胸 いっぱい サミット 炎上。 ハイヒールリンゴ、マスクで炎上した理由は母乳パッド!何が悪いの?

ハイヒールモモコ、相方の大炎上“母乳パッド”発言謝罪

胸 いっぱい サミット 炎上

母乳パッドの棚がもぬけの殻 もう既に母乳パッドが 売り切れている店舗もありました。 また、本来は 755円で購入できる母乳パッドが、 867円に値上がりし、 約100円ほど高くなっている状況だとか。 母乳パッドは授乳中の女性に必要不可欠 母乳パッドは、授乳中の女性にとって必要不可欠なものです。 この母乳パッドの品薄・売り切れ状況に、悲鳴とも取れるツイートが数多くみられています。 体質にもよりますが、母乳って無意識的に出てくるので、パッドがないのはかなり死活問題になってきます、、、 【母乳パッド品薄・売り切れの理由】ハイヒールリンゴの炎上発言とは? 母乳パッドの品薄・売り切れ状態を招いたのは、 ハイヒールリンゴさんが番組内である発言をしたから、と言われています。 番組は、2020年4月18日の関テレ 「胸いっぱいサミット」 どのような発言をしたのか、みていきましょう。 ハイヒールリンゴの炎上発言 「胸いっぱいサミット」では布マスクの特集をしていました。 ネットニュースで モモコさん謝罪という記事で知ったが 相方のリンゴさんの件? 関東では知られてなかったが 『胸いっぱいサミット』という関西の番組で マスクに関してよろしくないアドバイスをした。 この時期の発言の影響力は大きい…そしてなぜ 本人はだんまりなのか? — 気分次第 yEcxeuGQPSt5RnC ハイヒールリンゴさんは、 布マスクの内側が化粧で汚れると発言。 そして、 その汚れがつかないために 「母乳パッド」を使用していると話し、実際にどのように使っているのかを番組内で実演しました。 この放送後に、 Amazonでは母乳パッドが品薄・売り切れ状態となり、番組に 批判が殺到したそうです。 SNS大炎上! 関テレの胸いっぱいテレビ許さねえ!「マスクの内側に母乳パッドを」などと赤子と母親のための物を間違った使い方で取り上げた途端、店から無くなるわネット通販も値上がりするわで、お前らは全妊産婦と乳幼児1人あたり少なくとも100円はまず弁償しろよ!身重の妻が泣いてるわ怒 — Yocchiii MJYoshida 母乳パッドは母乳が漏れて服が濡れるお母さんが使うもんだし、 おりものシートはおりものでショーツが汚れたりして気持ち悪い人が使うもんだし、 尿とりパッドは私みたいな尿漏れが気になる人が使うもんだし、 とりあえず何でもすぐマスクの裏に貼るな。 化粧がつくからマスクが汚れる? 知らん! — タガメ@沼の底から tagamekamo 数あるツイートの中でかなり頷けるツイートがあったので、ご紹介します つかさ、ハイヒールリンゴに釣られて母乳パッド買い占めてる奴等も何考えてんだ?バカしかいないの? — カズエ 6520hnah ついこないだも、トイレットペーパーの品切れ状態が続いた時期がありましたよね。 その原因は一つのツイートでした。 そもそもトイレットペーパーは 国産製造です。 根拠も調べぬまま、一部の人が買い占めてしまうというのが原因ですよね。 今回の件に関しても、 発 信する側が気をつけるのはもちろんなのですが、情報を受け取る側もきちんと考えて行動するべき、ですね。 母乳パッドの代わりとしては、こちら。

次の

【母乳パッド品薄・売り切れの理由】ハイヒールリンゴの炎上発言とは?

胸 いっぱい サミット 炎上

そういう金額はいただいてます。 代理店が入ったらそれより高い。 でも僕らはそれで事務所の固定費から従業員の給料から、まかなわないといけない 橋下徹さんの現在は公務員ではなく、民間企業で自ら経営されていますので、金額うんぬんより仕事に見合ったギャラをもらうのは当然ではないでしょうか。 貴方は間違っています。 私達は橋下さんにお給料払ってません貴方は税金と言う公金でお給料もらってるんです。 それをよく覚えておいた方がいいと思います。 私らがお給料払いたく無いな〜と思ったら次の選挙でNoというだけです。 払ってる国民の為にもう少しちゃんと仕事して下さい。 — mayumi bubumamiko ツイッターでも 論点がずれているのではないかということでお尾辻さんのツイートのリプ欄が炎上していました。 名誉棄損。 3アウト。 議員辞職。 橋下徹氏のクレバーさが分かりました。 ビジネスモデルのね」と力を込め「ここんとこ、僕らみんな講演会は中止。 でも橋下徹は今年1月か2月に2冊本を出している。 テレビに出て、ネットニュースになるようなことを言って、本を売るわ売るわ。 引用:デイリーニュース 書籍出版をしている橋下徹さんにツッコミを入れるような形となり、火に油を注ぐような形となりました。 最後に、ヒートアップした橋下さんより、.

次の

ハイヒールモモコ、相方の大炎上“母乳パッド”発言謝罪

胸 いっぱい サミット 炎上

関西テレビ「胸いっぱいサミット!」で、 岩井志麻子さんの問題発言により大炎上した件について、今回の放送で冒頭謝罪し話題になっています。 これが令和元年の日本か。 — chocolat. !? コチラが胸いっぱいサミット! 冒頭謝罪に関する記事 関西テレビ「胸いっぱいサミット!」(土曜後0・00)が22日に放送され、5月18日放送での作家・岩井志麻子氏(54)の韓国への差別発言が問題になっていることについて、女性アナウンサーが謝罪し、頭を下げた。 番組冒頭、白バックのスタジオで一人で立った同局の関純子アナウンサー(54)が「ここで関西テレビから視聴者の皆様へお伝えいたします。 5月18日に『胸いっぱいサミット』で放送した国の外交姿勢を擬人化した発言につきまして、さまざまなご意見をいただいております」と切り出し、「当初、その発言には差別的な意図はないと考え、放送しました。 しかしながら、その後、社内で議論した結果、視聴者の皆さまへの配慮が足りず、心情を傷つけてしまう可能性である表現であり、そのまま放送するという判断は誤りだったとの結論に至りました」と経緯を説明。 「真摯(しんし)に反省し、視聴者の皆さまにお詫び申し上げます」と謝罪し、「今後は多様性の尊重や、人権への配慮といった放送に求められる価値を重んじた番組作りにより一層、つとめて参ります」と頭を下げた。 岩井氏は5月18日放送の同番組に、パネリストとして出演した際、韓国について「手首切るブスみたいなもん」などと発言。 リストカットする女性に例えたとも取れる内容が問題になり、関西テレビは謝罪した。 番組は生放送でなく事前収録。 同社は当初、発言は韓国の外交姿勢について擬人化した表現で、差別的な意図はないとしてそのまま放送。 その後の批判を受けて検証した結果「適切な判断ではなかった」と結論付けた。 放送後、視聴者から電話やメールでの問い合わせが44件あり、同局は研修を強化し、さらにコンプライアンス担当者を2人から3人に増員した。 的を射てるか否かが問題なのではない。 言い方でしょう。 「気品がない」と気品のない言葉で責めたら格好悪い。 謝罪した事に抗議したい、胸いっぱいらくない。 豹の顔が定着しすぎて素顔忘れてたわ。 今のテレビ局は10人程度のクレームで番組の構成を変えたり時には謝罪するらしい。 恐らく少数者に「配慮せざるを得ない」状況になっているということでしょう。 メディアは外国勢力に乗っ取られ死に体です。 この番組もー、見ない。 つまらんことで謝罪させたら調子にのる• 全くもって正しい意見です。 謝罪する神経を疑うわ。 44人の苦情で謝罪なんかしたら今後の対応が大変になるのがわからないのか?韓国以外の問題でも44人の苦情で謝罪しないと差別になりますよ。 日本国民のほとんどが気にしなくていいよ、謝らなくていいよ、と思ってる。 最初どこが問題発言なのか正直分からなかった。 てっきり「手首を切るブス」への差別として問題になっているのかと思ってましたよ。 そんなたいそうに謝ることか• なんで朝鮮の日本へのヘイトは許されるのに、 日本が朝鮮を悪く言うことは許されないのですか?? どなか教えてください。 反日ヘイトの方がよっぽどやばいだろ。 言論の自由がなくなるからマジでやめろや。 腹立つ• 北海道では、同じ時間帯に放送していた。 あまりに少数の苦情を真摯に受け止めすぎやな。 特に問題無いと思うが。 岩井志麻子をキャスティングした時点で何か言うのを期待してる訳でしょ! こんな事でいちいち謝罪してたらこの手の番組は成り立たないのでは? 多少の批判は当たり前、くらいの番組をどんどん作って行くべき。 これは結局最後は手を差し伸べる優しい日本を揶揄していた例えでもあったまさに、44人の抗議に屈する姿がそれを如実に表している結果となった 岩井さんさすがですね• この発言で 誰を傷つけたというのでしょうか? 手首切るブスの方ですか? 異常なかまってちゃんに 傷つけられる人もいるんです。 死ぬ死ぬ詐欺みたいな人は 精神が不安定ってだけで 人を傷つけても 罪にも問えない。 テレビ局は誰に誤ってるんだろう。 志麻子使わないなら本当に面白くないテレビになっちゃう。 特アに気を使いすぎ• 間違っていなくても謝らなきゃならないのおかしい。 この発言にいちいちクレームつける奴にも驚きだけど、関テレが謝罪したのにも驚いた• なぜ謝る必要があるのか。 もしも本当に反省しているのなら、岩井本人と一緒に謝罪させるべきだろう。 「面倒くさいから頭下げときゃいいや」ではクレーマーを図に乗せるだけでしかない。 全く問題ないだろ。 こんな事が問題になるなら、表現や比喩が出来なくなる。 スポンサーリンク.

次の