二宮 璃子。 二宮璃子(てんりこ)の年齢や高校は?旦那(てん)の年齢なども

宮下華奈

二宮 璃子

初めてふたりが会ったのは雪振る京都の寒い日だったと、10年以上経った今も互いの記憶にはっきり残っている。 「未唯ちゃんは毛のモコモコしたコートを羽織っていて……ちょーセレブな小学生がいるなって」 が笑顔で「すごいインパクトに残っています」とつい最近のことのように振り返れば、は「真琴とは京都や関西の試合で昔からよく会ってたからね」と八重歯をこぼした。 カタールでも息の合ったプレーを見せた二宮真琴(左)と加藤未唯(右) テニス選手は各々の地域で突出した存在になれば、大会会場や合宿などで頻繁に顔を合わせるようになる。 広島出身の二宮と京都で生まれ育った加藤も、同じ西日本ということもあり、その機会は子どものころから必然的に増えていった。 もっとも普通は、幼少期に数多くいた「同じ年のテニスのうまい子」たちも、時が経つにつれ、ひとりまたひとりと競技から距離を置き、いずれ別々の道を歩むようになる。 ところがそのような摂理のなかで、彼女ら1994年生まれの「テニスの上手な子」の多くは、ラケットを手にコートに立ち続け、テニスを職業に選び、やがて活躍の舞台は世界へ至る。 加藤は一昨年、ジュニア時代からダブルスを組む穂積絵莉とともにツアー優勝し、昨年は全豪オープンベスト4へと躍進。 二宮も同期の澤柳璃子や先輩格の青山修子らと組むなかで結果を出し、昨年はウインブルドンでベスト4へと躍り出た。 ただ、互いに同期でダブルスの名手ながら、加藤と二宮がペアを組む機会は比較的少なく、2014年の夏を最後に公式戦には出ていない。 そのふたりが約3年半ぶりにコートの同じサイドに立ったのが、2月上旬に行なわれた国別対抗戦「フェドカップ」のアジア/オセアニア地域大会だった。 」と慌てふためいたという。

次の

弱くても勝てます ~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~|日本テレビ

二宮 璃子

初めてふたりが会ったのは雪振る京都の寒い日だったと、10年以上経った今も互いの記憶にはっきり残っている。 「未唯ちゃんは毛のモコモコしたコートを羽織っていて……ちょーセレブな小学生がいるなって」 が笑顔で「すごいインパクトに残っています」とつい最近のことのように振り返れば、は「真琴とは京都や関西の試合で昔からよく会ってたからね」と八重歯をこぼした。 カタールでも息の合ったプレーを見せた二宮真琴(左)と加藤未唯(右) テニス選手は各々の地域で突出した存在になれば、大会会場や合宿などで頻繁に顔を合わせるようになる。 広島出身の二宮と京都で生まれ育った加藤も、同じ西日本ということもあり、その機会は子どものころから必然的に増えていった。 もっとも普通は、幼少期に数多くいた「同じ年のテニスのうまい子」たちも、時が経つにつれ、ひとりまたひとりと競技から距離を置き、いずれ別々の道を歩むようになる。 ところがそのような摂理のなかで、彼女ら1994年生まれの「テニスの上手な子」の多くは、ラケットを手にコートに立ち続け、テニスを職業に選び、やがて活躍の舞台は世界へ至る。 加藤は一昨年、ジュニア時代からダブルスを組む穂積絵莉とともにツアー優勝し、昨年は全豪オープンベスト4へと躍進。 二宮も同期の澤柳璃子や先輩格の青山修子らと組むなかで結果を出し、昨年はウインブルドンでベスト4へと躍り出た。 ただ、互いに同期でダブルスの名手ながら、加藤と二宮がペアを組む機会は比較的少なく、2014年の夏を最後に公式戦には出ていない。 そのふたりが約3年半ぶりにコートの同じサイドに立ったのが、2月上旬に行なわれた国別対抗戦「フェドカップ」のアジア/オセアニア地域大会だった。 」と慌てふためいたという。

次の

二宮真琴

二宮 璃子

略歴 1997年にに入団する。 2000年7月、『』でが演じる主人公・山田奈緒子の少女時代役を演じて、ドラマデビュー。 2002年の『』は、ドラマとは別の役(琴美役)で出演。 2004年、芸名を「成海璃子」に改名すると同時に所属事務所をに移籍。 2005年4月、『』でドラマ初主演。 2007年4月、『』で映画初主演、この映画と主演2作目である『』での演技力が評価され、同年11月に第31回新人女優賞を受賞。 また9月にはの文化、芸術、福祉、スポーツなどの分野で功績のあった若手に贈呈されるアゼリア輝(かがやき)賞を受賞した。 2008年1月、第62回 スポニチグランプリ新人賞を受賞。 3月、映画『』(吹き替え版)で声優デビュー。 2009年1月、を受賞。 8月、・18回戦()でを務めた。 2010年、『』で主演を務め、時代劇に初挑戦。 2012年、『』でを演じ、大河ドラマに初出演。 家族構成は、両親・弟。 女優の他にモデルとしても活動し、 さまざまな [ ]雑誌に出ている。 モデル活動に関しては、同世代の女性に対しての「人気取り」だと発言したこともある。 のファンで、「でも林檎さんだけでずっと歌い続けられる」というほどの熱狂的なファンである。 また、の大ファンでもあり、「寝る前も朝起きたときもニルヴァーナ、という日もあるぐらいニルヴァーナが大好き」という。 にはまり、「今宵の月のように」を、ラジオ番組で弾き語りをしたこともある [ ]。 また、『』での自室紹介では、や、、、、のCDを紹介していた。 この番組で出演者のと好きな音楽の趣味がまったく同じであることが判明し、それ以来、2人でライブに行ったり、ギターを持って旅行に行ったりするなどプライベートで非常に仲が良い。 臼田とは仲良くなる前からライブ会場でお互いを見かけたりしていた。 アパレル・ブランドのヒステリックグラマーを好み、雑誌「」や「」にも、ヒステリックグラマーの私服を着ている写真が掲載されていた [ ]。 小さい頃は、が大好きだった。 自宅での「あずき」(メス)を飼っており、休日にはを散歩するなどして、過ごす時間を大切にしている。 趣味は読書。 好きな作家はで、特に『』と『』が好きだという。 特技は・・。 好きな食べ物は、鳥ワサ、など。 また、『』では、好きなおやつとして、とを紹介していた。 すっぱいものが好きで、酢にはこだわりを持っている。 苦手な食べ物は、類。 苦手なものは、小さい子供と凄いエネルギーで迫ってくる人。 をとても気に入っており、髪の長さは腰まである。 、は高校の同級生。 喫煙者であり、吸っている銘柄は。 女優として• 各雑誌・映画の公式サイト等で外見・性格ともに「大人びている」と評価されることが多く、実年齢より年上の役を演じる事も多い。 『』では、撮影当時14歳でありながら23歳の看護師役を演じた。 また、『』では、撮影当時15歳でありながら、18歳(初登場時)の大学生役を演じた。 演技を「キャッチボール」と捉え、「私の唯一の表現」と語っている。 役に自分を重ね合わせることはない。 将来は「幅広い演技の出来る女優」を目指しており、「映画では海外の作品にも出たい」「舞台やコメディもやってみたい」などと、幅広い方向に興味を示している。 演じたい役もひとつにしぼれないほどあるという。 台本は活字を追って読むのではなく、話の流れとその役の心情を体のどこかに入れるつもりで読むことを心がけている。 曰く「そうすれば、言い回しが台本と違っていても、間違ったことは言わない」。 ピアノが上手く 、幼い頃から習っていた。 しかし、『』では「小学生の時に辞めてしまったので、勘を取り戻すのには苦労した」と語っている。 三線はドラマ『』への出演がきっかけで習い憶え、2007年の『瑠璃の島 SPECIAL 2007』では、三線を弾きながら歌うシーンが見られるほど上達した。 のCMに出演していたが、は、連絡の手段として所持しているだけで、それ以外では自分にとっては必要ないものだと語った。 映画『』のインタビューで「死ぬ気でチャレンジした経験」を訊かれ、「いまかもしれない。 芝居もそうだし、芝居じゃないところでも」と答えている。 主な出演 主な作品のみを記載 テレビドラマ• (2000年7月 - 9月、) - 山田奈緒子(少女時代) 役• (2002年1月 - 3月、テレビ朝日) - 山田奈緒子(少女時代) 役• (2003年7月 - 9月、) - 森村茜 役• 第3話・第6話(2003年12月26日、) - 有田しのぶ 役• 「夜話の窓」(2004年2月21日、) - 宮脇あや 役• (2004年4月 - 6月、テレビ朝日) - 橘結花 役(「電池が切れるまで」の詩を書いた少女がモデル)• (2005年4月 - 6月、) - 主演・藤沢瑠璃 役• (2007年1月6日、日本テレビ) - 主演・藤沢瑠璃 役• (2005年12月3日、テレビ朝日) - 清水信子 役• (2005年10月 - 12月、フジテレビ) - 池内亜湖 役• (2007年4月5日、フジテレビ) - 池内亜湖 役• (2006年1月 - 3月、日本テレビ) - 後藤瑠璃子 役• 「」(2006年8月22日、日本テレビ) - 照屋サチ 役• 「Million Films」(2006年9月30日、テレビ朝日) - 主演・川島あおい 役• (2006年12月4日、) - 浅田深雪 役• (2007年1月 - 3月、日本テレビ) - 五味貞子 役• (2007年2月12日、フジテレビ) - 主演・前田夏希 役• (2007年4月20日、フジテレビ) - 主演・板倉久美子 役• (2007年7月 - 9月、日本テレビ) - ヒロイン・菅原道子 役• (2008年1月 - 3月、フジテレビ) - 主演・花本はぐみ 役• ドコモドラマスペシャル (2009年3月14日、フジテレビ - 大川泉水 役 特別出演• 三日月 第1夜(2009年9月29日、TBS) - 主演・滝井香澄 役• (2010年1月9日 - 3月27日、NHK)- 主演・こい 役• (2011年4月 - 6月、フジテレビ) - 黒原理香 役• (2011年7月 - 9月、日本テレビ) - ヒロイン・松浦幸子 役• 「」(2012年1月 - 12月、NHK)- 役• (2012年3月31日、) - 北見凛 役• (2012年11月23・24日、フジテレビ) - 安住灯 役• 「」(2013年3月31日 - 4月21日、) - ヒロイン・垣本順子 役• 「美弥谷団地の逃亡者」(2013年9月8日、) - 主演・浅沼美衣 役• 第3話・第4話(2015年1月24日・1月31日、テレビ東京系) - ゲスト・タバサ 役(友情出演)• (2015年6月24日、日本テレビ) - 佐伯夢花 役• NHK特集ドラマ『』(2016年2月20日、NHK総合) - 手塚真帆 役• (2016年9月 - 12月、読売テレビ・日本テレビ) - 神田久未 役• (2016年12月 - 2017年1月、・フジテレビ) - 那須野薫 役• (2017年5月 - 7月、NHK総合) - あさひ太夫 役• みをつくし料理帖スペシャル(2019年12月、NHK総合)• 発「」(2018年7月25日、NHK BSプレミアム) - 三船香 役• 第3話 ホーチミン篇(2018年10月8日、WOWOW) - 我妻ななみ 役• (2018年10月12日 - 12月14日、NHK総合)- 小夏 役• 第9話(2018年12月8日、WOWOW) - 藤沢智世 役• 第2話(2019年1月17日、フジテレビ) - 佐藤瑠璃 役• 第2話(2019年1月18日、テレビ東京) - モモ 役 映画• (2002年) - 琴美 役• (2005年) - 山川京子 役(主演)• (2006年) - チカ 役• (2006年) - 絢子 役• (2007年) - 成瀬うた 役(主演)• (2007年) - 大島寿梨 役(主演)• (2007年) - 相原リョウ 役(主演)• (2008年) - 飯塚さくら 役• (2009年) - 円城寺アヤメ 役(主演)• (2009年) - 岡垣内美香代 役(主演)• (2010年) - 磯山香織 役(主演)• (2010年) - 早川里子 役(主演)• (2010年) - 二宮留衣 役• (2011年) - 楠田瑠美 役(主演)• (2012年) - 吉野水希 役• 告白する紳士たち 「握った手」(2012年) - 由子 役• (2013年) - ヨシコ 役• (2013年) - おさん 役• (2013年) - 今井佐代 役• (2014年) - 昴 役• (2015年) - 阿南杏子 役• (2015年) - 沙耶 役• (2016年) - 野間響子 役(主演)• (2016年) - 中田結衣 役• (2017年) - 皆月暁子 役• (2018年) - 明日香 役• (2019年) - 相川比呂乃 役• (2019年) - 渡良瀬真奈 役(とのダブル主演)• (2020年) - 三船香 役• (2020年公開予定) - 斉藤一美 役 ウェブテレビ• ) - みふゆ 役 吹き替え• () - パンタライモン 役(吹き替え)• (DVD発売) - ライナス・ヴァンペルト 役(吹き替え) CM• 「」(のCD)• 「1日分の野菜」、「朝から野菜」• 板硝子協会 「エコガラス」(2007年6月25日 - )• 「電車」篇・「学校」篇(2007年11月17日 - )• 「ブランド宣言」篇(2008年5月7日 - )• 「Answer登場」篇(2008年5月11日 - )• 「Answer個別テーマ」篇(2008年5月中旬 - )• 学生情報センター• 「」(2008年10月1日 - )• 「新パンテーンシリーズ」(2012年2月 - )• 「エア オプティクス」() 「エア オプティクス 進化図」篇• 「DO Smart」(2012年6月 - )• 「アクアフレッシュ」(2013年9月20日 - )• 「ほろよい」• 「風」篇(2015年3月17日 - )• 「花火」篇(2015年7月18日 - )• (2016年12月19日 - ) ミュージックビデオ• 「大切」 ゲーム• (2008年) - エリカ 役(吹き替え) CDジャケット• 「大切」 FUNKY MONKEY BABYS ドキュメンタリー• 癒しのメロディ の世界(2011年3月、BS朝日) - ナビゲーター• 幸せのホテルが誘う旅〜ルレ・エ・シャトーへようこそ〜(2020年1月3日、) - 旅人(モロッコ) その他の番組• 「」(2007年、) ラジオ• 第5週目パーソナリティ (2006年5月-2009年7月、・『』内) モデル• 専属モデル 2005年10月 - 2009年3月号で卒業)• 専属モデル• イメージキャラクター• 夏休みキャンペーン 「学校って、なに? 〜みんなの学校〜」(2007年7月 - 8月、日本テレビ) - と共にパーソナリティ• 、ワンデーフリーマガジントリコット5号のイメージキャラクター 書籍• 『ナルミカメラ』(2012年3月24日、角川メディアハウス〈角川グループパブリッシング〉) 写真集• 12歳(2005年6月28日、、撮影:Takeo Dec. 14歳の恋花 主演女優・成海璃子 ハナチューBOOKS (2007年3月23日、、編集:ハナチュー編集部)• Natural Pure(2007年6月12日、角川メディアハウス、撮影:菅野ぱんだ)• RICO DAYS(2012年9月5日、、撮影:川島小鳥) 関連書籍• 月刊 風とロック 2010年7月号特集 (、撮影:)…での架空ライブの写真とインタビュー 脚注 []• 2019年8月24日閲覧。 2011年2月18日. 』第12巻第5号、日経BP社、2008年4月、 52-53頁。 まんたんウェブ 株式会社MANTAN. 2017年11月5日. 2017年11月5日閲覧。 com 株式会社エイガ・ドット・コム. 2011年2月18日. 2019年4月10日閲覧。 2007年4月20日• シネマトゥデイ 2006年12月12日. 2013年5月27日閲覧。 goo映画 2008年. 2008年9月19日時点の [ ]よりアーカイブ。 2008年10月1日閲覧。 ORICON STYLE 2016年2月1日. 2016年2月1日閲覧。 コミックナタリー ナターシャ. 2017年10月7日. 2017年10月13日閲覧。 デイリースポーツ online 株式会社デイリースポーツ. 2018年5月19日. 2018年5月19日閲覧。 NHK. 2018年5月19日閲覧。 まんたんウェブ. 2018年9月4日. 2018年9月10日閲覧。 2018年12月20日閲覧。 まんたんウェブ 株式会社MANTAN. 2018年7月4日. 2018年7月4日閲覧。 com 2015年7月24日. 2015年7月24日閲覧。 映画ナタリー. 2016年6月15日. 2016年6月15日閲覧。 CINRA. NET 株式会社 CINRA. 2017年2月22日. 2017年2月22日閲覧。 映画ナタリー ナターシャ. 2018年3月20日. 2018年3月20日閲覧。 映画ナタリー ナターシャ. 2018年8月15日. 2018年8月15日閲覧。 com 株式会社エイガ・ドット・コム. 2019年4月8日. 2019年4月8日閲覧。 板硝子協会 エコガラス事務局 2007年7月2日. 2016年12月21日閲覧。 プレスリリース , クラレ, 2007年11月14日 , 2016年12月21日閲覧。 ドコモ通信 vol. NTTドコモ. 2016年12月21日閲覧。 ORICON STYLE oricon ME. 2008年10月15日. 2016年12月21日閲覧。 プレスリリース , グラクソ・スミスクライン・コンシューマー・ヘルスケア・ジャパン, 2013年9月13日 , 2016年12月21日閲覧。 プレスリリース , サントリー, 2015年3月16日 , 2016年12月21日閲覧。 プレスリリース , サントリー, 2015年7月15日 , 2016年12月21日閲覧。 プレスリリース , 株式会社bitFlyer, 2016年12月21日 , 2019年4月8日閲覧。 外部リンク• - 研音•

次の