十四代 買取。 十四代の買取

十四代の買取

十四代 買取

当サイトは【骨董品・古美術買取ガイド】と名乗っている事もありますので、 まずは十四代酒井田柿右衛門作品の買取相場から紹介したいと思います。 「人間国宝である十四代酒井田柿右衛門の作品」と言っても、花瓶や皿、香炉など幅広い種類の作品があり、状態や作風によっても買取相場は異なります。 ですので、まずは過去の十四代酒井田柿右衛門作品の取引事例を基に、様々な「十四代酒井田柿右衛門」の作品がどれくらいの買取価格になるのかをご紹介します。 十四代酒井田柿右衛門作品の買取相場一覧 作品 状態 買取相場 十四代酒井田柿右衛門作:濁手香炉 高さ10. 3cm・幅13. 3cm・幅6. 5cm・幅9. 5cm・幅11. 1cm・幅13. 2cm・幅26. 3cm・幅12. 3cm・幅14. 5cm・幅10. そして、過去の取引事例から考えると、 特に高額な十四代酒井田柿右衛門作品は単体で30万円~50万円程の買取価格が期待できる作品もあります。 花瓶や大皿などの比較的大きな作品だと買取価格も高額が付きやすくなります。 逆に、ぐい吞みなどの小さな作品だとそれほど買取価格が伸びないケースもありますが、それでも特に難がない限りは数千円~1万円前後の買取価格は十分期待できる作家です。 ですが、素人が一見して十四代酒井田柿右衛門作品の買取相場を算出することは難しいので、 手軽かつ正確に人間国宝十四代酒井田柿右衛門作品の買取価格を調べる方法も紹介しておきます。

次の

十四代 純米大吟醸 雪女神 高価買取致しました!の買取実績と価格|お酒買取専門店 DE ゴザル(福岡市中央区赤坂けやき通り)

十四代 買取

1、本丸 十四代の中でも弊社で一番人気のある商品は本丸になります。 本丸の商品は毎月製造される定番商品ですが、その定番商品が一番人気になります。 2、龍泉 1年を通して、12月の1回だけしか生産されない、希少な十四代の商品です。 内容量が720mlと少ないながらも、お求めになられるお客様は大勢いる商品になります。 またプレミアム価格は日本酒の中では1番にの商品です。 3、龍月 龍月も1年間のうちに11月に1回だけしか生産されない日本酒です。 4、白雲去来 白雲去来の商品も1年のうちに7月の1回のみの精算になっている、希少な日本酒になっております。 5、七垂ニ十貫 1年を通して、7月と11月のみ生産される日本酒になります。 こちらの商品は720mlの1800mlどちらも人気商品になっております。 スタッフコメント 十四代は日本に留まらず、世界的に注目と人気が集まっています。 最近ではアジアの富裕層から直接お問い合わせが来る場合も多く、その人気ぶりを肌に感じております。 それが原因なのか、近年買取金額が徐々に上がっている傾向にあります。 高木酒造は十四代の供給を増やしておらず、限定品などもあるので需要は増すばかりになっています。 出荷直後の相場が高くなる傾向もありますが、逆もあるので、やはり買取金額は定期的にご連絡をいただくのが良いのかなと思います。 難しい崩し文字の漢字が多いのも印象的で、お客様がなんと伝えたらいいのかわからないということが電話査定時に何度かありました。 その際は他の特徴や似ている漢字を伝えていただいても結構です。 伝え方がわからない場合でもお気軽にご連絡いただければ、買取経験豊富な弊社スタッフが商品の特定を致します。 また、十四代の買取方法は郵送買取がダントツで多い商品の1つです。 十四代は査定額が高いので 5000円以上送料無料の弊社の郵送買取の対象になりやすく、また遠方のお客様でもご対応が可能です。 弊社、世田谷店が郵送買取の窓口となっておりますので、そちらも合わせてご検討&お問い合わせよろしくお願いいたします。 もちろん世田谷店やその他、神田店、横浜店、静岡店、宇都宮店での店頭買取やお客様のエリアによっては出張買取でのご対応も可能です。 買取方法に迷った場合もお問い合わせの際にお伝えいただければ最良のご提案をさせていただきますのでぜひ合わせてお問い合わせ下さい。

次の

十四代 今泉今右衛門作 雪花墨はじき雪文皿 |骨董品買取 緑和堂

十四代 買取

このページの目次 2. 十四代とは?概要を詳しく解説 十四代は1年あたりの製造本数が限られており、販売価格が高騰している日本酒でもあります。 正規価格での入手は困難を極めており、中には定価の数倍の値が付いた銘柄も存在します。 味はスッキリと切れがあり、日本酒本来の味を楽しめるのが特徴です。 代表的な十四代の種類 十四代を製造する高木酒造は、1615年より山形県で日本酒を作り続けているメーカーです。 それまで朝日鷹と呼ばれていました。 しかし、1993年に15代目となる高木顕統へと受け継がれ、初めて作られた朝日鷹が十四代に改名されました。 十四代の歴史や製造元について 十四代は20種類以上の銘柄が存在します。 その中でも特に希少価値が高いのが「純米大吟醸・龍泉」です。 販売価格が高騰した一本で、ファンからの人気の高さも頭一つ抜けています。 他にも「純米中取り無濾過」は、ネット通販やオークションなどでも数万円の値が付いています。 業者による買取でも高値が期待できる代表銘柄の一つです。 ここだけは抑えておきたい十四代の買取査定ポイント 十四代を買取査定してもらう上で重要な点が製造年月日です。 製造から1年が過ぎたものは値が付かず、買取拒否している業者も少なくはありません。 また、瓶が汚れていると見た目が悪くなり、買取価格を下げる原因となります。 保管状態にも注意が必要です。 冷暗所以外で保管すると、品質の劣化を招くおそれがあります。 査定時に見るポイント• 製造した日• 瓶の汚れの有無• コンディション 6. 十四代の取引相場価格や当社スタッフの調査結果 十四代は入手が非常に困難な日本酒ですが、人気の高さを反映してか買取価格も高騰しています。 ほとんどの銘柄が1万円以上の買取相場になっており、2~3万円の値が付く銘柄も少なくありません。 しかし、その中でも一際目立つのが「純米大吟醸・龍泉」です。 保管状態にもよりますが、単体で25万円以上の買取相場になっています。 また、「純米大吟醸・龍月・七垂二十貫」もオークションでも相場が10万円を超えており、「純米大吟醸・龍泉」同様に高値が期待できます。 高値での買取が期待できる十四代の銘柄について 十四代は、製造本数が限られているため非常に入手が困難となっています。 多くの銘柄が販売されていますが、そのどれもが高値で取引されるているほどファンからの人気も高い日本酒です。 ここでは、高値で取引されている十四代の銘柄の特徴と、市場取引価格を紹介していきます。 十四代 龍泉 十四代の中でも最も希少価値の高い銘柄となる『龍泉』。 毎年12月に限定発売されており、マニアの間でもお宝級となっている最高ランクの日本酒です。 定価で購入することはほとんど不可能に近いほど非常に入手困難で、かなりの高値で取引されています。 ネットオークションでは、箱付きのものが1本で370,000円前後という高価で落札されています。 十四代 龍月 十四代の中でも最高峰の純米大吟醸である『龍月』です。 華やかな香りと、柔らかい口当たりが特徴です。 生産量が極端に少ないためにもともと希少価値が高い上に、徹底的にこだわりぬかれた洗練された味わいが高く評価されているため、かなりの高値で取引されることとなりました。 過去のネットオークションでは、新品未開封で1,800ml1本で、170,000円前後で落札された実績があります。 十四代 白雲去来 蔵元である高木酒造の創業400年を記念して造られた『白雲去来』です。 名前の由来は、古代より白雲がわき立ち去来する事で、吉相が現れひかり輝く様から来ています。 生産本数が少なく、大変貴重な一本となっており取引価格も高くなっています。 実際のネットオークションでは、720mlの白雲去来が1本で90,000円程で取引されています。 十四代 双虹 十四代の中では龍泉に次いで、龍月と並ぶ上位銘柄になる『双虹』です。 十四代の特徴でもあるフルーティーさをより膨らませ、なおかつ衝撃的なほどにシャープなキレが特徴です。 毎年11月のみに限定発売するため、入手が非常に困難で希少価値も高くなっています。 そのためネットオークションでも高値で取引されており、1,800mlのものが1本で100,000円前後で落札されることが多々あります。 十四代 七垂二十貫 十四代の中でもまさに幻のお酒と呼ばれる、最高級純米大吟醸『七垂二十貫』です。 名前の由来は、20粒のお米から7敵のお酒しか取れないという意味から付けられています。 その名の通り大変貴重なお酒で、毎年7月と11月だけの限定発売となっており、非常に入手困難となっております。 過去には85,000円前後で取引されています。 十四代の査定依頼をしたお客様の声.

次の