湘南 鎌倉 総合 病院 医師 紹介。 湘南鎌倉総合病院循環器内科

湘南鎌倉総合病院の口コミ・評判(53件) 【病院口コミ検索Caloo・カルー】

湘南 鎌倉 総合 病院 医師 紹介

山上 浩(やまがみ ひろし)です。 湘南ERで働くにあたり、私が大切にしている言葉を3つ紹介します。 断る理由を探すより、どうしたら受け入れられるか 湘南ERの診療を求められたとき、それを断る理由を探すのではなく、いかにすれば応えられるかを柔軟に考える。 日々様々な課題に直面するが、どんなときも前向きに解決策を考えていきたい。 何をやりたいかより、何をやらなければならないのか 自分の得意とすること、自分のやりたいことをやり続けるものひとつ。 でも、自分に何を求められているか、自分がなにをすべきかを考えることも大切。 時代が、社会が、地域が求めること、 すなわち、患者やその家族が求める医療を提供し続けることを目指したい。 誰がやるかではなく、何をやるか 名医やスーパーマンを呼んでくるのではなく、 自分が患者のために正しいと信じることを、謙虚にタフにやり続けること。 湘南ERは、さまざまな職種の仲間とともに、患者やその家族のために常に最善を尽くしていきます。 湘南鎌倉総合病院について 当院は24時間いつでも診療を行うことをモットーに昭和63年11月に開院し、以来湘南地区、横浜地区、三浦半島地区の約100万人の地域をカバーする基幹病院として地位を築き上げてきました。 平成22年9月には鎌倉市岡本に新築移転し、救急診療部の強化、センター化による高度医療の強化、 高度医療機器導入による医療サービスの向上を行いました。 地域からの当院への期待は大きく、非常に忙しいながらも、働き甲斐のある病院となっています。 「断らない医療の実践」は病院全体の共通認識であり、医師・コメディカルスタッフが一体となって、質の高い初期診療から高度医療を提供しています 医師紹介 ER専従医師:24名(女性医師 7名) スタッフ:8名(救急科専門医 8名、女性医師 2名) 専攻医:16名(女性医師 5名).

次の

内科

湘南 鎌倉 総合 病院 医師 紹介

以前は PTA Percutaneous Transluminal Angioplasty: 経皮的経管的血管形成術 という呼び名が主流でしたが、必ずしも血管形成のみが治療の方法論ではないことから、最近では EVTという呼び名が使われています。 末梢血管治療(Endovascular therapy:EVT)の対象は、下肢動脈 腸骨動脈・浅大腿動脈・膝窩動脈・膝下血管 の病変のみならず、腎血管性高血圧症を引き起こす腎動脈狭窄症や、鎖骨下動脈狭窄症、そして深部静脈血栓症などの静脈疾患も症例によっては対象となります。 2019年の1年間で、下肢動脈を 470例、腎動脈を 15例、鎖骨下動脈を 8例、静脈病変を含むその他の治療を 21例の 合計512例に対して EVTによる治療を行うことができました。 ご紹介も相まりまして数年前の2倍の件数と増加しており、全国でも有数の症例数を有しております。 末梢血管の疾患は、全身の動脈硬化を反映しての病態であり、血管内治療だけの知識では不足があります。 従って、EVTだけではなく薬物治療、運動療法、補助療法を総合的に行いながら全身管理が行える循環器内科医師による治療は、非常に重要なことと考えております。 当院では飛田医師を中心に、適切な薬物療法と併せて、冠動脈インターベンション PCI で培った技術をいかしてEVTを施行しており、先進的な技術も取り入れることで救肢および再発の低減への大きな寄与をしております。 閉塞性動脈硬化症 ASO による比較的軽症な症状としては、腸骨動脈や浅大腿動脈病変による、間歇性跛行(歩いて暫くすると、ふくらはぎが痛くなる、または重くなるといった症状)がありますが、これらに対しても、かつては外科的手術療法(バイパス術)でしか治療の出来なかった病変が、治療技術およびデバイスの向上とともに大多数の症例がEVTで治療可能となってきました。 また、ASOにおいて重篤な下腿の潰瘍や壊疽まで至った場合、重症下肢虚血 CLI; Critical Limb Ischemia と定義されております。 CLIは糖尿病や慢性腎不全による血液透析を施行している患者さんに多くみられます。 本邦においては、腎臓内科医による緻密な加療および優れた透析管理にて、慢性腎不全患者さんに対して、世界に冠たる良好な長期治療成績が成し遂げられました。 しかしその一方で、合併症としてのCLIが問題となっております。 当科ではCLI における膝下動脈病変に対するEVTも積極的に施行しております。 しかし、CLIまで至ってしまった症例の場合、血管内治療だけでは無く、創傷管理、栄養状態の管理などの集学的な治療が必要です。 ここで重要なのは、循環器科医師、形成外科医師、腎臓内科医師、外科医師、糖尿病内科医師、看護師、理学療法士、ケースワーカー、管理栄養士、臨床工学士、放射線技師などからなるチームで一人の患者さん、そして重症下肢虚血に晒され壊死・切断の危機にある下肢を救うというアプローチが必要不可欠です。 このようなアプローチを行うチームをフット・ケア・チームと呼びます。 当院では経験豊富な各科の先生が揃っており、神奈川県下でも有数のフット・ケア・チームを組み、CLIへの診療にあたっております。 当科では、院内各部署と緊密に連携し、フット・ケア・チームに携わっております。 血行再建や創傷処置の他、特殊な治療も当院で施行が可能です。 高気圧酸素療法、LDLアフェレーシス、再生治療などです。 これらの適応については、経験豊富なフット・ケア・チームのスタッフで協議し、患者さんにとって最良と思われる治療方針を決定しております。 こうした日常の臨床診療のみならず、治験や臨床研究に対しても、積極的に協力しております。 下肢動脈に対する治験も複数行っており、全国の有数な病院と連携を組み、国内のデータを海外に発信することに貢献しております。 加えて、当院単独でも、学術的な活動を積極的に行っております。 国内外の学会発表を行い、日本循環器学会、CVIT、JETなどと云った主要学会にも招聘されております。 その一環として、当院で過去に積み上げてきた多数のEVT治療の経験を科学的に詳細に分析し、その結果を海外の英文医学論文雑誌に積極的に投稿して受理されております。 このような活動を通じて、当科での治療成績を世界に問い、顧みて、今後の更なる治療成績の向上を目指しており、ひいては、今後の医学の発展に寄与すると信じております。 以上のように、新規の医療機器の導入や仔細なデータの蓄積を、日々行っており、本邦の患者さんに最良の医療を提供出来る様、尽力しております。

次の

湘南鎌倉総合病院循環器内科

湘南 鎌倉 総合 病院 医師 紹介

電話番号 0467-46-1717 公式サイト 診療時間 正確な診療時間は医療機関のホームページ・電話等で確認してください 月 火 水 木 金 土 日 祝 09:00-12:00 09:00-12:00 09:00-12:00 09:00-12:00 09:00-12:00 09:00-12:00 ー ー 13:00-19:00 13:00-19:00 13:00-19:00 13:00-16:00 13:00-16:00 13:00-16:00 ー ー ー ー ー 17:00-19:00 17:00-19:00 17:00-19:00 ー ー クレジットカード 利用可 一部使用可 指定病院 駐車場 あり 有料駐車場 211台 管理医師 篠崎 伸明 診療科目・専門外来・専門医 診療科目 内科系 、、、、、、 外科系 、、、、、、、、 皮膚科系 泌尿器科系 眼科系 耳鼻咽喉科系 産婦人科系 小児科系 精神科系 、 その他 、、 専門医 一般系 、 脳・神経系 、、、、 呼吸器・循環器・消化器系 、、、、、、、、、 整形・形成・皮膚・泌尿器系 、、、、、、 眼科・耳鼻・アレルギー・代謝・感染症系 、、、、 産婦人科系 、、、、 小児科系 リハビリ・麻酔系 、 検査系 、、、、 精神科系 、 歯科・その他 、、、 実施治療 実施治療 大動脈瘤 大動脈弁膜症 動脈硬化 ガングリオン 、 痔 花粉症 過多月経 子宮筋腫 予防接種 、、、、、、、、、、、、、、、、、 先進医療 脳・神経・眼科系 呼吸器・消化器・内分泌・感染症系 脳・呼吸器・消化器系のガン 長くお世話になっていた心臓血管外科への通院が遠く大変な為に、紹介状を書いて頂き、過去に父親が手術して貰っていた湘南鎌倉の循環器内科を受診しました。 初診は上位医師が診ますとの事で、担当された医師が顔を見... 長くお世話になっていた心臓血管外科への通院が遠く大変な為に、紹介状を書いて頂き、過去に父親が手術して貰っていた湘南鎌倉の循環器内科を受診しました。 初診は上位医師が診ますとの事で、担当された医師が顔を見る事もなく、パソコンに入力しながらの診察。 態度が余りにも横柄で大ショックでした。 次回の予約はしましたが、すぐに心臓血管外科にお願いして違う病院の紹介状を再度書いて貰いました。 この循環器内科は相当な混雑ぶりです。 緊急での受診ならば仕方無いと思いますが、定期的に通院ならば、私には耐えられません。 長きに渡り副鼻腔炎を患っていました。 長きに渡り副鼻腔炎を患っていました。 術後 痛みと、鼻からの出血で綿球を頻繁に交換する事、鼻に綿球がある事で飲食が大変に困難な事等でかなり辛かったです。 完全に治ったと言えるまで10カ月はかかりました。 でも改善された今、手術して良かったと感じています。 この耳鼻咽喉科、私が通院していた時には担当医師がひとりだった為に外来受診はかなりの待ち時間がネックです。 臍ヘルニアになり、別の病院 外科で手術をしたところ腹壁瘢痕ヘルニアになり、2度目の手術をしましたが、再度腹壁瘢痕ヘルニアになりました。 父親が何度も入院していた湘南鎌倉に付き添っていたので湘南鎌倉 外科... 臍ヘルニアになり、別の病院 外科で手術をしたところ腹壁瘢痕ヘルニアになり、2度目の手術をしましたが、再度腹壁瘢痕ヘルニアになりました。 父親が何度も入院していた湘南鎌倉に付き添っていたので湘南鎌倉 外科を受診して腹壁瘢痕ヘルニアの手術をして頂きました。 ヘルニアは改善されたましたが、3年間で3回も開腹手術を受けたからなのか、麻痺性イレウスになりました。 その後9年間に、イレウス発症が30回、その内入院治療が9回で、飲食制限をかなり厳しくしても4ヶ月毎に入院していました。 好きなものを殆ど食べられないまま生きて行くのが辛く、ヘルニアになる事を受け入れても良いからと主治医に懇願して、癒着している小腸部位(70センチ)を切除する手術を受けました。 退院後にヘルニアになったものの、飲食制限解除で好きなものを食べられるようになり、生きる喜びを感じています。 ずうっと優しく担当して頂いた主治医に感謝しています。 昨年末より、腎臓移植でこの病院にお世話になりました。 担当医は優しく患者の話を聞いてくれ、また医師からも丁寧な治療方針や具体的な治療方法について説明していただいたため、大きな手術にもかかわらず安心して手... 昨年末より、腎臓移植でこの病院にお世話になりました。 担当医は優しく患者の話を聞いてくれ、また医師からも丁寧な治療方針や具体的な治療方法について説明していただいたため、大きな手術にもかかわらず安心して手術や治療を受けることができました。 手術後は看護師さんから積極的なコミュニケーションをとっていただいたので、現在の回復状況や今後の課題など治療に専念できる患者の体制をとることができ、また医師も看護師も完治に向けて戦力で取り組んでいただけるため、こちらも頑張って病気を治そうと思うことができました。 結果29日間の入院となりましたが、大きな手術をしたにもかかわらず、地に足ついた治療を行いましたが早めの退院となりました。 退院後の体の調子も順調で、医師の先生方や看護師の皆様に感謝しております。 本当にありがとうございました。 追伸 病室の窓から見えた富士山から毎日元気をいただきました。 MRIのため紹介状をいただきこちらの総合病院へ伺いました。 MRI撮影のためだけに伺ったので放射線科以外の診療科については記入することがありませんが、設備としては一般的なMRI撮影施設だったと感じま... MRIのため紹介状をいただきこちらの総合病院へ伺いました。 MRI撮影のためだけに伺ったので放射線科以外の診療科については記入することがありませんが、設備としては一般的なMRI撮影施設だったと感じます。 比較的空いていて待ち時間も自分の前に一人待っているぐらいですぐに検査をできました。 曜日や時間帯が関係あるかもしれません。 個人病院経由でMRI撮影のためにこちらのような大型総合病院に紹介状を書いてもらうことは多々あるとおもうので、こちらの総合病院はスムーズに検査をしてくれますということをお知らせしたくて書きました。 治療実績 病気別治療実績(DPCコードに基づく) 種類 DPCコードに基づく病気名 治療実績 順位 合計 手術あり 手術なし 神奈川県 全国 神経系疾患 58 33 25 13位 15 15 - 11位 84 26 58 10位 108 - 108 6位 88位 28 28 - 7位 439 72 367 2位 32位 29 - 29 8位 192 39 153 2位 7位 47 - 47 4位 54位 10 - 10 19位 19 - 19 23位 100 - 100 10位 10 - 10 1位 3位 眼科系疾患 805 805 - 10位 72位 14 14 - 33位 耳鼻咽喉科系疾患 29 29 - 11位 37 - 37 33位 239 - 239 4位 42位 23 - 23 20位 53 - 53 12位 呼吸器系疾患 365 102 263 17位 33 - 33 30位 480 40 440 1位 40位 384 34 350 2位 10位 40 - 40 31位 73 - 73 23位 58 - 58 17位 53 - 53 5位 61位 43 15 28 2位 26位 24 - 24 4位 44位 61 27 34 12位 循環器系疾患 120 120 - 6位 92位 2,571 668 1,903 1位 6位 837 752 85 2位 10位 342 181 161 1位 12位 21 11 10 2位 7位 531 111 420 1位 10位 85 60 25 2位 21位 10 10 - 3位 10位 109 109 - 5位 63位 402 365 37 1位 3位 29 - 29 1位 13位 27 17 10 1位 36位 184 164 20 1位 9位 19 - 19 3位 36位 消化器系疾患、肝臓・胆道・膵臓疾患 100 47 53 12位 183 160 23 18位 11 11 - 17位 242 208 34 11位 100 85 15 21位 110 80 30 15位 29 29 - 22位 121 46 75 12位 31 31 - 226 103 123 1位 6位 94 42 52 14位 82 61 21 2位 36位 14 14 - 2位 12位 183 158 25 2位 10位 182 182 - 7位 63位 46 46 - 1位 24位 11 11 - 8位 29 - 29 18位 263 83 180 1位 1位 14 14 - 3位 20位 19 19 - 10位 19 - 19 7位 80位 10 - 10 36位 84 50 34 7位 97位 22 22 - 1位 5位 69 69 - 3位 90位 209 193 16 1位 14位 292 268 24 6位 44位 73 34 39 1位 18位 75 44 31 2位 17位 60 - 60 28位 筋骨格系疾患 13 13 - 32位 50 12 38 4位 47位 10 10 - 4位 40位 359 359 - 1位 6位 14 - 14 2位 21位 13 13 - 30位 62 51 11 44位 61 47 14 7位 15 - 15 2位 49位 43 - 43 19位 23 12 11 3位 73位 皮膚・皮下組織の疾患 15 15 - 18位 115 12 103 6位 26位 乳房の疾患 135 135 - 21位 内分泌・栄養・代謝に関する疾患 10 10 - 25位 14 - 14 17位 57 - 57 18位 15 15 - 2位 49位 19 - 19 12位 12 12 - 1位 5位 56 - 56 3位 36位 腎・尿路系疾患及び男性生殖器系疾患 15 15 - 27位 23 12 11 5位 61位 25 - 25 21位 128 115 13 22位 211 - 211 23位 43 28 15 41位 47 47 - 10位 18 - 18 13位 46 - 46 3位 47位 419 104 315 3位 30位 101 24 77 1位 1位 320 16 304 1位 8位 女性生殖器系疾患及び産褥期疾患・異常妊娠分娩 25 15 10 29位 71 50 21 31位 232 232 - 4位 27位 113 113 - 7位 55位 32 32 - 14位 17 - 17 3位 40位 14 - 14 13位 12 - 12 32位 81 81 - 9位 23 23 - 14位 血液・造血器・免疫臓器の疾患 123 106 17 2位 34位 12 - 12 5位 56位 345 134 211 2位 33位 37 23 14 7位 10 10 - 4位 95位 37 37 - 9位 12 - 12 12位 16 16 - 2位 24位 33 33 - 3位 72位 19 - 19 5位 68位 新生児疾患、先天性奇形 63 - 63 39位 35 35 - 1位 7位 外傷・熱傷・中毒 114 56 58 15位 17 17 - 12位 14 - 14 2位 83位 31 - 31 2位 5位 48 22 26 8位 10 10 - 2位 11位 10 10 - 2位 55位 45 - 45 23位 56 56 - 4位 13位 51 51 - 8位 31位 84 84 - 1位 6位 114 114 - 5位 24位 18 18 - 22位 418 401 17 1位 1位 32 32 - 4位 28位 34 34 - 5位 19位 11 11 - 1位 2位 36 36 - 11位 19 - 19 5位 76位 47 15 32 2位 8位 19 - 19 10位 21 - 21 13位 42 - 42 15位 98位 その他 226 40 186 1位 5位 139 101 38 7位 46位 13 - 13 4位 92位 31 31 - 5位 94位.

次の