清水 うなぎ。 うなぎを食べて育った私が厳選!静岡県の「うなぎの名店」TOP10

【お清水うなぎ 山居】岐阜・大垣・養老・日本料理・懐石

清水 うなぎ

「活うなぎ橋本」はこんなお店 貫禄ある看板とシックな店構えの「活うなぎ橋本」。 オープンは2010年ということで、数あるうなぎ屋の中で歴史は浅いほう。 店内は清潔感があってなかなかいい雰囲気。 カウンターがメインですが、テーブル席やお座敷もあり。 清水エスパルスの選手も多く訪れているようで、サインがズラリと飾られていました。 ホームでの試合前日に、うなぎを食べて気合いを入れているのかもしれませんね。 「活うなぎ橋本」のメニュー 「活うなぎ橋本」はとにかく安い!国産のうなぎを使用した 「うな重」がなんと2,500円。 「うな丼」なら1,700円。 アンビリーバボー。 名物は、うなぎの蒲焼と白焼の両方を楽しめる 「極み重(2,500円)」。 特に一身半たっぷり味わえる 「特上極み重(3,200円)」がイチオシ。

次の

静岡 うなぎのうまい店

清水 うなぎ

本日もご来店ありがとうございます。 営業時間の変更のお知らせです。 今まで土曜日と日曜日は昼の部と夜の部を営業していましたが、 人手不足により夜の営業をお休みさせていただきます。 令和元年7月30日火曜日に 小学生のお子様と保護者の方を対象にを開催いたします。 活きたうなぎに触ってみたり 管理栄養士からうなぎの栄養について学んだり 地球儀を使ってうなぎの生態を学んだり うなぎクイズに挑戦してうなぎの秘密を探ったり 土鍋でうなぎご飯を炊いて味わったり 盛りだくさんの企画を用意しています。 夏休みの自由研究にもなるかと思います。 ぜひご参加くださいませ。 ご応募はお電話にてどうぞ。 (054-348-1712) 場 所 かん吉清水店(静岡市清水区御門台3-10) 日 時 令和元年7月30日(火) 午前の部 10時から11時半(9時半受け付け開始) 午後の部 14時から15時半(13時半受け付け開始) 参加費 1組2名様 2,500円(うなぎのふっくら煮のお土産付き) かん吉清水店よしだきくこです。 本日もご来店ありがとうございます。 今日も、「Instagramを見てきました!」とおっしゃるお客様がいらして、神のタレを2本お買い上げくださいました。 嬉しいです!ありがとうございます。 ぜひご来店の際は「ブログ見てます」などとお声かけください。 よしだが喜びます。 店頭でひっそりと販売していた鰻のふっくら煮ですが、実はこれもスタッフの間で大人気の商品でした。 給料日にスタッフさんに鰻を持っていってもらうのですが、ご家族にも大好評なんだそうです。 スタッフのご年配のお父様が食欲がないときでもこれならば喜んで食べるという話をしてくれたり、ホームパーティで出すと一番先になくなるとか、みんなとても気に入ってくれている商品でした。 もともと、遠方からのお客様にお持ち帰りいただくのに適したものとして開発した商品でした。 ウチの鰻は関西風の焼き方で蒸さずに一気に炭火で焼き上げるので、皮はパリッと身はカリふわの食感でとても美味しいのですが、冷めると蒸していないことが裏目に出て固くなってしまうんです。 冷めた鰻を家庭で美味しく食べる方法も考えたのですが、タレがついた鰻は焼き直すと焦げてしまうし、電子レンジではウチのパリッとした食感は出ないし、どうしても無理でした。 そこで家庭で美味しく召し上がっていただける鰻を考えたときにたどり着いたのが、タレとお酒でふっくらと煮上げた「鰻のふっくら煮」だったんです。 「蒲焼き」ではなく「鰻のふっくら煮」なら、湯煎で簡単に温めることができるし、焦がす心配もない。 調理技術も必要なくどなたでも安定して美味しい鰻を楽しめるんです。 鰻のふっくら煮の販路を広げようと慣れない営業に行くことにしました。 鰻のふっくら煮と神のタレはエスパルスドリームプラザ内みのり市場またはかん吉清水店店頭にて販売しています。

次の

本場静岡で大人気!うなぎの名店13選を紹介

清水 うなぎ

本日もご来店ありがとうございます。 営業時間の変更のお知らせです。 今まで土曜日と日曜日は昼の部と夜の部を営業していましたが、 人手不足により夜の営業をお休みさせていただきます。 令和元年7月30日火曜日に 小学生のお子様と保護者の方を対象にを開催いたします。 活きたうなぎに触ってみたり 管理栄養士からうなぎの栄養について学んだり 地球儀を使ってうなぎの生態を学んだり うなぎクイズに挑戦してうなぎの秘密を探ったり 土鍋でうなぎご飯を炊いて味わったり 盛りだくさんの企画を用意しています。 夏休みの自由研究にもなるかと思います。 ぜひご参加くださいませ。 ご応募はお電話にてどうぞ。 (054-348-1712) 場 所 かん吉清水店(静岡市清水区御門台3-10) 日 時 令和元年7月30日(火) 午前の部 10時から11時半(9時半受け付け開始) 午後の部 14時から15時半(13時半受け付け開始) 参加費 1組2名様 2,500円(うなぎのふっくら煮のお土産付き) かん吉清水店よしだきくこです。 本日もご来店ありがとうございます。 今日も、「Instagramを見てきました!」とおっしゃるお客様がいらして、神のタレを2本お買い上げくださいました。 嬉しいです!ありがとうございます。 ぜひご来店の際は「ブログ見てます」などとお声かけください。 よしだが喜びます。 店頭でひっそりと販売していた鰻のふっくら煮ですが、実はこれもスタッフの間で大人気の商品でした。 給料日にスタッフさんに鰻を持っていってもらうのですが、ご家族にも大好評なんだそうです。 スタッフのご年配のお父様が食欲がないときでもこれならば喜んで食べるという話をしてくれたり、ホームパーティで出すと一番先になくなるとか、みんなとても気に入ってくれている商品でした。 もともと、遠方からのお客様にお持ち帰りいただくのに適したものとして開発した商品でした。 ウチの鰻は関西風の焼き方で蒸さずに一気に炭火で焼き上げるので、皮はパリッと身はカリふわの食感でとても美味しいのですが、冷めると蒸していないことが裏目に出て固くなってしまうんです。 冷めた鰻を家庭で美味しく食べる方法も考えたのですが、タレがついた鰻は焼き直すと焦げてしまうし、電子レンジではウチのパリッとした食感は出ないし、どうしても無理でした。 そこで家庭で美味しく召し上がっていただける鰻を考えたときにたどり着いたのが、タレとお酒でふっくらと煮上げた「鰻のふっくら煮」だったんです。 「蒲焼き」ではなく「鰻のふっくら煮」なら、湯煎で簡単に温めることができるし、焦がす心配もない。 調理技術も必要なくどなたでも安定して美味しい鰻を楽しめるんです。 鰻のふっくら煮の販路を広げようと慣れない営業に行くことにしました。 鰻のふっくら煮と神のタレはエスパルスドリームプラザ内みのり市場またはかん吉清水店店頭にて販売しています。

次の