天気 の 子 女の子 名前。 「天気の子」のラストが納得できない人のためのネタバレ解説!

【2019年最新版】かわいい女の子の名前はコレだ! 一文字・二文字・キラキラネームも紹介|ウーマンエキサイト(1/2)

天気 の 子 女の子 名前

1.2019年女の子の名前【最新人気ランキング】 2019年、最新の女の子名前ランキングに、どんな可愛い名前が上がっているか見てみましょう。 1位 凛 2位 陽葵 3位 結愛 3位 杏 5位 紬 6位 莉子 7位 結月 8位 芽衣 8位 美月 8位 心春 参照: 女の子の場合は、和風な中にも古風な響きの名前が上位に入ってきていますね。 少し前に流行った無理な当て字の名前(キラキラネーム)ではなく、個性がありつつも読みやすい名前になってきています。 トップ10ではありませんが、「令」「怜」「玲」といった新元号に因んだ漢字も人気です。 ただ、これらの字は、もともと女の子の名前に人気の漢字なので、「令和」になったから上位に上がってきた、というわけでは無いようです。 2.イメージ別!女の子の可愛い名前 女の子の可愛い名前は?と聞かれたら、多くの人は季節や花の名前を思い浮かべるのではないでしょうか? 「可愛い=花」は、男女問わず共通認識のはず。 ここでは季節、花・自然、古風・和風をイメージした可愛い名前をご紹介します。 2-1.季節が由来の可愛い名前 生まれた年や月など、季節をイメージした名前を付けたいと考えるお父さん、お母さんは多いもの。 季節をイメージした可愛い名前をご紹介します。 春瑠(はる) 弥生(やよい) 皐月(さつき) 若葉(わかば) 咲(えみ) 春日(はるひ) 陽菜(はるな) 美桜(みお) 芽衣(めい) 小春(こはる) 帆乃(ほの) 青葉(あおば) 菜摘(なつみ) 心夏(ここな) 夏帆(かほ) 絢夏(あやか) 日向(ひなた) 夏乃(なつの) 鈴夏(りんか) 夏帆(なつほ) 七海(ななみ) 秋(あき) 穂奈美(ほなみ) 秋奈(あきな) 実野里(みのり) 穂乃果(ほのか) 果穂(かほ) 玖瑠実(くるみ) 千秋(ちあき) 結美(ゆみ) 楓(かえで) 冬美(ふゆみ) 冬音(ふゆね) 冬花(ふゆか) 冬希(ふゆき) 冬華(とうか) 雪(ゆき) 小雪(こゆき) 深雪(みゆき) 雪乃(ゆきの) 2-2.花や自然が由来の可愛い名前 女の子には花や綺麗な自然の風景をイメージした可愛い名前を付けたいと考えている人もいるはず。 花や自然由来の可愛い名前をご紹介します。 花(はな) 凜花(りんか) 遙華(はるか) 葵(あおい) 花梨(かりん) 紫苑(しおん) 柚(ゆず) 柚羽(ゆずは) 芹那(せりな) 胡桃(くるみ) 向日葵(ひまわり) 百合(ゆり) 花乃(かの) 歩乃華(ほのか) 真菜香(まなか) 椿妃(つばき) 彩芽(あやめ) 花純(かすみ) 四葉(よつば) 杏(あん) 千花(ちか) 咲良(さくら) 一葉(かずは) 一恋(いちご) 紅葉(もみじ) 棗(なつめ) 葵結(あおい) 茜(あかね) 桔梗(ききょう) 綾梅(あやめ) 桃華(ももか) 2-3.古風・和風をイメージする可愛い名前 最近では日本ならではの綺麗な響きがある古風・和風な名前が注目されています。 古臭いわけではないけど、独特で個性的、それでいて可愛いくて古風・和風な名前をご紹介します。 奈々子(ななこ) 愛子(あいこ) 和佳奈(わかな) 美緒(みお) 小百合(さゆり) 悠希(ゆうき) 瑞樹(みずき) 琴葉(ことは) 紗良(さら) 由衣奈(ゆいな) 結(ゆい) 沙織(さおり) 紗耶香(さやか) 架純(かすみ) 梢枝(こずえ) 静流(しずる) 寧々子(ねねこ) 詩織(しおり) 雨音(あまね) 愛華(あいか) 香奈芽(かなめ) 水琴(みこと) 結月(ゆづき) 雅緋(みやび) 琴音(ことね) 千波(ちなみ) 彩葉(いろは) 渚沙(なぎさ) 2-4.芸能人の芸名や役名を思い出させる女の子の可愛い名前 好きな芸能人や、好きなドラマに出ていた登場人物から名前を付けることも多いです。 名前を聞いたら「あ、あの芸能人の?」と思われるかもしれない可愛い名前をご紹介します。 さとみ 環奈 (かんな) 七瀬 (ななせ) 美波 (みなみ) 美月 (みつき) 夏帆 (かほ) 茉優 (まゆ) 咲 (えみ) 美玲 (みれい) 翼 (つばさ) 糸 (いと) つくし みこと みくり 桜良 (さくら) 瑞稀 (みずき) 礼 (れい) 双葉 (ふたば) 七美 (ななみ) 理子 (りこ) 3.漢字の字数別!女の子の可愛い名前 名前の意味やイメージはもちろん、文字数にもこだわりたいお父さん、お母さんも多いはず。 そこで、漢字一文字、漢字二文字、漢字三文字の可愛い名前をご紹介します。 3-1.漢字一文字の可愛い名前 愛(あい) 藍(あい) 蒼(あおい) 葵(あおい) 碧(あおい) 灯(あかり) 明(あかり) 朱(あかり) 秋(あき) 晶(あきら) 旭(あさひ) 梓(あずさ) 周(あまね) 彩(あや) 綾(あや) 絢(あや) 歩(あゆみ) 杏(あん) 泉(いずみ) 苺(いちご) 樹(いつき) 祈(いのり) 海(うみ) 麗(うらら) 楓(かえで) 香(かおり) 薫(かおる) 叶(かなえ) 奏(かなで) 圭(けい) 心(こころ) 梢(こずえ) 咲(さき) 桜(さくら) 皐(さつき) 涼(さやか) 栞(しおり) 静(しずか) 雫(しずく) 潤(じゅん) 純(じゅん) 絢(じゅん) 李(すもも) 翼(つばさ) 月(つき) 椿(つばき) 紬(つむぎ) 巴(ともえ) 希(のぞみ) 花(はな) 尚(なお) 望(のぞみ) 華(はな) 春(はる) 悠(はるか) 渚(なぎさ) 遥(はるか) 光(ひかり) 瞳(ひとみ) 響(ひびき) 波 なみ 姫(ひめ) 媛(ひめ) 蛍(ほたる) 舞(まい) 真(まこと) 円(まどか) 繭(まゆ) 岬(みさき) 緑(みどり) 翠(みどり) 碧(みどり) 雅(みやび) 幸(みゆき) 睦(むつみ) 恵(めぐみ) 萌(もえ) 桃(もも) 結(ゆい) 唯(ゆい) 優(ゆう) 悠(ゆう) 雪(ゆき) 夢(ゆめ) 柚(ゆず) 蘭(らん) 律(りつ) 凛(りん) 鈴(りん) 3-2.漢字二文字の可愛い名前 唯愛(あい) 葵乃(あいの) 明奈(あきな) 彩恋(あこ) 天音(あまね) 絵未(えみ) 映美(えみ) 輝夜(かぐや) 可奈(かな) 花乃(かの) 香穂(かほ) 香帆(かほ) 琴都(こと) 琴羽(ことは) 咲良(さくら) 沙椰(さや) 小夜(さよ) 紫織(しおり) 志乃(しの) 波(せな) 静千穂(ちほ) 七緒(ななお) 奈央(なお) 夏生(なつき) 陽菜(ひな) 帆乃(ほの) 麻紀(まき) 真琴(まこと) 真澄(ますみ) 愛未(まなみ) 美湖(みこ) 美咲(みさ) 瑞樹(みずき) 充希(みつき) 芽久(めぐ) 桃華(ももか) 由宇(ゆう) 結羽(ゆう) 祐希(ゆうき) 優季(ゆうき) 璃紗(りさ) 梨沙(りさ) 結菜(ゆな) 紬江(ゆえ) 悠里(ゆうり) 凛咲(りさ) 理世(りせ) 理津(りつ) 六花(りっか) 鈴花(りんか) 凛穂(りほ) 瑠衣(るい) 流依(るい) 瑠美(るみ) 瑠璃(るり) 3-3.漢字三文字の可愛い名前 亜季穂(あきほ) 愛沙美(あさみ) 明日華(あすか) 明日奈(あすな) 亜矢華(あやか) 亜弥美(あやみ) 亜優沙(あゆさ) 愛結美(あゆみ) 衣乃莉(いのり) 絵美花(えみか) 恵美奈(えみな) 絵里香(えりか) 英莉奈(えりな) 香緒里(かおり) 花奈絵(かなえ) 香奈恵(かなえ) 佳菜恵(かなえ) 花乃絵(かのえ) 華乃子(かのこ) 花穂子(かほこ) 香穂里(かほり) 佳弥乃(かやの) 花莉奈(かりな) 紅美子(くみこ) 沙緒里(さおり) 紗季音(さきね) 沙千乃(さちの) 沙千穂(さちほ) 紗知世(さちよ) 沙菜絵(さなえ) 沙耶花(さやか) 沙弥音(さやね) 紗由紀(さゆき) 小百合(さゆり) 小夜子(さよこ) 沙良里(さより) 紫桜里(しおり) 詩津音(しずね) 志穂里(しほり) 千亜希(ちあき) 知恵美(ちえみ) 知花絵(ちかえ) 千華子(ちかこ) 知菜美(ちなみ) 菜緒子(なおこ) 奈々恵(ななえ) 菜々絵(ななえ) 奈々緒(ななお) 菜々緒(ななお) 奈々香(ななか) 菜々花(ななか) 菜々香(ななか) 菜々子(ななこ) 奈々美(ななみ) 菜乃葉(なのは) 那帆子(なほこ) 寧々子(ねねこ) 乃々華(ののか) 日緒里(ひおり) 日花里(ひかり) 日菜乃(ひなの) 陽茉里(ひまり) 向日葵(ひまわり) 帆乃香(ほのか) 茉奈花(まなか) 麻那美(まなみ) 麻友香(まゆか) 麻悠子(まゆこ) 麻友美(まゆみ) 麻里恵(まりえ) 美紅莉(みくり) 深心都(みこと) 美沙絵(みさえ) 美紗季(みさき) 美菜恵(みなえ) 美菜帆(みなほ) 美乃里(みのり) 萌々花(ももか) 由衣菜(ゆいな) 優衣奈(ゆいな) 由衣乃(ゆいの) 結有花(ゆうか) 悠香子(ゆかこ) 由香里(ゆかり) 結希子(ゆきこ) 由樹菜(ゆきな) 悠季乃(ゆきの) 由紀帆(ゆきほ) 優美香(ゆみか) 友莉奈(ゆりな) 友莉音(ゆりね) 莉絵子(りえこ) 4.見た目も可愛い!女の子のひらがなの名前 ひらがなの名前は、見た目が柔らかい雰囲気がありますよね。 ひらがなで可愛い名前をイメージごとに紹介していきます。 4-1.自然を連想するひらがなの名前 海や季節など自然のイメージがあるひらがなの名前をご紹介します。 なぎさ かえで ひより ほのか まりん くるみ はな ももか みのり めぐみ そら すみれ あおい ひまり いちか しずく よつば ゆずは もえ めばえ むつみ 4-2.古風なイメージのひらがなの名前 古風なイメージをもつひらがなの名前をご紹介します。 やよい わかこ こはる ちよ やえ はなよ らんこ よしの こずえ まどか かおる かずみ こと さとこ しずか たえ とうこ ふみの まこ ももよ よしの りんこ 4-3.海外でも通用するひらがなの名前 ひらがなだからこそ表現できる、海外でも通用するひらがなの名前をご紹介します。 あん なおみ めい るり ひとみ まみ まりあ いろは すず りこ えみり えれな かのん まいか まお あいり 4-4.雰囲気が可愛いひらがなの名前 名前をつける時は響きも大切です。 雰囲気や響きが可愛いひらがなの名前をご紹介します。 ひめの のん ののか ともか つぐみ せいな しの しいな ここみ うた あゆみ いく きこ ここな さより ふみか まほの みつき るか れな わこ 5.海外で通用する!女の子の可愛い名前 海外で働く人が増えた昨今、将来のことを見据えて自分の子供に海外でも通じる名前を付ける親が増えています。 そこで、英語でも意味が通じる可愛い名前と英語圏外でも意味の通じる可愛い名前をご紹介します。 5-1.英語でも意味が通じる可愛い女の子の名前 亜里寿(ありす) 有莉朱(ありす) 有栖(ありす) 杏(あん) 杏奈(あんな) 安奈(あんな) 杏菜(あんな) 恵真(えま) 咲茉(えま) 咲真(えま) 絵真(えま) 笑舞(えま) 笑麻(えま) 恵真(えま) 恵麻(えま) 英美理(えみり) 絵美理(えみり) 花蓮(かれん) 華恋(かれん) 沙羅(さら) 紗良(さら) 理沙(りさ) 梨沙(りさ) 瑠奈(るな) 月(るな) 玲(れい) 鈴(れい) 玲菜(れいな) 澪(れい) 玲奈(れな) 5-2.英語圏以外の海外でも通じる可愛い女の子の名前 愛奈、愛菜、藍那、藍奈 (あいな:ハワイ語で「大地」) 美里、美李 (みり:ハワイ語で「可愛い」) 愛音來 愛音桜 (あねら:ハワイ語で「天使」) 愛織、舞織、万緒莉、真央璃、真桜里 (まおり:ハワイ語で「純粋」) 真愛、舞奏、真花菜 (まかな:ハワイ語で「贈り物」) 真菜、真奈、麻奈 (まな:ハワイ語で「奇跡」) 真理絵、麻里枝 (まりえ:ハワイ語で「平穏」) 玲杏、恋彩 (れいあ:ハワイ語で「希望」) 愛梨香、枝里花、江莉佳 (えりか:ドイツに咲く花で花言葉は「幸運」) 芽瑠 (める:フランス語で「海」) 亜美、亜実、愛海 (あみ:フランス語で「友達」) 杏樹 (あんじゅ:フランス語で「天使」) 5-3.海外の人が発音しづらい女の子の名前に注意 日本語では当たり前に使われるの名前でも、海外では発音がしづらい名前があります。 日本語のラ行や「っ」などの促音です。 日本ではRとLの違いを気にすることはあまりないはずです。 しかし、海外ではRとLでは違った発音になるため混乱してしまいます。 同じように、「っ」や「ゃ」など促音を発音しない国もあるため注意が必要です。 例えば「りょうこ」という名前は日本では普通に使われていますが、海外では発音しづらい名前になります。 将来、海外で活躍して欲しいと願うなら、外国人の発音しづらい名前は避けるほうが無難でしょう。 いつまでたっても名前を覚えて貰えない、名前を呼んでもらえないということになりかねません。 5-4.外国語に置き換えるとタブーな意味を持つ女の子の名前はNG 日本では綺麗な意味を持つ名前でも、海外では別な意味を持つ場合があります。 例えば「愛」。 日本語なら綺麗な意味を持つ単語ですが、海外だと「I=私」や「AI=人工知能」という意味になります。 「かな」という名前も、フィンランドでは鶏肉という意味になります。 日本語では当たり前でも、海外では別な意味になってしまいます。 特に気をつけたいのがタブーの意味を持つ名前。 「きよみ」は「Kill me」、「さえこ」は「psycho(サイコ)=精神異常者」と聞こえる可能性があります。 「たえこ」はフィリピンで使われるタガログ語で「大便をする」、「ちかこ」もイタリア語で「排便する」という意味になります。 このように日本ではありふれた名前でも、海外では別な意味を持つ場合もあるのです。 ただし、海外の意味ばかりを気にして、日本で違和感のある名前にするのは本末転倒です。 まずは自分の子供にピッタリな可愛い名前を考えてあげましょう。 そのうえで世界各国の意味を調べてみるといいでしょう。 6.人が「可愛い」と思う好印象な可愛い名前 名前を聞いたり、見たりしただけで「この人絶対可愛い!」と思われる名前、ありますよね。 美人そうだな、優しそうだな、女子力高そう・・・そんなイメージを与える可愛い名前を紹介していきます。 6-1.美人や清楚・上品そうな印象の名前 飛鳥(あすか) 彩羽(いろは) 紀衣(きい) 粋(すい) 澪・美音(みお) 美麗(みれい) 由里子(ゆりこ) 稜(りょう) 瑠衣(るい) 令(れい) 美人・上品を連想させるのは、凛とした響きのある名前。 イで終わる「きい」「すい」「るい」「れい」といった二音の名前は、知的な印象を与えます。 特に「美麗」は「絶対に美人」、「飛鳥」「由里子」は「家柄が良さそう」という意見が挙がっていました。 6-2.穏やか・優しそうな印象の名前 佳純(かすみ) 花音(かのん) こころ 桜子(さくらこ) 鈴花(すずか) なのか 楓花(ふうか) 友里花(ゆりか) まなか みつは 桃花(ももか) 「桜」「桃」「花」「楓」など、植物を表す漢字が入っていると、優しそうなイメージをもつのは、老若男女共通のよう。 また、「ふうか」「ゆりか」「まなか」「なのか」「ももか」「すずか」といった、「か」で終わる三音の名前も、穏やかな印象を受けると人気です。 特に優しい印象を受けると意見が多かったのは、ひらがな表記の三音の名前。 ひらがな自体の丸みが、そのような印象を与えるのでしょう。 6-3.明るい・女子力高そうな名前 愛理(あいり) 亜子(あこ) 朝日(あさひ) 彩未(あやみ) いぶき 歌(うた) 加恋・花恋(かれん) にこ 芽郁(めい) 萌加(もか) 萌奈(もな) 萌音(もね) 夢(ゆめ) 莉緒(りお) 怜奈(れな) 「朝」「彩」と言った明るいイメージの漢字が入る名前や、「愛」「恋」「萌」といった女の子らしいイメージの漢字が入った名前が多いです。 そして、 圧倒的に多いのが二音の名前。 中でも「れな」「りお」「めい」「あこ」は、明るい・女の子らしい印象を受けると人気でした。 「もか」「もな」「もね」など「も」がつく名前は、とにかく可愛くて女子受けするという意見が多かったです。 確かに「も」という響きは、可愛らしい印象を受けますね。 同じ女子力高めと言っても、 芯があってお洒落そうという意見が多かったのが、少し変わった二音の名前、「うた」「ゆめ」「にこ」。 同じ二音の名前でも、どの音が入っているかで受ける印象が少しずつ違います。 7.まとめ:両親の願いを込めて!女の子には可愛い名前を付けよう 大切な女の子ですから、両親の願いをこめた可愛い名前を付けてあげましょう! 可愛い名前を付ける時のポイント• 生まれた月や季節を引用する• あえて古風な名前をつけ珍しい名前を狙う傾向がある• ひらがなの名前も最近人気をあつめている• 古風な名前もひらがなにすると雰囲気が可愛くなる• 海外で通用する名前も人気がある• 海外を意識するなら発音しづらい名前は避けるべき• 「きる」など海外でタブーとされる音は、海外を意識する場合は気を付ける• 海外を意識しすぎて不思議な名前になってしまわないように気を付ける• 人に好印象を与えるのは主に二音の名前• ひらがな表記で三音の名前は優しい印象がある 名前は一生付き合っていくもの。 せっかくつけるなら我が子が誇れる・自慢できる名前にしてあげたいですよね。 字画や意味などから子供にピッタリな名前を考えてあげてください。 女の子ですから可愛い名前を付けてもらって嬉しくないはずがありません。 もし名付けで困ったら当記事を参考にしていただければ幸いです。 少しでも皆様のお力になれれば嬉しく思います!.

次の

晴という名前は良くない?風、雲、霧など天気の漢字は使ってよいのか [赤ちゃんの命名・名づけ] All About

天気 の 子 女の子 名前

子がつく名前の由来ですが、女の子に「子」がつく名前を使い始めたのは、なんと平安時代からです。 約1200年も前から使われているなんて驚きですよね。 使い始めは、嵯峨天皇が初めだそうです。 嵯峨天皇が自分の娘達に「子」がつく名前を付け始め現代の女性皇族の方々まで「子」を使われ続けています。 大昔は高貴な方々のみが「子」を使い平民達は恐れ多くて使えなかったそうですが、時代と共に一般女性にも「子」がつく名前が使われるようになり現代は今風の名前の一部として使われています。 由来を知ると「子」に対するイメージや意味の持たせ方も変わってきますよね。 また、「子」の意味としてはじめから(一から)おわりまで(了まで)という意味もあるそうです。 名前に「子」がつくのは一般的に女の子に多いのですが、男の子の名前にも使われます。 名前の最後に「子」がつく場合は少ないですが、読みを「こ」ではなく「し」で使う場合が多いようです。 例えば、けんしろう「賢子朗」やこうしろう「光子郎」で三文字の間に「子」を挟むパターンや、しおん「子温」やしげん「子玄」といった最初に「子」を持ってくる二文字パターンがあります。 最後に「子」がつくような場合も「し」と読んで、しんじ「真人」やたいし「太子」といった名前もあります。 あげさせてもらった名前だけでも今風のものが多いですよね。 男の子に「子」がつく場合は、意味として女の子と同様に子を成せるようにといった意味も感じます。 また、「し」と読むと男子の敬称という意味もあります。 別途、「子」の意味としてはじめから(一から)おわりまで(了まで)という意味もあるので、光子郎君と名付けた場合は、はじめからさいごまで光輝くようにといった意味を読み取れますよね。 男の子の名前に子を使っても素敵ですよね。 今風の名前をア行から順に一覧でご紹介します。 響きが良い名前が多く二文字・三文字・四文字関係なくかわいいです。 意味を持たせ充て字を使うケースも多いです。 あこ(亜子) あおこ(青子・碧子) あみこ(亜美子・亜実子) うたこ(詩子・宇多子) おうこ(央子・桜子) かおるこ(薫子・香子) かこ(佳子・香子) かのこ(香乃子・佳乃子) かやこ(佳也子・佳矢子・香弥子) きこ(希子・紀子) きいこ(希衣子・喜以子) きさこ(妃佐子・喜佐子) きょうこ(杏子) こうこ(虹子・幸子) ことこ(琴子) さあこ(沙亜子) さえこ(冴子・紗子・小枝子・紗栄子) さくらこ(桜子) さやこ(彩也子・佐弥子・小夜子) しいこ(椎子) しきこ(詩季子) しなこ(詩菜子) たまこ(珠子・多摩子) つきこ(月子・津喜子・津紀子) とうこ(塔子・冬子) とわこ(十和子・永久子・登和子) ななこ(奈々子・奈那子・菜々子) ののこ(野々子・野乃子) ひなこ(日名子・妃奈子・日南子・日向子) ほのこ(穂乃子・歩乃子) まあこ(真亜子) まいこ(舞子・麻衣子・舞衣子) まほこ(真帆子・真穂子) まやこ(麻弥子・摩耶子・真耶子) まりこ(麻里子・鞠子) みいこ(美位子・美伊子・美衣子) みおこ(未央子・末央子・澪子・美央子) みやこ(都・美也子・美弥子) みわこ(実和子・巳和子) めいこ(芽衣子・明子・芽依子) もえこ(萌子・もえ子) ややこ(也哉子) ゆいこ(唯子・由比子・由依子) ゆめこ(夢子・弓芽子) りえこ(莉恵子・梨恵子) りほこ(里穂子・理穂子・莉穂子) りよこ(利代子・理代子・里代子) りりこ(凛々子・梨々子・理々子・莉々子・里利子) りんこ(凛子・りん子) るいこ(留衣子・瑠衣子・留以子・類子) 定番の名前をア行から順に一覧でご紹介します。 定番だと二文字・三文字の名前が多く四文字はほとんど無いです。 また、お家の由来を感じるような名前もあります。 あいこ(愛子・藍子) あみこ(亜美子・亜実子) あやこ(綾子・亜矢子・彩子・絢子・史子) あゆこ(亜由子・亜佑子・亜優子) いくこ(郁子・育子・生子) うたこ(歌子・唄子・詩子) うみこ(海子) えりこ(恵理子・絵里子・江里子・絵理子) かえこ(加枝子・佳恵子) かおるこ(薫子・香子) かなこ(可奈子・加奈子・可南子) かほこ(香保子・佳保子・佳穂子) かやこ(佳也子・佳矢子・香弥子) きさこ(妃佐子・喜佐子) きしこ(貴志子・喜志子) こうこ(虹子・幸子) さえこ(冴子・紗子・小枝子・紗栄子) さとこ(聡子・智子・里子) さやこ(彩也子・佐弥子・小夜子) さよこ(小夜子・佐代子・佐世子) さわこ(佐和子・左和子・沙和子) しきこ(志貴子・式子) しづこ(志津子・志都子) そのこ(園子・苑子) たまこ(珠子・多摩子) ちさこ(千佐子・智佐子・千砂子) ちほこ(千穂子・千保子・千帆子) つきこ(月子・津喜子・津紀子) とうこ(塔子・冬子) とわこ(十和子・永久子・登和子) 定番の名前、ナ行から続きます。 ななこ(奈々子・奈那子・菜々子) ののこ(野々子・野乃子) ひなこ(日名子・妃奈子・日南子・日向子) まいこ(舞子・麻衣子・舞衣子) まやこ(麻弥子・摩耶子・真也子・真弥子・真耶子) みいこ(美位子・美伊子・美衣子) みおこ(未央子・末央子・澪子・美央子) みかこ(美香子・美佳子・美加子・実日子・未華子) みやこ(都・美也子・美弥子) みわこ(美和子・実和子) めいこ(芽衣子・明子・芽依子) ももこ(桃子・百々子) ゆいこ(唯子・由比子・由依子) ゆりこ(由里子・百合子・由利子・友里子) りかこ(里佳子・梨香子・理香子・利佳子) りさこ(莉莎子・吏佐子・理佐子) りほこ(里穂子・理穂子・利穂子) りよこ(利代子・理代子・里代子) りりこ(凛々子・梨々子・理々子・莉々子・里利子) るりこ(瑠璃子・瑠利子・瑠理子) 三文字の名前をア行から順に一覧でご紹介します。 三文字の名前は今風というより親しみのあるかわいい名前が多く由来のある人物の名前も多いです。 あいこ(愛子・藍子) あみこ(亜美子・亜実子) あやこ(綾子・亜矢子・彩子・絢子・史子) うたこ(歌子・唄子・詩子) かえこ(加枝子・佳恵子) かほこ(香保子・佳保子・佳穂子) かやこ(佳也子・佳矢子・香弥子) きさこ(妃佐子・喜佐子) きしこ(貴志子・喜志子) こうこ(虹子・幸子) さえこ(冴子・紗子・小枝子・紗栄子) さとこ(聡子・智子・里子) さやこ(彩也子・佐弥子・小夜子) さよこ(小夜子・佐代子・佐世子) さわこ(佐和子・左和子・沙和子) しきこ(志貴子・式子) そのこ(園子・苑子) ちさこ(千佐子・智佐子・千砂子) ちほこ(千穂子・千保子・千帆子) つきこ(月子・津喜子・津紀子) とうこ(塔子・冬子) ときこ(登紀子・時子・登喜子) とわこ(十和子・永久子・登和子) 三文字の名前、ナ行から続きます。 なつこ(奈津子・夏子・那津子) ななこ(奈々子・奈那子・菜々子) なほこ(菜穂子・奈保子・七穂子) ののこ(野々子・野乃子) ひなこ(日名子・妃奈子・日南子・日向子) ふゆこ(芙由子・冬子・布由子) ほのこ(保野子) まあこ(真亜子) まいこ(舞子・麻衣子・舞衣子) まほこ(真帆子・真穂子) まやこ(麻弥子・摩耶子・真也子・真弥子・真耶子) みいこ(美位子・美伊子・美衣子) みおこ(未央子・末央子・澪子・美央子) みかこ(美香子・美佳子・美加子・実日子・未華子) みやこ(都・美也子・美弥子) みわこ(美和子・実和子) めいこ(芽衣子・明子・芽依子) もえこ(萌子・もえ子) ももこ(桃子・百々子) もよこ(茂代子・もよ子) ややこ(也哉子) りかこ(里佳子・梨香子・理香子・利佳子) りさこ(莉莎子・吏佐子・理佐子) りほこ(里穂子・理穂子・利穂子) りよこ(利代子・理代子・里代子) りりこ(凛々子・梨々子・理々子・莉々子・里利子) りんこ(凛子・りん子) 音が重なる名前をア行から順に一覧でご紹介します。 音が重なると今風に感じるのはもちろん、呼んだ時の名前の響きが素敵でかわいいです。 ささこ(沙ヶ子) ささこ(紗佐子) ささこ(砂佐子) ささこ(紗ヶ子) ななこ(奈々子) ななこ(菜々子) ななこ(奈那子) ななこ(七虹子) ねねこ(寧々子) ねねこ(寧音子) ねねこ(音々子) ねねこ(祢音子) ののこ(野乃子) ののこ(埜々子) ののこ(乃ノ子) ののこ(のの子) みみこ(美海子) みみこ(美々子) みみこ(未々子) みみこ(実々子) ももこ(桃子) ももこ(百々子) ももこ(モモ子) ももこ(萌々子) ゆゆこ(由之子) ゆゆこ(優々子) ゆゆこ(結々子) ゆゆこ(唯々子) ららこ(羅々子) ららこ(來々子) ららこ(礼々子) ららこ(ララ子) りりこ(凛々子) りりこ(里利子) りりこ(莉々子) りりこ(凜々子) るるこ(瑠々子) るるこ(琉々子) るるこ(流々子) るるこ(るる子) 男の子の名前に子が入る名前を一覧でご紹介します。 男の子の場合、三文字や五文字が多く四文字が少ないのが特徴です。 男の子の名前に「子」が入っていると名前の意味や由来を考えてしまいますね。 けんしろう(謙子郎) けんしろう(健子郎) けんしろう(剣子郎) けんしろう(研子郎) けんしろう(賢子郎) けんしろう(憲子郎) けんしろう(顕子郎) けんしろう(堅子郎) こうしろう(高子郎) こうしろう(幸子郎) こうしろう(孝子郎) こうしろう(航子郎) こうしろう(倖子郎) こうしろう(恍子郎) こうしろう(耕子郎) こうしろう(功子郎) きょうしろう(杏子郎) きょうしろう(匡子郎) きょうしろう(京子郎) きょうしろう(享子郎) きょうしろう(恭子郎) たいし(太子) たいし(泰子) しおん(子音) しおん(子薗) 子を「こ」以外の読み方で使う名前を一覧でご紹介します。 「こ」と読まず、他の読みとして子を使う場合は、子という漢字に深い意味を持たせているように感じます。 子を「し」と読む名前 つくし(都玖子) しき(子稀) しま(子麻) かしい(華子依) つしま(津子麻) としみ(杜子美) にしき(仁子希) ほし(星子) みしま(美子麻) よしみ(世子美) 子を「す」と読む名前 あすみ(阿子実) あすみ(亜子美) あすみ(愛子美) かすみ(香子美) かすみ(花子美) かすみ(佳子美) かすみ(加子実) はすみ(波子美) はすみ(葉子美) はすみ(羽子美) 子を「ね」と読む名前 ことね(琴子) ことね(琥杜子) ことね(小杜子) ことね(子翔音) おとね(音子) おとね(緒都子) おとね(乙子) おとね(緒翔子) ねねみ(音子美) ねねみ(寧子美).

次の

【春・夏・秋・冬】季節を感じる女の子の名前(250選)

天気 の 子 女の子 名前

古風でかわいらしい女の子の名前26選 近年では個性的な名前が話題になっていますが、古風で日本的な美しさを連想させる女の子の名前も人気です。 こちらでは古風でかわいらしい名前を26選ご紹介していきます。 漢字の組み合わせや音の響きも大切ですが、それぞれの漢字にどのような意味があるか考えながら、名付けを考えてみましょう。 「いろは」色葉、彩羽 「いろは」と聞くと、「いろはにほへとちりぬるを…」という「いろは歌」を連想する方が多いでしょう。 「色」という漢字にはやわらかさ、「彩」という漢字には色彩豊かなイメージがありますね。 平仮名のままでも、女の子らしくやわらかい印象の名前になるでしょう。 「うた」詩 東貴博さん・安めぐみさん夫妻のもとに生まれた女の子が、「詩歌」と書いて「うた」ちゃんという名前を付けられたことが記憶に新しいですね。 「詩」という漢字には文学的なイメージがあり、ロマンチックな雰囲気が好まれることが多いようです。 「かなで」奏 「奏でる」という言葉から、管弦楽器を演奏するイメージを持つ方も多いと思います。 古風でも現代風でもある名前の一つで、女の子だけでなく男の子にも人気があるといわれています。 音楽的な才能や人との調和を願って名付けに用いられることが多い漢字です。 「とうか」藤花、桃花 藤の花は古くから親しまれている日本の花木で、万葉集にも詠まれています。 薄紅や紫、白、黄色などさまざまな色をもち、4~5月にかけて満開を迎えます。 気品のある花なので、上品なイメージが持たれます。 一方で桃の花は、3~4月にかけてころんとした丸い花を咲かせます。 「桃の節句」ともいわれるように、ひな祭りで使われる代表的な花です。 どちらも春生まれの女の子にぴったりの名前でしょう。 「ひより」日和 「日和」は、晴れたよい天気のことを指します。 「小春日和」という言葉は、晩秋から初冬のポカポカした晴天の日を指します。 生まれた季節にとらわれず、あたたかい晴天の日に生まれた女の子の名付けにぴったりですね。 「ほたる」蛍 俳句や和歌でもよく使われている「蛍」という言葉。 やわらかいほのかな光は、日本人の奥ゆかしさをイメージできるため、女の子の名付けにふさわしいのではないでしょうか。 「みこと」美琴 「琴音」の名前でも触れましたが、昔から伝わる琴の美しい音色を連想します。 琴は日本の伝統楽器で、とても上品な音色であることから、古風でおしとやかな女の子のイメージの名付けにぴったりです。 「みやび」雅 「雅」という漢字は、洗練されている美しさや風流な意味があります。 古風ながらも気品のある印象で、華やかさのある名前です。 「ゆかり」紫 「ゆかり」という名前はよく聞きますが、「紫」という漢字を名付けに使うことによって、ぐっと古風な雰囲気が出ますね。 漢字でも平仮名でも自然な印象を与えてくれる名前ですね。 「るり」瑠璃 七宝の一つの宝石でラピスラズリの和名です。 天然石意味辞典によると幸運のお守り石として古くから人々に愛されてきたとされています。 瑠璃色は深く美しい紺色で、自然や宝石を連想させるため、凛 りん とした女の子のイメージの名付けにぴったりですね。 「わか」和歌、和華 漢字の通り日本に伝わる和歌をイメージし、昔ながらの印象を受けます。 「和華」はさらに華やかな印象を与えますね。 「和」という漢字は周囲をなごませ、穏やかな子に育つように、という思いを込めて名付ける人が多いようです。 「こはる」小春 「春」という漢字は四季を表す漢字の中で、夏とともに人気の高い字です。 冬から春にかけて、自然が息を吹き返す生き生きとしたイメージの名前ですね。 「あおい」葵 いつの時代も、変わらず人気のある名前です。 フユアオイやタチアオイなど、アオイ科の植物のことを指す漢字で、特にタチアオイは夏に大きくて優美な花を咲かせます。 明るいイメージの名前ですね。 「ちほり」千穂理 漢字の組み合わせは古風ですが、少し変わった名前をつけたいときにおすすめです。 ありそうでない珍しい響きですが、読み方が易しく、誰でも読むことができる字であることも高ポイントです。 「さと」 平仮名の名前というのも、粋でよいものですね。 響きは古風ですが、親しみやすい名前を付けると、周囲から覚えてもらいやすいのも魅力です。 「ももこ」桃子 「子」がつく昔ながらの名前も人気です。 女の子といえば、桃の節句。 桃の花を連想させる名前で、とてもかわいらしいです。 「りつ」 昔の名前のような響きですが、呼びやすく、覚えやすい名前です。 「律」や「利津」など好きな漢字をあてはめてみても、平仮名のままでもよいでしょう。 「はな」花、華 昔からある名前ですが、なじみやすく覚えてもらいやすいです。 赤ちゃんのころからおばあさんになるまで、違和感なく名乗れる素敵な女の子の名前です。 最近では「葉奈」「葉菜」など、名付けに二文字使うパターンも人気のようです。 「あいこ」愛子 昔ながらの親しみのある名前でありながら、歌手のaikoさんを連想させるおしゃれな雰囲気もあります。 愛情深く優しい女の子に育ってほしい、という思いがこもった素敵な名前です。 「みと」美都 名前の響きは今風ですが、漢字が古風で素敵な名前です。 「都」という字にはにぎやかで洗練された印象があるとされています。 「都」の字は「美都」以外の名前にも、女の子の名付けの止め字として使用されていますよ。 出典元一覧• 西東社編集部(編)「赤ちゃんの名前ハッピー漢字辞典」50-455(西東社,2014)• 栗原里央子「赤ちゃんのしあわせ名前辞典」327-422(ベネッセコーポレーション,2016)• 小川環樹「新字源改訂版」1-1176(角川書店,1994)• 山田忠雄「新明解国語辞典」1-1642(三省堂,2015)• 星の種「天然石パワーストーン意味辞典」(,2019年6月24日最終閲覧) 本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。 必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。 なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。 ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはもご覧ください。

次の