ネクストモバイル デメリット

ども、ソフトバンク本社でポケットWi-Fiのプランの企画・検討、通信制限に関する施策の企画・実行をしていた、すまっちです! そんな経験もあってポケットWi-Fiについては結構詳しいです。 自称プロ。 そんな僕が最近気になっていたのが、「ネクストモバイル(NEXT mobile)」という 電波最強・コスパ最強と名高いポケットWi-Fi。 ホンマでっか!? 参考 良い噂ばかりを耳にしますが、 「本当に電波はいいの?」「速度が遅いのでは?」「無制限じゃないから不便では?」「オンラインゲームはできるの?」「WiMAXとどっちが良いの?」と疑問に思っている人も多いはず。 そんな疑問に答えるために、本記事では実際にネクストモバイル(NEXT mobile)を使い倒してみたので、 使ってみたレビュー・感想、メリット・デメリット、どんな人にオススメか、WiMAXとの選び方、を本気で解説します! ネクストモバイルの料金プラン・キャンペーン・注意点などのサービス概要については、以下の記事で詳しく解説したので、こちらもぜひご参考ください。 ネクストモバイルの通信速度は遅くもなく、速くもないというのが本音!ただ、普段使うには十分な速度は出るよ! ネクストモバイルの通信速度ですが、理論値は以下の通りです。 下り速度 上り速度 150Mbps 50Mbps 実際に計測してみると、都内だと 平均20〜30Mbps程度は出ます(混雑している場所を除く)。 つまり、 「遅くはないが、やや時代遅れな通信速度」 という印象が否めません。 なんせ、WiMAXの最新端末なら下り最大708Mbps、ドコモのPremium 4Gなら下り最大788Mbpsが理論値になっていますからね。 ただし、これらの最大速度が出るのは、2018年3月時点では東名阪の一部エリアに限ります。 今後、徐々に拡大予定。 実際に、W05(3WiMAX)、W04(Broad WiMAX)、FS030W(NEXT mobile)の通信速度を比較してみました。 まずは、ランチに立ち寄ったお店(渋谷区・屋内)での実測値は以下の通り。 (左:W05、中:W04、右:FS030W) 次は、有楽町マルイの地下トイレ(千代田区・地下屋内)での実測値は以下の通り。 地下・屋内でもWiMAXの方が速いですが、上りの数値をみるとネクストモバイル(画像左)の方が安定して速度が出ています。 (左:ネクストモバイル、右:WiMAX) 最後に、有楽町マルイ前の広場(千代田区・地上)での実測値は以下の通り。 帰宅ラッシュの時間のため通信が混み合っているので、WiMAX・ネクストモバイルいずれも速度が落ちているのが特徴。 (左:ネクストモバイル、右:WiMAX) 実際に、休日8時台にPINGを測定した結果は以下の通り。 ちなみに、 PING値は小さいほど良いです。 W05 [WiMAX] 45 FS030W [NEXT mobile] 130 (参考) ソフトバンク 19 測定画像は以下の通り。 ネクストモバイルのPING値はWiMAXの約3倍。 つまり、 反応速度が3倍悪いということになります。 (左:ネクストモバイル、右:WiMAX) 参考までに、同じ時間帯にソフトバンクのiPhone 8で計測した時の結果は以下の通り。 さすが、接続率No. 1を謳っていただけあって、クッソ速いです。 休日8時台は帯域がスカスカなので速度・PINGの良い結果が出やすいのですが、それ以外の時間帯で計測すると、 ネクストモバイルのPING値は平均150〜200です。 少し前に貼ったいくつかの画像を見てもらっても、PINGが150〜なのが分かります。 じゃあこれがそんなに悪い数値かというとそうでもなくて、 パソコン・PS4・任天堂スイッチでオンラインゲームをしないのであれば、ほぼ影響はありません。 少なくとも、ネクストモバイルを普通に使ってみた体感として、そこまで気になるほどではありせんでした。 インスタなどで画像を表示する際に、画像表示が0. x秒遅い、とかそんなレベル。 なお、ゲームプレイ時のレビューは後ほど詳しく解説します! これは本当だよ!ネクストモバイルの最大の魅力が通信エリアの広さ!つまり、電波が最高に良い! ネクストモバイルは、ソフトバンクの電波(LTE)を借りているので、 ソフトバンクと全く同じ通信エリアなのが特徴。 (LTEはauのエリア。 auとソフトバンクのLTEエリアはほぼ変わらない) 通信エリアがどれぐらい広いかは、実際に公式サイトから確認することができます! 参考 ネクストモバイルはソフトバンクのプラチナバンドという周波数帯域を使っているので、地下でも屋内でも電波に全く問題なし! WiMAXは地下・屋内でも場所によっては電波が安定しないことがあるのですが、ネクストモバイルなら一切問題ありません。 ネクストモバイルはソフトバンクのプラチナバンド(900MHz帯)を利用しているので、 屋内・地下・障害物でも電波が安定するのが特徴。 (WiMAXは屋内・地下・障害物に弱い) 実際に、東京メトロや都営大江戸線などの地下鉄のホーム、有楽町マルイ地下、ビックカメラ地下2階と色んな場所で電波を試してみましたが、 動画の再生含めて地下でも屋内でも安定して繋がることが証明できました。 以下画像は有楽町マルイの地下トイレで測定した通信速度です。 ネクストモバイル(画像左)の速度が上り・下りともに安定しています。 逆に、画像右のWiMAXは上りスピードが落ちていることが分かります。 (左:ネクストモバイル、右:WiMAX) 地下鉄の走行中でも電波が安定 ネクストモバイルなら地下鉄の走行中でも安定して電波が繋がるよ! ネクストモバイルの魅力の一つが、 地下鉄の走行中でも安定して電波が繋がるということ! 電波エリアはソフトバンクに準ずるので、ソフトバンクが未対応の地下鉄エリアは当然繋がりませんが、そうでなければ繋がります。 東京に限定して言えば、大半の地下鉄で問題なく繋がります! 参考 もうね、これはほんとに感動・・・ というのも、 WiMAXの場合は地下鉄ホームなら電波が繋がるのですが、走行中はほぼ絶望的に繋がりません。 しかし、 ネクストモバイルなら走行中でもネットができ、インスタができ、動画が視聴できる!最高! 参考 JRでも電波が安定しているが、速度は落ちる場合がある JRで混み合う場合は速度は落ちるけど、電波自体は安定しているよ! 山手線、環状線などの混み合う電車に乗る場合でも、 ネクストモバイルなら安定して電波が繋がります。 ただし、時間帯や人の多さに応じて、やはり通信速度は遅くなります。 こればかりは仕方がありません・・・ 実際に、平日17時台のJR山手線(新橋〜有楽町)での通信速度は以下の通り。 どちらも速度が遅くなっているのが分かります。 (左:ネクストモバイル、右:WiMAX) 新幹線でも電波が安定 すみません、これは直接検証したわけではありませんが、ソフトバンク回線なら新幹線内でも基本的には電波が繋がるので、ネクストモバイルも同様なことが予想されます。 ただし、トンネル内などは電波が当然繋がりません。 これは仕方ないですね。 そのため、 契約しているデータ容量を使い切ると、翌月1日になるまで通信速度制限がかかり、使い物にならなくなるので注意が必要です。 通信速度制限中の通信速度は最大128kbpsになるので、スマホの通信速度制限と同じくらいの速度と考えてください。 あの通信速度制限は本当に不便ですよね・・・ スマホゲームなら問題なくオンラインプレイが可能 テレビで動画を再生する場合、画質が自動設定になることが多いです。 自動で高画質再生されると、たくさんのデータが使用されるのでご注意ください。 実際、テレビでHulu、Netflix、YouTubeの動画を再生した時に消費されたデータ量は以下の通り。 画質次第なので必ずしもこの限りではありませんが、ご参考ください。 Netflixにいたっては、1時間で3GB以上使用されることもあるようです。 サービス名 1時間あたりの使用量 Hulu 1. 5GB Netflix YouTube 2. カシモWiMAXなら無制限かつ安いのでオススメ! 参考 カシモWiMAXについては以下の記事で詳しく解説したので、後ほどこちらもどうぞ。 もし、1日3GBを使ったら、20GBプランなら7日弱、30GBプランなら10日、50GBプランなら17日でデータが無くなり、通信速度制限になるよ!テレビで動画をたくさん見る人は、本当は光回線の方が望ましいかもね! バッテリーは長持ち 実際に使ってみた感想としてはバッテリーがかなり長持ちする印象です。 僕が普段使っているWiMAXの「W04」という端末と連続通信時間(理論値)を比較するとこんな感じ! FS030W [NEXT mobile] 20時間 W04 [WiMAX] 6. 5〜10. ポケットWi-Fiにとって、バッテリーの持ちはめちゃ重要! 参考 WiMAXは下手をすれば電波が悪くて契約して後悔することもあるかもしれないけど、ネクストモバイルはそういう後悔が一切ありません! ネクストモバイルとWiMAXで悩んだ場合の選び方 とは言え、一長一短のあるネクストモバイルとWiMAXのどちらを契約するか悩むのも分かるので、その場合は以下の基準に照らし合わせて判断しましょう! 判断方法1:WiMAX圏内か まずは自分が住む場所や行動エリアがWiMAXの圏内かを確認しましょう。 公式 判断方法2:必要なデータ量が20〜50ギガ未満か WiMAXはデータ無制限なので月間100ギガ以上使えるのが魅力ですが、 そもそも必要なデータ量が50ギガ未満であればネクストモバイルを選択することを推奨します。 というのも、ネクストモバイルの方が電波の広さ・安定性は圧倒的に良いので! 判断方法3:地下鉄の通勤・通学時間が長いか WiMAXには地下鉄の走行中は通信ができない、という欠点があります。 日常生活で地下鉄に乗る時間が長い場合は、WiMAXだと通信できない時間が長くなるので、その場合はネクストモバイルを選択しましょう。 さすがに、地下鉄内でWiFiが使えないと暇を持て余すことになって苦痛なので・・・地下鉄内で勉強や読書をするならまだ話は別ですが。 判断方法4:パソコン・PS4・任天堂スイッチでオンライン対戦をするか 既に説明しましたが、ネクストモバイルはPING値がWiMAXよりも劣ります。 そのため、パソコン・PS4・任天堂スイッチなどでオンライン対戦をする場合、プレイに遅延や切断が発生する可能性が高く、操作に支障をきたす恐れがあります。 プレイが遅延したり切断すると本当にストレスなので、上記のゲームを頻繁に行う場合はWiMAXを選択することを推奨します。 もちろん、WiMAXの通信エリア圏内であることが前提だよ! まとめ 以上、電波最強のポケットWi-Fi、ネクストモバイルを実際に使ってみた感想・レビューでした! 使ってみた感想を一言で言うなら、 「電波最強で欠点が少ないポケットWi-Fi」です。 僕は普段はWiMAXの無制限プランを利用しており、毎月100ギガ近くデータを使うので、そういう特殊な人にはネクストモバイルは不向きです。 しかし、そうでないのであれば、ネクストモバイルは超オススメのポケットWi-Fiなので、興味がある方はぜひ利用してみてください! ネクストモバイルをもっと詳しく知りたい方、申し込みたい方、は以下の公式サイトからご確認ください! 参考.

次の