大橋 未歩。 大橋未歩 金曜ブラボー

大橋未歩

大橋 未歩

長年、の顔として活躍してきたさん(39)が、入社15年目にして退社した。 インタビューマン山下(49)が取材現場に入ると、元テレビ東京の大橋未歩さんは満面の笑みで迎えてくれた。 「山下さんがインタビュアーになられたというのは聞いていたんですけど、来てくださるとは思いませんでした。 山下さんだから取材を受けたんですよ(笑)」(大橋さん・以下同) 2人は、かつて大橋さんがMCを務めていた『やりすぎコージー』で共演した仲だ。 そこに至る心境の変化には、大病を患ったことが大きかったという。 「'13年1月にになりました。 退社を選んだのは、この経験が大きかったです。 あの夜、私は寝る前に顔を洗っていました。 自分の右手が左手に触れたとき、『あれ? マネキンに触っているみたい』という感じがしたんです。 視覚的には触っているけど、感覚がないというか……。 顔を洗った後、クリームを取ろうと思ったら床に散乱させてしまって、拭こうと思ってかがんだときにガクンと床に倒れました。 家族が気付いて救急車を呼んでくれたんですが、『大丈夫』と言おうとしても、『らいじょうぶ』となって、ろれつが回らない。 そこからの記憶は断片的です」 感覚異常と言語障害。 典型的な脳梗塞の症状だった。 「救急車の中で意識がすーっと戻ったんです。 だから、まひになったのは15分くらい。 でも、検査後に医師から『脳が4カ所死んでいる』と言われました。 『たまたま致命的な部位を外している。 ほかの部分が死んだ部位の機能を代わりにやってくれているので、後遺症がなく元に戻った』と。 「7カ月間療養しましたが、入院は1カ月で、その後は実家の神戸に帰っていました。 社会人になって初めてのゆっくりした時間です。 療養中はちょうどイカナゴのシーズン。 両親と3人でイカナゴのくぎ煮(イカナゴを甘辛く煮た郷土料理)を作ったりして、いい時間を過ごせました。 でも、その間も、ステントという血管を拡張するための金属を入れるために東京で入院もしました。 4センチのステントがいまも頭に入っています。 一生このままなんです」 外部サイト.

次の

大橋未歩「正直抱かれてもいい」ふかわりょうの言葉に涙流す

大橋 未歩

テレビ東京の人気女子アナ・大橋未歩が、元プロ野球選手で現在は日本ハムの1軍打撃コーチを務める城石憲之と昨年春に離婚していたことが明らかになった。 同時に、大橋アナが年下の同局社員とすでに再婚したことも発表され、女子アナ界前代未聞の「離婚&再婚同時発表」という出来事にメディアは騒然となっている。 「時期がおかしい。 90%以上の確率で不貞があったのでは?」「二流選手の旦那を捨てたと言われたくなかったんだろうね」「適齢期に華やかなスポーツ選手と結婚。 旦那が出世しないとわかったら同僚の年下を誘惑して再婚。 パーフェクトな女の人生(笑)」と、とくに女性からはほぼ一方的にブーイングの嵐だ。 「大橋アナは13年1月に軽度の脳こうそくを発症。 約8カ月間の自宅療養中は、元夫の城石が大橋の体を気遣い、毎朝手作りのスムージーを飲ませるなど献身的な介護を行ったことで知られています。 そんな背景があるため『尽くしてくれた旦那をよく捨てられるものだ』などと、大橋への非難が集中してしまうのはしかたないかもしれませんが、再婚という既成事実をつくってしまってからなら、『旦那を捨てた』バッシング一辺倒にはならずに済みます。 もしそう考えての段取りなら、なかなかの策士だと思いますね」(週刊誌記者) 男性ファンからは「知名度や稼ぎより人間性を選んだ」として好感度が高かったアナだけに、このスピード再婚でイメージダウンは必至だろう。 「それにしても再婚の時期が早すぎる。 普通なら不貞を怪しまれるので避けるはずですが、それでも踏み切ったのは妊娠などの理由まであるとみています」(前出・週刊誌記者) 一方で、城石に捨てられての当てつけ再婚ではとの声も一部からは聞こえてくるが、今回の騒動で人気急落は避けられない。 (臼田鞠子).

次の

大橋未歩アナ すっぴん写真公開の“秘話”明かす「ちょっと生感といいますか」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

大橋 未歩

大橋 未歩(おおはし・みほ) 愛称: ミホやん 出身地: 兵庫県神戸市 生年月日: 1978年8月15日 血液型: B型 最終学歴: 上智大学法学部法律学科 勤務局: テレビ東京 部署: アナウンス室 活動期間: 2002年 — 神戸女学院中学部・高等学部卒業後、1年の浪人を経て上智大学法学部法律学科に入学し、「オリンピックの取材に携わりたい」という志望動機から2002年テレビ東京に入社。 2004年のアテネオリンピックでは取材アナウンサーに早くも抜擢されており、この夢をわずか2年で叶えています。 2009年にはテレビ東京アナウンス部主任に昇格。 2012年4月からは早稲田大学大学院スポーツ科学研究科修士課程1年制コースにも進学しています。 2015年6月にはテレビ東京アナウンス部主事に昇格していますが、2017年12月上旬にテレビ東京を退社、2018年2月にフリーアナウンサーに転身しています。 城石 憲之(しろいし・のりゆき) 埼玉県大宮市(現:さいたま市大宮区) 生年月日 1973年4月17日 身長:183 cm 体重:74 kg 城石さんはフリーターから日本ハムファイターズの入団テストに合格、1994年度プロ野球ドラフト会議において日本ハムから5位指名を受けて入団という異色の経歴を持っています。 高校時代は春日部共栄高校野球部に所属し主将も務め、春の選抜や夏の甲子園にも出場経験があります。 1998年のパ・リーグ公式戦開幕前日に、トレードで入団テスト時には不合格となっていたヤクルトスワローズへ移籍。 以降はヤクルトで活躍を続け、2009年に長年続いていた腰痛など身体の限界を理由に現役引退しています。 2009年の引退セレモニーに駆け付ける大橋未歩 城石さんの引退試合には妻である大橋アナも駆け付け、引退セレモニーで花束を手渡しています。 引退後は一軍守備走塁コーチに就任していましたが、2011年9月に長年悩まされていた椎間板ヘルニアの手術のため休養。 翌月には復帰し2014年まで務めていましたが、2015年からは古巣である日本ハムファイターズに戻り、現在は一軍打撃コーチに就任しています。 大橋未歩アナと城石憲之の馴れ初め 当時入社1年目ながらもスポーツ情報番組を担当していた大橋アナは球場に通うことも多く、当時ヤクルトスワローズ選手だった城石さんより投手コーチを介してアプローチを受けたことがきっかけだったようです。 最初大橋さんは「知らない選手」との理由で断ったそうですが、その翌年に当時同じくスワローズに所属していた古田敦也さんに勧められたことから、交際がスタートしています。 大橋未歩アナは2013年に軽度の脳梗塞に…城石憲之が献身的に看病 大橋未歩アナ、2013年1月に軽度の脳梗塞を発症 大橋未歩アナは、2013年1月に軽度の脳梗塞を発症し療養しています。 テレビ東京は18日、同局の大橋未歩アナウンサー(34)が、軽度の脳梗塞と診断されたことを発表した。 しばらく病気療養に入る。 同局によると、大橋アナは今月上旬に自宅で発症し、自分で病院を訪れ、入院した。 すでに退院しており、自宅で療養中。 同局を通じ「まさか自分がと驚きました」と突然の病に驚いた胸中を明かした。 引用: 当時大橋アナは34歳とまだ若かったことから、世間からは驚きの声があがっていました。 若年性脳梗塞の要因には、以下のようなものがあります。 ただし、若年性脳梗塞の場合は、血管や心臓、免疫系の病気といったほかの疾患が要因となることが多く、たとえば、心臓の左右の心房に孔があり(卵円孔開存)、血液が漏れ血栓ができるなど、心臓や動脈に何等かの構造的な異常があり起こる「奇異性塞栓症」や、脳底部に通常ではみられない細くもろい血管ができる「もやもや病」などがあります。 引用: 他にも高血圧や肥満のある人や、血管の病気や不整脈のある人、またむちうちや頭を打ったりなど、外傷的な要因で起こる場合もあると言います。 また、睡眠不足やストレスなど生活習慣が要因の場合や、女性の場合は稀に経口避妊薬の使用が要因となることもあるようです。 大事なのは『FAST』。 引用: 大橋アナは発症後にこの「FAST」について知ったそうですが、あまりにも自分の症状と合致していたため驚いたと話しています。 関連記事 ・ 大橋未歩アナ8ヶ月療養し復帰、夫の城石憲之の看病も支えに 大橋アナはその後8ヶ月療養し、同年9月から職場に復帰しています。 テレビ東京の大橋未歩アナウンサー(35)が9月から職場に復帰することが31日、分かった。 関係者によると、早ければ2日にも出社し、デスクワーク的な作業をこなしつつ、体調を見ながら特番などの収録に臨む予定という。 引用: 大橋アナの脳梗塞は血管の壁が剝がれたことによるもので、怪我のようなものだったそうです。 手術で右の内頸動脈に血管を広げるための金属を入れたとのことで、再発の可能性はほぼゼロだと語っています。 療養中は城石さんが献身的に看病をしたことでも知られており、電話で励まし続けてくれたことや大橋さんの朝の仕事に合わせてスムージーをつくってくれる様子などを大橋アナが明かしています。 07年に結婚した現日本ハム2軍打撃コーチの城石氏の支えも大きく、「病気の後に、スムージーを作ってくれるのが日課になって、職人みたいになってます。 今月6日の同番組のテスト版放送の際も、午前4時に起きて作ってくれたという。 引用: 2015年にはこう語っていた大橋アナでしたが…。 大橋未歩アナと城石憲之が離婚!1年経たず11歳年下同僚社員と再婚 大橋未歩アナは離婚と再婚を同時に発表、世間からはバッシングの声 夫婦で大橋未歩アナの脳梗塞を乗り越え、絆が深まったかに見えた2人でしたが、復帰から2年も経たない2015年の春に離婚していたことを発表。 同時に、2016年1月には11歳年下のテレビ東京社員の男性と再婚していたことも公表し、世間を驚かせました。 大橋アナは2007年に当時、プロ野球の東京ヤクルトスワローズ・城石憲之選手と結婚したが、13年1月に軽度の脳梗塞を発症。 半年以上も療養生活が続き、その間、城石氏は特製スムージーを作るなど献身的に介護、夫婦の強い絆を感じさせた。 しかし2016年1月、大橋アナは前年の春に城石氏と離婚したことを発表。 同時に、テレ東の11歳年下の男性社員と再婚していたことも明かしている。 引用: 離婚が報じられたスポーツ新聞 大橋アナが報告する直前に発売された記事には「新たに交際している異性もいない」とされていましたが、そのわずか数時間後に大橋アナは再婚も発表する事態に。 城石さんがスムージーをつくってくれていたことなどを大橋アナが話していたのは2015年3月のこと。 ですが離婚はこの年の春となっていますので、この直後に離婚していたことになります。 となると、すでにこのときには離婚が決まっていたのかもしれませんね…。 さらに再婚までの間が1年もないことや、お相手が同じテレ東の男性社員で11歳年下であることも明らかになると、世間からは「献身的に支えてくれた城石憲之さんを捨てた」「不倫していたのでは」という声が多数寄せられ、バッシングされる事態となっています。 「2013年1月、大橋アナは軽度の脳梗塞と診断され、その後療養したことは有名な話ですが、同年9月の復帰まで彼女を支え続けたのは、夫である城石。 世間的にはそんな城石を『捨てた』という認識が拡がっており、『どう見ても不倫してたんだね』『苦しい時を支えた夫を、すれ違いだけで捨てるのか』と大バッシングの嵐です。 中には『妊娠したから焦ったんだな』と勘ぐるコメントも出る始末。 彼女の好感度は、急降下したに違いありません」(芸能記者) 引用: 大橋未歩アナと城石憲之の離婚理由は? 大橋アナの脳梗塞を乗り越えてからさほど経たない時期での離婚に、その理由については様々な憶測があるようです。 ひとつは、2015年から城石さんがヤクルトを離れ日ハムファイターズの二軍打撃コーチに就任していることです。 日ハムは本拠地が北海道、二軍ファームは千葉県鎌ケ谷市となっており、東京が本拠地だったヤクルトスワローズ時代と比べて 2人の生活にすれ違いが生じてしまったのではとも言われています。 ちょうど同年4月からは大橋アナが朝のニュース番組を担当するようになりさらなるすれ違い生活となっていますが、そのテスト番組をしているときには城石さんが朝早く起きてスムージーをつくってくれていたと語っていますので少し疑問は残ります。 また、日ハムの二軍打撃コーチになったことで収入の関係ではという声もあったようですが、それ以前もヤクルトで4年ほど同様にコーチをしていますので、そこまでの落差があるとは考えにくいです。 また、もうひとつの大きな理由に子供ができなかったことがあるのではとも言われています。 大橋アナは子供を希望していたようですが、途中脳梗塞の療養はあったものの結婚生活は8年以上に及んでいますので、2人にしかわからない問題が何かおそらくあったのかもしれませんね。 2人の離婚には様々な憶測が飛び交っていましたが、大橋さんはツイッターで自身の離婚について以下のようなコメントをしています。 いつも応援有難うございます。 夫婦のことは夫婦にしか分からない、結婚してみて初めて分かったことであり、自分は本当に未熟者だと痛感しています。 新たなスタートですが、今後も今まで通り、懸命に生きて参りますので、テレ東ともども応援宜しくお願い致します。 名前や姿などはわかっていませんが、よからぬ評判も聞こえているようです。 「次代のテレ東を担う、エース候補ディレクターと評する報道も一部にありましたが、首を傾げる向きも少なくないと聞きます。 ただし、タレントのほしのあきに常に離婚問題が浮上しているように、年上の肉食系女子は飽きられるのも早い。 味をしめた若い男はすぐに目移りしますから、数年後には修羅場が待っているかもしれませんよ。 あの小宮悦子も帯番組のキャスター時代にかなり年下のディレクターと再婚しましたが、結局、夫が他の女と遊んで離婚となりましたからね」(女性誌ライター) 引用: 大橋未歩アナの現在!2017年12月でテレ東退社を発表・妊活準備? 大橋未歩アナ、2017年12月でテレ東退社 大橋未歩アナは、2017年8月に12月でテレビ東京を退社することを発表しています。 この度、約15年間お世話になりましたテレビ東京を退社させていただくことになりました。 大好きな会社を離れることや、毎日やりがいを感じながら取り組んできた「よじごじDays」を卒業することは残念でなりませんが、以前から、自分の身体とゆっくり向きあいたいという気持ちがあり、このような運びとなりました。 引用: 脳梗塞で倒れたこともあるかもしれませんが、退社の一番の理由は妊活に専念するためではないかと言われていたようです。 関係者によると、退社後の仕事などは決まっておらず、大橋アナは「今後のことは考えていません」と周囲に話している。 知人は「一度仕事を休んで妊活するのが一つの理由だと聞いている。 病気をしたこともあって体調を万全に整えた上で妊活をしたいのではないか」と明かした。 引用: また、大橋アナは「ママになっても仕事を続けたい」と話しているようで、テレ東の志望動機としてあげていた夏季オリンピックの現地キャスターも3回連続で務めていることからも、20年の東京オリンピックまでには復帰を目指しているのではとの見方もあるようです。 実はゴールデン帯、プライム帯の視聴率はフジテレビと僅差になってきているんですが、全日ではまだまだ大きな隔たりがある。 その穴を埋めるには、早朝番組戦線で健闘する必要があった。 けど、『モーニングチャージ』の視聴率は伸びず、返り討ちに遭ってしまった」(テレビ東京関係者) 番組が終了することになり、大橋未歩アナも落胆の色を隠せないという。 引用: 現在のテレ東内での立ち位置が難しくなったのではという説もありました。 「39歳という年齢が影響しているのか、居場所がなくなっていたという話も聞こえてくる。 共に看板アナウンサーだった大江は報道局に移ったため『ワールドビジネスサテライト』に出演し、今はキャスターという新たなポジションで活躍している。 また自身の後輩にあたる相内優香(31)や秋元玲奈(32)、鷲見玲奈(27)以降の世代が中堅として活躍中。 そのため、局内でうまく立ち回ることが難しくなっていたと言われているのです」(芸能記者) 引用: このように様々な退社理由が憶測で報じられていましたが、これに対し大橋さんはツイッターで次のようにコメントしています。 むーなんだか色々憶測で記事書かれたりしてますが笑、フリーになるか否かは自分にとっては重要ではなく、15年間やり切ったと思えてるか否かが自分にとって大事なのですよ。 経験は誰にも奪われない財産。 そのかけがえのない財産を下さったテレ東に感謝。 また同年3月20日放送の『ザ! 世界仰天ニュース』(日本テレビ)、また、同年5月1日から『有田哲平の夢なら醒めないで』(TBS)のアシスタントに起用されており、フリー転身後、初のレギュラー番組への出演となっています。 まとめ テレ東の看板アナウンサーとして活躍し、幅広い層からも人気を得ていた大橋未歩アナ。 進退について心配されましたが、2018年2月にフリーアナウンサーに転身して現在も活躍しています。 そのうち大橋未歩アナと再婚相手の間にも子供が生まれるかもしれないので、続報に期待しましょう。

次の