フレンチトースト の 美味しい 作り方。 フレンチトーストの焼き方。外はカリッと、中はふんわりジュワッと。|RecipeMemo[レシピメモ]

ガッテン!とんかつのレシピ。冷めても美味しい作り方のコツを紹介。

フレンチトースト の 美味しい 作り方

【材料】• 食パン 2枚(8枚切り)• 牛乳 100ml• 卵 1個(Mサイズ)• オリゴ糖 大さじ2• バター 10g 調理時間を時短したかったので、今回使用する食パンは8枚切りの薄いものを使用しました。 4枚切りの食パンだとこのレシピで1枚分できます。 オリゴ糖を大さじ2だと甘めになるので、甘さを抑えたい人やもっと甘い方がいい人は調節してください。 8枚切の食パンを使った• 食パンをレンジで温めた• 食パンを4等分に切った これをしたことで、通常よりも卵液の染み込みが早くなって待ち時間は数十秒!さらに裏返します。 火加減は最初は中火、バターが溶けてきたら弱火と中火の間くらいにします。 バターを熱し過ぎると焦げるので注意してください。 バターが完全に溶けたら、卵液に浸しておいた食パンを投入します。 2~3分くらい焼いて、焼き目を確認して焼き色が付いていたら裏返します。

次の

フレンチトーストの簡単な作り方 カリふわ美味しい基本の時短レシピ♪

フレンチトースト の 美味しい 作り方

ジュワッと卵液がしみこみ、ふわとろになったフレンチトースト。 憧れの的ですよね。 最近はレストランやでも、人気のメニューです。 でも何となく家で作ってみると、なんだかぱさぱさ。 おいしくない!なんて経験ありませんか。 簡単そうに見えて、実はコツを知らないと美味しく作れないのがフレンチトーストです。 そこで本日はレストランにも負けない、ケーキみたいなふわふわフレンチトーストを、お家で作るためのコツを、科学的にご紹介したいと思います。 本格フレンチトーストのための科学 《材料 1人分》• 食(4枚切り) 1枚• 卵 2個• 牛乳 100cc• 砂糖 15g• バター 10g• バニラエッセンス 少々• 粉砂糖 適量• メープルシロップ 適量 科学1:食は厚切りを使用する。 ふわっとぷるぷるの食感にするためには、厚さ3. 5〜4cm程の厚切りのを使うのがベストです。 厚切りのを使うことで、必然的にに染み込む卵液の量が増え、ケーキのようなふわっとした食感を出してくれます。 《作り方》 1. 卵、牛乳、砂糖、バニラエッセンスを混ぜ合わせる。 ボウルに卵を割り入れ、砂糖、牛乳、バニラエッセンスを加え、よく混ぜ合わせる。 科学2:最初の掻き混ぜが大事!全体がサラサラになるまでしっかりかき混ぜる。 に卵液が染み込まない原因のひとつに、卵白がしっかり溶けていない事があげられます。 卵白は水様性卵白と濃厚卵白で構成されていますが、濃厚卵白の方は粘度が強いため、他の卵黄や、牛乳と混ざりにくい性質があります。 よって、濃厚卵白が均一になる様に、しっかり混ぜる必要があります。 こうして 卵液を均一にすることで、後からに液が染み込みやすくなります。 卵液にを浸す。 食は、耳を切り落とす。 の卵液をバットなどに移し、を浸し、冷蔵庫で約10時間程寝かせる。 科学3 卵液がなくなるまで、一晩かけてじっくり漬け込む。 の内部までしっかり卵液が染み込むよう、できるだけ長くを卵液に漬けます。 ふわふわの本格フレンチトーストを目指すなら、最低でも5時間は卵液につけましょう。 時間がある場合は、丸一日漬けておいても大丈夫です。 朝に食べたい場合は、前日の夜にを漬けておいて、朝起きてから焼くと効率的です。 卵液につけたを焼く。 フライを弱火で熱し、バターを加える。 バターが溶けたら2. を入れ、ふたをして、片面6〜7分程度焼く。 底面に少し焼き色がついたら ひっくり返して反対側も同様に焼く。 メープルシロップをかけ、好みでホイッブククリーム、フルーツを添える。 科学4:火加減は 弱火で!時間をかけて、中身をふくらませるように焼く。 ここでのポイントは、弱火で蒸し焼きにすることです。 卵は水分と合わせて加熱すると膨らむ性質があるため、ゆっくり焼く事で、徐々に内部の卵が膨らみ、ふわっとした食感になります。 もし表面をカリッと仕上げたい場合は、最後にフタを外して1~2分程度、中火で焼いてください。 科学5:焼いている途中は決して動かさない。 途中で動かしてしまうと、表面に綺麗な焼き色がつきません。 また、 に刺激が加わると、せっかく膨らんでいる途中のが萎んでしまう原因になります。 膨らんだままの状態で、卵のたんぱく質を熱凝固させることで、火を止めてもふわっとした状態を保つ事が出来ます。 がふんわり焼けるまで、焦らずじっくり待ちましょう。 科学まとめ• 卵液はしっかりかき混ぜる。 厚切りのを、最低でも5時間卵液にひたす。 極弱火で、動かさずに焼く。 食べるとふわふわで卵液がじわっ!ぷるんとした食感はまるでのようです。 お店で食べる手間をかけて作られたような、贅沢なお味です。 いかがでしたか?コツさえつかめば、シンプルな材料で手軽に作れるフレンチトースト。 ふわとろに仕上げるために、少々時間はかかりますが、前日の夜に卵液に浸すところまで作っておけば、翌日は食べたい時に焼くだけです。 お店で味わうような本格フレンチトーストを、ぜひお家で味わってみて下さいね。 フードコーディネーター 梅原けい 栄養士免許を取得後、食品商社に就職。 OL勤務の傍ら、フードコーディネーターのスクールに通う。 同校卒業後、多数の料理イベント出演、ケータリングなどで経験を積む。 現在は企業や飲食店へのレシピ・メニュー開発、料理番組の出演、の開催、セミナー講師などで活動する。 自身がダイエットの悩みやコンプレックスを料理で改善していった経験を生かし、食べることを罪としない「ヘルシースイーツ」などを紹介している。 【ブログ】 【インスタグラム】.

次の

ホテルニューオータニが「フレンチトースト」のレシピを公開!【ポイントは砂糖の使い方!?おうち時間を贅沢に】

フレンチトースト の 美味しい 作り方

自宅でつくるフレンチトーストの簡単レシピ まず用意するものは2人分で食パン(4枚切りなど暑さのあるタイプ)2枚、卵3個、牛乳もしくは豆乳180cc、砂糖大匙3杯、あればバニラエッセンスやバニラオイル適量、バター適量を用意します。 次に食パン以外の材料を全てボウルに入れて混ぜ、食パンは卵液がしみ込みやすいように半分に切って耳を取ります。 そして最初に作った卵液を金属以外で出来たバット、もしくはお皿に流しいれ食パンを浸します。 よく卵液に無理やりパンを漬け込む方が居ますがそうするとフワっと出来上がりませんので通常はこのまま放置してパンに卵液をしみ込ませていくのが美味しく作るポイントなのですが、時短テクニックとして電子レンジに皿(バット)ごと入れて500wの場合片面1分ずつひっくり返しながら温める事で卵液をパンにしっかりとしみ込ませる事が出来ます。 そしていよいよフライパンで焼いていきますが、このとき極弱火でフライパンを温めバターが焦げないようにしてから卵液に浸けたパンを入れ蓋をして5分間蒸し焼きにします。 綺麗な焦げ目がついたらひっくり返し、同じように蓋をして5分間蒸し焼きにします。 この際、決して上から押し付けたりせずに自然な状態で蒸し焼きにしましょう。 そして最後にお皿に盛り付けお好みでメイプルシロップ、パウダーシュガーをかけて完成です。 フレンチトーストの人気レシピを紹介します 最近は名店のような味を再現するレシピやホテルの朝ごはんに出てくるようなフレンチトーストを作る事が出来るレシピなど沢山のレシピがあります。 中でも人気があるのが、ひと手間加えるだけで見違えるほどおいしくなるレシピ、本場フランス風のバゲットを使ったレシピ、また変わり種でホテルでも採用されている車麩を使用したレシピなどが人気ですが、特に参考にする方が多いのが有名ホテルのレシピです。 こちらは4人前作るのに厚切り食パン4枚、卵6個、牛乳370cc、砂糖62g、バター・サラダオイル適量を準備し、食パンと油類を除いた材料を全てまぜそこに食パンを丸1日浸します。 次に弱火にかけたフライパンにバターとサラダオイルを入れて浸したパンを両面15分かけて蓋をしながら蒸し焼きにするだけです。 このレシピのポイントは卵液にじっくり浸す事と、ゆっくり時間をかけて焼いて中身を膨らませる事だけですがとても美味しく出来上がると話題のレシピです。 フレンチトーストが評判の人気店を紹介します 絶品フレンチトーストが売りの人気店として、まずスキレットでアツアツのまま出してくれる「自家焙煎珈琲 みじんこ」や福岡で人気の専門店「アイボリッシュ」、表面カリ中身フワのフレンチトーストを目当てに行列ができる「パンとエスプレッソと」などがあります。 まず自家焙煎珈琲 みじんこのフレンチトーストは世界中のフレンチトーストに精通したグルメライターが東京で一番おいしいと絶賛したことで注目されたのですが、その食感はまるでパンプディングのような食感で一度食べたや病みつきになるそうです。 そしてアイボリッシュのフレンチトーストは家庭ではマネが出来ない味と食感と言われテレビ番組にもよく登場しているのですが、こちらはフレンチトースト専門に開発された食パンを使用し、トッピングも多く1皿で満腹になってしまうほどのボリュームです。 またパンとエスプレッソとのフレンチトーストは雑誌によるランキング「美味しいパン10」に選ばれた「ムー」というパンを使用していますのでパン自体が美味しく、リピーターがとても多いメニューです。

次の