アメリカ市場 時間。 【FXの時間帯】東京時間、欧州時間、ニューヨーク時間の相場の特徴

アメリカの株式市場の取引時間は?

アメリカ市場 時間

2つの市場の違いについては後ほどご説明いたします! アメリカ市場の取引時間は? 2つとも取引時間は 9:30〜16:00となっており、昼休みはありません。 日本時間では、以下の様になります。 23:30〜翌朝6:00• 22:30〜翌朝5:00(サマータイム:3月の第2日曜日から11月第1日曜日まで) また、米国株では上記の取引時間の前後に開かれる「プレ・マーケット」と「アフター・マーケット」というものもあり、時間は以下の通りです。 【プレ・マーケット】 現地時間 8:00〜9:30 日本時間 22:00〜23:30、21:00〜22:30(サマータイム) 【アフター・マーケット】 現地時間 16:00〜20:00 日本時間 6:00〜10:00、 5:00〜9:00(サマータイム) 2つの市場の違いは? ニューヨーク証券取引所(NYSE) あの有名な ニューヨーク市のウォール街にある世界最大の株式市場です。 みんな大好き『コカ・コーラ』• 大手投資銀行の『ゴールドマン・サックス』• アメリカ最大級のスーパー『ウォルマート・ストアズ』 など名だたる大企業ばかりです! 日本企業では、• ソニー• トヨタ• 三菱UFJフィナンシャル・グループ が米国預託証券(ADR を発行する方式で上場しています。 ナスダック(NDAQ ナスダックとは、アメリカ合衆国の 新興企業向けの株式市場のことです。 新興企業向けの株式市場としては世界最大の規模を誇ります。 ナスダックの上場企業には成長力があるIT企業が多く、• アルファベット GOOG• アマゾン AMZN• アップル AAPL• フェイスブック FB• ネットフリックス NFLX など皆さんにも馴染み深い超人気企業が多いです! LINE公式アカウントでは、記事の更新情報や今話題のニュース解説などを配信しています! また、友達登録すると限定記事もご覧いただけます。 アメリカの代表的な株価指数 アメリカには主な株価指数として以下の3つがあります。 NYダウ• ナスダック総合指数• アメリカで上場している企業から成長性や投資家の関心の高さなどを踏まえて、ダウ・ジョーンズ社が選んだ30銘柄で構成される株価指標です。 日経平均とイメージが近いですね。 構成銘柄は、マクドナルドやアップル、マイクロソフトなどです。 ダウ平均は2020年2月現在、 高値を更新し続けています。 ナスダック総合指数 ナスダック総合指数はナスダックに上場している全銘柄と対象としており、1971年2月5日の時価総額を基準として、その値を100として算出しています。 近年のIT企業の爆発的な成長の裏付けもあり、 2020年2月に最高値を更新し9,714に到達しました。 ダウ平均とは違い、両市場の500社をカバーしている分散性から『アメリカの株式市場の状態』として世界から参照される指数になります。 こちらも最高値を更新し続けています。 ADR(米国預託証券)とは? ADRとは米国以外の企業の株式を米国で取引できるように、預託機関によって原株式を裏付けに発行された証券です。 ADRの売買方法は、一般の米国株式と同様であり、最近ではブラジル、インドといった新興国の優良企業の上場も増えています。 ADRの仕組みは、以下の様になっています。 徐々にあいまいになる境界線 先述したように、アメリカの2つの市場では 大企業を中心とした「オールドエコノミー」はNYSEに、 新興企業を中心とした「ニューエコノミー」はナスダックに、という具合に役割を明確に分ける暗黙の了解がありました。 しかし近年では、以下の株式時価総額ランキングをみても、Apple、Google、Amazonといった新興の成長企業の方がかつての大企業を圧倒し始めています。 NYSEとしては、ニューエコノミーを自陣営に取り込まないと先細ってしまう危機感を持つようになりました。 そのため、両取引所の競争は一層激しくなり、それまで明確に分けていた境界線は徐々にあいまいになってきています。 その結果、現在NYSEにはニューエコノミーの• Twitter• アリババ• Salesforce. com 等が上場しています。 当メディアは 株 インベストメントブリッジによって運営されています。 株 インベストメントブリッジは中立した立場で、企業と投資家の架け橋として活動をしております。 運営会社についての詳細はをご覧ください。 また、当メディアにおける記事及び情報の掲載は、投資に関連する一般的な情報提供のみを目的としたものであり、有価証券その他の金融商品の取引の勧誘を目的としたものではありません。 当メディアに掲載された記事、情報及び外部リンク先ウェブサイトに基づいて利用者が被ったいかなる損害についても、当メディア運営会社・執筆者は一切の責任を負うものではありません。 Please Follow us!

次の

アメリカ株式市場で明日の日経平均を予測! [株・株式投資] All About

アメリカ市場 時間

すでにFXに取り組んでいる方の中でも、 よくわからないという方がいるかもしれません。 しかし! これからFXで利益を上げ続けたいと思うなら、 【夏時間・冬時間】を理解してトレードすることは非常に重要です。 「季節によって、時間が大きく変わるの?」 「FXトレードにはどんな影響があるの?」 これからFXを始めたい方、すでにスタートを切ったFX初心者の方は、 ぜひこの機会に【夏時間・冬時間】をしっかり理解しておきましょう。 今回は、この対極にある2つの時間について、深掘りしていきたいと思います。 夏時間・冬時間とは? 「夏時間」とは、 「サマータイム」とも呼ばれており、 シンプルに説明すると、 夏の期間中、時計の針を1時間早める習慣です。 日本ではまだ採用されていませんが、 欧米諸国ではすでに広まっているシステムです。 これに対して、 「冬時間」はいわゆる 標準時間のことで、 夏時間で1時間早めた時計の針は元に戻ります。 夏時間と冬時間が切り替わるタイミングは、 国ごとに期間が異なります。 主要各国についてはこのあと説明もしますが、 詳しく知りたい方や、旅行で各地を訪れる方などは、よく調べておくのが良いでしょう。 ちなみにこの、夏時間と冬時間。 なぜわざわざ分けていると思いますか? このシステムを導入している国の主な目的としては、 「太陽の出ている時間帯」を有効に利用するためとされています。 だから「冬時間」が標準時間で、 「夏時間」(サマータイム)が少し早まっているという認識になるんですね。 具体的には、時間が早まった分、冬時間よりも早く仕事に取り組んで、 夜は余暇の時間を長く持つことができるようになります。 さて、そんな生活に多少なりとも影響する夏時間と冬時間ですが、 FXとはどのような関係があるのでしょうか? 主要各国の夏時間(サマータイム) まずは、夏時間(サマータイム)についてですが、 これは先ほども説明したとおり、 国によって導入期間が異なります。 あなたが特定の時間帯で利益を上げるトレーダーだとしたら、 夏時間と冬時間をしっかり把握しておかないと、 場合によっては大変なことになるかもしれませんので注意が必要です。 例えば、経済指標発表の時間も夏時間では1時間早まりますが、 それに気づかずトレードしていたとしたら、 思わぬところで相場が大きく変動してしまって とんでもない損をしてしまう可能性もありますよね。 このように、意外と油断ならないのが夏時間・冬時間なのです。 それでは実際に、主要各国の夏時間をご紹介していきたいと思います。 夏時間に切り替わるタイミング 上記が各国の夏時間となりますので、 FXの取引時間も、これによって変わってきます。 夏時間は1時間早まるわけですから、 当然、平日に実際トレードできる取引時間も、 冬時間に比べて1時間くり上がるということになります。 これについては、各証券会社によっても異なりますので、 実際に夏時間・冬時間が切り替わる前に確認してみるのが良いでしょう。 注意するポイント さて、ここまで夏時間と冬時間について確認してきましたが、 続いてはこの時間が変わることによって、気をつけるポイントを見ていきましょう。 夏時間によって1時間早まることで、 FXには具体的にどのような影響があるのか、ここでご紹介していきます。 経済指標の発表 冒頭でも少しお伝えしたように、 最も注意したい点は、 「経済指標の発表時間」です。 夏時間は全てのスケジュールが前倒しになるので、 当然、 指標発表も1時間早い時間に行われます。 また、国によってサマータイム期間も時間帯も違うので、 自分が取引する通貨の国がいつ経済指標を発表するのかは、 きちんと調べておきましょう。 もし、これに気づかずトレードした場合、 エントリータイミングやポジションを決済しておくタイミングを逃すことに繋がり、 場合によっては大きな損失が生まれる可能性もあるでしょう。 経済指標発表のタイミングは、 レートが激しく変動するタイミングです。 もし、反対のポジションを保有しているのに、 夏時間の影響に気づかないまま、 相場が真逆の方向に加速してしまったらと思うと、ゾッとしますね。 為替市場の時間帯 夏時間によって1時間早まるのは、 経済指標が発表されるタイミングだけではありません。 実際に市場が開く時間帯も、当然変更されることになります。 ここでは主要な市場の時間帯をご紹介しましょう。 日本ではサマータイムの導入がないので、 東京市場の時間帯に変動はないのですが、 世界の市場の時間帯が変わるため、 時差も変更になる点には気をつけましょう。 例えば、ニューヨークと日本の時差は14時間から13時間になり、 ロンドンと日本の時差は9時間から8時間となります。 まとめ いかがでしたか? FXを続ける以上、1年の中で、 夏時間と冬時間の両方を経験することになると思います。 あらかじめ、その違いを知っているだけで、 慌てずに相場と向き合うことができるはずですし、 経済指標や市場が動くタイミングについても心構えをしてトレードできるでしょう。 また、夏時間・冬時間の違いは、 人によってはメリットを生み出すことにもなるでしょう。 たとえば、夏時間のスタートによって1時間前倒しになるわけですから、 深夜のトレードを避けることに繋がり、 その結果、睡眠時間が増えるという方もいるかもしれませんね。 ほかにも、あなたのトレードスタイルによって影響がある部分、 注意しておきたいポイント、そしてメリットになり得る部分は見つかると思いますので、 この機会に深掘りして調べてみることで、 最適なトレード方法をあなたの中で確立していきましょう。 短い時間足でのトレードなら、ポジションの保有時間が短い分、 相場の値動きに柔軟に対応することも容易です。 こちらの無料講座では、ゲーム感覚で楽しく稼ぐ、 1分足のスキャルピングロジックを学ぶことができるので、 興味があればぜひお試しくださいね。 この講座では、 1分足でサクッと稼げるスピードロジックを 無料で学ぶことができます。 FX初心者でも ゲーム感覚で連続コンボ! 次々と利益を獲得できるノウハウが詰まっています。 さらに毎日約70回のエントリーチャンスがあるため、本業があるサラリーマンや主婦でも、スキマ時間で稼ぐことが可能ですよ。 シンプルかつ手軽にトレードできるため、多くの方が 「1分足スキャルロジック」に満足しています。 FX-Katsuの伝授する、瞬間的に利益を得てしまう衝撃のロジックですが、 なんと期間限定で無料公開しています! 全4回でお送りする学習動画を、 メールアドレスの無料登録だけでご覧になれるのは今だけですよ。 今すぐ講座を視聴して、1分足ロジックをあなたも体感してみましょう!.

次の

アメリカ株式市場で明日の日経平均を予測! [株・株式投資] All About

アメリカ市場 時間

ニューヨーク証券取引所の取引時間は、時差とサマータイムがあることで、今日の取引時間は日本時間の何時からだっけと毎回悩みます。 米国株の取引に慣れた方は頭に入っているかと思いますが、今回はそうでないという方向けに取引時間を季節ごとにまとめます。 米国株初心者が悩むニューヨーク証券取引所との時差 米国株への投資をはじめようと思う初心者にとって厄介なのが、米国株式市場が開いている時間帯です。 米国株と取引する際に存在する時差とは、東京とニューヨーク(証券取引所)の時差です。 米国に居住されていた方は分かるかもしれませんが、ほとんどの日本人にとってはがわかりずらいですね。 ちなみに米国の証券取引所は、New York Stock Exchange(NYSE)といいます。 発音は「ナイス」と発音します。 米国株の発注に慣れてくると、"仕事を済ませて、ゆっくりと考えながらできる時間帯"とでも言いましょうか、夜も更けてきたことにゆっくりと考え、投資を愉しめる時間になってきました。 さて、改めてニューヨーク証券取引所の開所時間を頭に入れましょう。 ニューヨーク現地での証券取引所の通常取引時間 米国東部の標準時で、• 午前9時30分~午後4時まで が、取引時間になります。 日本時間でいえば、• 午後11時30分~翌日午前6時まで が、取引時間となります。 これは、まさに夜中ということになりますよね。 ライフスタイル、生活習慣を考えれば、場合によっては、"午後11時30分なんて言うのは、もうすでに寝ているよ!"という方もいらっしゃるでしょう。 確かに、証券会社のセールスマンなどの株式市場関係者の朝は早いことが多く、早寝早起きという人は多かったです。 まさに、テレビの経済ニュースで米国市場の相場状況を確認しながら、投資を考えるのも悪くありません。 ちなみに、WBSは、午後11時からです。 念のためですが。 >> サマータイムでの取引時間ーサマータイムは1年のうち約8か月もある さて、日本から米国株を投資するために一つ注意しなければならない点があります。 それは、"サマータイム"の扱いです。 サマータイムの間の取引時間は、日本時間でいえば、• 午後10時30分~翌日午前5時まで となります。 注意しなければならないのが、サマータイムが1年で意外に長いということです。 サマータイムは、• 3月の第2日曜日~11月の第1日曜日 まで続くことになります。 日本人からすれば、「え、サマータイムってそんなに長いの?」という声が聞こえてきそうです。 ただ、日本人からしてみれば、取引時間が1年のうちほとんどが午後10時30分からということで悪い話ではないと思います。 ニューヨーク証券取引所の取引時間に左右されない取引方法 夜遅くに米国株の売買などしたくない!というライフスタイルの方にぴったりの方法がります。 それは「指値(さしね)」をして発注をしておくことです。 これは、日本株でも同じですが、自分で売買したい値段をあらかじめ設定しておくことです。 指値であれば、自分が納得する値段をあらかじめ設定できますし、その値段で取引できれば、自分が相場に張り付いていなくても、米国株に投資をすることもできます。 ただし、一つ注意点があります。 それは、何らかの理由で相場が大きく荒れそうなときには、自分の期待していた株価で取引されないことがあります。 したがって、指値で注文を入れていても、海外の経済や企業決算の情報には注意を払わなくてはなりません。 米国株のリアルタイム株価を知る方法 日本でもYahoo! ファイナンスを使えば、米国株についてディレイ(遅れ)の株価を知ることができるようになりました。 私が機関投資家として米国株を運用していた16年前を考えれば、非常に投資環境インフラがアップグレードしているといえるでしょう。 意外に知られていないのが、米国株の株価をリアルタイムに知る方法です。 それは、たとえば、米国のYahoo! のサイトにファイナンスのカテゴリを見に行けば、銘柄のリアルタイム株価を知ることができます。 アップルのリアルタイム株価はここを見る 下のリンクは、アップルを例として米国Yahoo! ファイナンスへのリンクを張っています。 アップルのリアルタイム株価を知りたい場合には、以下のサイトで確認するとよいでしょう。 米国株を日本から発注する際に、株価にディレイがあることを知らずに発注をされた方がいることを耳にしたことがあります。 できる価格がおかしいなと思ったら、証券会社の株価にディレイがあることをご存知なかったようです。 もったいないのでかならずリアルタイム株価を確認するようにしましょう。 【コラム】ヨーロッパ(欧州)の証券取引所の取引時間 ニューヨーク証券取引所の取引時間は、これまで見てきたように深夜から朝方までというイメージですが、ヨーロッパの場合は、国によって異なりますが、大まかに言えば、日本時間の夕方に始まって深夜に終わる、というイメージです。 たとえば、ドイツのフランクフルトであれば、日本時間でいえば、• 午後5時30分~翌日午前1時30分 サマータイム時であれば、• 午後4時30分~翌日午前0時30分 となります。 株式市場関係者からみれば、ヨーロッパ(欧州)市場は、特段大きな動きがなければ、東京とアジアの株式市場の動きを追って始まりますので、ピリピリする感じはないです。 24時間張りつめて投資をするというのは現実的ではありません。 ライフスタイルを考えて投資をするというのは、長く続けるためには必要です。 米国株について本やサイトで更に詳しく勉強してみる 米国株の取引時間は、サマータイムであれば午後10時30分にはじまりますし、そうでなければ、午後11時に始まります。 相場をみるために日本時間の明け方まで張り付いてみるのはしんどいです。 日にちをまたがない程度で取引を手じまって、次の日にどうなったかと楽しみに起きるのがちょうどよいくらいです。 NYSEのサイトのリンク ニューヨーク証券取引所の取引時間や営業日についてさらに詳しく知りたい方は、以下のNYSEのサイトをご参照下さい。 >> 書籍 上級者向け 米国株式に投資をして儲ける機会を手にしたい方は、結局一番参考になるのが、フィデリティのピーター・リンチの書籍ではないでしょうか。 内容は時間の経過とともに古くなってきていますが、米国株式市場の歴史とともにどのような調査をしてきたのかが理解できると思います。 本書を読めばよくわかるのですが、リンチは小売株への調査意欲が高かったことが分かります。 小売株は一度成長ステージに入ると-商品とビジネスモデルが確立されるステージ-業績が急激に拡大していきます。 株価のドライバーは当然業績拡大が効きます。 これは米国株に限ったことではなく、日本株でも同様です。 特に、米国は人口増が期待できる珍しい先進国です。 成長機会を見出している小売株は投資対象として検討に値ます。 以下、ピーター・リンチの書籍を紹介しておきます。 どちらかといえば、「 」の方が個人投資家にとっては自身の投資に役立つのではないでしょうか。 >> >> ピーター・リンチは幅広いセクターに対しての知見を与えてくれますが、米国株で特に外せないのが、テクノロジーセクターです。 テクノロジーセクターや関連銘柄を探す際に外すことができないのが「ゴリラゲーム」です。 イノベーションと思われる商品やサービスが上市され、その後普及していくかどうかのターニングポイントともなる「キャズム(深い溝)」という言葉を聞かれた方もいるかもしれませんが、本書にその解説が詳しくかかれています。 >> 中級者向け 米国株をこれから始めようとされる方は、東洋経済から出ている米国株の会社四季報を参考にされるとよいでしょう。 どのように証券会社に口座を開けばいいのか、税金や配当などについて詳しく書かれています。 >> 初級者向け 広瀬隆雄さんは日本でも数少ない米国株の情報や分析をされている方です。 私も外国株式に触れて20年近くたちますが、日本でいわゆる簡単に手に入る米国株情報としては見ておくべきものでしょう。 MarketHack(マーケットハック)というブログも運営されているので米国株に興味のある方は一度覗いてみてはいかがでしょうか。 >> 以下は広瀬氏の著書です。 さっと読むことができるので米国株式投資に興味を持ったらざっと読んでみるのが良いと思います。 >> 個別株ではなくインデックスファンドという方へ 米国でも個別株への嗜好からファンドへ、そしてアクティブファンドよりもインデックスファンドという流れは続いています。 この流れは日本の投資信託業界にも流れ込んできています。 大手の運用会社による信託報酬率を下げる競争を引き起こしました。 特に生命保険会社や信託銀行系列の運用会社は巨額の年金資金を含むマザーファンドが存在するために運用に関係するコストを薄めることができるからです。 ETFやインデックスファンドへの投資も一つの投資の選択肢です。 そうしたインデックスファンド投資がいかに有効かを記した本が以下の本です。 >> 米国株に投資をするといっても様々な金融商品がありますから自分に合った内容のものを選択すればよいと思います。 まとめ-米国株に興味を持ったら証券口座を開設しよう 最後に、証券会社に口座を開設される際には、手数料が安い証券会社や投資情報が充実した証券会社など各社特徴があります。 ご自身のライフスタイルに合った証券会社を選ぶとともに複数口座を持って使い分けるのもありですね。 以下のまとめサイトが便利です。 いかがでしたでしょうか。 皆様の参考になれば幸いです。 それでは、よりよい米国株投資ライフをお過ごしください。 【番外編】アセットアロケーションをお考えの方へ 外国株式も日本株に比べればこれまでは超過収益をとりやすい資産ということが言えました。 長期投資で考えれば引き続き米国株を含めたグローバル株式を選好されるのは一つの重要な選択肢だと思います。 とはいえ、短期のボラティリティが欲しいという方は引き続きいると思います。 為替レートはその動きが小さくなってしまいましたが、その代替として仮想通貨の存在が顕著となってきました。 仮想通貨はそれらをベースにしたICO(イニシャル・コイン・オファリング)なども今後の規制次第で様々な方向に変わってくると思いますが、その基盤となるビットコインやイーサリウムを中心とした通貨は今後も注目されていくと思います。 米国株の基本についてさらに詳しく知りたい• ウォーレン・バフェットについて知りたいという方へ• あわせて読みたい•

次の