データ 通信 量 目安。 スマホのデータ通信量の目安「1GB」で何ができるのか

データ通信量 1GB でどのくらい使えるのか?

データ 通信 量 目安

2018年5月6日 15:00 充電したばかりで使った覚えもないのに、気づくとバッテリーが減っている…。 月々のデータ通信を使いすぎるのもバッテリーを消耗するきっかけになる。 とはいえ、「1GB(1ギガバイト)などとよく耳にするけれど、何のことだかわからない」「何がどれだけできるのか…?」という人も少なくない。 そもそもGB(ギガバイト)とは、コンピューターで扱われるデータの量(サイズ)の大きさを表す単位。 1バイトはアルファベット1文字分のデータ量で、1GBは10億バイトとなる。 私たちは、GBを使って、スマホでネットを見たり、メールを送ったりしているわけだ。 「私たちは契約時に、何GBにするかを選んで、スマホを購入しているのですが、バイト数が大きいほど、たくさん通信をすることができます。 ちなみに、1GBでできることは、ショップサイトの閲覧/約500~1万回、メールの送受信/約2000通、ニュースサイトの閲覧/約3000~6000ページ、ツイッターやFacebookの閲覧/2000回以上、LINE音声通話/約2000分、動画再生/約4. 5時間(1日9分間)、メッセージアプリのやり取り/約40万~50万回…、などである。 「追加料金を支払えば、使えるデータ量を増やすことができるのですが、ゲームや動画を頻繁に利用する人は、どんどんデータ通信量を追加していくと、その分だけ、毎月のスマホ料金もかさんでしまいます。 また当たり前ですが、それだけたくさんスマホを使えば、その分、バッテリーも消耗してしまいます」(同前) データ量の追加は携帯会社によって異なるが、1GBあたり1000円が目安だ。

次の

私に最適なプランはどれ?データ通信量の目安を知って、スマホを快適に使おう

データ 通信 量 目安

YouTube 480p SD画質 :51MB/5分間 720p HD画質 :88MB/5分間 1080p フルHD画質 :171MB/5分間 AmebaTV 通信節約 :85MB /5分間 最低画質 :17MB /5分間 低画質 :21MB /5分間 中画質 :28MB /5分間 高画質 :55MB /5分間 最高画質 :85MB /5分間 普段使いなら YouTubeだとHD画質、AmebaTVだと中画質から高画質だと思います。 後ほど各ギガ数に合わせて解説を入れますが、メールやサイト閲覧に比べて、大きくデータを使用していることが分かります。 データ使用量を抑えたい場合、なるべく低画質にして利用するか、通信節約モードを利用しましょう。 オンラインゲーム スマホを持っている多くの方が、スマホゲームをしているかと思います。 実はスマホゲームの通信量も馬鹿にはできません。 PUBG、荒野行動などのバトルロワイアルゲームや、FGOなどといった、ロールプレイングゲームでは多少の使用量の変動がありますが、基本的に1時間に150MB程度消費します。 デイリークエストをこなす程度は問題ありませんが、数時間を超えるプレイはWi-Fiを利用しましょう。 音楽ストリーミングサービスの再生 通勤や通学のときには、動画視聴と同じくらい利用する機会があると思います。 主要の音楽アプリ3つの通信量を調べました。 Apple Music 標準音質 約7. 3MB/曲 ・約84MB/時間 高音質 約17MB/曲・ 約204MB/時間 Spotify 低音質 約1MB/曲・約10MB/時間 標準音質 約4MB/曲・約43MB/時間 高音質 約6MB/曲・約72MB/時間 最高音質 約12MB/曲 ・144MB/時間 LINEミュージック 低音質 約1MB/曲・約11MB/時間 標準音質 約4MB/曲・約43MB/時間 高音質 約6MB/曲・約72MB/時間 最高音質 約12MB/曲・約144MB/時間 各アプリの最高音質となると、ある程度通信容量を使いますが、標準音質を利用すると、最高音質の約3分の1までデータを節約できます。 Apple Musicだけ、ほか二つに比べデータの使用量が大きいので、気になる方は、SpotifyやLINEミュージックに乗り換えを検討してください。 ビデオ会議 社会人の方は、スマホで会議に参加することもあるでしょう。 今回は、ビデオ会議で1時間使用したと仮定します。 1時間のweb会議で消費するデータ通信量 Skype 約2GB Googleハングアウト 約1. 5GB Zoom 約200〜約300MB LINE 約300MB SkypeとGoogleハングアウトを利用した場合は、大きくデータ通信を消費しますが、最近主要になっているzoomや、LINEのビデオ通話でしたら、約300MB程度で利用できます。 それでも、長めの会議だと結構なデータを消費するので、節約したい場合は、極力Wi-Fi環境下で利用することを心がけましょう。 通信量の目安はどれくらい? ここまで各項目の通信量を解説してきましたが、実際1G・3G・10Gではどれだけ使えるのかを解説します。 音楽も最高音質で問題ないですし、動画視聴やオンラインゲームも学校や仕事終わりに数時間程度でしたら気にせず利用できます。 しかし、長時間にわたって高画質の動画を視聴すると、あっという間に容量を超えてしまうので、動画視聴やゲームをするときは、通信量に気をつけて利用しましょう。 サービスごとの目安を知ると速度制限も怖くない いかがだったでしょうか? データ 通信量を気にしていても、それぞれのアプリで実際どれくらい使っているかまで把握している人は少ないのではないでしょうか。 各サービスのデータ通信量を知ることで、自分が1日に必要なデータ通信量がわかります。 ある程度目安がつくと最適なデータ通信量を選択できますので、ぜひ一度月に使用しているデータ通信量をチェックしてみてくださいね。

次の

iOS 10でFaceTimeビデオ・オーディオのデータ通信量がどれくらいか調べてみた|スーログ

データ 通信 量 目安

新型コロナウイルス感染症対策として、東京、神奈川、千葉、埼玉、大阪、兵庫、福岡の7都道府県の企業には「オフィス出勤者の最低7割削減」が要請された。 テレワークで作業している方も多いだろう。 関係者がそれぞれの自宅で作業となると、気軽に打ち合わせするのも難しい。 電話やメール、チャットなどのツールを使ったコミュニケーションにも限界があることから、顔の見える「ビデオ会議」(テレカン/テレカンファレンス)に注目が集まっている。 現在、ビデオ会議に利用される主なツールは「Hangouts Meet」(Google提供)、「Microsoft Teams」(Microsoft提供)、「Zoom」(ズームビデオコミュニケーションズ提供)の3つだろう。 いずれもパソコン、スマートフォン、タブレットなど、デバイスの選択肢は豊富。 アプリのインターフェイスもわかりやすく、ユーザーが急増しているのも頷ける。 今回は「Hangouts Meet」「Teams」「Zoom」のデータ通信量と通信速度をを使って測定した。 通信環境やデバイスによって違いはあると思うが、目安にはなるだろう。 掲載している画面キャプチャは一例。 ビデオ会議の主催者と参加者を想定し、映像と音声ON、音声のみONを比較している。 双方ともにパソコンの環境と、主催者:パソコン・参加者:スマートフォンの環境で6分間、各5回ずつ計測した。 データ通信量は、1時間あたりの換算値としている。 ホストとしてビデオ会議を主催できないだけだ。 「Hangouts Meet」の通信量 「Zoom」の1時間あたりのデータ通信量は、200~300MBとの情報をよく見るが、測定結果は、1時間あたり500~1,450MBとなった。 音声のみのデータ通信量も44~56MBと「Hangouts Meet」「Microsoft Teams」より高めだ。 セキュリティアップデートの影響かも知れない。 今回の実験では最新バージョン(パソコン:v4. 11、スマートフォン:v4. 11)を利用している。 映像と音声は鮮明だ。 さらにデータ通信量が増える。 なお、「Zoom」はカメラ前での動きが激しいとデータ通信量が急増するほか、ウィンドウサイズによっても変動する。 「Hangouts Meet」と「Microsoft Teams」では見られない動作だ。 レンダリングの違いだろう。 しかし、カメラの前でプレゼンテーションするような場合、映像の鮮明さが足りない。 次いで「Microsoft Teams」が、690~810MB。 「Hangouts Meet」と「Zoom」比較して、映像は安定している印象だ。 「Zoom」は500~1450MBと振れ幅が大きい。 鮮明かつスムーズな映像を求めると、3者に甲乙つけがたい。 データ通信量を節約するなら、音声のみとするのが無難だ。

次の