武士や軍人としての運命。 松村淳蔵(まつむら じゅんぞう)とは

松村淳蔵(まつむら じゅんぞう)とは

武士や軍人としての運命

没年:大正8. 7 1919 生年:天保13. 18 1842. 26 明治期の海軍。 薩摩 鹿児島 藩士市来一兵衛の子。 名は勘十郎。 横井小楠の甥。 奥小姓,開成所諸生となるが,藩の留学生の一員として慶応1 1865 年イギリスに渡る。 この留学は密航であったため,市来勘十郎の名を松村淳蔵と改め,以後松村名を用いた。 イギリスではロンドン大学で海軍測量術を学ぶが学資不足となり,慶応3年物価の安いアメリカに渡り,ラトガース大学を経てアナポリス海軍兵学校に入り,明治6 1873 年に卒業。 同年帰国し,翌年から海軍兵学校の教育に携わる。 9年第3代海軍兵学校校長となり,近代日本海軍創設期に多くの将校を育成した。 24年中将,予備役編入。 公爵島津家編纂所編『』中 米山光儀 出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版 朝日日本歴史人物事典について.

次の

武士道の最も大きな思想は「Amor Fati(運命への愛)」

武士や軍人としての運命

没年:大正8. 7 1919 生年:天保13. 18 1842. 26 明治期の海軍。 薩摩 鹿児島 藩士市来一兵衛の子。 名は勘十郎。 横井小楠の甥。 奥小姓,開成所諸生となるが,藩の留学生の一員として慶応1 1865 年イギリスに渡る。 この留学は密航であったため,市来勘十郎の名を松村淳蔵と改め,以後松村名を用いた。 イギリスではロンドン大学で海軍測量術を学ぶが学資不足となり,慶応3年物価の安いアメリカに渡り,ラトガース大学を経てアナポリス海軍兵学校に入り,明治6 1873 年に卒業。 同年帰国し,翌年から海軍兵学校の教育に携わる。 9年第3代海軍兵学校校長となり,近代日本海軍創設期に多くの将校を育成した。 24年中将,予備役編入。 公爵島津家編纂所編『』中 米山光儀 出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版 朝日日本歴史人物事典について.

次の

武士とは、つまり軍人ですか?

武士や軍人としての運命

だから僕のことを嫌いな人は、ごまんといます。 それは仕方がないことで、それを覚悟して体当たりを繰り返していたら、自分の運命がわかります。 運命がわかれば、僕を見てもわかるとおり、死ぬ気で体当たりしてもなかなか死ねません。 これは結果論ですが、社会というのは、けっこううまくいくものです。 僕はあらゆる人に嫌われましたが、何もまずいことはありませんでした。 だからほかの人も、自分の運命をつかんで運命のとおりにやれば、必ずうまくいくということは言えます。 ただし運命でなければダメで、ここが難しいところです。 執行 運命は、体当たりをしないと出てきません。 だから僕は道の一番大きい思想とは「Amor Fati」だと思っています。 ラテン語で「運命への愛」という意味です。 有名な用語で、マルクス・アウレリウスの『自省録』に出てきます。 道が好きなフランスの思想家モーリス・パンゲが「日本の道とは運命への愛」だと語っていて、僕はこの言葉が非常に気に入っています。 僕は自分の道を「運命への愛」と、ずっと言い続けています。 自己の運命を愛さなければ、道は貫徹できません。 自己の運命を愛すると、自分の信ずる思想のために腹も切れるし、死ぬこともできるのです。 死ぬことができるというのは、自分を愛しているということです。 愛さなければ、切腹なんてできません。 である自己を愛しているから、自分の腹を切れるのです。 現代風の幸福論ではない幸福論。 執行 もちろんそうです。 現代の幸福論は、幸福論ではありません。 幸福論で一番有名なのは、西洋だと『アミエルの日記』(フレデリック・アミエル著)や、カール・ヒルティの『幸福論』があります。 いずれも僕と同じ意見で、昔に書かれたのでに基づいています。 のに基づき、のために命を捧げ、のために他人に尽くし、他人のために自分の命を捧げるという人生論です。 とくに『幸福論』がそうで、道と一緒です。 だから僕はカール・ヒルティも大好きです。 僕がの話をよくするのは、昔ののが非常に道的だからです。 執行 だから戦国時代にいっきに広がったのです。 信者のほとんどがですから。 もともと合っているのです。 日本の道と合っている宗教は、の中では禅です。 あとはです。 ただし、今のと今のはダメです。 ヒューマニズムの太鼓持ちに成り下がって、いい人さんごっこをしているだけです。 昔の命懸けだった頃のやの話です。 フランシスコ・ザビエルにしても、大変な波濤を越えて日本まで来ています。 日本や中国に来る船の沈没率は、あの頃は半分以上でした。 命懸けなのです。 執行 そして伝染病でみんな死んでいきました。 あの頃、日本に来た宣教師たちは全員命懸けで、だからであり、道なのです。 執行 社会とか国家とか。 執行 これが人間の根源です。 この人間の根源が文化として確立したのが、日本では道、西洋では騎士道です。 これが人間の文明が生み出した、一つの一番大きい文化の精華だと僕は捉えています。 これは偶然ではなく、「人類とは何か」という話です。 人類とは、僕は道や騎士道を生み出すためにできたと、僕は思っています。 今のは一回、人類が頂点の文明に来て、それから下がりだした文明なのです。 執行 これは、やってみればわかりますが、「自己中心」とか「自分のため」というだけは、命は捨てられません。 命懸けになれる相手は、必ず国家や会社、他人、または家族や愛する者などで、それ以外はありません。 自己中心者は、命なんて捨てられません。 今の自殺は捨てているのではなく、腐ったのです。 僕はよく「生息物が腐る」と言っていますが、動物が死んで道端で腐ったのと何も変わりません。 人間の死ではないということです。 人間が人間として死ぬとい...

次の