履歴書 メール メールアドレス。 履歴書をメール添付で送る時の例文&マナー<パスワード設定・PDF作成方法も図解>

履歴書をメールで送る時の不安を解決!作成方法と注意点|ハタラクティブ

履歴書 メール メールアドレス

基本的に就活や転職において人事部などとやりとりを行うのは電話が主流となっていますが、昨今はe-mailを用いて連絡を取り合うこともあります。 また、転職活動中はなにかしらの理由で電話をとれないこともあります。 そういった場合にの緊急連絡先として記入欄に書いておくことで人事部とのコミュニケーションをとりやすくなるでしょう。 そういった点において、履歴書にメールアドレスを記入するメリットは大きいと言えます。 先にも紹介したとおり、就活や転職において携帯電話など声を介してやりとりする場面が多いですが、e-mailを使用することによってやりとりの内容が文章として記録されるので、時間をおいて確認することができます。 そのため、やりとりした内容を忘れてしまったときにいつでも確認できる点はe-mailでやりとりする大きなメリットと言えるでしょう。 関連記事においては、e-mailでやり取りする際の返信マナーについて解説されています。 相手に失礼のないようなやりとりができるように参考にして就活や転職活動に励みましょう。 携帯電話は相手の時間帯や都合に合わせなければ連絡することができない制約がありますが、そういったデメリットをメールでのやりとりにおいて考える必要がありません。 インターネット環境と閲覧できる携帯やパソコンといった端末が揃っていれば、場所を選ばずに内容を確認することができます。 また返信が必要な場合も時間を気にしなくて良いというのも大きなメリットです。 特に早め早めの連絡が必要となってくる就活や転職において、メールでのやりとりは必須ツールと言えるでしょう。 特に転職活動をしている人は、既に属している企業から配布されているメールアドレスを持っているかもしれませんが、だからといって履歴書の記入欄に記入するのはマナー違反です。 場合によっては情報漏洩などに抵触する可能性もあり、互いの企業にとって大きな不利益となることもあります。 また、そういったマナーを理解していないと受け取られて相手に良くない印象を与えてしまうでしょう。 そういった観点からも記入欄に書くメアドは個人用のものを記入するようにしてください。 Gmailなどで取得したアドレスを記入するとき、単語の組み合わせは本人の印象を形作る要素のひとつです。 そのため、変な単語を組み合わせてしまうと相手に良くない印象を与えてしまいます。 就活用のメアドを取得する際に無難なのは、就活や転職に関係のある単語を組み合わせることです。 また氏名や数字の組み合わせも無難なので、アドレスを改めて取得する場合などはそういった組み合わせにしておくと記入欄に書くときに困ることがないでしょう。 先にも紹介したとおり、記入欄にアドレスを書く場合は会社用など公的なメアドではなく個人のアドレスを使用するのが一般的なマナーです。 そのため、Gmailなどフリーメールを取得しておくとよいでしょう。 フリーメールはGmail以外にもYahooなど幾つか種類があります。 基本的にフリーメールであれば記入欄に書くうえで特に問題はありませんので、自分と相性が良いものを選んで取得しておいてください。 そのとき、先にも解説しましたがアドレスを作成する際の単語は慎重に選ぶようにしてください。 先の記入する時のポイントとして「個人用のメアドを記入する」というような説明をしましたが、この時に記入するのは携帯やスマートフォンのe-mailは記入欄に書かないようにしましょう。 理由としては迷惑メールに振り分けられてしまうことで連絡をチェックすることができなかったり、添付されたフォルダが容量が大きかったりするなどが原因で受信することができないといったトラブルが起こる可能性があるからです。 そのため、記入するならばパソコンからも閲覧できるアドレスにしましょう。 連絡先を記入する欄は履歴書によってフォーマットが異なり、種類によってはメアドを記入する欄がないこともあります。 そのため、まずは該当する記入欄があるかどうかを確認してください。 記入欄があった場合は、そのままアドレスを記入してください。 このとき、できるだけ使用頻度が高いものを書くようにしましょう。 もし記入欄がない場合は、余白などに書くようにします。 記入自体は強制ではないので、無理して書く必要はありません。 該当する記入欄が見つかったら、あとは連絡先となるアドレスを記入してください。 このとき、使用する文房具は他の部分と同じように鉛筆など消えやすいものではなく、消えないボールペンなどを使用するようにしましょう。 また、アドレスを間違えてしまうと連絡をすることが出来なくなるので間違えないようにしてください。 関連記事においては、同じく間違えないように書くべき家族構成の項目について記載されています。 綺麗に欠けるように参考にしてみてください。 アドレスというのは、英字や数字が複数の組み合わせによって構成されていることが特徴です。 また英字は大文字と小文字といった違いがあるので、その点に関しても書くときに注意しなければいけません。 特に0とOや1とIといった書き方によっては数字と英字の区別がつきにくい形が複数あるので、記入する際は注意してください。 また書き終わったあとは、記入したアドレスに間違いがないかしっかり確認しておきましょう。 これはフォーマットによりますが、アドレスの上部にルビを振る項目が存在することがあります。 これは英字や数字といった組み合わせで構成されることから見間違うことのないようにするために必要とされています。 そういったことから、もしルビを振る記入欄が存在する場合は書くようにしましょう。 ただ強制ではないので、書かなくても問題はありません。 しかしアドレスのなかに一目で判別するのが珍しい組み合わせが混ぜっている場合などは、相手が見間違えてしまわないようにルビを振っておくと良いでしょう。 履歴書にメールアドレス記入欄がないものは、電話番号などの記入欄は存在するので、そちらに追加としてメールアドレスを記入しておくと見る側にとってもわかりやすいでしょう。 基本的に就活や転職でのやりとりは電話で行うケースが多いですが、「お急ぎの場合はこのメールアドレスに連絡してください」などと一言添えておくことで、見る側にとっても気遣いができるだけでなくより円滑にコミュニケーションをとれるようになるでしょう。 これは先に紹介した補足として記入するとも共通していますが、無理に書こうとすると履歴書が汚くなってしまい見る人に良くない印象を与えてしまいます。 そのため、記入欄がない場合は余白に記入しましょう。 記入欄がない場合にメアドを書くときに注意しておきたいのは、相手がわかるように書くことです。 そのため、書き方の具体例としては「e-mail:」などというような文言を頭に記入してから自分のアドレスを記入するようにすると、良いでしょう。 可能であれば、電話番号欄の余白を使用するようにしてください。 確かにe-mailは携帯やパソコンといったあらゆる端末から確認できることから就活や転職活動において便利なツールのひとつであり、記入欄がない場合もできるだけ書くほうがメリットがあります。 しかし履歴書は書類選考や面接と言ったあらゆる場面で使用される重要な書類ですから、無理にメアドを書こうとしてしまうと結果として汚くなってしまい悪印象を与えてしまうこともあります。 ですから記入欄がないだけでなく余白も見つからない場合は、無理してメアドを書く必要はありません。 履歴書にメールアドレスを正しく記入して就活の効率をアップしよう! 今回は、履歴書にメールアドレスの書き方について解説しました。 内容からわかる通り、e-mailのアドレスを記入するうえでもマナーが存在し、守れなければ相手に良くない印象を与えてしまうので注意してください。 正しい書き方をマスターして、就活や転職において効率よく活動できるようにしましょう。

次の

履歴書をメールで送る時の不安を解決!作成方法と注意点|ハタラクティブ

履歴書 メール メールアドレス

メールアドレス記入欄がある場合とない場合 履歴書にはメールアドレス記入欄があるものとないものがあります。 もしメールアドレス記入欄があれば、その箇所に記入すれば問題ありません。 もちろん、記入するメールアドレスは連絡が取りやすいメールアドレスにすべきです。 メールアドレス記入欄が履歴書にない場合は、現住所記入欄の下にある別の連絡先記入欄にメールアドレスを記入してもいいでしょう。 電話番号・現住所だけでも企業があなたと連絡するには十分なので、メールアドレスは必ずしも記載しなければいけないわけではありません。 ただ、連絡手段が複数あった方が企業もあなたと連絡が取りやすくなるので、特別な事情がなければ記載しておきましょう。 フリーメールを使うのはOK? 履歴書にメールアドレスを記載する時に、フリーメールのアドレスを書くのはマナー違反ではないかと気にされる方もいるでしょう。 しかし、フリーメールを個人用メールとして使うことが当たり前になっている現在、フリーメールの利用が問題とされることはまずないと思っていいでしょう。 携帯のキャリアメールアドレスを使うのは注意 それでは、携帯電話のキャリアメールアドレスを履歴書に記載するのはどうでしょう。 フリーメールがマナー違反とされない以上、キャリアメールアドレスもマナーとしては問題ありません。 ただ、キャリアメールアドレスは初期設定でPCメールの受信を拒否していることもあるため、設定に注意しないと企業からの重要な連絡が届かないということもあります。 そのため、キャリアメールアドレスを利用する場合は、必ず受信設定を確認し、応募している企業からの連絡が届くようにしておきましょう。 見られて恥ずかしくないメールアドレスを記載しよう 10代の頃から使っていたメールアドレスだと、 マークの前が幼稚な内容になっていることもあるでしょう。 履歴書は書類選考でも利用されるので、幼稚なイメージを採用担当に与えるのはなるべく避けたいところです。 そのため、企業の採用担当に見られても恥ずかしくないメールアドレスを記載するようにしましょう。 名前と数字を組み合わせたようなメールアドレスが無難です。 フリーメールであればすぐに発行することができるので、手間もかかりません.

次の

履歴書のメールアドレスの書き方と注意点。欄がない時やふりがなは?

履歴書 メール メールアドレス

履歴書には様々な個人情報を記入しますが、忘れてはいけない情報として、 『メールアドレス』があります。 携帯電話(スマホ)にしろ、パソコンにしろ、何かしらのメールアドレスを一人1つは最低でも持っていると思うので記入はできるのではないでしょうか。 「アドレスが間違っていてメールが届かなかった。。 」 私の失敗談をお話しします。 20代の頃、転職活動中にある企業の面接のため、履歴書を準備して、しっかりとメールアドレスも記入しました。 いざ面接を行い、手応えもあってので一安心。 しかし、 メールで面接結果をお知らせします、と言っていたのに、既に2週間も経過していたのです。。 心配になった私は企業に連絡をしました。 すると、「メールで結果をお伝えさせていただきました。 念のため、履歴書に記入してあったアドレスをお伺いしたところ、なんと アドレスが微妙に間違っていたのです。 結果的には採用となっていたのですが、あと少し連絡が遅かったら、恐らくアウト・・・でしたね。 これは私の話しになりますが、実際に企業によっては連絡手段はすべてメール。 そして何かあっても 電話連絡はせずにメールで完結する!なんて企業もこの現代珍しくもないのです。 そんななか、履歴書に記入するメールアドレスは 『携帯用にするべきか?』または『パソコン用にするべきか?』といったように悩んでしまう方も多いのが現状。 という事で今回は、 履歴書に記入するメールアドレスは携帯用にするべきか?パソコン用にするべきか?その他にもメールアドレスの記入の注意点も一挙にご紹介していきます。 では早速一緒に確認していきましょう。 履歴書にメールアドレスを記入!携帯用か?パソコン用か? 「まだまだ携帯のアドレスを記入する人は多いが・・・」 現代では一家に一台はあるといってもいいほど、パソコンが普及していますが、それでもまだまだ個人専用のパソコンを持っていない人もいます。 家族で共有していたり、恋人や同居人とシェアしていたり。 そのため、個人のパソコンのメールアドレスを持っていないため、履歴書には、 携帯電話のメールアドレスを記入する人もまだまだ多いのが現状なのです。 しかし、ここで今回のテーマでもある 『携帯用か?』『パソコン用か?』に関しては… では次の章からはパソコンのメールアドレスの記入方法や注意点などをご紹介していきます。 パソコン用のフリーメールアドレスでOK! 「Gmailなんかでも大丈夫ですよ。 」 フリーメールアドレスとは、無料で利用することができる、電子メールのアドレスのことで、インターネットのブラウザを使って、メールの受送信をすることができる便利なメールアドレスです。 有名どころでいえば、 Googleが提供している『Gmail( gmail. com)』、ヤフーが提供している『ヤフーメール( yahoo. jp)』などですね。 以前はフリーメールアドレスだと、社会的信用が低く見られてしまう。。 とか印象が悪くなってしまう。。 なんて言われていたりしていましたが、今では社内でもフリーメールを利用する会社も多いため、フリーメールを持っているとスキルとして印象が良くなるなんて会社もあるみたいです。 ちなみに「」することができます。 履歴書によっては、メールアドレスを記入する欄がなかったりもします。 その場合には下記の画像のように、 『連絡先の欄』にメールアドレスをしっかりと記入しましょう。 それでは続いて フリーアドレスを記入する上での注意点があるので確認していきましょう。 スポンサーリンク メールアドレス名には注意が必要である! ここまでで、パソコン用のメールアドレスを記入することもわかり、またメールアドレスはGmailなどのフリーメールアドレスでもOK!というところまで確認ができました。 では実際にアドレスを作成したり、既にアドレスを取得しているかたは早速記入していく作業に入るわけですが、ここでも注意点があるので、しっかりと確認しておきましょう。 まず始めにメールアドレスを記入する上での良い例からみていきましょう。 私もアドレスを取得する時には、覚えやすいようにこのような組み合わせにしていますよ。 もちろん、「yamada-taro 」のように、名前だけでもいいのですが、フリーメールアドレスの場合には、既に他人に使用されているため、使えないことがほとんどです。 では、アドレスの悪い例に関しても確認していきましょう。 こんなメールアドレス名はNG【悪い例】 上記の画像が 悪い例(love-love-hanako「好きな人の名前になっている。。 」)になります。 履歴書に記入をして、企業側が確認をしてあなたにそのアドレスでメールを送信することを考えると、このようなアドレスはマイナスな印象を与えてしまう可能性もあるので気をつけたいところです。 その他にも… などなど、フリーメールアドレスで自分の好きなアドレスを取得するのは、もちろん構いませんが、履歴書に記入するアドレスということもあるので、 企業側が不快に思ってしまったり、少しでも違和感を感じてしまい引っかかってしまうと、非常にもったいないです。 そのため、現状既にアドレスを持っているが、「う~ん、ちょっと微妙かも。。 」なんて少しでも思ったら、面接用にアドレスを取得した方が良いでしょう。 「」することができます。 まとめ いかがでしたでしょうか。 今回は、 履歴書に記入するメールアドレスは携帯用にするべきか?パソコン用にするべきか?その他にもメールアドレス記入の注意点もご紹介してきました。 まず履歴書のメールアドレスに関しては、 履歴書にはパソコンのメールアドレスを記入しましょう。 というのも、携帯のアドレスにはデメリットがあって… このようなトラブルが発生してしまう恐れがあるのです。 そのため、現在パソコンのメールアドレスをお持ちでないかたは、 Googleが提供している『Gmail( gmail. com)』、ヤフーが提供している『ヤフーメール( yahoo. jp)』などのフリーメールアドレスにて、アドレスを取得しましょう。 そのため、現在面接で苦戦している方やいとも簡単に面接をクリアしたい方は下のリンクをクリックして詳細を確認してみてくださいね。

次の