ちょうど いい 漢字。 かっこいい日本語の単語24選

漢字と平仮名(ひらがな)を正しく使い分ける方法

ちょうど いい 漢字

公開日: 2018. 05 更新日: 2018. 05 「格好・恰好」の意味と使い方、漢字の違い、類語、語源、英語 「格好/恰好」という言葉をご存知でしょうか。 「格好良い」「恰好つける」などと使います。 日常会話でも使うことが多い言葉ですよね。 では、「格好/恰好」についてしっかりと意味を理解しているでしょうか。 何となく使ってしまっていて、意味が曖昧だという人も多いかもしれません。 また、「格好」と「恰好」と書けますが、何か違いはあるのでしょうか。 普段よく使う表現でも、疑問に思う点が多いです。 正しく言葉を使うためには、意味についてしっかりと理解しておく必要があります。 そこで今回は「格好/恰好」の意味や使い方、語源、類語について解説していきます。 「格好/恰好」を適切に知って、上手く使えるようにしましょう! 「格好」と「恰好」の漢字の違いと語源 本来は「恰好」と書き、 「格好」は当て字となります。 「恰」は心臓を表す「心」+入れ物に蓋をすることを表す「合」で成り立っています。 「恰」は「ちょうど。 まさに」を意味します。 「格」は地面を覆う木を表す「木」+枝が突き出ている様子を表す「各」で成り立っています。 「格」は「そのものが醸し出している個性や性質」を意味します。 「好」は優雅にひざまずいている様子を表す「女」+母が子を抱いている様子を表す「子」で成り立っています。 「好」は「このむ。 優れている」を意味します。 「恰」は「ちょうど」、「好」は「よい」を意味します。 この2つを組み合わせて「恰好」をすることで、「ちょうど適する。 うってつけ」を表します。 「形がちょうど合っている」という意味から、「姿形そのものや物事の状態」の意味で用いられるようになって、「格好」が当てられるようになりました。 「恰好」は服装を表す場合に使い、「格好」は姿勢や仕草を表す場合に使うとされています。 しかし基本的に、 「恰好」でも「格好」と書いても問題ありません。 「格好/恰好」の使い方と例文 「格好/恰好」を「ものの形や姿」という意味で使う場合は、 ・格好が悪い ・格好が良い ・格好が面白い ・格好が付く ・格好つける ・変な格好 ・楽な格好 ・格好となる ・背格好 などと言えます。 「彼は格好良いね」「あの人は格好悪いね」などと言いますよね。 これは「見た目が恵まれている。 中身が優れている」という意味です。 このように、「格好」は内面に対しても外面に対しても用いることができます。 他にも、「この服装でパーティーに参加するのは格好が悪い」「私だけ置いてけぼりの格好で家にいる」などと、物事の様子を表す場合にも使います。 「格好の餌食(えじき)」「格好の的」「格好の獲物」という表現がよく使われます。 これは「批判や非難など、攻撃をするのにちょど良いこと」を意味します。 例えば、「メディアの格好の餌食」「ブーイングの格好の的」「詐欺の格好の獲物」などと言います。 「値段が相応。 年齢が相応」という意味で、「格好な価格」「五十格好の男」と使うこともできます。 例文 「ものの形や姿」という意味 ・彼の走る格好が面白く、つい笑ってしまう。 ・あいつは格好ばかりを気にして、ずっと鏡を見ている。 ・背が高い人は、顔がイマイチでも格好良く見える。 ・格好の良いことを言っているが、本音ではないだろう。 ・奇抜な彼女は、いつも常人には理解できない意味不明な格好をしている。 ・みんな同じくらいの背格好なので、なかなか区別できない。 ・高級レストランへ食事に行くのは楽しみだが、どんな格好をすれば良いか迷う。 ・似合っていない服を着て、格好つけている彼は本当に気持ちが悪い。 ・最下位では格好が悪いので、一生懸命走る。 ・前に並んでいる人が、ゴルフのパターを振る格好をしていて迷惑だ。 「ちょうどいいさま」という意味 ・芸能人の不倫報道は、メディアの格好の餌食だ。 ・下手な発言をすると、バッシングの格好の的となる。 ・酔っ払ってフラフラ歩いている人は、スリの格好の獲物になりやすい。 ・少々狭い気がするが、一人暮らしをするには格好な家だ。 ・探し続けて二十年、やっと格好の相手が見つかる。 ・若干ダサい感じがするが、彼に渡すには格好の品物だろう。 ・犯人の特徴としては、四十格好の男で中肉中背だと言う。 「格好/恰好」の類語 「ものの形や姿」という意味の類語 出で立ち (意味:ものの様子や姿) 「随分と華やかな出で立ちでやって来た」 身なり (意味:ある人の服装。 よそおい) 「常に身なりには気を使っている」 外見 (意味:外から見た様子) 「外見で決めつけてしまうのは良くない」 様子 (意味:物事の有り様。 人の姿) 「なんだか今日の彼女は様子がおかしい」 見た目 (意味:相手から見た人の姿) 「見た目に惑わされてしまわないように」 うわべ (意味:外から見える姿) 「彼はうわべでは優しいが、内面は最悪だ」 見栄え (意味:外から見た姿が良いこと) 「この料理は見栄えが良い」 体面 (意味:世間から見た姿) 「彼は体面ばかりを気にしている」 見てくれ (意味:人の見かけ) 「見てくれは良いが味は微妙だ」 容貌(ようぼう) (意味:顔立ちや顔つき) 「容貌が良いという理由で選ばれる」 面子(めんつ) (意味:世間から見た姿) 「そんなことをしては面子が潰れてしまう」 「ちょうどいいさま」という意味の類語 好適 (意味:ちょうど良くて合っていること) 「秘密基地にするには好適な空き地だ」 適当 (意味:ある物事の状態に相応しいこと) 「彼女は応募条件に適当している」 絶好 (意味:ある物事をするには良いこと) 「逃げ出すには絶好のチャンスだ」 好都合 (意味:条件が合っていて、都合が良いこと) 「作業を進めるには好都合だ」 おあつらえ向き (意味:希望通りであること) 「おあつらえ向きの資料を見つける」 支障ない (意味:具合の悪い事情がないさま) 「その企画は支障なく実施された」 ぴったり (意味:ある事柄が相応しいこと) 「自分の予想がぴったり当たった」 もっけの幸い (意味:予想していなかった幸運) 「無くした財布が見つかったのはもっけの幸いだ」 打ってつけ (意味:相応しいこと。 合っていること) 「あなたに打ってつけの仕事がある」 最適 (意味:もっとも合っていること) 「最適の役が巡ってきて、テンションが上がる」 「格好/恰好」の英語 「shape」「form」など 「格好/恰好」の英語表現を見ていきましょう。 「形」という意味ならば、 ・shape ・form ・figure などの単語を使います。 「外見」という意味の「格好」は「 appearance」を使います。 「格好いい」は、 ・good-looking ・handsome ・cool などと言います。 「格好の値段」は「 resonable price」になります。 英語学習をしたい方へおすすめの書籍 科学的に正しい英語勉強法 メンタリストとして活躍する筆者が、日本人が陥りやすい効率の薄い勉強方法や勘違いを指摘し、科学的根拠に基づいた正しい英語学習方法を示してくれています。 日本人が本当の意味で英語習得をするための「新発見」が隠れた一冊です。

次の

丁度(ちょうど)の意味

ちょうど いい 漢字

タイトルグループ・・・受け取った側が内容を読むかの判断材料となるもの。 最初に目が止まるよう、文字サイズは大きめ。 メインタイトルやサブタイトル、キャッチコピー、リードコピーなどがこのグループ。 本文グループ・・・印刷物の本体にあたる部分。 スラスラと読めるかが重要。 小見出しと本文、補足文のセットでこのグループです。 つまり ちょうどいいフォントサイズとは、読み手を考えた文字の大きさであり、作成しているチラシの中で、記載する内容がどちらのグループの項目であるかを理解することで決まります。 そんな文字の大きさについて、お昼休みに話をしていたところ、 「駆け出しのころは、文字の大きさに悩むことが多かったなぁ・・・。 」 ということを会社のデザイナーさんからも聞きました。 そこで今回、チラシを作成する際に上のようなことで悩まれる方が減るよう、チラシのフォントに関する基本的なことを徹底的に調べました。 文字の大きさは一般的にPt ポイント という単位が使われます。 しかしPtって、イラストレーターやワードなど、文字を入力する際の単位として使われていますが、なんだかよくわからないサイズだと思いませんか? パソコンの画面で見る大きさと、用紙に印刷したもので、なんだかサイズが違うようにも見えますし・・・。 「Pt」とは、出版物において大きさを表す単位のことで、1Ptの文字をmm ミリメートル で表すと、縦・横が約0. 35mmの四角形に収まる大きさとなります。 本文グループ 小見出し・・・メインタイトルを詳しく説明する本文に付属する小さな見出し。 いくつか本文が並ぶ中では、目次のような役割をもつ。 本文・・・そのチラシの主張したい内容。 詳しい説明をしている部分であり、キャッチコピーで興味をもった読み手に読ませたい部分です。 補足文・・・本文グループを補足する文章。 タイトルグループでも使われることも。 このような項目によって、タイトルグループ・本文グループは組み立てられます。 これはチラシが手に取られるよう、興味を持ってもらいやすい内容を、しっかり目立たせなければならないからです。 タイトルグループで目を引いたあとは、本文グループを読んでもらわなければなりません。 タイトルよりもずっと文字は小さくなりますが、小さすぎると読みづらくなるため、本文に使う大きさの目安は9~18ptといったところです。 小見出しはそのサイズの1. 2〜1. 5倍ほどの大きさであるとバランスがよくなります。 さらに重要部分でない補足文は最低限、人が読むことができる文字サイズで配置します。 そのためどれだけ小さくしたい場合でも、5. 5pt〜8ptといったサイズで収めておくのがベスト。 ちなみにほとんどのネット印刷で、文字が読みにくくならないとされているフォントサイズは最小で6Ptが推奨となっておりますので注意が必要です。 このようなフォントのサイズ感をもって作成していくことで、チラシは読みやすいバランスに仕上がりやすくなります。 しかしこのちょうどいいフォントサイズは、作成するチラシの業種によって異なるもの。 それはのちほどご紹介するとして、フォントサイズを設定するときに役立つ、原稿の制作方法のコツを説明していきます。 チラシの原稿を文章グループの項目に分けていくコツ チラシ作りで文章の項目分けしやすくするためのコツを、今回は以下の画像のような「居酒屋オープンの告知チラシ」を作成すると仮定して説明していきます。 チラシを作る際、まず大切なのは「記載する情報を書き出す」こと。 必要な要素となる「目的」「掲載する内容」を箇条書きすることで、原稿がどの文章グループの項目にあたるのかがわかります。 さらに写真やイラストなどの素材の用意が明確となるので、レイアウトする作業が迷いづらく、グッとラクになりますよ。 目的 そのチラシを何のために作るか、 新規オープンや特別メニュー、イベントなど お店の宣伝する理由と、見た人に「どうして欲しいか」を書きます。 掲載する内容 目玉・アピールポイント:このチラシを見たことで得られるメリットで、上記の目的を果たすためにアピールする項目。 商品 メニュー 紹介:メリットを含め、ほかにどういったアピールポイントがあるかを紹介し、情報を追加します。 情報:基本的な会社やお店の情報。 お店の名前・住所・電話番号・営業時間・席数・お休み・URL・地図など。 どんなチラシにおいても、上記は必要な項目です。 例を見ていきましょう。 これらの情報は、タイトルグループ・本文グループ・補足のだいたいの要素に分けられるため、フォントサイズの目安を決めることができます。 上の居酒屋チラシの場合・・・ また、掲載したい情報を上記のように箇条書きにして、グループ分けすると、文章以外の必要な「写真」「図(地図)」「イラスト」の素材もわかりやすくなります。 今回の場合であれば、以下の画像を用意しました。 生ビール・・・キャッチコピーのイメージを膨らますため• お刺身、魚の塩焼・・・オススメ料理をイメージしていただくため この流れで進めていくと、文章グループの項目が分類され、フォントサイズの原因によるレイアウトのバランスが崩れにくくかと思います。 あとは、項目ごとの大きさを意識しながら、素材とともにレイアウトすれば完成です。 またここで参考にしたいレイアウトする際のコツがあります。 左上から右下に向かって「重要な項目の順番」に配置すると、内容が読んだ人の印象に残りやすくなります。 上記の順番が印象に残りやすくなる理由は、左上から右下に向かって人の視線は「左から右」「上から下」というアルファベットの「Z」の形に動くため。 このことから目立たせるものほど自然な流れで読んでもらえる左上側に配置し、連絡先などの補足文の情報が下部にくるようにしましょう。 ちなみにZの形に視線が動くのは「横書き」のチラシである場合で、「縦書き」のチラシの場合は「N」の形に沿って、右上から左下へ動いていきます。 業種毎のチラシによって異なるちょうどいいフォントサイズ 今回さまざまなチラシを調べ、業種毎にフォントサイズの違いがわかりました。 そこで、業種別の定番レイアウトと項目の種類、よく使われているフォントサイズをご紹介しましょう。 小数点第2位以下は、四捨五入して掲載 美容室・エステサロン・ヨガ・フィットネス 定番レイアウト 目的:割引キャンペーンなどを利用してもらい、お店を一度利用してもらう。 タイトルグループ:3分の2〜半分ほどの範囲 タイトル・キャッチコピー・・・40〜60Pt リードコピー・サブタイトル・・・24〜36Pt 本文グループ:残りの範囲 小見出し・・・28〜34Pt 本文・・・10〜20Pt メニュー紹介・・・8〜15Pt 注意文や補足情報・・・6〜7Pt 美容関係のチラシは他の業種と比べると、上品な印象に見せるため、タイトルグループの項目でのフォントサイズの差が控えめであることがわかりました。 フォントの大きさだけでなく、フォントの種類も明朝体を使用することで上品な印象に仕上げ、一目で女性向けをターゲットにしているのが定番です。 注意文などの小さい文字の文章は、視認性を高めるため、ゴシック体を使用されているチラシも多く見られました。 また手書き調になっていたり、飾りがついている個性的な見た目の装飾フォントが使われている場合も、お店の雰囲気に合わせた種類が使われています。 レイアウトは、メインとなる写真を3分の1〜2分の1程度のスペースを利用して大きく見せ、その写真の上にコンセプトや特典内容をあらわすキャッチコピー、もしくは画像のメニュー内容を重ねているものが多いです。 飲食店・カフェ・販売店 飲食店や販売店は、「期間限定の商品をアピール」するのか「レギュラー商品の紹介」なのかによって、デザインが変わりフォントサイズのパターンが大きく2種類に分かれていることに気づきました。 期間限定メニュータイプの場合 定番レイアウト 目的:限定商品に興味をもってもらい、来店につなげる。 タイトルグループ:半分〜約80% メインタイトルやキャッチコピー・・・60〜120Pt リードコピー・サブタイトル・・・40〜60Pt 本文グループ:5分の1程度 小見出し・・・20〜30Pt 本文・・・11〜18Pt 補足情報・・・6〜10Pt メリハリあるフォントサイズで作成されているのが、限定メニュータイプのチラシ。 期間限定メニューチラシでは、半分以上のスペースを使って大きい写真で商品を見せる、インパクトあるレイアウトで作成されています。 レギュラー商品の紹介の場合 定番レイアウト 目的:メニューを比較的多く見せ、お店の雰囲気を伝え、来店してもらう。 タイトルスペースも小さいものが多く、タイトルグループよりも本文グループの割合が大きいです。 このレイアウトの場合、お店のイメージを含め、シーズン問わず長期間何度も同じデザインでチラシ販促を行えるのも特徴。 ちなみにどちらのタイプのチラシの場合でも、値段の安さを強調したい際は、「ゴシック体」や「ポップ体」のフォントを使用するのがオススメです。 スーパーのチラシでもよく使われており、文字の太さが均一で視認性がよく、安い印象を与えやすいフォント。 塾・予備校・スクール・教室 定番レイアウト 目的:体験学習などのアピールをして、生徒を増やす。 タイトルグループ:半分〜3分の2程度 タイトルやキャッチコピー・・・50〜80Pt リードコピー(特典など)・・・28〜40Pt サブタイトル(教育方針など)・・・6〜20Pt 本文グループ:3分の1〜6分の1 小見出し・・・15Pt前後 本文・・・8Pt前後 注意文・・・6〜8. 5Pt パーツごとにフォントサイズの差が一番大きく見られたのは、塾や予備校、教室関連のチラシです。 塾や教室は、他の業種と比べて「キャッチコピー」として「教育方針」や「掲げる目標」が大きく載せられているチラシが多いです。 それはたとえば「塾」といっても、「学校の授業のレベルに遅れないように」する塾や、「受験に向けて、現在の成績をアップさせるため」の塾など、目的が異なりますよね。 その目的を明確に示すために教育方針が大きく記載されているチラシばかりでした。 リフォーム・不動産会社 定番レイアウト 目的:モデルルームや展示場に来場してもらう。 タイトルグループ タイトル・・・38〜100Pt 本文グループ 価格・・・12〜22Pt 小見出し・・・18〜30Pt 本文・・・4. 5Pt 補足文・・・3. 5〜6Pt 今回用意したチラシの中で、一番文字の量が多いものは、この「住宅関係」のチラシです。 これはビフォーアフターの写真や、間取り図、モデルハウスの展示場の地図など、必要な写真や画像の説明となる文章が多いことや、法律によって定められた記載事項の文章など、本文と補足文、両方の文字数がどうしても多くなるため。 そのため、基本的に印刷会社では推奨していない6Pt未満のフォントサイズを使用しているものも多くみられるのもこの住宅関連のチラシの特徴とも言えます。 また、定番のレイアウトがないものが住宅関係のチラシですが、これは「アピールしたい客層」が異なることで、「見せ方が変化」するからです。 文字のサイズ感を掴める!フォントサイズ表とサンプルに使われているフォントサイズ さまざまな業種のレイアウトをご覧いただきましたが、数字だけでは文字の大きさはわかりにくいですね。 そこで今回、使われているフォントサイズがわかるポイント表なる物をご用意いたしました。 こちらのPDF形式のファイルをダウンロードしていただき、プリンターで余白なしで印刷していただくことで、各フォントサイズの実際の印刷された大きさをご確認いただけますよ。 サンプルをお持ちでない方は無料でご請求いただけますので、ぜひ取り寄せ比較しながらご覧ください。 挨拶状 チラシをクオリティアップさせるテクニック ここまでの記事の方法どおりチラシの制作を進めていけば、もちろんチラシとして十分に機能する読みやすいデザインができあがるのですが、今よりもさらにクオリティがランクアップするために使える3つの方法をご紹介します。 フォントの種類はデザインに合わせて選ぶ。 一つ目の方法は、使うフォントの選び方です。 一般的な印刷物で多く使われているのは「明朝体」や「ゴシック体」の定番フォント。 この2つは、それぞれ以下のような印象を与えます。 明朝体 横線が細く、ハライやハネが細く仕上げられたフォント。 上品で知的な印象を与える一方、6Ptほどの小さなサイズの場合、文字が潰れて見にくくなります。 ゴシック体 縦線・横線の太さが一定のフォントで、力強い印象を与えます。 6Ptなど小さなサイズの場合、ゴシック体を太字にすると読みにくいため、気をつけましょう。 装飾フォントや手描きフォントなどは、文字に特徴があることから印象に残りやすい効果がありますが、種類によってはスムーズに読みにくくなります。 そこで、本文などの読ませたい箇所には明朝体やゴシック体を使い、装飾フォントや手描きフォントは「タイトル」などの印象に残ってもらいたい箇所のみに使い方がオススメです。 また、デザインに合わせてフォントの種類を選び、1つのチラシにつき2〜3種類で収めておくとまとまりがでますよ。 字間を調整したい空間の文字の部分を選ぶ。 字間を調整したい空間の文字を選びます。 選択した文字それぞれの右側が調整されていくため、広げたり狭くしたい文字の1文字手前までを選択します。 設定するためのパネルを開く。 文字パネルやフォントの設定を開きます。 調整していきます。 イラストレーターであればトラッキング、ワードであれば文字の間隔を調整できます。 狭くしたい場合はどんどんマイナスにしていき、広げたい場合はプラスにしていきましょう。 数字やアルファベットは、漢字やひらがな・カタカナより大きくする。 そこで、数字とアルファベットを少し大きくするとバランスがよくなります。 ちなみに、タイトルなどの重要な単語を引き立たせる方法として、助詞を小さくして目立たせたい単語のみ大きくするというのも効果的ですよ。 まとめ 長々と書かせていただいたのですが、実はこの原稿、「徹底的に調べる」と決めて準備したため、かなり時間がかかってしまいました。 とくに苦労したのが調べる方法としていろいろな業種のチラシを集めて文字サイズを定規で測って平均値をだしたり・・・、文字の視認性を確認していただけるフォントサイズ表を作成したり・・・、初心者でも簡単に使えてかっこよく仕上げられるテクニックをまとめてみたり・・・したところ。 この準備に使ったチラシやフォントサイズ表サンプル、テクニック用の資料などで、一時期デスクが散らかりすぎました・・・。 おかげで今後チラシ作る際は困らないで済みそうです。 この記事を読んだみなさまが、私同様、チラシのフォントサイズに自信をもってデータ作成をできますように。

次の

「格好・恰好」の意味と使い方、漢字の違い、類語、語源、英語

ちょうど いい 漢字

名詞で使用する時の意味は、「そぼろ」と「朧豆腐などの省略形」です。 「そぼろ」は、「魚肉やエビなどをすり潰して味付けした後に炒り煮した食品」のことを言います。 形容動詞で使用する時の意味は、「ボンヤリと霞むさま・ハッキリしないさま」と「不確かなさま」の2つです。 こちらの意味の方が一般的であり、「視界が朧になる(視界がボンヤリ霞む)」「朧な月(ハッキリしない月)」「朧な記憶(不確かな記憶)」などの使い方をします。 「朧」の単語は読み方・字体共にかっこいい印象を覚えやすいことから、二次元創作のキャラクター名や現実世界のハンドネームなどに用いられることもしばしばあります。 手書きする際は少し難しい漢字なので、練習が必要かもしれません。 意味は、「麒麟・亀・竜・鳳凰の総称」です。 麒麟・亀・竜は霊獣、鳳凰は霊鳥であり、太平の世になった時に現れると信じられてきた、めでたい霊獣や霊鳥を表す四字熟語になります。 また、以上の意味が転じて「非常に珍しいもの」や「聖人・賢者の形容」の意味も持っています。 書く時には「麒」と「鳳」の漢字が難しいのですが、一般的には用いられることが少ない珍しい四字熟語なので、知識として覚えておくくらいが丁度良い四字熟語と言えます。 かっこいい・難しい・珍しい日本語の単語や熟語を見てきましたが、日本語のかっこいい言い回しもチェックしましょう。 以下の記事も参考にしてください。 「君がため 春の野にいでて 若菜摘む わが衣手(ころもで)に 雪は降りつつ」とあり、現代語に訳すと「あなたのために春の野に出て若菜を摘んだが春なのに雪が降ってきて着物の袖に雪が降りかかっています」になります。 「雪が降りかかる中でも若菜を摘むのはあなたのため」という、優しさを表した和歌のフレーズです。 古今集にあるフレーズで、この和歌は光孝天皇が詠まれました。 気さくな性格で、自ら野草を摘みで出かけていたそうです。 幼い頃から学問好きかつ聡明であり、和歌・和琴などにも通じていたと言われています。 55歳の時に第58代天皇に即位したものの在位4年で崩御されましたが、この和歌フレーズは今も伝えられています。 かっこいい古い言葉・昔の言葉は? かっこいい・珍しい・難しい日本語の単語や熟語を正しく使ってみよう! 日本語に通じる者としては英語などアルファベットの方がかっこいいと思える人が多いようですが、調べてみると日本語にもかっこいい単語・熟語・フレーズがたくさんあるものです。 古い言葉・昔の言葉にも、本来の日本を感じさせるかっこいい意味を持つ言葉がいろいろとあります。 漢字は難しいものもありますが、勉強がてら読んで・探して・書いて・覚えてみるのも良いでしょう。 しかし、今となっては珍しい言葉もあるので、使うシーンは気を付けた方が良いかもしれません。 日本語には日本語の良さがありますので、それを感じながら、学び、使用してみましょう。

次の