宝くじ ドコモ払い。 宝くじ公式サイト お支払い方法の登録ガイド【宝くじ公式サイト】

宝くじをネットで!カードがなくても買える、共同購入による贈与税対策にも

宝くじ ドコモ払い

令和元年10月28日(月) みずほ銀行宝くじ部 「宝くじ」の購入方法が増えてもっと手軽に楽しめる 「宝くじ公式サイト」に「ドコモ払い」を導入 「宝くじ公式サイト」 では、宝くじの購入における新たなお支払い方法として、株式会社NTTドコモ(以下、「ドコモ」といいます。 )の決済サービス「ドコモ払い」を、本日、令和元年10月28日(月)から開始しました。 「ドコモ払い」をご利用いただくと、宝くじの購入代金を、月々の携帯電話料金と合算してお支払いいただけるため、クレジットカードをお持ちでない方も「宝くじ公式サイト」でのインターネット購入がご利用いただけます。 昨年10月に「宝くじ公式サイト」で宝くじのインターネット販売を開始して以来、多くの方にご利用いただいており、開始から1年で「宝くじ会員」は175万人を突破しました。 今後も、「宝くじ公式サイト」では、さらなる利便性の向上と宝くじをより身近な存在として楽しんでいただける新しいサービスを提供していきます。 「ドコモ払い」とは 「ドコモ払い」とは、ネットショッピングのお買物代金やオンラインゲームのプレイ代金などを月々の携帯電話料金と合算して支払える、カンタン、便利なドコモの決済サービスです。 詳細は以下URLをご覧ください。 <宝くじ公式サイトでの 「ドコモ払い」のご利用について> 利用開始日:令和元年10月28日(月) ご利用ガイド: ご利用の際にはまず「宝くじ公式サイト」内にて登録が必要です。 ジャンボ宝くじなどの普通くじも購入できます。 (2)ネットですべて完結! 宝くじの購入から抽せん結果の確認、当せん金のお受け取りまでネットで全て完結できます。 当せん金の受け取り忘れもありません。 (3)ポイントがたまる! 「宝くじ公式サイト」で宝くじを購入すると、100円につき1ポイントの「宝くじポイント」が獲得でき、購入(「宝くじ公式サイト」の場合は決済完了)の翌日から1ポイント1円として、宝くじの購入に利用できます。 一部、「宝くじポイント」の取り扱いがない「宝くじ売り場」もあります。 (4)お支払いはクレジットカードまたはドコモ払いで! 宝くじの購入は、「クレジットカード決済」と「ドコモ払い」のいずれかを選択いただきます。 ご利用可能なクレジットカードは複数の会社から選べます。 (5)自動購入で買い忘れなし 指定した購入期間や購入頻度で自動で購入できる「継続購入」やジャンボ宝くじなどの普通くじを発売開始日に自動で購入できる「予約購入」で買い忘れがありません。 (例)・ロト6を毎週木曜日に継続購入 ・ジャンボ宝くじを発売開始日に予約購入 (6)「共同購入」「ギフト購入」でドキドキ・ワクワクを共有 「共同購入」は、「宝くじ会員」同士でグループを作って宝くじをグループ購入できる機能で、当せんのチャンスが広がります。 「ギフト購入」は、「宝くじ会員」が購入した宝くじを、友人や大切な人に、ギフトカードやメッセージとともにプレゼントできる機能です。 どちらも宝くじの楽しさを共有できる機能です。

次の

宝くじがクレジットカード払い&ネットで買える?売り場ごとの購入方法教えて!

宝くじ ドコモ払い

クレジットカード 使える UCカード、ライフカード、クレディセゾン、イオンクレジットカービス、JCB、三菱UFJニコス、オリエントコーポレーション、エポスカード、トヨタファイナンス発行のクレジットカード(American Expressは不可) デビットカード 使えない ポイントカード 宝くじポイント 1%分のポイントが貯まり、次回の宝くじの購入に使える。 売り場でも宝くじモバイルポイントカードのQRコードを提示することでポイントが貯まる。 現金いらず得点 4. 0点(5点満点中) 流石にセキュリティも厳重で使えるクレジットカードの種類は限られていますが、以前は売り場での現金払いのみだったのがカード決済も出来るようになったのは大きい。 公式HP 概要• 宝くじ(ジャンボ宝くじ、ロト、ナンバーズ)の支払いで使えるクレジットカード 宝くじは、売り場ではクレジットカードは一切使えませんが、 宝くじ公式サイトに会員登録するとネット決済でのカード払いが可能になっています。 2018年10月末からクレジットカード決済に踏み切った形です。 利用可能なクレジットカードは UCカード、ライフカード、クレディセゾン、イオンクレジットカービス、JCB、三菱UFJニコス、オリエントコーポレーション、エポスカード、トヨタファイナンス発行のクレジットカードです。 上記のイシュアが発行しているクレジットカードであっても、 国際ブランドがAmerican Expressの場合は利用不可となっています(VISA、Mastercard、JCBはOK、Dinersは利用不可)。 例えばセゾンカードインターナショナルなどは利用可能ですが、セゾンが発行しているAmerican Expressブランドのセゾンアメリカンエキスプレスカード(セゾンパールアメリカンエキスプレスカードなど)は利用不可です。 また、 家族カードや法人カードも利用不可となっています。 三井住友カードや楽天カードなども大手ですが利用不可。 また、カード会社毎に購入可能な上限金額は異なっています(のめりこみ防止対策としてカード会社がそれぞれ設定している)。 カード発行会社 カード例 ひと月の購入上限(円) UCカード みずほマイレージクラブカード等 10万 ライフカード ライフカード等 30万 クレディセゾン セゾンカードインターナショナル等 30万 イオンクレジットサービス イオンカードセレクト等 10万 JCB JCB CARD W等 10万 三菱UFJニコス MUFGカード等 10万 オリエントコーポレーション Orico Card THE POINT等 30万 エポスカード エポスカード等 10万 トヨタファイナナス TOYOTA TS CUBIC CARD セレクト等 10万 いずれも支払回数は一回払いのみです。 【余談】宝くじ(ジャンボ宝くじ、ロト、ナンバーズ)の支払いに使える電子マネー・QRコード決済 ジャンボ宝くじ、ロト、ナンバーズなどの宝くじは各売り場では支払いに電子マネーも利用することはできません。 例えショッピングセンターなどで電子マネーが導入されていたとしても、宝くじ売り場は基本的には現金のみです。 ただし、 みずほ銀行近くの宝くじ売り場ではQRコード決済のJ-Coin Payが利用可能です。 宝くじ(ジャンボ宝くじ、ロト、ナンバーズ)の支払いに使うクレジットカード設定&購入手順 まず、宝くじを購入できるのは20歳以上からとなっています。 20歳以下の購入は法律で禁止されているのでご注意ください。 宝くじは公式サイトから購入する前にクレジットカード情報と当せんした際に振り込まれる口座を設定しておく必要があります。 当せん金の受取口座として設定可能なのは、みずほ銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、りそな銀行、ゆうちょ銀行となっています。 購入に利用するクレジットカードは1枚だけ設定できます。 変更する場合はマイページの設定メニューから変更可能です。 宝くじの公式サイトで使えるクレジットカードは全て3Dセキュアというセキュリティに対応したクレジットカードとなっているため、設定してある方は登録時と購入時に3Dセキュアの認証が必要になります。 設定ができたら宝くじ公式サイトにログイン後、購入したい宝くじを選択してメニューから連番、バラなど設定して購入画面に移行します。 まだ発売前の宝くじの予約購入も可能。 予約購入時にはポイントやお預かり当せん金は支払いに利用できません。 内容が正しければ購入完了です。 宝くじ(ジャンボ宝くじ、ロト、ナンバーズ)のキャリア決済 宝くじ公式サイトではクレジットカード以外にもキャリア決済も利用可能です。 決済額がケータイ料金と一緒に請求されます。 ドコモ回線を利用されている方が使えるドコモ払いに対応しています。 マイページの「お支払い方法の確認」から変更可能です。 宝くじ(ジャンボ宝くじ、ロト、ナンバーズ)の購入で貯まるポイント 宝くじは 購入したときのみ、宝くじポイントが貯まります。 宝くじポイントはジャンボ宝くじ、ロト、ナンバーズなどの購入額、100円につき1ポイント(還元率1%)が貯まり、1ポイント=1円で購入にも利用可能です(予約購入は除く)。 ポイントを使っても、購入時にはポイントが貯まります。 また、オンラインだけではなく、宝くじ売り場でもモバイルサイトにログインして会員ページで表示されるQRコードを提示することでポイントを貯めることが可能です。 宝くじ(ジャンボ宝くじ、ロト、ナンバーズ)の支払いに使えるお預かり当選金とは? お預かり当せん金とは、宝くじ公式サイトで購入した宝くじやこれまでのお預かり当せん金の合計額が1万円未満の場合に自動的に口座に振り込まれず、一時的に公式サイトのアカウントに記録されているもの。 1万円以下だとお預かり当せん金ページの「個別に振り込む」から手続きをするか、3月と9月の自動振込までお預かり当せん金としてアカウントに登録されています。 この お預かり当せん金は次の宝くじの購入に利用することも可能になっています(予約購入は除く)。 ロトとナンバーズは銀行のサイトからも購入可能 全国自治宝くじ事務協議会の発行する宝くじの中で、数字を選択するタイプの宝くじであるロト、ナンバーズは、ジャパンネット銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、楽天銀行の銀行の会員サイトから購入可能です。 購入した分は銀行口座から引き落とされ、当せん金は購入した銀行口座に振り込まれます。 ジャンボ宝くじは銀行サイトからは購入できず、公式サイトからのカード決済のみの対応です。 宝くじ(ジャンボ宝くじ、ロト、ナンバーズの公式サイト)の支払いで現金必要? 年末ジャンボなどの宝くじは2018年10月末まで売り場で現金払いでしか購入できませんでした(ロトやナンバーズは以前から各オンラインバンクなどからネットで購入できていた)。 その結果、購入額が下がってきたため、 総務省はジャンボ宝くじなども含めて公式サイトでのカード決済の許可に踏み切った形です。 ご利益のある売り場などは年末になると長い行列ができていましたが、その混雑も収まるでしょうか。 売り場ではポイントも貯まらないのでご利益は平等だと考える方は公式サイトで購入することをおすすめします。

次の

ジャンボ宝くじをネットで購入するメリット・デメリット|ネットでジャンボ宝くじを購入する方法

宝くじ ドコモ払い

売り場に長い行列ができる「宝くじ」、多くの人が高額当選の夢を買っています。 宝くじ売り場の行列は年末の風物詩と言ってもいいですね。 でも、 今は宝くじもネット購入が可能です。 宝くじネット購入についてはいろいろな疑問がありますが、一番気になるのは、高額当選の確率ではないでしょうか。 宝くじ売り場で買うよりも、公式サイトで ネット購入したほうが、「高額当選の当たる率が高い」という話もありますが、本当でしょうか? その他、ネット購入の 「支払い方法」や「受け取り方法」はどんなものがあるか?日本一使われていると言われる「 楽天カード」は支払いに使用できるのか?みずほ銀行の口座があればクレジットカードがなくても購入できるというのは本当か?口コミで「売れる」という売り場から買いたいけど、買いに行けない場合はネット購入できないか?など知りたいことは多いと思います。 2020年に購入できるジャンボ宝くじは何かを含めて、早速、見てみましょう。 出典: 2018年10月から、「宝くじ公式サイト」で宝くじのネット購入が可能になりました。 宝くじのネット購入と言っても、宝くじの実物が送られてくるわけではなく、購入した宝くじ情報をネットで管理、当たると当選金が指定口座に振り込まれるというものです。 これにより、 わざわざ「宝くじ売り場」へ買いに行く手間がなくなり、24時間購入可能なので、忙しい時でも無理なく購入できます。 また、 当選番号を自動で調べてくれるので、当選番号を調べるのを忘れたり、当選金を受け取りに行く機会を逃して、気がついたら1年の期限切れを過ぎていたという失敗も防止。 購入できるのは、 「スクラッチ」「ビンゴ5」以外の宝くじなので、 「LOTO」や「ナンバーズ」のような数字選択式の宝くじ、「ジャンボ宝くじ」を含む普通の宝くじをネット購入することが可能です。 高額当選の当たる確率は高い? 2018年の年末ジャンボ高くじで、10億円の当選がでました! 出典: 宝くじを買うのは、高額当選の夢を見たいから。 そうなると当然、当選確率が気になるところです。 宝くじをネット購入した場合、高額当選の確率は高いのでしょうか。 結論から言うと、 同じ枚数を買ったときの当選確率は変わらないです。 普通に「宝くじ売り場」で買った「宝くじ」と、「ネット購入」で買った「宝くじ」は別の抽選が行われている訳ではなく、条件は同じだからです。 ただ、同じ枚数を買ったときの当選確率は同じですが、 宝くじネット購入は1%のポイントがつきます。 そうすると、 宝くじ売り場で100枚買う値段で、101枚買うことができることになります。 1%の当選確率アップのためには、会員登録必須です! スポンサーリンク 支払い方法と当選金の受け取り方法は? 「支払い方法」と「受け取り方法」はなにが選べるか 公式サイトのネット購入で、購入代金の支払い方法としては以下のものがあります。 ドコモ払い(月々のドコモの携帯電話料金に合算して支払う方法)• auかんたん決済(auのスマートフォンやPCで支払う方法)• クレジットカード• 宝くじポイント• お預かり当せん金 「ドコモ払い」「auかんたん決済」「クレジットカード」の他は、購入時に付与される1%ポイント、当選金からの支払いなので、 初回購入時の支払い方法は「ドコモ払い」「auかんたん決済」「クレジットカード」になります。 クレジットカードも全てが使えるわけではなく、使えるのは以下の会社発行のカードのみです。 UCカード株式会社• ライフカード株式会社• 株式会社クレディセゾン• イオンクレジットサービス株式会社• 株式会社ジェーシービー• 三菱UFJニコス株式会社• 株式会社オリエントコーポレーション• 株式会社エポスカード• トヨタファイナンス株式会社 「VISA」や「マスターカード」などのメジャーなブランドが入っていないですね。 もしかすると、国内企業限定なのかも知れません。 また、当選金の支払い方法は指定口座に振り込まれますが、 指定口座に設定できるのは「外国銀行」と「SBJ銀行」以外の金融機関ならばOKです。 参考: 支払いに「楽天カード」は使えるの? 年会費無料でポイントが溜まりやすい「楽天カード」は「日本一使われている」と言われる人気のクレジットカード。 ネットでは「宝くじネット購入」は「楽天カード」とともに検索されることが多いようです。 「宝くじネット購入」に「楽天カード」は使えるのでしょうか。 同じ楽天カードでも「American Express」「Mastercard」「VISA」「JCB」の4種類があります。 その中で 公式サイトでの「宝くじのネット購入」「JCB」ブランドのものだけです。 「American Express」「Mastercard」「VISA」のものは使用できません。 では、 「楽天カード」で宝くじをネット購入したい!でも、「JCB」の楽天カードではない!という場合はどうすればいいでしょう。 ひとつは 楽天カードを「JCB」ブランドに切り替える方法があります。 私も昔、楽天カードでnanaco チャージでポイントが付いたときに、VISAからJCBブランドに変更したことがあります。 変更と言っても単純に切り替えることはできません。 一度退会し、JCBで再度申し込むという方法です。 当然 クレジットカード番号も変わりますし、再申込時には クレジットカードの審査もあります。 クレジットカード支払いの切り替えが煩わしかったり、収入状況が変わって再審査に通る自信がなければ避けたほうがいいでしょう。 ただ、クレジットカードの種類が変わっても 楽天ポイントは引き継がれますので、その点は心配することはありません。 もう一つの方法として、18歳以上の家族がいれば、 家族カードを作るという方法もあります。 楽天カードは本人名義のカードの他に、付随した家族名義の付随カードを作ることができます。 「American Express」「Mastercard」「VISA」でも、 家族カードを「JCB」ブランドにすることが可能です。 注意事項として、宝くじ公式サイトの「宝くじネット購入」では本人名義のクレジットカードが必要ですので、家族の名前で登録するようにしてください。 「楽天カード」をJCBに切り替えることもできないし、家族カードを作る家族もいない。 という場合はどうすればいいでしょう。 使えるカードの制限で多くの不満があがっているので、そのうちに対象カードが増えるかも知れません。 それを待っているか、あるいは、 みずほ銀行の口座で宝くじを購入する方法もあります。 みずほ銀行の口座があればクレジットカード不要 「ドコモ払い」を利用できず、何らかの事情でクレジットカードを持つことができなければ、 「宝くじラッキーライン」を使えば、クレジットカードがなくても購入できます。 「宝くじラッキーライン」とは 「みずほ銀行」の行っているサービスで、パソコン、スマートフォン、携帯電話(iモード、EZweb、Yahoo!ケータイ)で宝くじを購入できるというものです。 みずほ銀行の口座を持っていることが条件で、宝くじの購入代金は、みずほ銀行の口座から引き落とされ、当選金は指定口座に振り込まれます。 この「宝くじラッキーライン」で買うことができる「宝くじ」の種類は、公式サイトのネット購入と同じです。 でも、ポイントが付かない、「購入明細通知書」の送料がかかるなど、不利な点が多いので、 対象のクレジットカードが使えるならば、公式サイトのネット購入にしたほうが良いと思います。 口コミで「当たる」と言われる売り場から買いたい人は ネット通販は便利だろうど、どうせなら、 口コミで「当たる」と言われている売り場から買いたい、ということなら、宝くじ購入代行業者を利用するという方法もあります。 宝くじ購入代行業者とは、文字通り、宝くじの購入を代行してくれる業者で、代金を振り込むと「西新宿チャンスセンター」のように、 よく当たると言われている売り場から買ったものを送ってくれます。 公式サイトのネット購入と違い、 宝くじの現物が手元に来るというのも特徴です。 私の父も、宝くじを買うと抽選日まで神棚に上げていましたが、そのようなゲン担ぎをしたい人には良いサービスでしょう。 でも、ポイント分だけ当選確率が上がる「公式サイトのネット購入」の逆で、手数料や送料がかかるわけですから、同じ金額で購入する場合、購入枚数が少なくなります。 理論上は高額当選の確率も下がるということです。 それよりも「よく当たる」という口コミに賭けてみるならば、利用してみてもいいでしょう。 あくまで宝くじの「購入代行」で、公的なものではないので、トラブルが心配です。 最初に「信頼のおける業者かどうか」を調べてから購入するようにしてください。 2020年に買えるくじは? 2020年、これから買える宝くじはどんなものがあるでしょう。 「スクラッチ」「ビンゴ5」以外の宝くじは、全て購入できるので、買えるくじはたくさんありますが、高額当選の狙える「ジャンボ宝くじ」等の普通くじは以下のものがあります。 サマージャンボ宝くじ(1等前後賞合わせて7億円)7月14日~8月14日(抽選8月21日)• サマージャンボミニ(1等1,000万円)7月14日~8月14日(抽選8月21日)• ハロウィンジャンボ宝くじ(10月頃 発売予定)• 年末ジャンボ宝くじ(11月末頃 発売予定) 宝くじを買うつもりだったけど、気がついたら購入期間が終わっていた、ということを繰り返しているあなた。 今年は「宝くじネット購入」に切り替えてみてはいかがですか。 まとめ• 宝くじ公式サイトで宝くじを購入すると1%のポイントが付くので、 同じ金額で購入するのならば、高額当選が当たる確率は1%増えることになる。 ネット購入での 支払い方法はクレジットカードのみ。 全てのカードが使える訳ではなく、 指定会社発行のクレジットカードのみ。 楽天カードはJCBブランドのみ使える。 もし他のブランドの楽天カードを使用している場合は、 退会後にJCBで再申し込みするか、家族カードを申し込むという方法がある。 公式サイトのネット購入はクレジットカードのみだが、 みずほ銀行の口座があれば、クレジットカードなしでも、宝くじを購入可能。 ネットを利用して、 口コミで「よく当たる」と言われる売り場から購入したい人は「宝くじ購入代行業者」を利用する方法もある。 宝くじのネット購入は多くの利点がありますが、当選は自動判定してくれるので、当たっているかドキドキしながら、1枚1枚、当選番号を確認するという楽しみがなくなるとも言えます。 ただ、購入した宝くじの番号は「抽せん結果確認前の宝くじページ」から確認できるので、これを事前に印刷して、同じように当選確認するという方法もあります。 予約購入も可能なので、自分のラッキーデーに購入予約しておくという使い方もできるかも知れません。 宝くじの新しい買い方「公式サイトのネット購入」は、試す価値がありそうです。 以上「 宝くじネット購入 高額当選の当たる率高い!? 支払い方法は? 楽天カード可? 2020年に買えるのはコレ」でした。

次の