アマゾン プライム 解約 の 仕方。 「Kindle Unlimited」解約する方法

Amazonプライムを解約・退会する方法──解約のタイミングや返金はどうなる?

アマゾン プライム 解約 の 仕方

Amazonプライム会員を解約する方法 Amazonプライム会員を解約するには制限などはなく、いつでも解約することができます。 Amazonでは解約ではなくプライム会員のキャンセルという言い方をしています。 幾つか手続きの方法があるので、下記で解説していきます。 トップページの会員情報から解約 Amazonトップページの左上のタブを開きます。 タブの一覧からアカウントサービスを選びます。 その後、プライム会員情報の設定・変更を選択します。 画面を下にスクロールして会員資格を終了する(特典を終了)をタップします。 確認画面に飛びますので、画面を下にスクロールします。 特典と会員資格を終了を選びます。 次のページでも同じようなボタンが出て来るので、会員資格を終了するを選びます。 最後のページで特典と会員資格を終了を押せば、amazonプライム会員の解約が完了します。 ヘルプの手続きフォームから解約 Amazonプライム会員解約で調べると、amazonのヘルプページの「Amazonプライム会員のキャンセル」というページに飛ぶことがあります。 このページから直接amazonプライム会員の解約ができます。 このページにはamazonトップページのヘルプ画面からも入れますが、トップページに行く場合は上の手続きの方が分かり易いと思います。 「Amazonプライム会員のキャンセル」のボタンを押すと、上の画像のページになります。 これは、上の手続きの途中からと同じ画面です。 下にスクロールして特典と会員資格を終了を選びます。 会員資格を終了する、を選択します。 特典と会員資格を終了をタップすると、amazonプライム会員の解約が完了します。 電話で解約 Amazonカスタマーセンター()に電話をしてamazonプライム会員の解約をすることができます。 スマホの手続きではシステム不具合などで解約されているか心配があるという方は、電話で直接解約手続きをする方法でもいいでしょう。 解約時の注意点 上記の手順で、amazonプライム会員を解約できます。 何点か注意点がありますので、下記で紹介していきます。 プライム会員終了時まで利用 Amazonプライム会員終了手続きの時に、「更新前にお知らせを受け取る」というボタンがあります。 これは 更新期限の3日前にメールでお知らせしてくれるサービスです。 その為、一旦解約を保留にしてamazonプライム会員を更新ギリギリまで使うことができます。 今すぐ解約して返金を受ける 更新ギリギリまでamazonプライム会員を使う選択をせず、 即座にamazonプライム会員の解約を選んだ場合はamazonから返金を受けることができます。 ギリギリまで使うのか返金を受ける方が良いのか、今後の使い方を考えてお得な方を選びましょう。 最後のプライム特典利用時から日割りで返金 amazonプライム会員の返金は、 最後に プライム会員の特典を使った時からの日割りが目安になります。 また、単純な日割りではなく、どれくらいプライム特典を使ったのかをシステムが自動計算して返金額が決まる様なので、あくまでも日割りは目安です。 解約した時ではないのでamazonプライム会員を解約した方がお得なのか、じっくり考えることができます。 ただ、その間に「お急ぎ便」や「プライムビデオ」などを使ってしまうと、日割りの日にちが更新されてしまうので気を付けましょう。 プライム特典を利用していない場合は全額返金 上記の通り、amazonプライム会員になってからどれぐらいプライム特典を使ったか、いつまで使っていたかが日割り計算の対象になります。 逆に amazonプライム会員になってから、1回もプライム特典を使っていなかった場合は全額返 金になります。 無料お試し期間に解約した場合も会費は掛からない 現在amazonでは30日間お試しでamazonプライム会員に登録できます。 この無料期間に解約した場合、当然会費は掛かりません。 また、無料期間内に解約した場合でも30日間はプライム特典を受けることができます。 最初から無料期間だけプライム特典を使うつもりの方は、登録してすぐに解約しておくのも1つの手です。 返金は現金ではなくクレジットカードに返金 amazonプライム会員解約の返金は、 現金ではなくクレジットカード(もしくはその他決済方法)の決済した方法での返金になります。 クレジットカードの返金とは、「本来4900円請求するところを402円返金して4498円の請求になる」という方式です。 家族会員も一緒に解約される amazonプライム会員を家族で入っている場合、解約してしまうと家族会員も一括で解約になっていまいます。 家族の内の誰かがamazonプライム会員を続けたい場合には、再度の申し込みが必要になります。

次の

アマゾンプライムビデオの契約状況の確認方法を画像で解説!会員状態を確認しよう。

アマゾン プライム 解約 の 仕方

反映されているか確認するには、次の画面で再度 3分の1までスクロールし、次のお支払いが 「ご請求はございません」となっていれば大丈夫です。 3分の1ほど下にスクロールすると 「会員資格を終了する(特典を終了)」とあるので、こちらをクリックしてください。 ログインしましょう。 最初の画面に戻るので、次のお支払いの欄が 「ご請求はございません。 」となっていれば、契約解除の手続きが行われていることになります。 契約解除後に利用できなくなること プライム会員を解約した場合には、プライムビデオ以外に以下の12個のことができなくなります。 メインで利用するもの• 配送特典(お急ぎ便、日時指定など)• Prime Music(音楽聴き放題)• プライム会員先行タイムセール• Prime Reading(本、雑誌見放題) サブ的に利用するもの• Twitch Prime(ゲーム)• Amazon Photos(無制限フォトストレージ)• おむつ・おしりふき割引特• Amazon Music Unlimited(有料版の音楽聴き放題)• Amazon Mastercard(ポイントが貯まりやすい)• バーチャルダッシュ(お気に入り商品が簡単に購入できる)• プライム・ワードローブ(アパレル商品を試着して返品できるサービス)• Prime Pets ペット商品割引 上記のことができなくなるので、契約解除するかの参考にしてもらえればと思います。 個人的には、お急ぎ便や日時指定便、タイムセールが利用できなくなるのが痛いかと思います。 アマゾンプライムビデオチャンネルも強制解除 アマゾンプライムビデオとは、プライム会員のサービスの一部である 契約解除とは、自動更新を止める方法。 次回更新日に自動的に解約される仕組み つまり、契約解除しても、次回更新日もしくは、無料期間終了日までは利用できる そのため、上記の場合は会員タイプが「プライム」の状態である プライム会員を解約すると同時に、プライムビデオチャンネルも視聴不可となる アマゾンの場合は、解約という概念ではなく、自動更新を止める 「解約予約」といったニュアンスで取り組めばわかりやすいのではないでしょうか? アマゾンのプライム会員は、契約が簡単なあまりに知らぬ間に登録してしまったというトラブルが後を絶ちません。 しかし、解約に関しては、 手続き完了後も利用できるという恩恵があるので、その点は素晴らしいと思います。 以上がアマゾンプライムビデオの契約状況の確認、契約解除の解説でした!!.

次の

「Kindle Unlimited」解約する方法

アマゾン プライム 解約 の 仕方

アマゾンの有料会員サービスである「Amazonプライム」。 年額4900円の年間プランまたは月額500円の月間プランに加入すれば、ショッピングのお急ぎ便やプライム・ビデオ、Prime Musicなど、非常に多彩なプライム特典が利用できます。 しかし実際には、プライム特典をあまり利用しなかった、料金が割高に感じるといった理由で解約・退会を考えている人もいるでしょう。 そこで本記事では、Amazonプライム会員を解約・退会する方法を紹介。 いつ解約するのが有利なのか、解約時にどのくらい返金されるのか、といった疑問点も解決します。 さらに、Amazonプライムの無料体験期間中に解約した場合にはどうなるのかについても解説します。 次回更新日での解約• 即日解約 [(日付)特典と会員資格を終了](次回更新日での解約)を選んだ場合、次回更新のタイミングで自動的に解約となります。 [今すぐ解約する](即日解約)を選ぶと、その瞬間からプライム会員の特典を利用できなくなります。 解約時にいずれかを選択できる 「更新のタイミングまではAmazonプライムを使い続けたいけれど、それ以降は使いたくない」という人は、あらかじめ次回更新日での解約をしておくのがいいでしょう。 Amazonプライム解約時の返金 Amazonプライムの解約時には返金制度があります。 これは、Amazonプライムの特典をどれだけ利用したのかをAmazonのシステムで自動算出し、未使用分を返金するというものです。 Amazonプライムの利用規約より 1カ月間でまったくAmazonプライムの特典を利用していなければ全額が返金されるケースもありますし、たとえ1日でも特典の利用頻度が高ければ返金される金額が少なくなることも。 返金額は、あくまでもシステムが利用状況を自動で算出しており、利用日数による日割りではありません。 返金がある場合はクレジットカードに返金されます。 Amazonによる返金手続きは1〜3営業日ほどかかり、返金の期日はクレジットカード会社によって異なるようです。 なお、Amazonプライムには月額支払いと年額支払いがありますが、返金額の算出方法についてはどちらも同じです。 ちなみに、筆者が実際にAmazonプライムを解約してみたいところ、特典をまったく利用していなかったため、月額費用500円全額が返金されました。 結局、Amazonプライムはいつ解約すべき? 前述のとおり、Amazonプライムでは解約のタイミングが選択でき、利用状況に応じて返金制度があります。 これらを踏まえると、結局いつ解約するのがよいでしょうか。 ほとんどAmazonプライム特典を利用しておらず、これからも利用するつもりはない」という人は、即時解約しても問題なさそうです。 そのタイミングで解約してしまって、返金額を確保したほうが有利といえるでしょう。 反対に、 これまでそれなりにAmazonプライム特典を利用してきたという人は、次回更新日での解約のほうがベターかもしれません。 利用頻度が高いとそもそも返金額が期待できないため、契約期間ギリギリまでAmazonプライム特典を享受したほうが得策と考えられます(もちろん、特典利用でさらに返金額が減るリスクもありますが)。 Amazonプライムを解約する方法 Amazonプライム会員を解約する方法は、いくつかあります。 いずれの方法でも、即日解約するか次回更新日に解約するかを選択できます。 Amazonアプリから解約する手順 Amazonアカウントでログインした上で、トップ画面左上のメニューボタン[ ]をタップし、メニューから[アカウントサービス]を選択します。 「アカウント設定」から[プライム会員の設定・変更]を選択。 次のページで「プライム会員情報の管理」の[会員資格を終了する(特典を終了)]をタップしてください。 解約の画面で[特典と会員資格を終了]をタップし、次のページで[会員資格を終了する]をタップします。 まだ解約は完了していません。 最後のページで、次回更新日での解約か即日解約かを選択できる [(日付)特典と会員資格を終了]を選択すればその日付までAmazonプライムの利用が可能で、[今すぐ解約する]を選択すれば即時解約となります。 このいずれかを選択すると、解約手続きは完了となります。 PC(パソコン)でWebページから解約する手順 Amazonアカウントでログインした上で、トップ画面左上にある[ ]をクリックし、メニューから[アカウントサービス]を選択します。 メニューから[プライム]をクリックします。 「Amazonプライム会員情報」ページの左側にある「プライム会員情報の管理」から[会員資格を終了する(特典を終了)]をクリックしてください。 まだ解約は完了していません。 最後のページで、次回更新日での解約か即日解約かを選択できる 最後のページで[(日付)特典と会員資格を終了]を選択すればその日付で解約となり、[今すぐ解約する]を選択すれば即時解約となります。 いずれかを選択すれば解約完了です。 電話で解約する手順(カスタマーセンターから掛けてもらう) Amazonプライムは電話で解約することもできます。 カスタマーサービスの電話番号は以下の2つです。 0120-999-373(自動音声システム)• 011-330-3000(フリーダイヤルが繋がらない場合) またアプリを利用して、Amazonのカスタマーサービスから電話をかけてきてもらうことも可能です。 電話番号を入力し、[今すぐ電話がほしい]をタップするとカスタマーセンターから電話がかかってきます。 オペレーターに解約の旨を伝え、手続きをおこないましょう。 Amazonプライムの無料体験期間でも解約できる Amazonプライムには、新規加入すると30日間の無料体験を利用できます。 30日間は有料会員と同じく、お急ぎ便やプライムビデオなどの特典が無料で利用できるというものです。 無料体験期間中だけAmazonプライムを利用したい、解約を忘れて課金されてしまうのが心配といった人は、あらかじめ有料会員に自動更新されないよう設定しておくのがおすすめです。 有料会員に自動更新されないようにする設定は、有料会員が解約するときと同様の手順で進めます。 スマホアプリの場合 PCサイトの場合 解約手続きのページで[(日付)特典と会員資格を終了]をタップすれば、その日付で自動的に無料体験期間が解約となり、有料会員に移行することはありません。

次の